2021年01月27日

免許返納後の足としての4輪自転車が道交法改正で歩道走行可能に

今月のジャフメイト、国内交通ニュースのページに2020年12月に施工された改正道交法のことが書かれており、この中に「基準を満たす4輪自転車の歩道走行が可能になった」との記載があった。

kenkyakun.jpg

ここで聞き慣れない4輪自転車という言葉が出てきたが、管理人もすぐには何のことか思いつかなかった(※3輪自転車は知ってたけど)。調べると前に2輪、後ろに2輪で合計4つのタイヤが付いた自転車のことで3輪自転車を凌ぐ抜群の安定性がある自転車のことだった。ただし、日本では道交法のからみがあってこの4輪自転車が歩道を走れる普通自転車として認められていなかった経緯があり、ほとんど普及していなかったようだ。

ちなみに普通自転車とは二輪または三輪の長さ190cm以内、幅60cm以内の自転車のこと。ホームセンターやディスカウントストアにあるような普通のママチャリやシティサイクルは絶対にこの規格内なので問題ないが、例えば最近流行りのMTBだと完成車でハンドル幅が60cmを余裕で超えるものが多いので、法律上は普通自転車にはならず歩道走行が認められないことになる。

今回の改正道交法ではこの普通自転車に4輪自転車も含められることになった。条件は長さ190cm以下、幅60cm以下となっていて、普通の2輪や3輪と同じ条件だ。さらに広義の自転車道を通行できるようになったのと押し歩きするとみなし歩行者としての扱いを受けるようになった(改正以前は軽車両としての扱いなので河川敷の自転車専用道路等を走ることは認められてなかったし、押し歩きしてもやはり軽車両の扱いだったので原付きのように歩行者として歩道は歩けず、車道を歩くしかなかった)。

今回、四輪自転車が普通自転車として認められた経緯には4輪自転車が高齢者や荷物の運搬用としての需要の高まりを受けてとのこと。というのも高齢ドライバーの自動車事故増加を背景に自動車運転免許の返納が増えている(ここによれば2016年は34万件に対し、2019年は60万件)。その一方で運転免許証返納後の乗り物のひとつとして4輪自転車にニーズが高まっている模様。一般的な2輪自転車だとバランス感覚が必要なため危なかったり、3輪でも場合によっては不安定で高齢者には難しい部分もあるが、漕いでいないくても倒れない4輪自転車は転倒の危険がとても少なく、加えて荷物を載せても安定するので普段の生活の足としてベストマッチングのようだ。



ただ、前述の通りあまり普及していなかったことから国内メーカーの4輪自転車は存在せず既存車の改造かあるいは海外製の輸入が主となっていた。そこに古くからオートバイや車用部品として有名メーカーに供給しアルミ加工技術が高い協栄製作所から国内初の電動アシスト付き4輪自転車「けんきゃくん」が2013年に発売された。これが改正道交法により昨今大注目となっている。



4輪自転車は3輪自転車のような不安定な機構がなく、誰でも安全に乗れるのが特徴。特に高齢者の自転車事故に多い低速走行時でも車体がふらつくこと無く常に安定し、足をを地面についていない状態(ペダルに乗せた状態)で停止してもまったく倒れない。

detail.jpg

これら既存の自転車にはない大きな特徴により免許返納後の車の代替え手段のひとつとして注目を浴びている。加えてけんきゃくんは高齢者に特化し電動アシスト自転車でもアシスト速度を最大15kmまでに抑えあまりスピードが出ないようにしたり、高強度なアルミフレームにより軽量かつ高剛性ボディ、ディファレンシャルギアによる曲がりのスムーズ化、4輪ディスクブレーキ採用など実用性や安全面を強化している。

お値段はなんとびっくり税込み約30万円。一般的な電動アシスト自転車よりはるかに高価で、そこそこ良いロードバイクが買えてしまう値段だが、競合相手はシニアカーとのこと。それであれば納得の値段だろうか。それでも改正道交法の影響を受けてなのか昨年比1.5倍増、トータルで1000台を売り上げているそうなので確実に売れてきている(特に敬老の日に子供が免許返納した親にプレゼントするパターンのようだ)。来年以降、街なかでもこの4輪自転車を見かける日が多くなるかも。

2021年01月18日

2021年も自転車が世界的に品薄かも...

2020年は世界的にコロナが流行し、自転車は密を避けれる移動手段として。特に電車が主流の大都市では世界的にコロナ対策の一つとして注目をあびた。また、コロナ時における肥満対策のひとつとしても、「密にならない屋外スポーツ」として注目された。ウォーキングやジョギングと比べて足への負担が少なく、のんびり漕げばウォーキング。激しくすればジョギング以上の運動量になったりと調節できるのも魅力なのに加え、運動と移動が同時にできるので通勤を自転車で置き換えるだけで簡単にダイエットができたりと一石二鳥な部分も持ち合わせている。



そんな2020年の自転車だがそういったコロナ需要で世界的に自転車が売れまくり、日本だと2020年の春先にママチャリやシティサイクルが無いというニュースが流れたが、2020年後半になってスポーツサイクル各社のメーカー在庫が品薄になりつつあるとの情報を得た。また、自転車本体だけでなく、それを作るための各部品への需要も急速に高まり入荷しずらくなっている状況のようだ。

jitensya_jyuyou.jpg

これは実際のところ管理人も感じていて、実はジャイアントの入門用MTB・タロン3のカスタム用にシャドータイプの9速ディレイラーをAmazonで購入しようと12月あたりから探しているのだが、モノによっては入荷時期未定とか取り扱いなしなど品薄感がかなりある。8速や9速は安い入門用(エントリー)グレードに使われやすいのだが、高い11速や10速用と比べても入門用グレードが品薄なのでこれから始めるのに手頃な入門用クロスバイクやMTB用に需要が逼迫していると予想する。

hensokuki.jpg

2020年前半でも品薄感があったようだが、ワイズロードのブログによれば来年度の21年モデルは一部で去年の12月入荷するはずだった車体が2,3ヶ月先。さらには半年以上先になるものもが発生しているそうだ。やはり部品の供給が追いつかず、フレーム本体は作れても完成車が作れない状況なのか。

もうひとつ。福岡のローカル放送局のYoutubeから。



やはりここでも3密対策で自転車が人気なのと世界的需要でパーツが不足し、メーカーが完成車をすぐに供給できないと報じていた。

jitensya_jyuyou2.jpg

つまりこれは新車を自転車屋で買おうと思ってもすぐに乗れないという事態が発生しそうだ。そのため暖かくなって自転車を始めようと思っている人は春先でなく、今すぐ購入あるいは予約などすぐに行動することをオススメしたい。

2021年01月16日

街乗り用MTB・クロスバイクのフロントギアはダブル(2枚)で十分な件(トリプルは不要)

2020年の春に街乗り用MTBとして購入したジャイアントのエントリーグレード、タロン3(2020年モデル)。これに付いていたフロントギアは最初からダブルだった。その前に乗っていたMTB寄りのクロスバイク、GRIDE R3はフロントトリプルだったので物足りないのかぁと感じていたのだが...結果的には何も問題なかった。

KIMG1833.JPG

購入前には少し不安だったのでネットでクロスバイクやMTBのフロントダブルについて調べてみると、ほとんどの人がダブルで十分という意見だった。というのもクロスバイク時代にフロントがトリプルギア(48-38-28T)だったのだが、街乗りでは一番大きいギア(48T)を使う機会がほとんどなく、ほぼ真ん中のギアだけ使うことが多かった。まれに超激坂が出てきたら登りで一番小さいギアを使うことがあるが、使っても車重が重いためそんなにスピードが出るわけではないし、出してもすぐに疲れるので一番大きなギアの出番は殆どなかった。これだとダブルギア(22/36T)でも十分物足りるとは感じていたのだがまさその通り。これにリアの一番小さいスプロケットの12Tと27.5インチタイヤの組み合わせだと最高スピードは時速30kmぐらいが限界スピードとなるがMTBではそんなにスピードを出そうとは思わないので問題なし。

さらにメリットがあってフロントギアの入りがトリプルに比べて2枚しか無いため入りやすく、またワイヤー交換時のメンテナンス(調整)も楽になった。見た目もトリプルに比べるとスッキリで軽量化にもなるためよほどのことが無い限り街乗りメインではフロントは多くてダブルギアで十分かと。

つい最近までは消費者ウケがいいためなのか低価格帯の街乗り用クロスバイクやMTBにはリア8速による変速数の少なさを多く見せるためか当たり前のようにフロントトリプルが付いていたが、ジャイアントあたりなどでは思い切って一部車種でフロントダブルに変更するようになってきた。価格面でも少し抑えることができるし実用上はこちらで問題ないのでこの流れは消費者よりでいいと思う。

2021年01月08日

ナンカンのスタッドレスタイヤに新作(AW-1)が出ていた!

ナンカンといえば台湾に本社を構えるいわゆる「アジアンタイヤ」といわれるメーカーのひとつ。とりわけ北海道では「安くて使えるスタッドレスタイヤメーカー」として人気が上昇中のブランドだ。管理人は今から5年前ほどに軽自動車用として14インチのESSN-1を購入して使ってみたのだが特段滑って使えないという印象はなく、普通に交換前の国産のスタッドレスタイヤ(当時のアイスガードのIG30)と同じように乗れた。ただ、濡れたアイスバーンが国産よりも苦手な印象とゴムが柔らかすぎてフニャフニャした印象があった。

その後は3年ぐらい履いて4年目に交換時期を迎えたが14インチだと値段的に国産と数千円程度しか価格差がなく、コスパの面で魅力がないことから国産のヨコハマ・アイスガードIG60を購入した。ただ、昨年あたりからYoutubeで海外製スタッドレスタイヤをレビューしている「雪道太郎」さんの動画を見てESSN-1から数年後に次モデルである「WS-1」が新登場したのを知り、さらに今年はESSN-1の後継モデルとして「AW-1」が登場。「性能アップしているとのことでかなり興味がわいた次第だ。



まずは専売しているオートウェイの宣伝動画から。氷盤路、圧雪路、登坂路(+氷盤路、+圧雪路)でのテストの様子がわかる。



もう一つは北海道のYoutuberで主にスタッドレスタイヤのレビューをやっている雪道太郎さんの動画から。モノは一つ前のSW-1だが、VRX2と比較しても謙遜ないアイスバーン性能が確認できる。



さらに新作AW-1の購入動画。過去のナンカンのスタッドレスタイヤのいずれよりもサイドウォールが硬いらしく、それでいてトレッド面は柔らかくなっており確実な進化が伺える。



最後にAW-1のテスト動画。

ということでこの動画を見る限りではナンカンのAW-1の性能は問題ないことが理解できると思う。この性能で国産の半値以下で購入できるのでかなりコストパフォマンスが高いと思う。ただし自分の経験上、軽自動車とかコンパクトカーが履いている14インチあたりまでだと国産との価格差が数千円程度しか無いのでナンカンを選ぶ理由はあまりないと思う。逆に16インチとか17インチ以上だと半分以上違って4本で4万円以上も安く済む場合があるので大きいタイヤの人ほど検討する価値はあると思う。ナンカンのスタッドレスタイヤ、自信を持ってオススメできるアジアンスタッドレスタイヤである。

2021年01月06日

中華カーボンEC90のエアロドロップハンドルを購入してみた。

前回のMTB用ライザーカーボンハンドルが想像以上に良かったので、調子に乗ってロードバイク用のエアロドロップハンドルも試しに購入してみた。一昨年購入したアルミのプロペル(プロペルSLR2)はエアロロードバイクであるもののハンドルがアルミのノーマルタイプなので軽量化とエアロ化による空力アップを狙ってみる。

KIMG2391.JPG

続きを読む...
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
タグクラウド
記事ランキング