2021年05月27日

ジャイアント・Defy Composite SEのティアグラ4600ブレーキを105R7000のブレーキに変更

前々からブレーキ交換をしようと思っていたジャイアント・Defy(Conposite SE)のティアグラ4600ブレーキを上位の現行となるR7000の105ブレーキに変更してみた。

4600ティアグラブレーキでもブレーキシューだけ105用にするとちょっとだけ効きが良くなるとの情報からそこだけ変更して使っていたのだけど、ブレーキレバーを引いた時の重さがどうにも気になるようになってこの度ついに交換することにした。

KIMG2457.JPG

モノは前後セットのシルバーで8000円ぐらいだった。

KIMG2456.JPG

ブレーキの変更には6角を使用する。ブレーキ本体はフレームの裏側から6角ボルトで止まっているので、ワイヤーを外してこのボルトを外すだけ。

本体を止めるボルトはフレームの形状に応じて長さが違っているのでパッケージに入っているものと同じボルトを使用すれば問題ない。

KIMG2458.JPG

左が外した4600系ティアグラブレーキ。右が交換するR7000系のブレーキ。色は共にシルバーだが105の方が高級感のあるシルバーで見た目がすごく良い。

KIMG2459.JPG

構造自体もティアグラと105では共にデュアルピボットブレーキなんだけど105の方はSLR-EVという左右対称のデュアルピボットブレーキになっている。

ワイヤーを引くと両方のシューが動いてブレーキ動作するのは同じだけど105はワイヤーを引っ張った時の構造がより剛性が高く、コントロールしやすい設計になっているとのこと。これによりブレーキングの調整のしやすさと片効き防止効果が期待できる。

KIMG2461.JPG

途中略で装着完了。実際に使ってみるとまずティアグラのときよりもブレーキレバーの動きがしっとりとし少し握ったときから思いっきり握ったときまでほとんど一定の力で握れるようになった。

ティアグラのときは遊びがあって急に重たくなる部分があったのだけど105ブレーキはより簡単にブレーキレバーを握れるようになった。
また実際に走ってブレーキングしたときも上述のコントロールしやすいさが反映されていて、ちょっとだけブレーキからフルブレーキングまで容易にできるようになった。もちろんガツンとかけたいときはティアグラ以上にブレーキング(タイヤロックまで容易)できるので性能はかなり上と思う。

ブレーキシューだけのときは制動力のみがあがったが105に本体を交換するとそのコントロールしやすささがアップするので特に郊外を走った時に出くわす峠などで長い下り坂などでは大いにその効果が期待できると思う。ティアグラユーザーの方、ブレーキだけでも105にするとかなり幸せになりますよ。

2021年05月26日

アリエクスプレスで中華パワーサドルを買ってみた

最近よくアリエクスプレスで自転車のカーボン製品(ハンドルバーやシートポスト等)を買っているのだが、以前から気になっていたパワーサドルも買ってみた。

KIMG2441.JPG

届いたのがこちら。お値段は2600円ぐらい(※定価は6000円ぐらい)で中華カーボン製品にしてはちょっと高め。有名なEC90もあったのだけどこちらのほうがクッション性が良い感じがし、ちょっと高かったけどこちらを購入してみた。元ネタはS-WORKSの「POWER CARBON SADDLE」だと思うのだが、本家が2万8千円もするのでその差10分の1という破格の値段となっていた。

27116-170_SDDL_SW-POWER_BLK_TOP.jpg

ちなみに本家はこんな感じ。リンクはこちらから。本家と同じくサドルの幅が143mmと155mmあるのだが、尻がデカイので155mmを選択してみた。

続きを読む...

2021年05月17日

ジャイアントのMTB・タロン3(2020年モデル)にリアキャリアを取り付け

リアキャリア導入する理由


今年に入って色々と改造中のジャイアントのMTB、タロン3。以前は全体的なパーツのアップグレードを行ったが今度は利便性アップをもくろんでリアキャリアを取り付けて見ることにした。

リアキャリアとは?そのメリットなど


リアキャリアはカゴのないスポーツバイクには苦手な荷物の運搬を行えるようにする画期的なアイテム。これを付けることでリュックサックや肩掛けカバンを背負うことから開放される。また専用のバックパックを左右に取り付ければキャンプやツーリングなんかでも重宝する。他にもリアキャリア用のカゴをさらに取り付けるとスーパーなどの買い物の時にたくさんの荷物を入れて運搬できるようになったりと街乗りでは重宝するパーツなのだ。

ただし昨今のコロナの影響によるフードデリバリー需要や街乗り需要なのか大手メーカーのトピークのリアキャリアが売れ切れで次回入荷はどのネットショップでも7月になっていた。転売ヤーから買いたくないのと待つのもあれなので少し安くて信頼できそうなメーカーのリアキャリアがあったのでこれを購入してみた。

KIMG2546.JPG続きを読む...

2021年05月16日

アリエクスプレスで激安の自転車用バックミラーを購入してみた。

アリエクスプレスで自転車用品を物色していると超激安なバックミラーを見つけたので購入してみた。お値段なんと約100円。もちろん送料は無料だ。

KIMG2541.JPG

まずは外装から。お値段以上に安っぽい名前が付いて「THE REFLECTOR ON BIKES」の文字が。直訳すると「自転車用反射鏡」。その下にはデカデカとMADE IN CHINAの文字が。右には「本体は回転するよ」的な絵が書かれている。

KIMG2542.JPG

開封してすぐ問題に気づいた。なんだが鏡の部分が曇ってて全然反射しない。商品ページと見比べてみたが明らかにくもっていた。その後保護フィルムが付いていることに気づきこれを剥がすと

KIMG2543.JPG

無事くもりがなくなった。

KIMG2544.JPG

早速ハンドルに取り付け。この商品はハンドルバーもしくは筒状のグリップ部に取り付けるようになっていて、本体はゴムバンドのようなものを巻きつけて固定する。太さ的には31.8mmまでの太さのハンドル経まで可能でそれ以上のエルゴグリップの太いところは残念ながら装着できなかった。

ミラーの大きさはキャットアイのハンドルバーエンド用ミラーと同じ程度で意外と見やすい。ただし回転部分がハンドル設置後も動きやすいのでちょっと使いづらい感じがした。値段を考えればまぁまぁ使えるのでそこまでは悪くないと思う。

ちなみにAmazonだと転売なのか2個で980円ぐらいの模様。

2021年05月09日

第59回全道サイクリング旭川大会は...中止に。

タイトルのとおり今年(2021年)に開催予定だった全道サイクリング大会の旭川大会は中止となった。以前ブログで5月の連休前までには実行委員会が開催判断をすると伝えていたが、4月25日に旭川サイクリング協会の第2回役員会があり、その中で全員一致で「中止やむなし」となった。

その主な理由として

・コロナの変異種が出てきている
・東京や大阪等で第4波の急速拡大と緊急事態宣言の発令。
・北海道でも札幌市で蔓延防止措置検討に入る。開催地の旭川市でも減らない感染者数
・東京オリンピックとパラリンピック開催に赤信号
・協会の参加者が高齢のため(ワクチン接種も含め)参加するか見通せない

などが挙げら得ていた。小規模であればなんとか開催できなくともないと思うが最大250名の大規模イベントのためリスクや前日のホテルでの交流会を含めた準備(ホテル確保等)も5月の時点で動かねばならず「中止やむなし」となったようだ。個人的にも残念だと思うが状況が状況なのでやむを得ないと思う。

なお、同時開催予定だった旭川市と共同開催の「スポーツサイクル体験会」は予定通り開催予定とのこと。スポーツサイクル体験会はスポーツ自転車(クロスバイク、MTB、ロードバイク等)未経験者を対象に旭川河川敷を走ってもらってスポーツサイクルを体験してもらおうというもの。車の往来がない安全な河川敷を走るので初心者でも安心だと思う。また比較的河川敷はほとんどの場所で舗装状態が良いのでスポーツ自転車の楽しさを感じてもらうにもうってつけかと。こちらは8月29日の午前10時から。リベライン旭川パークを出発して北彩都間を往復する10kmのコースを予定。スポーツサイクル体験会の情報が入り次第このブログでも紹介する。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】【簡易レビュー】街乗り用にジャイアントのマウンテンバイク、「タロン3 2020」を購入
001.jpg
【2位】ドン・キホーテのファットバイク
002.jpg
【3位】ホームセンターの自転車 2020年度版
003.jpg
【4位】ミシュラン ダイナミックスポーツの耐久性(寿命)
003.jpg
【5位】2020年のドン・キホーテ ファットバイク
003.jpg
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
2021年09月(6)
2021年08月(6)
2021年07月(9)
2021年06月(3)
2021年05月(6)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
タグクラウド
記事ランキング