2015年11月06日

旭川で再び自転車同士の衝突事故

旭川では2014年9月19日に中心街からはなれた田んぼ道の郊外(東旭川町旭正)の歩道上で自転車同士が衝突する事故が起きた。それからおよそ1年後の2015年10月5日。再び衝突事故が起きた。

ただし、前回と決定的に違うのは明るい午前11頃である点だ。このことから前回のような無灯火が引き金となった事故ではないのだが、自転車の歩道走行を考える上でこの事故は重大な意味を持つと思う。

さて前置きが長くなったがニュースサイトより詳細を転載する。


テレ朝NEWS
---------------------------------------------------------------------------------
北海道旭川市で自転車同士が衝突し、73歳の男性が大けがをしました。もう一方の電動自転車に乗っていた高齢の女がそのまま逃げ、警察が行方を追っています。

 5日午後1時前、旭川市で73歳の男性が自転車で歩道を走っていたところ、向かい側から来た電動自転車と衝突しました。男性は転倒して車道に転落し、ひじやひざを骨折する重傷です。
 目撃者:「(女が)その現場から早くいなくなりたいという形で、勢いをつけて走り去っていきました」
 警察によりますと、電動自転車に乗っていたのは70歳ぐらいの女で、白いジャンパーに白い帽子をかぶっていたということです。衝突直後に男性が「ちょっと待って」と女に声を掛けましたが、女はそのまま走り去ったということです。
---------------------------------------------------------------------------------

ニュースサイトの動画から事故現場を割り出すと、多分ここらへんだ。



続いてこの付近のキャプチャー画像。

syoutotu_jiko1.png

警察の現場検証の様子からも右奥の変則T字交差点付近の歩道だと思われる。

syoutotu_jiko2.png


向こうのシャッターとキャプチャー画像のシャッターが一致する。

さて、事故をまとめると両者は歩道上を走っていて、対面する形ですれ違う際に電動自転車の高齢の女が自分の進みたい方向に(自由気ままに、相手が避けてくれるだろうと)進もうとして、同じ方向に進もうとした高齢男性の自転車と衝突したようだ。高齢男性はハットブレーキをかけれたのだが、多分高齢の女は向こうが避けてくれるだろうと思っているから(あるいはぶつからないと思い)ブレーキもせず進んだところ接触といったとこだろう。また、事故現場は左手に2階建ての建物があり、死角となって向かって左からくる自転車がわかりづらくなっている。この点も事故に影響したのかもしれない。

歩道上では車道のように進行方向に決まりがなく、「車道寄りを徐行」となっているだけである(教則にすれ違い方法についての記述はあるが進行方向に対しては決まりがない)。自転車の交通量が少ない歩道なら問題はあまりないが、沢山の自転車が行き交うようになると右からも左から自転車が通り、かならず向かい側からくる自転車を回避しならければならなくなる。すべての人が歩道上でのすれ違い方法を理解しているわけでもなく右から来るのか左から来るのかわからないことが多い。若い人なら反射神経は良いが高齢者なら反射神経も鈍くなり、もしくは強気になって相手が避けてくれるだろうとも考えるかもしれない。歩道上で最も危険なのは歩道と歩道との切れ目での接触事故だが、今回の事故のように対面する自転車がどちらかに避けるような場合でも事故が発生する場合がある。歩道上での利便性は失われるが、「歩道は例外」であることを重視し、いずれは歩道上でも一方通行というルールが望まれるところである。

2015年11月04日

歩行者と自転車を重大事故から守る「ゾーン30」

ここ最近、自転車活用推進研究会の動画を見ているのだがこの中で「ゾーン30」というものがあった。

ゾーン30とは(札幌方面豊平警察署によれば)

----------------------------------------------------
地域の皆さんが、より安全に走行できるようにするため、地域全体の自動車の最高速度を30km/hに規制します。
 この規制を設定する区域内については、看板や路面の標示により皆さんにお知らせするとともに、道路自体を、自動車がスピードを出しづらい構造にします。
----------------------------------------------------

というものである。なぜ時速30kmなのかだが、自動車が万が一事故を起こしても時速30kmであれば致命傷に至る確立が10%なのに対し、40kmでは40%、50kmでは80%以上と時速30kmをポイントに飛躍的上昇するためである。

zone30_1.jpg



そしてこのゾーン30、自転車利用が進むヨーロッパでは1990年代から導入が進んでいる。自動車事故抑止のため特に街中の住宅街など生活道路が多い地域をゾーン30に指定し、その区域内を走るすべての車両の速度を30kmに制限している。自動車の制限速度が最大でも30kmになることにより自転車との速度差が減り、自転車に対応する時間に余裕が生まれたり、自転車側からも猛スピードでなくゆっくりと追い越される、または無理な追い越しが無くなるためより安心というわけだ。特に日本と比較するとゾーン30を導入した欧州各国とは自転車事故に差があり、この住宅街におけるゾーン30も大いに関係しているとされている。

日本でも平成23年から徐々にゾーン30が全国的に導入されつつある。管理人の旭川市でも平成25年に一部地域で初めて導入され、26年、27年と徐々にゾーン30エリアが小学校、中学校のある地域を中心に増加している。

住宅街の生活道路は危険が潜んでいる一方で大きな道路の抜け道的要因からスピードを出すドライバーがいたり、あるいは朝の通勤で急いでスピード違反をしたり、きちんと一時停止線で止まらなかったりと、危険な場所で危険な行為を行うドライバーが結構多い。ゾーン30は歩行者と自転車を守るための交通規制であり、自動車ありきの考え方から歩行者や自転車優先の考え方に社会が変わってくれば今度も増えてくるだろう。そうなるとドライバーは不便を強いられることになるのだが、ゾーン30はその交通シフトも含めた交通規制で自動車の利用を抑制し、街中全体の自動車の数を減らして結果的に交通をスムーズにする面もある。自転車レーンの整備と共にゾーン30も整備されることで、より自転車の安全利用が促進されるであろう。

2015年11月01日

GIANTの本気ママチャリ 「FLOURISH」

何気なく2016年のGIANTのラインナップを見ているとこんな自転車を発見した。

flourish2.png


名前は「FLOURISH」(フローリッシュ)。ページを間違えたかと思って見なおしたがこれはれっきとしたGIANTの製品のようだ。概要を見る限り女性を意識(ターゲットと)したもので、、一般的なスポーツタイプのダイアモンド型フレームとは異なり、日本でポピュラーなママチャリのWループ型をしている。これに使い勝手が良くオシャレなバスケットを標準装備し、サドルもスプリングが付いたおしりに優しい仕様となっている。極めつけは変速機で、ぱっと見3段以上あるのは明らかだが、なんとフロントギアも備える24段仕様なのである。それでいて車重は14kgとこの手の自転車ではかなりの軽量な部類に入る。
ただし、お値段はそれゆえに定価68000円(税抜き)となっていてかなり高く感じるが、スポーツタイプではなく従来型、しかもかご付きで軽量&多段ギアのママチャリという意味では値段相応の価値はありそうな1台だ。なお、ワンランク下のモデルでは7段変速になるがちょっと安くなって定価50000円なので街乗りを考えると十分な仕様かも。

ちょっと前から(他社もそうだが)GIANTは女性向けモデルを積極展開してきた。フローリッシュはその中のひとつということで、異例の挑戦的なモデルといえるだろう。


最後にフルスペックは以下のとおりとなっている
------------------------------------------------------------
フレーム ALUXX-Grade Aluminum OLD135mm
フロントフォーク Cr-mo
BBセット VP BC73 124-68mm
ギアクランク SR SUNTOUR XCC 28/38/48T 170mm
チェーン KMC Z72
F.ディレーラー SHIMANO M191 34.9
R.ディレーラー SHIMANO ALTUS
シフター SHIMANO EF51 8S
ブレーキセット LEE CHI Vブレーキ
ブレーキレバー SHIMANO EF51
ギア SHIMANO HG31 8S 11-34T
ヘッドセット FEIMING H815B
ハンドルバー Aluminum 25.4 600mm
ハンドルステム Aluminum Quill 25.4 アジャスタブル 85mm
サドル CLASSIC SOFT
シートピラー Aluminum 30.9x300mm
シートクランプ Aluminum 34.9 QR
ペダル Plastic COMFORT
Fハブ SHIMANO DH-2N35-NT 36H ハブダイナモ
Rハブ FORMULA 36H
リム GLM GX02 36H
スポーク Stainless 14G
タイヤ CST CLASSIC VENICE 700x40C
チューブバルブ 仏式バルブ
付属品 フロントライト、リアフラッシャー、キックスタンド、ドロヨケ、バスケット、ベル
------------------------------------------------------------
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
2019年12月(2)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
タグクラウド