2015年08月31日

旭川 自転車の女児がワゴン車にはねられ重体

旭川市内で小学3年の女の子の自転車とハイエースが接触する事故が起きた。

参照元:HBCニュース
-----------------------------------------------------------------------
31日午後、旭川で、自転車に乗っていた小学生とみられる女の子がワゴン車にはねられ意識不明の重体となっています。31日午後3時前、旭川市7条西5丁目の市道の交差点で、ワゴン車と自転車が出会い頭に衝突しました。

この事故で、自転車に乗っていた女の子が病院に運ばれ手当てを受けていますが、頭を強く打っていて意識不明の重体です。警察によりますと、女の子は現場近くに住む小学3年生とみられます。

現場は信号機のない交差点で、自転車の側に一時停止の標識があったということです。警察は、ワゴン車を運転していた旭川の67歳の男をその場で逮捕しました。男は取り調べに対し、「自転車が飛び出してブレーキが間に合わなかった」と話しているということです。
-----------------------------------------------------------------------

文面だけだとよくわからないので一緒についていたHBCニュースの動画キャプチャーを見てみよう。

asahikawa_jiko.png


まずは自転車を跳ねた乗用車。普通車の中でもビッククラスで重量級のハイエースだ。

asahikawa_jiko2.png


女児の自転車。"キッズATB"などと言われる子供用マウンテンバイク風自転車だろうか。

で、問題の事故現場。かわってNHKニュースでは事故現場交差点をレポートしていたので、同じ場所をGoogleマップで探してみた。おおよそここだと思う。



ここをキャプチャーすると…

asahikawa_jiko3.png

このように女児側の交差点では、一時停止の標識がある。NHKニュースをみるかぎりワゴン車の左バンパーに接触のあったが、HTBの報道によれば自転車から見て左から来たワゴン車に跳ねられたとあった。となると写真左手に見える2階建ての家が大きな死角となって、ここから一時停止をせずに飛び出したためにワゴン車のブレーキが間に合わなかった可能性が高い。もしくは対面側の可能性もあるが対角線上の家も塀があり女児の背の高さなら隠れてしまう。やはり一時停止は必須の場所である。

asahikawa_jiko5.png


今度はハイエース側から。さきほどの塀の家は右手にきている。こちらから見ると敷地いっぱいに張り出した2階建ての家が死角となって交差点の向こう側がよくわからない。一時停止側はきちんと止まらないと非常に危険な交差点である。車を運転する人ならここを飛び出すことはしないだろうが、歩行者感覚で自転車に乗る人はこの危険性がわからないと思う。車のスピードが住宅街なのに出すぎていた可能性もあるが、飛び出したのならどんなに徐行していても止まれないこともある。

migigawa_kiken.jpg

※画像はこちらからお借りしました


今回は車道の逆走は無さそうだが、これがもし右側通行からの一時停止飛び出しならなお危険性が増していただろう。特に住宅街の死角の多い交差点ではきちんと左側通行&一時停止を行わないと大事故につながりかねない。

と、ニュースから女児が一方的に悪いと書いてしまったが、小学3年生ぐらいだとまだきちんとルールを知らない可能性も高く、保護者や学校などが「きちんと教えていなかった大人の責任」という部分もある。自転車は手軽なのだが公道を走る以上はきちんとルールを守らないと事故にあい、痛い思いをするのは自転車側という側面がある。それは子供でも大人でも関係ない話で、まずはきちんとしたルールの厳守が肝になってくる(その次は事故に合わないように予測運転や予防運転もひつようになる)。もちろん自動車(あるいは自転車)側はだろう運転するしかないのだが、自転車に関してはそう感じさせるニュースだった。

※事故の状況が追加されたため、9/1に記事内容を加筆修正しました

2015年08月29日

北海道の自転車専用レーンを考える @序章

自転車の安全な走行に欠かせない自転車専用レーン。本州などでは自転車専用レーンの設置、実験などのニュースを耳にすることがあるが北海道では極端に少ない。それは地域の特性によることろが大きい。

北海道ではご存知の通り雪が降り、積もる地域である。これが1年間のうち半年を占める。概ね11月から4月にかけては積雪の影響で自転車が利用できなくなる。1年に数回程度の積雪で乗れなくなる本州(積雪地帯を除く)とは大きな違いだ。

さらに北海道では札幌市など大都市を除いて交通の主体が"自家用車"である部分も大きい。地下鉄は札幌市しか無いし、鉄道も首都圏に比べると不便で本数も少ない。バスだって大きな街では数十分に1本の間隔であっても郊外や田舎に行くと1時間に1本。あるいは半日に一方などざらである。このような北海道では一番便利な自家用車が交通の主体となっていて、お店もこれに対応した駐車場完備。これに準じて長年自動車を再優先した道路整備がなされてきた。

では自動車が再優先なら自転車は少ないのかというとそうではない。もちろん人口の少ない市町村では町中を見ると自動車ばっかりで自転車が本当に少ないのだが、ある程度の人口規模で平坦な土地を持つ都市では自転車の利用が多い。管理人の知るところでは一番は(人口も多い)札幌市。次いで(平坦で河川敷がよく整備された)旭川市。次に函館市か苫小牧市などいう感じだ。逆に坂が多い小樽市では人口の割に自転車を利用している人を見かけない。出張で訪れた際に街中を歩いて肌で感じた。

(ちょっと話が脱線したが、)まとめると北海道で自転車レーンが整備されてこなかった理由は

@地域性による自動車優先の道路整備だった
A半年しか使えない自転車に対する安全対策は(歩道を除いて)重要視されてこなかった

と考える。歩道を除いてと書いたのは、歩道上の自転車走行レーンはちらほら見かけるためである。旧来の安全対策に基づく整備で、よくある歩道の中央を白線で割って、そこを自転車と歩行者で分けるタイプの自転車レーンだ。ただ、この歩道上のレーンは信号のない交差点で歩道の切れ目での出合い頭事故を誘発し、非常に危険な整備方法であることがわかったので近年ではあまり整備されない方向にある。

自転車が少ない町であれば自転車に対する対策はほとんど必要ないが、自転車が多い都市では首都圏と同じように対自動車、対歩行者に対して事故が発生する。前述のとおり北海道の道路は自動車を優先した整備のため、車道上の独立した自転車専用レーンはほぼ無いに等しくこれが通勤・通学の自転車利用が多い時間帯では、歩道上を高速で走る高校生の自転車と、これをよく確認しない自動車とでの事故(特に交差点)が起きやすい。

よって半年しか自転車が使えないといってもその利用者の多さなどを考えると特に札幌や旭川では自転車専用レーンを整備して、事故の軽減と自転車の安全な走行環境の整備に務めるのが必要だと考える。また、近年の自転車人気から北海道をサイクリングしたいという本州からの旅行者も増えており、その拠点都市として自転車レーンを整備し、自転車にやさしい街をアピールすることは新たらな観光資源にもなりうる。また、増える高齢者の手軽な移動手段としての自転車も見直されており、自転車レーンの整備(もしくは自転車ネットワークの構築)は今後の新たなライフラインとして大きく期待できるものである。

今回は序章ということでこのへんで。次回の記事では具体的にどう整備すべきかを考えていこうと思う。

2015年08月22日

自動車を規制するという考え 自転車の安全対策

自転車が安全、安心に走れるようになるには(あるいは自転車のルールがきちんと守られたり、マナーが向上するには)

@自転車の走行環境を整える
A自転車に関する交通教育を徹底する


の2点が必要であるとをこのブログでは述べているが、補足的にもうひとつ必要なことがある。それは自動車(ドライバー)に対する対策である。

上記2点は現状の道路や自転車利用者を見れば優先度が高いことは理解できると思うが、仮にこれら2点が改善されたとしてもそこが道路であるかぎり、自転車より強い立場にある"自動車"という危険分子が潜んでいる。

最近では道交法改正にからんだ自転車の事故や取り締まりのニュースが目立つが、事故の規模そのものは自転車と自動車とで比較すると、車両の質量や発揮できるスピード、そこから接触した時の衝撃などどれをとっても自動車事故が上で、歩行者、自転車、他の自動車、民家や店舗などを巻き込んで大事故に至る危険性を持っている。

ドライバーの誰しもが事故を起こしたくて運転しているわけでなはいが、中には事故と隣り合わせの危険な運転を行うドライバーがいる。自己中心的で万が一のことを考えない危険なドライバーだ。こういうひとに限って大事故を起こしやすく、また事故の経験も多くてさらには反省も少なくまた次の事故を起こす傾向にある。

自転車が車道上の自転車レーンを安全に走れるようになるには、すぐ隣を走るドライバーへの教育が必須になってくるがこのような危険なドライバーに対してはその教育の効果が認められないかもしれない。すなわちどうしようもないクズ的なドライバーに対しては最初から免許を交付しないという事前策もこれから必要になってくるのではと考える。ちょっと言い過ぎのように聞こえるかもしれないが、事故が起こってからでは遅いケースもあり、最初から事故を起こす危険性が高いとわかっている者に対して対応策を講ずると考えると、これは大げさな考え方ではないと思う。




(とまぁいきなりいつもの違う記事を書いたわけだが、実は今日、青信号になった交差点で同進行方向の右折車に惹かれそうになりこのことを強く感じたのである。自分は向かって右側の歩道上で信号待ちし、横断歩道(自転車横断帯)を青に切り替わってすぐに進んでいたのだが、右折のルールを無視し強引に急いで曲がろうとした右折車両に左から引っ掛けられそうになった。時間帯は夜で、自転車が見えづらかったかもしれないがこちらもフロントにライトを2つ。リアに強力な赤色点滅LEDを点けていたので、普通のママチャリとは違ったはずだ。それでも見落としたのは、相手が急いで右折しようとしたせいだと思う。急いでいる時というのは人間は注意が散漫になりがちで、右側横断歩道を進行する自転車のことが頭になかったのだと思う(対面の直進車を無視して急いで進むため)。こういう状況下では事故がかなり起こりやすい。そしてたとえ事故を起こしてもこの手の自己中心的なドライバーはまた繰り返す傾向があり、歩行者、自転車、他の自動車の脅威となる。こうした悪質ドライバーに対しては永久的に免許を剥奪し、危険な運転ができないようにしなければならないと思うところである。)

2015年08月19日

北海道 自転車旅行の大学生の列に軽自動車が追突 

北海道ではオートバイのツーリングと同じく自転車旅行が人気の地域である。特に8〜9月は長い夏季休暇期間を利用した本州からの大学サイクリングサークルなどが目立つ。とりわけ北海道の夏は日本の中でも(比較的)涼しく、道路も広く(走りやすくて)大自然を味わえることが人気の理由だと思うが、実は北海道ゆえの危険性も含んでいる。今回、そんな危険性が露呈した事故が起きてしまった。

参照元:北海道新聞
----------------------------------------------------------
自転車の列に車突っ込む 法大生9人重軽傷 北海道・共和の国道

【共和】19日午前10時20分ごろ、後志管内共和町国富(くにとみ)の国道で、軽乗用車が路肩を走行中の自転車の列に突っ込み、自転車に乗っていた19〜24歳の男女9人を次々とはねた。女性1人が頭に重傷、8人は顔や腕などにけがを負い、病院に搬送された。軽乗用車を運転していた札幌市の50代男性は「脇見をしていて、気付いたらぶつかっていた」と説明しているといい、岩内署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で、この男性から事情を聴いている。

 同署によると、現場はJR函館線小沢駅から約3・5キロの片側1車線の緩やかなカーブ。軽乗用車は同町中心部から札幌方向に走行中に、左側の路肩を一列になって走っていた自転車に後ろから突っ込んだ。自転車の9人は法政大学のサイクリングサークルのメンバーで、同日朝に同管内岩内町を出発し、同管内京極町に向かう途中だった。軽乗用車の男性は墓参りから帰る途中だったという。
----------------------------------------------------------

列をなして左路肩を走っていたところに追突されたようで、9人全員が跳ねられうち女性が重症という痛ましい事故である。

cycling_jiko2.png

事故を起こされた自転車の画像TBSニュースから


現場の道路路肩はかなり狭く、ドライバーがきちんと注意をしていないと簡単に跳ねそうな道路だ。ドライバーの供述によれば「脇見をしてしまった」とあるが、自転車1台ならまだしも重装備の自転車9台を見落とすこと自体かなり不思議に思える。ただ、現場はゆるやかな左カーブで、相当スピードを出してかつ前方に集中していなかったとするなら左側の自転車に気づくのが遅くなって事故に至った可能性もある(あるいは狭い道で無理やり追い越そうとしたのだろうか)。

cycling_jiko1.png

事故を起こした軽自動車(スバル:初代ステラ)


脇見からの事故でびっくりしたのか、1台でブレーキをかけれず9台全て跳ねたということでかなり凹んでいる。この凹み具合から推測すると一人はボンネットで跳ね上げられフロントガラスに衝突。重症に至ったのかも。

北海道の自動車事故の特徴の一つに"速度超過"というものがある。これは言葉通りスピートの出し過ぎなのだが、自転車にとって広い道ということは自動車にとっても広い道であり、スピートを出しやすい状況にある。とりわけ北海道の郊外に至っては制限速度で走る車は少なく、例えば60km制限であれば70kmはあたりまえで、3分の1程度は80kmで巡航する場合もあり、中には一般道でも100kmの速さで走る車さえいる。さらに交通量の多い国道となればその速さに加えてトラックなど大型車を含めた自動車の数が増えるため、そこを走るサイクリストの1団にとっては非常に危険な場合もある。よって北海道を安全にサイクリングするなら交通量の多い国道(幹線)よりも交通量の少ない町道(支線)などを選ぶことも安全策の第一歩である。この他に目立つ服装やリアの赤色点滅ライトなど遠くからでも後方の自動車にアピールすることが重要と考える。特に昼間でもよく見えるよう100円ショップの安い点滅ライトではなく、2000円前後の強力な点滅ライトを後ろに装備するとかなり効果的だ。さらにできれば前方の白色点滅ライトもあると前方の車にアピールできて、市街地・交差点での対向車の右折事故を減らせる。


まとめると北海道のツーリングにおいては


@危険な道はなるべく避ける
A自動車に対して自転車がいることをアピールする


の2点に注意して北海道旅行を楽しんでほしいと思う。悪いのは自動車でも痛い思いをするのは弱い自転車側なので、自己防衛という観点でも十分に留意してほしい。最後に事故にあわれた大学生の回復を一刻も早く願いたい。

--------------------------------

2015年11月10日追記。

どうやら事故を起こしたドライバーはてんかん持ちで、事故当時発作が起きて気を失い、自転車を立て続けに9台もはねてしまったようだ。ドライバーは「医者から運転を控えるように言われていたにもかかわらず運転をした」としてその後危険運転傷害罪で起訴された。さすがに常識的に考えて9台も立て続けに跳ねるのは普通じゃないと思ったが、真相は"てんかん"にあったようだ。



2015年08月16日

車優先 自転車は蚊帳の外的な道路整備

日本の道路はモータリゼーションを背景に自動車を優先し、歩行者や自転車は二の次という政策をとってきた。いわゆる"車優先社会"である。車優先社会は自動車利用者には多大な利便性をもたらしたが、自動車を使わない人(歩行者や自転車)にとってはその利便性を享受できないどころか危険性までも生み出してしまった。

そんな車優先社会は各地で進む自転車専用レーンの整備で少しづつ変わろうとしてきているが、未だに車優先に整備するところが多い。今回見つけたニュースはそんな旧来の車優先社会を彷彿とさせるものである。


参照元:中日新聞
----------------------------------------------

3月開通 入善黒部バイパス 自転車で走るの「怖い」

新幹線「前」開通へ
安全“後回し”

 三月に開通した国道8号入善黒部バイパス(富山県魚津市−黒部市、約七キロ)が、自転車の安全走行に深刻な問題を抱えている。車道は路肩が狭く危険で、歩道は複雑に迂回(うかい)して分かりづらい。警察の要請を受け、富山河川国道事務所(富山市)は今月、自転車を歩道に誘導する看板を設置したが、対策は不十分なままだ。北陸新幹線開業に合わせて、“見切り発車”で開通させた感が否めない。(伊東浩一)

 四月十六日、魚津市平伝寺の同バイパスを黒部から魚津方面に自転車で走っていた男性=当時(64)=が、後方から来た大型トレーラーにはねられ、頭を強く打って一時重体となった。

 現場付近は高架橋になっており、車道と側壁の間の路肩の幅は一メートル。反対車線側の路肩は七十五センチと、さらに狭い。実際、自転車で走ってみると、左は壁が迫り、右後方から大型車がビュンビュン追い抜いていく。風にあおられバランスを崩せば、車にはねられる。恐怖感を覚えた。

高架橋下に設置された国道8号入善黒部バイパスの歩道。自転車や歩行者は手前から車道を横切る必要があるが横断歩道はない
写真

 こうした側壁が車道に迫る区間は、同バイパス上に二カ所、計六百十メートルにわたってある。交通ルール上、自転車は原則、車道を走ることになっているが、魚津署は事故を受け、近くの魚津工業、新川みどり野の両高校に、なるべく自転車で車道を走らないよう求め、富山河川国道事務所にも自転車を歩道に誘導する対策を要請した。

 同事務所は「路肩の幅は基準(七十五センチ)を満たしているが、自転車が車道を走る危険性は認識していた。そのため、分離型歩道を設置した」と説明する。しかし、自転車を歩道へと誘導する対策を講じたのは、警察から申し入れがあってから。沿道三十カ所以上に看板を設置したのは、今月初めになってのことだった。

 その歩道にも問題がある。同バイパス高架下の住民の利用を考慮して住宅地を迂回させたため、Uターンやアップダウンが続く。看板設置で、ルートの分かりにくさはある程度解消されたが、車道を何カ所も横切っているのに横断歩道が設置されていない。
写真

 同バイパスは将来、上下四車線となる計画だが、現在は二車線しか完成しておらず、対面通行を行っている。このため、歩道も魚津から黒部方面に向かう車線側にしかない。逆方向に向かう自転車は、反対車線の歩道に回り込まなければならない。

 同バイパスは、北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅へのアクセス道の役割もあり、新幹線開業に合わせて三月一日に開通した。しかし、歩道の使いづらさに加え、歩行者用地下通路も未完成。ある県警関係者は「新幹線開業に間に合うよう車道を優先し、弱者対策が後回しになっている印象を受ける」と話している。
----------------------------------------------

記事によれば新幹線のために車道を優先して開通させたようで、自転車のことはほとんど考慮されてなかった印象を受けた。特に

----------------------------------------
同事務所は「路肩の幅は基準(七十五センチ)を満たしているが、自転車が車道を走る危険性は認識していた。そのため、分離型歩道を設置した」と説明する。しかし、自転車を歩道へと誘導する対策を講じたのは、警察から申し入れがあってから。沿道三十カ所以上に看板を設置したのは、今月初めになってのことだった。
----------------------------------------

という部分からも明らかで、完全に自動車のことしか頭になったようだ。このような道路は旧来の"車優先"という考え方から来るものだと思う。この道路を設計した人や作った人は昔からやってることのなので何の不思議もなく作ったのだろうが、"自転車"という観点からみると完全にその対応が抜け落ちており
、こういう人たちが道路を作り続ける限り車優先社会は無くならないのかもしれない。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド