2016年10月21日

スタッドレスタイヤを新調。ナンカン ESSN-1

今年もあっと言う間に自転車シーズンが終了をむかえ、移動手段が自転車からそれ以外にシフトする時期になった。管理人が住んでいる地域では自家用車がメインで、それ以外はバス。電車(機動車)は一応あるが通っている地域が限られるためバスよりも利用者は少ない。

雪がない時期は自転車がメインだが、雪が降り積もってかつ温度が氷点下になってくると自家用車やバスに頼らざるをえない。特に自家用車の人は数年おきにやってくるスタッドレスタイヤの買い替えが悩みどころだ。

北海道の積雪地域でスタッドレスに求められる性能は雪と氷とアイスバーンの3つ。住んでいる地域の積雪量や気温によって道路のコンディションは異なるが、やっかいのなのはアイスバーン。これはスタッドレスタイヤの性能がもろに発揮される部分で、特に濡れたアイスバーンや交差点前のミラーバーンでは5年落ちのスタッドレスタイヤ(ゴムが硬化し氷上性能が極端に低下)では話にならない。よって北海道では3〜4年程度で買い換えるのが普通となっている。

ただ、スタッドレスタイヤは夏タイヤよりも高価で夏タイヤなら5年以上使えてもスタッドレスではそうはいかない。そのため出費がかさむという問題がある。そこで最近注目なのが「アジアンスタッドレスタイヤ」である。ここでいうアジアンというのは、日本以外のアジア諸国のことで国産よりも大幅に安いという特徴がある。アジアンスタッドレスが日本に入ってきたときはその性能の低さから「スタッドレスと言う名の夏タイヤ」という異名がネット上で与えられていたが、ここ数年で性能が向上。特に台湾製の「ナンカン」というメーカーの「ESSN-1」というタイヤの評判が良い。

essn-1_1.JPG


というわけで、5年前に買ったヨコハマのアイスガードIG30(現行モデルの4つ前の製品)のゴムがかなり硬かったことからこのナンカン、ESSN-1を買ってみることにした。タイヤはオートウェイという福岡の通販サイトからネット注文し、わずか3日で到着。価格は165/70R14で1本3980円。送料は1本1080円なので4本で合計20000円ちょいだった。これにIG30のときに買ったアルミホイールを流用しスタンドでタイヤのはめ替え&バランス調整を激安でやってもらったので総額は23000円程度かかった。
なお、通販でタイヤを買った後気づいたのだが、この165/70R14のサイズであればヨコハマの最新モデル「IG50+」との価格差は2000円程度でそこまでリーズナブルではなかった。まぁ「試してみたい」という衝動があったのでよしとしよう... どうやらコストパフォーマンに優れるのは17インチ以上の大きなサイズで、このあたりだと1本あたり国産と比較して1万円以上差額が生まれる。4本買うと4万円も違うのでネット上では大人気のようだ。

essn-1_2.JPG

タイヤ面を見る限り左右非対称パターンでB社の某GZに似ている。ゴムも触った感じやわらかい。ぱっとみ期待できる感じ。

で、肝心の性能はというとこのサイトが詳細にレビューしているので詳しくはそちらを見てほしいが簡単にいうと「雪道は期待以上。氷と雪の組み合わせでは十分で、アイスバーンやミラーバーンだと(国産に比べ)厳しい部分がある」タイヤのようだ。ただ、アイスバーンやミラーバーンは国産タイヤ(ブリジストンやヨコハマ)でも滑るときは滑るし、個人の主観の部分もあるので、実際に使って感じてみないとわからない部分もあるかと思う。

ちなみにスタッドレスの効き(氷上性能)は2年程度が限界で3年目では怪しくなるとのレビューをみかけた。価格差が2000円程度の管理人のサイズではかなり微妙な交換スパンとなりそうだが、価格差1万円であればそこそこ良いかもしれない。さらに北海道ではなく滅多に雪が振らないあるいは振っても数回という地域なんかでは安く買えるスタッドレスとしての需要がありそうな製品である。


2016年10月18日

旭川に定食の「やよい軒」 初出店。

ここ数年で旭川市の特に39号線の永山付近で外食店の出店ラッシュが続いている。「スシロー」や「魚べい」、「はま寿司」に関しては以前の記事のとおりだが、その後は「ステーキ宮」、(ビクトリアを業態転換した)「しゃぶ葉」、定食の「大戸屋」など本州企業がラッシュのごとく同じ道路上に出店が続いている。

yayoiken_2.png


今回取り上げるのは「やよい軒」。調べると中国地方からむこうの地域でかなり多い定食屋さんのようで、北海道では札幌の4店舗に続き5店舗目で旭川は初出店となる。

yayoiken_1.png


場所はリサイクルショップ「Don−Don 永山店」の駐車場内で、もともと広い駐車場だったためここを一部店舗用に買い上げ?(もしくはレンタル)での出店となったようだ。最近、旭川ではこの広い駐車場のいち部を利用して出店するケースがかなり多く、他にはサッポロドラッグストアーの駐車場敷地に魚べいができたり、パチンコ屋の駐車場敷地にマクドナルドができたりと、土地の再利用的な使い方が目立つ。

早速外観をポタリングついでにみてきたので写真を。


KIMG1013.JPG


店は写真のように既に完成していた。新聞に入ったビラによれば11月1日オープン日ということで、既にバイトなど練習中かと思う。

中国地方出身の人によれば価格が激安という噂だったが、公式HPで確認したところそんなに安くはないような...大戸屋よりは安いが、チェーン店の牛丼並よりは上で最低でもサバの塩焼定食が630円。朝食だと納豆定食が370円。定食に関してはご飯のおかわり自由が付くので、このあたりならコストパフォーマンスは高い...?



場所はTSUTAYA永山店の隣りにあるリサイクルショップ「Don−Don 永山店」の駐車場内。近くには魚べいやマクドナルドが位置する。

2016年10月13日

夏のスキー場でマウンテンバイク(フリートレイル) 北海道でも?

今週の朝のNHK(おはよう北海道)で、倶知安町「旭ヶ丘スキー場」でのマウンテンバイクコース(フロートレイル)に関する特集が放送された。

14448880_10154221364897741_4945723156468695801_n.jpg



フロートレイルとは、スキー場の夏のゲレンデを利用し、マウンテンバイクで下るというスポーツで、スイスやカナダなど海外の有名リゾートで近年、夏のゲレンデを活用したMTBの新たな楽しみ方として注目されているらしい。

14354955_1456150294401933_5052913942435207743_n.jpg


既存のスキー場を利用したMTBコースの「ダウンヒル」では一般的に斜面が急なため難易度が高く初心者には敬遠されやすい。一方でフロートレイルでは緩やかなゲレンデを利用して作るため初心者でも簡単に気軽に楽しめるそうだ。特にマウンテンバイク&ゲレンデに設けられた特設コースからなる特有の乗り心地や雰囲気は普段乗ったことある自転車や道路では味わえないとあってスポーツというよりもアトラクション的要素が強いようだ。

スキー場に隣接する宿泊施設ではスキーシーズンの冬季に対してオフシーズンの夏季では宿泊客が大きく減少してしまうが、このフリートレイルを導入することによりこれを目的とした観光客が増える効果が期待できる。特に外国人観光客に大人気なニセコ地区ではいかに夏季のお客さんを増やせるか模索中で、これもその活動の一貫らしい。仮にこれが上手くいったとすると、道内にある他のスキー施設にも波及しそうで、ニセコの次に人気な富良野地方などでも同様の取り組みが期待できそうだ。しいては夏季期間の雇用確保など地域経済に貢献できるかもしれない。



今回のニュースで報じられた倶知安町でのフリートレイルは、今期は実験段階とのことで今週末が最終開催となるが、既に手応えはあったようで来年度の実施も期待できそうだ。ゆくゆくは北海道のスキー場で冬はスキー、夏はMTBといった営業が普通になる日がくるかも?
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド