プロフィール
あこさんの画像
あこ
のんびりノロノロマイペースな性格。何カ国も一人海外旅行を経験しているバーのマスターに「一人でも大丈夫だよ!」と背中を押され、一人旅を経験してきました。一人旅が「人生を豊かにする」という何となくの感覚で。準備不足、リサーチ不足で大変なこともありましたが、その経験は全部自分の大切な宝物です☆一緒に旅した気分になれるようなブログを書けたらと思っております。よろしくお願い致します。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
最新記事
おすすめ記事ランキング
  1. 1. (1)Eベルリン散策その2、道に迷ってベルリンの壁に遭遇
  2. 2. (1)N夜行列車でチェコ、プラハへ
  3. 3. (2)Mエーゲ海クルーズその2、イドラ島へ
  4. 4. (4)F首が持っていかれる、ミケランジェロの天井画
  5. 5. (3)Fイスタンブール考古学博物館観光その4
  6. 6. (2)Pアテネで一人夜ご飯
  7. 7. (4)Pヴェネチアで1人ゴンドラ
  8. 8. (3)@2回目トルコ一人旅、エミレーツ航空で出発
  9. 9. (1)Gベルリン博物館島観光その2
  10. 10. (5)Kタイ一人旅2日目、ダムヌンサドゥアク水上マーケットへ
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
日別アーカイブ
スポンサーリンク

広告

posted by fanblog

2019年03月19日

(5)Lタイ一人旅2日目、バンコク市内観光その1、ワット・ポーへ

水上マーケットツアーからホテルへ帰って来て一息

午後14時位

バンコク市内観光へ出発します

ホテルは地下鉄フアランポーン駅のすぐ近く

19 - 1.jpg

まずはワット・ポーへ行きたい

フアランポーン駅から歩くには遠い距離

どうしよう


ウロウロして道端で売っているパイナップル購入

15バーツ位(50円位)?

19 - 2.jpg

美味しいー!

めちゃめちゃ甘くてジューシー!



ホテル前へ戻ってトゥクトゥクに乗ることに

往復400バーツ(1400円位)とのこと

トゥクトゥクの相場は少し高くて、ぼったくりではないらしい

もう少し値切れたのかもですが



トゥクトゥク風が気持ちい^^

到着してワット・ポーの入場口まで連れて行ってくれる

トゥクトゥクで待ってるとのこと

あらら、良いんですか



入場料100バーツ(400円位)を払ってワットポーへ入場

真っ先に有名な黄金の涅槃像のもとへ

服装チェック後館内へ

隙間から見える涅槃像様

19 - 4.jpg

19 - 6.jpg

お、大きい!

1832年に造られたそうです

足元まで見て回って外へ

約200年前からの黄金の輝き

眩しかった

19 - 8.jpg

広い寺院内を見て回る

ワット・ポーはアユタヤ時代に創建された

バンコク最古の寺院なのだそう

19 - 15.jpg

こちらは本尊がおさめられた本堂↑

台座には18世紀にワット・ポーを再建した

ラマ1世の遺骨が納められている

19 - 10.jpg

本堂を囲む回廊の四方に

仏像が納められた4つの仏堂がある↑

回廊↓には、立像、坐像とたくさんの仏像が並べられている

19 - 13.jpg

19 - 29.jpg

19 - 31.jpg

19 - 33.jpg

寺院内でみられる鮮やかな仏塔

19 - 27.jpg

19 - 28.jpg


そして、あちこちで見られるこれら↓は何でしょう??

仏教っぽくない

19 - 22.jpg

19 - 9.jpg

中国への貿易船がタイに戻るとき、

おもりとして持ち帰った

バラストといわれる石像なのだそうです



だいたい一周して見て回って

ワット・ポーをあとにします


次は、ワット・アルンへ

読んでいただきありがとうございます!

次回、ワット・アルン観光書きます☆

Mタイ一人旅2日目、バンコク市内観光その2、工事中のワット・アルンへ


スポンサーリンク

大切な人と出会う為に、動き出しましょう!!




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


一人旅ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8644733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。