2014年11月08日

JAFの危険予知トレーニング 自転車編(その2)

JAFの危険予知トレーニングに自転車の別バージョンが追加されていたので紹介しよう。



動画ではよくありそうな街中の道路での事故例を紹介している。向かって左側の歩道を走行中に交差点にさしかかり、左折車が目の前で待っている時の事例だ。動画内でも言っていたが、この時のドライバーはすぐ目の前の歩行者や自転車に注意がいっていて、その後方から移動している自転車には気づいていないケースが多い。この状態で「車が止まってくれているから大丈夫」と進んでしまうと接触してしまうケースがある。

交差点だけに限らず、たとえばお店の駐車場から車道に出る際も、歩道上を遠くから動いてくる自転車にも注意がいっていない場合があり、出口付近で接触するケースもある。

この場合、自転車側はむやみに青信号だからと進まず、車のドライバーの視線や車の動きをよく見て交差点を進むようにしたほうが良い。

なお動画の注意点以外にも気をつけたほうが良い部分がある。動画では0:16あたりで「このとき、あなたは何に注意しますか?」と一旦動画が止まるが、このような交差点で左側に塀や店などの障害物がある際、その先の左奥が見ないという死角が発生する。

hodo.jpg


この時こちら側を向かって走ってくる自転車が居たとする。ゆっくりなら問題ないのだが危険意識のない利用者は結構なスピードで走り、交差点ではじめて相手の存在に気づいてブレーキが間に合わず、自転車同士または自転車&歩行者とで接触事故となるケースがある。これを予防するために見通しの悪い交差点では左から自転車が来ることを想定してゆっくりとブレーキをかけれる状態で進むことをすすめたい。

2014年11月06日

自転車で自動車免停が免停 増加中

自転車における運転が原因で、自動車の運転免許に影響が出る例はあまりなかったのだがここ最近は増えつつある。

背景としては近年の自転車事故増加、その原因である利用者の悪質なルール違反が目立つことにあると思う。特に警視庁は今年の4月から、悪質な違反者に対しては積極的に処分する方針を打ち出しているのでこの影響も考えられる。自転車で危険な運転をするような人は、車でもその可能性があるから処分されて当然といったところか。ちなみに道交法には次のような規定がある。

---------------------------------------------------------------------------------
「免許を受けた者が自動車などの運転で著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがある」と認めれば免停にできる
---------------------------------------------------------------------------------

「自動車など〜」の表現があるがこれを同じ車両である自転車に置き換えれば十分通用する規定で、減らない自転車事故と合わせて今後は益々増加傾向になるだろう。

神戸新聞

2014年11月03日

河川敷 整備中 市立病院近辺

この前ダイエット目的でいつもの河川敷を走っているとこんな風景が。

KIMG0573.JPG


どうやら土手の整備工事を行うようで、これが完成すると既に途中まで出来上がっている反対側と合わせて両面とも舗装となり、非常に利用しやすくなる。場所は市立旭川病院の近くの河川敷だ。ちなみに火野正平さんのこころ旅2014年の7月あたりに放送された目的地近辺でもある。

GoogleMapで確認すると... こんな感じ



この辺りをスタートに右方向へ川沿いに進んで、ヤマダ電機近くの橋まで多分整備予定となるだろう。

KIMG0574.JPG


これが完成すれば対面の分とも合わせて歩行者や自転車なんかが使いやすい空間が生まれる。既に出来上がっている部分の時は冬場にガッツリやっていたので今年も同じように完成は雪が溶ける春先頃か。

2014年11月02日

高齢者こそ自転車を ミラクル・サイクル・ライフ

いつも聞いている自転車ラジオの「ミラクル・サイクル・ライフ」で高齢者こそ自転車の乗るのが一番良いという話があった。

ゲストは三井住友トラスト基礎研究所 研究理事小倉宗治さん。この人の話によれば、高齢になると膝が弱くなって出かけるのが億劫になり、家の中にこもりがち。高齢者がよく行う運動はウォーキングだが、実はウォーキングの膝への負荷は体重の2倍〜3倍だそうで、これがジョギングなら6倍〜7倍。膝が弱い状態ではウォーキングさえも無理な場合がある。一方自転車であれば体重や負荷が車体へ分散されるので、膝へかかる負荷はわずかウォーキング時の30%だと言うのだ。

これなら足腰が弱くとも自転車を使えば低負荷でかつ移動範囲も広まる。この観点から高齢者こそ自転車を活用すべきと主張していた。もちろん高齢者の事故という問題もあるがヘルメットを被ればその事故率は高齢者以外と同じぐらいに低下し、最近は3輪車や4輪車など転倒する心配のないタイプも多いのでこれらを合わせて使えば事故を減らすことに寄与するとのこと。

ただ、ハード面ではまだまだ部分が多いのですぐに自転車を使えとは言えない部分がある。こういった背景を使って今後の自転車政策に生かし、自転車の走りやすいまちづくりが行われることに期待したい。自転車に乗るメリットは色々あるが、健康面での影響が一番大きいようで自転車のインフラ整備は後の健康対策にもなりえる。非常に説得力があり聞いていて納得できる回だった。リンク先からラジオは聞けるので、気になった方は是非ともお聴きいただきたい。

2014年11月01日

ガソリン価格下落と黒田バズーカ第2砲

夏場に160円台で推移してたガソリン価格が、ここ数週間で(セルフスタンドで)140円近辺に落ちてきている。これは長期的に高値推移だった原油価格が、下落基調になっているためである。

genyu_syuuasi.png


上のチャートは原油の週足チャートで、ブラグ一本は一週間の値動きを示している。2013年はもみあいから8月に高値を付けてその後は再び元のレンジへ。2014年では再び上昇になるも2013年の高値は付けれず、かつもみあいのサポートラインを割って下落基調になっている。先週末では一時1バレル70ドル台へ突っ込む場面もあった。

背景としては長期的にアメリカのシェールガス革命でかつてほどの需要が無くなっている点があるが、短期では中国の需要低迷(ここ最近の指標が悪いこと)と、中東での紛争により供給に影響が出ると見られていたももの、実際には影響は出ておらずこれを見越して買っていた人の投げが出ている模様。さらには世界最大の輸出国であるサウジアラビアの大口顧客向けの価格を下げたことも大きい。

この下落がガソリン価格に反映され、店頭価格が140円台を付けているのだがあまり安心はできない。それはドル円にある。

2014年の7月近辺では102円台で推移していたのが9月に入りその前の105円近辺高値をブレイク。好調なアメリカ経済を背景にドル買いの流れが強くなり、一時110円に迫る勢いを見せた。その後一旦緩んだが、31日の日銀金融政策決定会合で追加の緩和策が発表(ハロウィン緩和)、これによりドルと円の強弱関係は明確になりその日のNY終値では112円を付けている。このまま流れが強ければ年内120円もありえるという声も出ている。

doruen.png


そうなると原油が下がってもドル円の影響でガソリンがあまり下がらないかもしくは逆に上がる可能性があり、消費税増税の影響が大きい地方都市では痛手。またガソリンに依存する商品の値上げもありそうで、このまま円安が続くと地方では確実に影響が出そうだ。

所得の増えていない世帯にとってはますます生活が苦しくなるだろう。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
タグクラウド