2016年07月31日

「ならがポケモンGo」の自転車事故が急増中

任天堂のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGo」に絡む自転車事故が全国で急増している。

pokemon_go_1.png


日本配信前では海外での交通事故が報じられていたが、ちょうど日本は小中高生の夏休み時期ともあってとりわけ「自転車&ポケモンGo」の事故が多いような気がする。そこでちょっとこの話題を調べてみた。

管理人は残念ながら手持ちのスマートフォン(Andorid)のバージョンが低いためポケモンGoのインストールが出来なかった。よって情報はネットやTVの報道による。

まずポケモンGoは基本プレイ無料でゲーム内のアイテムに対してお金を払う「アイテム課金制」のゲーム。スマートフォンやPCのオンラインゲームが出る前は、プレステやDS等家庭用ゲーム機などの売り切りタイプのゲームソフトしかなかったが、スマートフォンやPCゲームのオンラインゲームではこれが主流だ。そしてアイテム課金制の中でもポケモンGoは時間をお金で買うタイプで、お金をかければ簡単にゲームをすすめられ逆に無料で進めようとすると時間がかかるタイプのようだ。

さて、ポケモンGoにおけるゲームの目的は携帯ゲーム機のポケモンと同じくモンスターを集めて「ポケモン図鑑」を完成させることなのだが、モンスターを集めるには専用アイテムが必要となる。

pokemon_go_2.png

それがポケモンの世界で最もポピュラーで重要な基本アイテム「モンスターボール」。登場するポケットモンスター(ポケモン)を捕まえるためのアイテムなのだが、ポケモンGoでこれを入手するには

--------------------------------------------------------

@ショップで購入(実際のお金をポケコインに換金して購入)
Aプレイヤーのレベルアップ時に入手
Bポケストップで入手

--------------------------------------------------------

の3パターンとなっている。ここで「ポケストップ」とはポケモンGo内で使うアイテム(モンスターボールやその他)を無料で配布してくれるスポットのことで、実際の街中、特に神社や公園などを中心に多く配置されている。
プレイヤーはゲームを進める(モンスターを集める)ために必須のモンスターボールを入手するため@〜Bのいずれかを選択するのだが、レベルアップは毎回できないため必然的に@かBとなる。ポケットマネーに制限のある小中高生、特に小学生になるにつれてポケモンGoに課金することは難しくなるから街をあるきまわってポケストップを見つけ、モンスターボール等を集めることになる。

pokemon_go_3.png
※画像はFNNニュースより


そこで登場するのが自転車だ。自転車は小中高生の代表的な移動手段で、徒歩よりもはやく便利。ポケモンGoでは一箇所のポケストップでは少しのアイテムしかゲットできず複数のポケストップをまわる必要がある。さらにポケストップに近づいただけではアイテムをゲットできず、画面上でワンアクション必要となるためモンスターボール等をゲットするため全国で自転車に乗りながらポケモンGoをする小中高生が増えているのだ。これ以外に徒歩よりもはやく移動してポケモンそのものを見つけるという目的もあるだろう。

pokemon_go_4.png
※画像はFNNニュースより


当然ながら自転車に乗りながらポケモンGoをする小中高生は万が一事故った時のことも考えてないだろうから片手運転は当然で、目線も下向き。前方から来る相手(歩行者、自転車、自動車等)を発見するのが大幅に遅れ、気づいてブレーキをかけようとしてもハンドルは片手しか握られていないため接触事故となりやすい。特に今の時期は夏休みで小中高生が自由に外で遊べるため全体的に事故が増えているようだ。なお、ポケモンGoのモンスターは夜間に出現率が高くなるらしく、夜間の場合は無灯火自転車の増加にも加担しているらしい。

ポケモンGo自体が絶対悪とまでは言い切れないが、これに小中高生が無料でゲームをすすめるための行為として自転車が多く利用され、結果的に事故につながっているように感じた。ポケモンGo以前に自転車のルールをよく知らず小中高生の自転車事故率自体も高い点も相乗効果で事故を増やしている。大事故になる前に大幅な取り締まりを行うかそれともブームが去って自然消滅するのがはやいか。いったいどちらになるのだろうか...

2016年07月30日

美瑛川地区かわまちづくりWGの社会実験

前回記事した「美瑛川サイクリングロード(仮)」計画。これにからんだ社会実験が7月15日から8月21日まで美瑛町で行われる。


syakaijikken_01.jpg


主催は美瑛町と国土交通省北海道開発局旭川開発建設部。内容はというと、

------------------------------------------

サイクリング利用者によるサイクリングコースや周辺施設等の利用促進を図るため、サイクリングの利便性向上につながるサイクリングスタンドや空気入れ、工具のサポート設備を周辺施設等に設置し、その有効性、必要性を検証するための社会実験を実施します。

------------------------------------------

とのこと。店舗は実験の協力店舗なのですべてではないが、ロードバイクなどの利用者にとってはサイクルトラックがあると立ち寄りやすい。特に美瑛町は本州から飛行機(旭川空港着)やJRでの輪行サイクリストも訪れることから実験的にも有意義となりそうだ。

協力店舗ではアンケート用紙を設置し、感想や意見を募集するとのこと。これら意見は美瑛川サイクリングロード計画へと反映される予定だ。

2016年07月23日

美瑛町 美瑛川サイクリングロード計画 

美瑛町は旭川市のすぐ下。「北の国から」で有名な富良野市の近隣に位置する上川総合振興局の市町村である。北海道の中央部に位置し大雪山と十勝岳連峰麓の丘陵地にあるため美しい丘を持つ。町としても「丘のまちびえい」を観光資源として農業の次にならぶ基盤産業となっている。美瑛町といえば近年では「青い池」が有名で昭和の頃はケンメリスカイラインの撮影にも使われた「ケンとメリーの木」が有名であった。

そんな丘のまち美瑛は2010年からセンチュリーライドを行なっている。連続する波状丘陵とヨーロッパに匹敵する田園風景が美瑛ならではの魅力となっており年々参加者が増加。2016年も9月に第7回大会が予定されいる。




イベントとは別に美瑛町ではレンタルサイクルによるライトなサイクリングも可能で、特に激坂にも安心な電動アシスト自転車のレンタルも市内で利用可能と本格的なサイクリストでなくとも楽しめる手頃なサイクリングも用意されている。その一方で美瑛町の観光は市街地付近と白金温泉の離れた地域に集中。

siryou_01.jpg

この間を移動するためにサイクリストが利用する道道966号線および白樺街道は車での観光客も多く通る道で決して安全とは言いがたい部分があった。そこで既存の美瑛川の河川空間をサイクリングロードとして再整備し、車道と自転車を分離することで安全性を向上。さらにサイクリングロードで市街地から白金温泉までを結びその間に点在する施設(レストラン、ショップ、カフェ、山岳景観、丘、農作物、青い池、白金温泉等)を結ぶことでより魅力的な観光資源&地域活性化しようという計画が現在進行中だ(※詳細な資料はこちら)。

siryou_02.jpg

siryou_03.jpg

工事は平成27年度からスタートで完成予定は平成31年度予定。管理人がたまたま美瑛町に行ってきたときは丸山公園付近の河川敷道路で何らかの工事らしきものが確認できた。どうやら実際に進行中のようである。

美瑛町は旭川空港から車で12分、バスでは16分ほどの距離に位置し、旭川駅からはJRで30分程度。バスでは35分程度とアクセスが良い。近隣市町村以外にも空港を利用した道外からの観光客。直結便による台湾や中国人観光客が見込め人気の美瑛と相まってかなり有望な計画に感じた。

2016年07月18日

弱虫ペダルと学ぶ自転車交通安全〜千葉県

千葉県と弱虫ペダルがコラボした自転車交通安全サイトが公開された。作品中に登場する「総北高校」は千葉県にあるという設定から今回のコラボレーションが実現したようで、県のマスコットキャラクター「チーバくん」も登場するようだ。

yowamusi_ti-ba3.png


で、実際にサイトを覗いてみた。サイト内では自転車の交通ルールをアニメを通して簡単に学べるようになっており(Youtubeのリンクが貼られている)、

yowamusi_ti-ba.png

その下には文字でより詳しい内容が書かれていた。

yowamusi_ti-ba2.png

アニメを使っているからといって手抜きとか省略したような感じはなく、基本的なルールが書かれていた。ただ現状では本当に基本的なことしか無いのでルールを学ぶ導入的なサイトとして有用かなと感じた。これをきっかけにより詳しい内容を自分で調べれるように(調べたいと思えるように)なるとベストだろう。自転車の交通ルールを学べるサイトは堅苦しいイメージがあるかもしれないのでそういった点では良いサイトかも。また、動画自体はネットで誰でも見れるのでローカルな交通安全教室などでも他の動画を交えて使えそうな感じもした。

なお、動画は全6話構成で約半月毎に更新予定となっている。7月1日に第1話が公開され最終話の第6話は9月9日公開予定とかなりゆっくりペース。大事なないようなので個人的にはすぐにでも全部公開してもいいような気がした。







2016年07月13日

平成28年度 夏の交通安全運動 重点は飲酒運転の根絶

夏の交通安全運動が7月11日からスタートした。

anzen-jyouho-h280706_01.jpg

今回の重点項目は...

-------------------------------------------------------------------------

・飲酒運転や居眠り などの観光・レジャー型の交通事故防止

・子供と高齢者の交通事故防止

・自転車・二輪車の交通事故防止

・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用

-------------------------------------------------------------------------

となっている。

最近の交通安全運動では必ず「自転車の交通事故防止」等が盛り込まれているが今夏の交通安全運動では「飲酒運転の根絶」も重点として盛り込まれている。夏季では長距離ドライブなどのレジャー型交通事故や(北海道では)本州からの自動二輪車(ライダー)のツーリングに関連する事故もこの時期増えるため重点項目に盛り込まれている。特に2年前の小樽市では「おたるドリームビーチで「飲酒ひき逃事件」が発生し海水浴帰りの若い女性を次々とはね女性3人が死亡、女性1人が重傷を負う事故が発生(最終判決は危険運転致死罪適用で22年の懲役刑)。翌2015年11月には砂川市で北海道で飲酒運転の車に追突され一家5人死傷する重大事故も発生し、北海道では「飲酒運転根絶」が最重点項目といえる。

夏の交通安全運動の期間は7月11日〜7月20日まで。期間中は朝や夕方時に街頭に立って交通安全運動が行われるほか、住宅街や覆面パトカー等でのスピード違反取締り(通称ネズミ捕り)も予想される。自転車の違反に関しても(警察官のやる気次第だが)普段よりは取り締まりの機会が増えそうだ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
タグクラウド