2014年11月29日

ファットバイク ルック車にご用心。

ここ数年の間に流行りだしてきた「ファットバイク」。ファットバイクとはMTBよりもタイヤの太い超オフロード用(開発目的は雪童走行用)の自転車なのだが、なんとルック車が出てきている。


fatbike.jpg


ルック車とは通称の呼び名で、別名としては「もどき自転車」、「なんちゃって○○○」など複数読み方が存在するが、おおまかに言えば「見た目はそれっぽいけど本物の機能を有していないなんちゃって自転車」のことである。

最初に世に出てきたルック車はMTBルック車と呼ばれるもので、名前の通りなんちゃってマウンテンバイクだった。ホームセンターで1万後半〜3万前後で売られており、フロントサス付きあるいはフルサスペンションでそれっぽいのだが、車重が非常に重たく極めつけはマウンテンバイクのはずなのに「悪路走行禁止」のシールが貼ってあることだ。

その後クロスバイクやロードバイクが流行りだすと、これまたクロスバイクルック車やロードバイクルック車が登場した。これらもまた見た目だけで、クロスバイクやロードバイク本来の性能を持っておらず(この手の自転車で言えば車重が重たく)、本家からしてみれば粗悪品といわれても仕方のないものだった。

そして最近ではファットバイクが流行りだしたのを期に、ファットバイクルック車が出回っている。ネット上で有名なのはダイニチ、サギサカ、グッドイヤー、ハマーあたりが該当するようで、実売価格5万円以下のもの。5万というと、入門用クロスバイクが買える値段で、決してルック車の値段には思えないのだが本物のファットバイクは20万円以上(軽量化のためフレームに軽くて剛性のあるカーボンを使ったり)するので、ファットバイクの世界では5万円あたりはルック車となってしまう模様。そしてこれらの車体本体には例のシールが貼ってある。


fatbike_si-ru.jpg


なので、くれぐれもオフロードや雪道を走ろうと思ってファットバイクを購入しようとしている人は要注意。ただ、オフロードを走ること無く、ママチャリの代わりとして街乗り専用で使うのなら上記のファットバイクもアリである。購入の際はよく検討してほしい。

2014年11月27日

「悪質自転車」 摘発対象を公表

直近の道交法の改正で「悪質自転車に対しては講習義務が発生する」となっていたが、その行為の対象が発表された。時事通信がその内容を伝えていたが、ここは見やすく箇条書きにしてみよう。

その対象とは…
----------------------------------------------------------------------------------------------
・酒酔い運転
・信号無視
・通行禁止(自転車通行止めや一方通行に侵入した場合だろうか?)
・左側通行(逆走)
・一時停止不履行
・ブレーキ不装着
・安全運転義務違反(ながらスマートフォンを含む)
----------------------------------------------------------------------------------------------

などとなっている。
ただし、前提条件として「危険な行為で3年以内に2回以上摘発された自転車の運転者」に限られる。多分普通の人なら一度注意されれば次から守ろうとするだろうが、危険な行為に対して理解の低い利用者なら簡単に2回以上の注意を受けそうだ。そうなるとすぐに講習義務の適用条件をクリアーする。ちなみに講習を無視すると5万円以下の罰金となる。

これら違反行為はすべて安全に直結する危険行為だから警察としても積極的に摘発して欲しい。もちろん摘発前にルールが周知されることが望ましいが、ただ教えを請うよりも直接注意されたほうが印象に残りやすかも。

実際の施工は2015年の6月1日からで、それ以降は悪質な違反自転車の減少に期待できるかどうか経過を見たい取り組みだ。

2014年11月24日

北海道のランナーの冬は...? 

最近はサイクリングやジョギングが流行っているようで、春から秋にかけての河川敷はスポーツタイプに乗ったサイクリストと本格的な格好で走るランナーをよく見かけたものだ。

さて、北海道ではこれから雪のシーズンとなり屋外スポーツであるサイクリングとジョギングは雪による制約を受ける。自転車乗りは何もしないかスポーツタイプを持っている人ならローラー台を買って室内で乗ろうとしている人もいるはず。


elite ghibli parabolic.jpg


一方でジョギングの方はどうなのかとちょっと気になったので調べてみた。ジョギングも同じように室内(ジムや公共施設、トレッドミル等)で練習するという意見もあったが、普通に雪の上でも屋外という意見もあった。確かに冬に走っている人をたまに見かけることがあったが雪の上は滑りやすいのでどうなのだろうと感じていた。

実はランナーが使っているランニングシューズには雪道用のものがあるらしい。

snow_taecer.gif


写真のはアシックスの「スノーターサー」というもので、ランニングシューズ「ターサー」の冬用モデル。雪道用に滑りにくい加工と防水処理が施され、まさに雪道路面用といったところだ。他にはミズノの「ウェーブスペーサースノー」というモデルもある。ただしスタッドレスタイヤがタイヤの性能限界を越えると滑ってしまうのと同じく、この冬用ランニングシューズといえでも滑りやすい路面(凍結路面orアイスバーン)では滑ってしまうようで、使用は圧雪路面か新雪路面にしたほうが無難なようだ。

北海道マラソンの参加者の推移から、北海道でもマラソン人口が増えていると推測できる(2009年の大会では前年度より3千人多い8000人以上が出走、2011年では定員が9200人、2012年ではさらに11000人へ引き上げられている)。そうなるとこの手のシューズに需要がありそうな感じがする。

北海道のランナーは冬でも元気に外駆けまわるということがわかった。

2014年11月23日

交差点の注意点 自転車専用レーンで

昨今の自転車対策で、全国に自転車専用レーンが少しづつ増えてきた。自転車専用レーンなら歩道を走るときのように歩行者や信号のない交差点での車に注意すること、車道を走るときは車からのストレスがなく、神経を使わなくて快適に走れるのだが実は一部例外がある。



今回紹介する動画は歩道からも車道からも独立して設けられた「自転車専用レーンでのニアミス」動画。レーン自体は非常に広く快適に見えたのだが、恐怖は突然訪れる。動画0:25あたりから再生すると車道と脇道の交差点で自転車に気づいていないワンボックス車が自転車の目の前を横切りあわや衝突しそうになっている。

夜間ということで自転車が自動車側から見えづらいこと、車が商用車なので急いで確認が疎かになっていたのか、あるいは自動車のほうが速いと思って先に行こうとしたのかが原因と考えられる。

20_img1.jpg


対策としては自転車は前のライトだけでなく、リアの赤色LED(点滅)ライトを付けて後ろからくる自動車にアピールすることが重要だ。リアのライトは付けるだけでかなりの効果があり、こんなに効果があるのに付けている自転車が少ないのが残念なぐらいだ。あとは自動車のドライバーに対しても自転車レーンを横切るときの注意点を喚起する必要がある。

東京都では2020年のオリンピックを見据えて自転車専用レーンを模索中だが、自転車レーンが増えればこのような新たな事故も増えることが予想される。車のドライバーに対する教育も必要になるだろう。

2014年11月20日

サイクルベースあさひ 冬季自転車預かり

「サイクルベースあさひ」は本州を中心に自転車を展開するチェーン店だが、数年前に北海道に初上陸し、2014年現在で札幌および近郊で5店舗を展開している。

そんなあさひが北海道限定で展開するサービスがある。それが「冬季自転車預かりサービス」だ。

chirashi2014hkd_01.jpg


北海道では(ご存知の方も多いかもしれないが)冬の期間、雪が日常的に積もって自転車に乗れなくなってしまう。太平洋沿岸の暖かい地域では乗れる場合もあるが、札幌や旭川、帯広などの内陸地域ではまず乗れないと思って良い。最近はファットバイクなど積雪路面を想定した特殊な自転車が出てきているが大概は一般の夏用自転車なので、車庫にしまうかマンション住まいの人なら駐輪場に置きっぱなしというケースもあるだろう。

ロードやクロスバイクの人は冬季用にローラー台を購入し、室内保管している人も居るだろう。が、特に注意して欲しいのは駐輪場に置きっぱなしの人。冬季は雪で埋もれ常に雪(溶けると水)が付着した状態となるので錆の原因になりやすい。そんな人にオススメなのがこの預かりサービスとなる。1シーズン(5ヶ月)で3000円は高いか安いかは本人次第だが、サビから守ることが出来かつプロの整備士によるブレーキやチェーン調整が付いているので、人によっては便利なサービスだ。
もちろん部品交換が発生すると別途料金がかかるが一冬雪の中放置して整備面でも不安な自転車に乗るよりもきちんとした室内でかつ乗る前に整備が完了した自転車とを比べたら後者が良いのは明白なはず。自転車の状態を良く保つという意味でも、賃貸暮らしの人に冬季預かりサービスは良いのでは。
ただし、対象となるのはサイクルベースあさひで購入した人のみなのでそこらへんは注意だ。

冬季において北海道では自転車がほとんど売れないし、整備のお客も居ないだろうからこのようなサービスをやっているものと思われる。

2014年11月19日

アルトワークス 復活か?

もうひとつ書いているブログ(「軽自動車マニア」)の関係で普段から軽自動車の情報を拾っているのだが、こんな情報を見つけた。

「2014年12月にフルモデルチェンジの8代目アルトでワークスが復活する」

というもの。ソースは価格.comの口コミページで、リンク先はスズキの営業マンから聞いたというツイッターのつぶやきなので、信頼はできそう。ただし、現段階ではネーミングが「アルトワークス」になるかは不明。「ターボRS」が有力か。

こちらがそのベースとなる8代目アルトの画像。

2072181_m.jpg

ホンダのN ONEのような昔のモデルのオマージュ的なデザインで、先代からはかなりのイメージチェンジだ。個人的にはこういった面白いデザインは好みだが、アルトの層となるターゲットに受け入れられるかどうか。

ちなみにアルトワークスといえば軽自動車が550ccの時代に軽々と64馬力を達成し、軽自動車の自主規制の元となったハイパフォーマンス軽。その軽さを武器に軽自動車とは思えない加速を見せ、維持費の安さからも絶大な人気をほこったモデルだ。1987年に初代アルトがデビューし、軽新規格後の1998年まで4回フルモデルチェンジを行ったが、1998年代に入るとワゴンRなどをはじめとするワゴンタイプが売れ筋となり、普通車でもそうだったがスポーツタイプというの売れない時代になっていた。その後アルトワークスはモデルから消滅しKeiワークスにバトンを引き継ぐものの、そのKeiワークスも2008年に生産を終了し、スズキのホットな軽自動車は現行モデルでは存在しなくなっていた。

軽自動車は「全てスペース重視の実用性ありきで、スポーツタイプは全く売れなくなったのか」と思ったいたのだが、実はそうでは無くなってきている。たしかにワゴンRやムーブが爆発的売れるようになった時はそうであったが、ここ数年は新車販売における軽自動車の割合が以前よりも増し、より多くの人々が軽自動車を買うようになった。そうなると実用的な軽自動車以外にも、個性的だったり、走りの良い軽を求める人も当然増えてくる。セカンドカー的に買う以外にも地方の若年層ではファーストカーとして買う傾向もあり、そうなるとデザインや走行性能といったアイデンティティの需要も出てくる。

alto_turbrs.jpg


もちろん趣味的要素の強いこのような車種は、販売の主力とはならないが、ただ単に車を道具として見る人とは違って、メーカを好きになってくれたり、以後もそのメーカーの車種と乗ってくれたり、口コミで他人に勧めてくれたりとファンユーザーとしての魅力がある。こういった点でこのようなホットな車種を出すことは意義があるのでは。

走行性能的にはダイハツの新型コペン、近々発売予定のホンダS660がライバルとなるが、写真のように5ドア(もしくは3ドア?)ハッチバックの実用的なタイプなので、直接的なライバルとはならず、走りと実用性の高い軽自動車が欲しい層がターゲットとなる。今でも中古のアルトワークスを大事乗っている人が多いから、そういった人の乗り換え需要がありそうだ。ベースよりも60kg程度軽量化するとのことなで、現行アルトエコのFF・CVTが710kg程度であることを考えると、昭和のアルトワークス並みの車重となるのか?

スズキの会長が過去に「軽自動車は貧乏人の車だ! スポーツカーは要らない」と言っていたが、まぁ実用的なハッチバックならスポーツカーじゃないよね(^^) 「ストリートでもサーキットでも遊べる軽!」ということにしておこう。デビューが楽しみだ。

2014年11月16日

HILL CLIMB GIRL 短編アニメの感想

自転車のアニメというと「弱虫ペダル」が思いつくのだが、最近のやつでもうひとつおもしろいアニメを見つけた。その名は「HILL CLIMB GILR」。

hill_clim_gril2.jpg


作品自体は短編アニメというやつで、7分程度のもの。エヴァンゲリオンを生み出したアニメ制作会社・カラーとニコニコの共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」の第2弾作品として公開されている。

hill_clim_gril1.jpg


わずか7分しかないのだが、前編3Dで描かれ(ただし本物を表現した3Dではく、アニメチックな3D)、自転車のモデリングが非常にリアルだ。そこからギアチェンジに至るまで弱虫ペダルにひけを取っていない。


hill clime girl (2).jpg


そしてストーリー自体もわかりやすく、個人的にはまってしまった。弱虫ペダルが好きだったり、ロードに乗っている人なら最低は2回ぐらいは再生したくなる出来だ。

hill clime girl (3).jpg


ちなみに声の出演は全て山寺宏一さんと林原めぐみさんであてている。ベテランならではの演技力で2人分の声しか無いのに状況やキャラクターで使い分けてかなりマッチしている。

作品はリンク先から試聴可能だ。17日にはニコニコで特集番組もやるようで管理人も忘れてない限りは見る予定。日本のアニメは種類が多く、いろんな作品があるが自転車を扱ったものとなるとあまり無いことが多く、こういった作品が増えることで、子供のうちからスポーツ自転車に対する興味・関心・理解が深まることに期待したい。
最新記事
(10/26)旭川市のトライアル永山店が改装のため一時休業(閉店)。再オープンは2021年12月1日
(10/25)旭川市でもガソリンが再値上げ セルフでレギューラー170円代も現実視野に...
(10/21)【うわさ話→正式決定】旭川にサイゼリヤが進出&オープン。サイゼリヤ・イオンモール旭川西店が誕生
(10/18)【閉店】ヴィクトリアステーション旭川末広店が2021年10月17日で閉店 跡地は居抜きが入るか?
(10/17)【噂話】閉店する旭川のイオン春光店 跡地(建て替え後)はディスカウントの「ザ・ビッグ」?
(10/16)【旭川市・警察取締情報】市民活動交流センターCOCODe付近の合流一時停止で取締
(10/15)旭川市 業務スーパー(旭神店)近くのT字交差点で自転車と車の接触事故 混雑の弊害か?
(10/14)旭川市の業務スーパー(旭神店)が大人気&激混みで2店舗目ができるかも?
(10/13)旭川市でもガソリンが大幅値上げ
(10/11)2021年10月7日の東北・関東地震で自転車の有用性が再実証
(10/08)Wolt旭川の配達エリアが超拡大 ほぼ市内全域が対象に
(10/08)旭川市の河川敷(サイクリングロード)の立ち入り禁止が解除 (※一部除く)
(10/04)【閉店】イオン旭川春光店が2022年2月28日に営業終了 閉店で買い物難民も?
(10/03)長引く旭川市河川敷(サイクリングロード)の通行止め 年内解除は難しいか
(10/01)ホーマック(DCM)の自転車ってどうなの? 2021年のHPから評価&レビューその2(クロスバイク編)
(09/30)【開店】焼肉ホルモンおはこが忠和にオープン 閉店したヴィクトリアステーション旭川忠和店の跡地に居抜き出店
(09/28)【開店】ドミノ・ピザが旭川で2店舗目 ウェスタン永山パワーズ内にオープン
(09/27)ホーマック(DMC)の自転車ってどうなの? 2021年のHPから評価&レビューその1(ママチャリ&シティサイクル編)
(09/26)【開店】「とんかつ玉藤」旭川大雪通店が12月1日オープン 閉店する「まいどおおきに食堂」から業態転換
(09/23)フードデリバリーのWolt(ウォルト)・旭川のサービス(配達)エリアが大幅拡大 南永山と豊岡が新たに追加

地域情報ランキング

サイクリングランキング

道北ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】【簡易レビュー】街乗り用にジャイアントのマウンテンバイク、「タロン3 2020」を購入
001.jpg
【2位】ドン・キホーテのファットバイク
002.jpg
【3位】ホームセンターの自転車 2020年度版
003.jpg
【4位】ミシュラン ダイナミックスポーツの耐久性(寿命)
003.jpg
【5位】2020年のドン・キホーテ ファットバイク
003.jpg
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
2021年10月(15)
2021年09月(15)
2021年08月(6)
2021年07月(9)
2021年06月(3)
2021年05月(6)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
タグクラウド
記事ランキング