2017年01月30日

サイクルベースあさひ 中古自転車販売業に参入

ネットで自転車関連のニュースを探していると掲題のような話題をみつけた。

rohas_asahi.jpg

「サイクルベースあさひ」といえば全国展開する自転車チェーン店。かつてはカンブリア宮殿でも取り上げられママチャリ、シティサイクル、(通勤用)クロスバイク、スポーツタイプなど多種多様な自転車をプライベートブランドで低価格&一定品質で売る専門店だ。店頭販売以外にもネット通販などのオンラインショップも手がけており自転車パーツのほか自転車本体も注文可能で、業界初となるリアル店舗での受取サービスを行うなど革新的なサービスや独自製品などが特徴のチェーン店である。

そのあさひが自転車のリユース(中古自転車販売)事業に参入するとのこと。あさひ公式のニュースリリースによれば、背景としてリユース市場の拡大にあるそうだ。環境省が2015年に発表した「平成27年度 使用済製品等のリユース促進事業研究会 報告書」によれば、、国内のリユース市場規模は、消費者の最終需要ベースで約3 兆1千億円と推計され、前回調査時の平成24年度に比べて1.2%増加。この規模は医療機器市場、ホテル・旅館業に並ぶ規模となっており、リユース市場の大部分を占める自動車とバイクの6割を除いても1兆1千億円になるそうだ。そしてこられには外国人観光客による購入やリユース品の輸出は含まれておらず、市場規模の拡大も含めてこれ以上の市場規模が見込めるそうだ。

自転車の中古買取市場の近年は急成長を遂げている一方で、消費者は中古自転車への抵抗感がまだまだ強い部分がある。そういった不安を全国チェーン店の店舗サービス網と店舗でのメンテナンスを使って解消していく考えだ。そして循環型消費環境を構築することで自転車業界全体の活性化ができればとのこと。

既存の中古販売といえば、リサイクルショップや、中古買取専門の店舗型とネット販売やオークションなどオンライン型などがあった。特にネットであれば全国どこからでもほしい自転車を探せて購入が可能だが、後のメンテナンスなどは近くに実店舗がない場合やオークション購入の場合はこれを引き受けてもらえるショップを探す必要があった。もちろん自分で知識があれば問題ないと思うが、初めて買う場合にはなにかと不安な部分もある。そこでサイクルベースあさひでは自社のネット販売した自転車を購入後、全国展開するチェーン店でメンテナンスを受けられるようにした。新車購入した自転車と同じ扱いを中古自転車にも適用することで消費者の不安を和らげリユース市場の活性化を狙うようだ。以下はサイクルベースあさひが新規出店するリユース店舗「ロハス」の特徴となる。


■『LOHAS Cycle asahi』特徴

@ 手軽さ
ネットで簡単、概算査定。店頭・宅配・出張査定と、
お客様のライフスタイルに合わせた査定システムを導入。
購入を検討中のお客様には、いつでも、どこでも、気軽に
商品がチェックできる販売専用サイトもご用意します。
A 安心感
ネットでのリユース商品購入に不安のお客様のために、
全国に店舗ネットワークがあるあさひの強みを活かし、
専門スタッフによる確実なメンテナンスで、
購入後のお客様をサポートを実施します。
B 満足感
年式、モデル名を入力するだけでシンプルでわかりやすい査定価格を提示。
あさひサイクルメイト会員様、あさひで買い替えをされるお客様には特別なプランも
順次開始予定です。



リユース店舗ということで販売のほか、買取もおこなうようだ。気になる第1号出店地は大阪府高石市。大阪は自転車利用率(分担率)が日本の中でもかなり高い地域で、人口とあわせても中古自転車の需要はかなりありそうだ。

車種に関する情報が無いため憶測となるが、普通のサイクルベースあさひと同じくママチャリやシティサイクルからクロスバイク、ロードバイク、折りたたみなどの多種多様になりそうで、新車が高すぎるというひとやもっと気軽に買ってみたい人など(リユースとアウトレットの)意外な人気店となるかもしれない。

2017年01月15日

2017年の自転車事情...ミラクル・サイクル・ライフから

ここ最近、自転車のラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」をほとんど聞いてなかったのだがふと思い立って過去の放送を聞いてみるとこんな話題があった。タイトルにも書いたように「2017年の自転車事情」という回だ。

放送日は2017年1月9日とつい最近のもので、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんをゲストに交えての放送。この回によれば2017年からロードバイクのレースで本格的に「ディスクブレーキ」が解禁となるそうだ。それまではMTBで一般的だったディスクブレーキが近年ではロードバイクにも採用されだし、レースでも使えるとなると一気にディスクブレーキ採用モデルのラインナップが増えることが予想される。特にディスクブレーキは雨天時の制動力に強く、雨の日でもレースを行うロードレースではぴったりな制動装置だと思う。

もうひとつはイーバイク(e-BIKE:電動アシスト自転車)の輸入が本格的にはじまったり、国内メーカー(ヤマハ発動機)でもスポーツ寄りの電動アシスト自転車の商品投入が増えるようだ。それを示すかのように去年(2016年)のサイクルモードでは電動アシスト自転車の出品がかなり多かったらしく、どれもこれも日本の初期の電動アシスト自転車のようなママチャリタイプではなく、クロスバイクやMTB、ロードバイクなどスポーツ寄りのものばかり。

index_bike_side.jpg

特に写真の「ヤマハ・YPJ-R」は、そのアシスト方法もスポーツ寄りにセッティングされており、よりラクにロードバイクの楽しさを誰でも味わうことができるそうだ。ロードバイクというと最終的には体力勝負的な部分があると思うが、電動アシストのパワーを使えば体力に自身のない人。あるいは過度の期待をしてロードバイクを買ったものの結局続かなかったなどリタイア組でも楽しめる製品となりそうで、より万人が楽しめそうなポテンシャルを持つジャンルとなりえるかもしれない。

3つ目には、自転車シェアリングが進むアメリカで、持ち運び可能な紙製のヘルメットが開発されたとのこのと。精肉を包む際に使う厚紙を何倍にもしたものでできており、広げると大人用のヘルメットになり、蜂の巣状の形状が衝撃を吸収。繰り返し使えて使用後はリサイクル可能。今年の夏には商品化し、自販機などで1個5ドルで販売したいとのこと。
それまでのヘルメットといえば1個の単価が高い割に製品寿命が短く、安全を考慮すれば数年おきに買い換えないといけなかったが、ここまで低価格ならそれも億劫でなくかつ誰でも買いやすいので、実用化すればかなりの革新的なものとなりそう。

番組の総括として、これまではロードバイクの進化などよりスピードの速さを求める方向に進んでいたが、2017年は速くよりもしっかり止まれる、あるいはより安全のための製品が出てくる年になるとしていた。車でもそうだが、スピードの出る車種にはそれ相応のブレーキや安全装備があるわけで、自転車でもそういった流れがでてきている感じのようだ。

2017年01月09日

南鎌倉高校女子自転車部 アニメ放送が2017年1月スタート

2017年1月より、自転車を題材とした新しいアニメがスタートした。名前は「南鎌倉高校女子自転車部」。

minami_camakura_cycle.jpg


2016年の冬にはロングライドを題材とした「ろんぐらいだぁす」が放送されていたが、今回のアニメはそれとは異なるようで、この絵からも自転車競技系のような印象を受けた。そこで実際に第1話を見てみたのだが、ロードバイクに興味を持つところまででここから先は第2話といったところで正直どんな感じなのかよくわからなかった。これではちょっとモヤモヤなのでネットで調べるとマイナビニュースでは南鎌倉高校女子自転車部をこんな感じで紹介していた。

主人公は長崎から、古都・鎌倉に引っ越してきた女子高生・舞春ひろみ。坂の多い長崎では運動音痴なひろみは自転車に乗れなかったため、鎌倉では自転車に乗ることができる、と心踊らせていた。そんな少女が鎌倉で初めて出会った秋月巴や、ロードバイクにあこがれを持つ少女・比嘉夏海らと共にひろみは自転車部を設立し、自転車に打ち込む青春の日々を描いた作品だ。


ん〜これでも自転車レースなのかロングライド系なのか、はたまたポタリングやサイクリングなのかがわからなかった。そこでAmazonなどで原作のレビューを見てみるとどうやらいろんなことをやるらしく、どれにも特化しているわけではない模様。とりあえず第1話でこのアニメの拒絶反応が無かったので2話目移行も見てみることにする。

ちなみに劇中で気になったのは背景の街がきれいだった点とこれ

minami_camakura_cycle_1.jpg

サドルのブランドロゴに注目いただきたいのだが、きちんと「BRIDGESTONE」と書かれている点。実はその前の弱虫ペダルも、ろんぐらいだぁすでも実際に存在するロゴやブランド名は伏せられていて(例えばGIANTはGIGNTなど)、少し違和感があったのだが、このアニメではそれがなく実名登場となっている。

minami_camakura_cycle_2.jpg

さらにエンドロールのロードバイクにもきちんと「Cannondale」(キャノンデール)の文字が。どうやらメーカーが公式に協力しているようで、エンドロールの協力欄には「キャノンデール・ジャパン」、「スペシャライズド・ジャパン」、「ニールプライドバイク ジャパン」、「ピナレロジャパン」、「ブリヂストンサイクル」、「Liv」(GIANTの女性向けブランド)の文字を確認できた。多分、弱虫ペダルのときは登場人物が乗るブランドの高級モデルよく売れたので、その時のような派生効果を期待しての公式協力なのかもしれない。

とういわけで2017年1月からは弱虫ペダルの第3シーズンもスタートすることから、異例の自転車アニメ2種類同時スタートとなる。弱虫ペダルが放送されていた時はスポーツ自転車の売れ行きに影響したため、自転車メーカーも大いに期待しているはずだ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド