2014年10月30日

持ち運び可能速度測定装置 取り締まり強化

警察が行う速度取り締まり(通称:ネズミ捕り)は、やらなくても良い場所や隠れて行うなど本来あるべき危険防止&抑止よりも検挙件数ありきな部分が多く、批判が多かった。そんな中、新しい取り締まりについて発表された。

2005_mousetrap_cage_1.jpg

※画像はイメージ (wikpediaより)


リンク先の記事によれば「半可搬式速度違反自動取締装置」という新型の装置を導入し、手で持ち運び可能にすることで柔軟に測定ポイントを変更可能とのこと。これを用いて時速20kmや30km制限の住宅地や学校周辺の取り締まりを強化するようで、試験導入から本格運用になれば本来あるべき危険防止や抑止力としての取り締まり効果が期待できそうだ。

広くて歩行者の居ない安全な道でスピードを出すならまだしも、子供や自転車が飛び出してきそうな住宅街
の道でビュンビュン飛ばすのは事故を自ら誘発しているのに等しい。こうした危険な運転をなくすためにも早期の本格導入を望みたいところ。制限速度がきっちり守られればゆとりある運転が広まり、住宅街を走る自転車に対してもやさしい運転が増えそうだ。


読売新聞
--------------------------------------------------------------------------------
持ち運び可能の速度測定装置で取り締まり強化


警察庁は30日、歩行者らが交通事故にあいやすい住宅地や学校周辺の生活道路で速度違反の取り締まりを強化するため、新型の速度自動測定装置を試験的に使うと発表した。

 持ち運び可能で取り締まる場所を柔軟に変えられる長所があり、生活道路に設置して事故抑止に活用する。現行の自動測定装置は固定式で、取り締まりが幹線道路に偏るとの課題が指摘されている。

 新たに導入される装置は、三脚にセットするタイプなど2種類。三脚型は重さ8キロで、速度を検知する本体部分は、三脚から取り外して持ち運ぶことができる。固定式の小型装置も埼玉県内2か所で試験導入。同県内の生活道路で11月4日から1〜2か月間、時間や場所を変えながら試験運用し、効果を見極めたうえで全国での導入を検討する。

kahansiki_jido_souti.jpg

--------------------------------------------------------------------------------

2014年10月27日

ストライダー ペダル無し自転車が人気 WBSで

最近流行っている面白い乗り物がある。それがこれ

strider_yellow.jpg

フレームにも書いてあるように名前は「ストライダー(STRIDER)」。アメリカ生まれのこの乗り物は、ぱっと見子供用自転車に見えるがペダルが付いていないのが最大の特徴で、子供のバランス感覚を養ったり、けって進むので脚力アップ効果が期待できるというもの。自転車に近いので、補助輪を使わない自転車の練習としても使えるようだ。対象年齢は2〜3歳。

ただ、ブレーキが付いていないので公道では走れない点に注意。公園の敷地内とか学校のグランド、河川敷の安全なところでで乗ることになりそうだ。販売元ではこのストライダーを使ったイベント「ストライダーカップ」も開催されているので、これを目標に楽しく練習できそうだ。

strider_cup.jpg


ネットでは楽天あたりで購入できるようで、価格は1万前後とわりと手頃。

特集コーナーでは他にも紹介されていたが、どれも子供の体力低下が背景にあって、かつ6年後の東京オリンピックを見据えてスポーツに力を入れる家庭(市場)が増えてくると報じていた。他にはスポーツ教室での子供対象のプログラムが好調、お寺でのスポンサーを付けた体力向上も人気があるとのこと。

WBSでも報じられるくらいだから、ストライダーは流行ってきていると思う。管理人が子供の頃は補助輪だけだったから、最近の子供はいいものが一杯あるなぁと感じだ。

最後にストライダーに乗った子供の様子を。

2014年10月26日

さいたまクリテウムでサイクルフェスタ

25日に「ツール・ド・フランス さいたまクリテウム」が開かれ、管理人もテレ東のディレイ放送を見た。普段ほとんど見ない自転車レースだったが、世界レベルで活躍する選手のスプリントや仕掛けなどは迫力があり、テレビじゃなくて生で見たらもっとすごいんだろうと感じた。

後に知ったのだが、さいたまクリテウムのメイン会場の近くでは「サイクルフェスタ in さいたまクリテウム」が開かれたようだ。地図が公式ページにあったのでこんな感じ。

map_layout_saitama.gif


矢印が当日のコースで、すぐ隣りがサイクルフェスタ会場になっていた。

内容はというと、ロードバイクの試乗会や自転車に関するトークなどがあったようで、レースだけでなくこうした身近に感じられるイベントを一緒にやったところがいいと思う。さいたま市としても次のように開催の趣旨を出している。

---------------------------------------------------------------------------
「さいたま市総合都市交通体系マスタープラン基本計画」に基づき、過度に自動車に依存しない交通体系の実現を目指し、さいたま市の自転車施策の4つの柱である「はしる」、「とめる」、「まもる」、「たのしむ」にゾーン分けし、まちづくりの視点から自転車に関し広く市民等にわかりやすく周知することを目的として開催する。
---------------------------------------------------------------------------

さいたま市は自治体の中でも「自転車王国埼玉」を掲げて自転車を活用しようとしている。大きな大会を誘致する以外にも細かなイベントを一緒にやる点が自治体の本気度が伝わってくる。

2014年10月25日

肉価格 高騰中 WBSより

いつも見ている経済番組WBSから気になるニュースがあった。

niku2.png

ここ最近、スーパーなんかに行くと特に豚肉の価格上昇が気になるようになってきた。スポーツで自転車に乗っていてトレーニングをしている人は、タンパク質を摂取する目的で安くて高淡白な鶏肉(特にササミ)を買っている人もいるだろう。そんな人にはちょっと興味深いニュースだ。

背景としては肉に関する情勢がある。それも豚だけではなく牛と鶏の3つについてだ。まず豚肉に関しては伝染病の影響で世界的に供給不可になっていること。

niku3.png


牛肉に関しては口蹄疫の影響で国内生産量が減少していること。ニュース中にはなかったが海外産牛肉に関しても円安の影響で輸入コストが上昇している点もあるだろう。


niku4.png


そして鶏肉に関してはマクドナルドなどの中国産鶏肉問題で、代替となる国産鶏肉の需要が大幅に伸びているせいだ。

niku5.png


これら3つの要因が重なって、いずれの肉も価格が高騰している。売る側も流通を見なおしたりで特にスーパーの一部では逆に値下げして販売するところもあると紹介していたが、基本的にはしばらく高いままが続きそうだ。

一番安い鶏肉までも高騰するとなると、所得の低い世帯にとってはかなりきつい状況。消費税は上がったのに給料が上がっていない地方都市で一番影響がありそうだ。

2014年10月24日

団長(安田大サーカス) VS ポルシェ 997 カルラS

かなり前にスマートKと直線勝負した時の動画を紹介したが、今回はその続き。続編を長いこと待っている間にその存在を忘れてしまって、気づいたらアップ日から結構経っていたようだ。

さて、動画はタイトルの通り、安田大サーカスの団長がポルシェと対戦するというもの。前回では海外製の軽自動車相手に勝利を収めているが、今度はバリバリのスポーツカー。逆に勝てれば大したものといえそうだが。。。

ちなみにポルシェのスペックは

----------------------------------------------------------
排気量:3.8L
エンジン:水平対向6気筒エンジン
出力:355馬力 /6600rpm
トルク :40.8kg / 4600rpm
車重:1500kg
----------------------------------------------------------

ターボモデルではないがスマートKと比べれば充分高性能で、自転車で勝つのはかなり厳しそう。結果は動画をご覧あれ。


最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
タグクラウド