2014年09月18日

高齢者の自転車意識 「車が止まってくれる」

自転車事故は小中高生と高齢者に多いのだが、その高齢者に関してこれを裏付けるような記事が載っていた。


産経ニュース
--------------------------------------------------------------------------
自転車を利用する府内の高齢者のうち、4人に1人が「車の方が止まってくれる」と誤った認識でいることが17日、府警の聞き取り調査で分かった。「自転車は一時停止しなくてもいい」と考えている高齢者も2割以上いたという。府内では、自転車による死亡事故の死者は大半が高齢者。府警は「正しい自転車の交通ルールを知って」と呼びかけている。

 府警は6〜7月、府内の自転車を利用する65歳以上の高齢者1014人に聞き取り調査を実施した。

 自転車の利用方法では、「自転車に一時停止の標識は関係あると思うか」という設問に対し、209人(20・6%)が「思わない」と回答。自転車走行中に「車の方が止まってくれると思うか」という設問には259人(25・5%)が「思う」と答えていた。

 府警によると、自転車は道交法上「軽車両」に分類され、交通標識に従う必要がある。また、歩行者と同列の「交通弱者」でなく、車が譲る決まりもないという。

 一方、今回の聞き取り調査にあわせ、交差点4カ所で高齢者の自転車乗車マナーの実態も調査した。信号を守っているかを調べた2カ所の交差点では、1276人中514人(40・3%)が信号を無視。一時停止の有無を調査した別の2カ所の交差点では、581人中260人(44・8%)が一時停止をしていなかった。

 府内では今年1〜8月、自転車が絡む事故が8599件発生し、17人が死亡。このうち11人を高齢者が占めていた。

 府警によると、高齢者は自転車で転倒した際、とっさに手を地面につけず頭を打ち、重篤化する傾向が強い。1〜8月に自転車が絡む事故で死亡した高齢者のうち、9人は頭部を負傷していたという。

 こうした実態を踏まえ、府警は改めて高齢者に交通ルール順守や、高齢者用のヘルメット「エルダー・ヘルメット」着用を呼びかけていく方針だ。
--------------------------------------------------------------------------

要点を抜き出すと

・「自転車に一時停止の標識は関係あると思うか」という設問に対し、209人(20・6%)が「思わない」と回答
・「車の方が止まってくれると思うか」という設問には259人(25・5%)が「思う」
・信号を守っているかを調べた2カ所の交差点では、1276人中514人(40・3%)が信号を無視
・一時停止の有無を調査した別の2カ所の交差点では、581人中260人(44・8%)が一時停止をしていなかった


ということだ。すなわちこれは少なくとも全体の4分の1は「自転車=歩行者」として認識して乗っていることになり、事故の原因を自ら招きながら自転車を利用していることになる。記事中にもあるが高齢者の事故はとっさの際に手を付けず頭から落ちることが多く、この際に強く頭を打って死亡につながるケースがかなり多い。数日前の旭川市の事故がその例であるが、自転車は身近な乗り物である一方、ルールを守らなければ重大な事故につながることをきちんと認識なければならない。

今後の聞き取り調査等でこのパーセンテージが一桁台にならないと、充分な周知が行われているとは言えないだろう。その点では自転車のルールはまだまだ浸透していないのが現状だ。これだけ自転車が普及しておきながら、その使い方であるルールが守られていないは不思議な話だ。

2014年09月16日

自転車同士の(無灯火に起因する)衝突事故 歩道上で

旭川市で自転車と自転車が衝突する事故が起きた。まずは記事から。

道新web
---------------------------------------------------------------------
自転車同士が衝突 高齢の女性死亡、男子高校生重傷 旭川の歩道

【旭川】15日午後6時10分ごろ、旭川市東旭川町旭正の道道の歩道上で、上川管内当麻町の男子高校生(16)の自転車と、70代とみられる女性の自転車が正面衝突、女性が頭を強く打ち、搬送先の病院で約6時間後に死亡した。男子高校生は鼻の骨を折る重傷を負った。

 旭川東署によると、女性の死因は脳挫傷。現場は平たんな歩道で歩道幅は約2メートル。歩道は片側のみにあった。現場は事故当時、薄暗く、2人の自転車はともに無灯火だったとみられる。自転車のブレーキ痕はなかったという。

 同署は女性の身元確認を急ぎ、情報提供を呼びかけている。女性は身長約155センチで中肉、茶色の花柄ブラウスとズボン、灰色ニット帽を身につけていた。
---------------------------------------------------------------------

jiten_sya.png


続いてTBS NEWSでの放送


歩道自体は幅が2mあるので、自転車が双方からすれ違ってもまぁ大丈夫な歩道だ。問題は時間帯で、事故が起きた午後6時10分頃は、この時期はすでに日の入りが進みかなり薄暗くなっている時間帯。記事中にもあるように「無灯火」により相手を認識できず接触につながった可能性が高い(自転車で薄暗い時間帯に乗ったことのある人はわかるだろうが、無灯火の自転車が前から走ってきても、暗闇に溶け込んでいてわかりづらいことが多い)。特にブレーキ痕が無いことから急ブレーキもかけれないほどの距離ではじめて相手を認識したようなパターンだろうか。

mutouka02.JPG

群馬県警のHPにあった無灯火自転車の様子 暗闇と同化してほとんど認識ができない


mutouka04.JPG

ライトが点灯していれば何か居ることがわかる


過去の記事でも取り扱っているが自転車でライトを付ける意味は複数ある。一つは暗いから付ける(前照灯)ためだが、もうひとつの方の「相手から認識してもらう」という点は未だ認知が進んでいない感じがする。
ホンダの交通安全に対する特集ページ「トラフィック・マナー」でもこの点に関する解説があった。


------------------------------------------------------------------------
裏道を走っているとき、いきなり自転車が現れてぎょっとした。薄暗い交差点で、横断中の自転車に気付かず、横断歩道の手前で急ブレーキを踏んだ。そんな冷や汗体験はありませんか。

ライトをつけている自転車と無灯火の自転車、圧倒的に無灯火が多いのが現状です。どうやら「ライトをつけていなくても、自分はクルマに見えている」と思っているようです。でも、実際は見落とされることが多い。黒っぽい服を着ているとき、雨が降っている夜などは、なおさらです。

「自転車のライトは光量が少ないから、点灯してもしなくても同じ」「外灯が明るい商店街では、点灯する必要がない」「ペダルが重くなる」など、みんなさまざまな理由をつけて、無灯火で自転車を走らせています。しかし、自転車の無灯火走行はルール違反で、灯火義務が道路交通法に明記されています。(道路交通法52条第1項)

薄暮時の早め点灯など、ドライバーは光によるアピールの効果を知っているはず。点灯の効果を、もう一度考えてほしいのです。
------------------------------------------------------------------------


そして、これによれば特に無灯火が多いのは「女性と若者」だそうで、今回の事件とも合致する内容だ。若者が多いのは圧倒的なルール認識不足だと思うが、女性が多いのは...


----------------------------------------------------------------------
男性に比べ女性はクルマの免許を持たない人も多く、点灯の必要性を理解していないのかもしれません。免許を持っていても、夜間の運転経験が少ないために、いかに無灯火の自転車が危険かという認識不足ということも考えられます。
----------------------------------------------------------------------


と解説されていて興味深い内容だった。


身近な乗り物の自転車であるが、事故を起こせば死亡の危険性もある乗り物であることをよく理解し、特に夜間においてはかならず灯火させること、できればリアには点滅の赤LEDライトを取り付けることを推奨したい。たった少しのことで減らせる事故は減らすべきである。

2014年09月07日

警察24時 自転車転売男

この前、「最近は転売目的の自転車盗難が増えている」と記事にしたが、テレビでもその様子が放映された。

19歳の男が10日の間に7台ものの自転車をリサイクル店に売りさばいた(全て盗難登録のシールが剥がされた跡があった)ところ、不審に思った店員が警察に相談してきたところから始まる。





この手の番組でも報じられれるようになったということは、やはり確実に自転車盗難が増えていることが言えると思う。
特にスポーツタイプに乗っている人は鍵や管理方法に充分に注意したい。

2014年09月06日

夜間と夕方 リアLEDは大事

管理人はスポーツタイプの自転車に乗り換えて以来、リアには必ず赤色LEDを装着している。

KIMG0369.JPG


自転車を買うと標準でリアには赤色のリフレクターが装着されているが、このリフレクターは車のヘッドライトが当たってはじめて効果を発揮するもので、車のヘッドライトだよりな部分がある。一方で自ら発光するリアLEDは、車のヘッドライトに関係なく確実に光を放ち、後方から接近する車へのアピール効果が高い。特に点滅モードであればなおさらだ。

このリアLEDを装着していれば防げたような事故がYoutubeに上がっていた。夜間に車道を走っていた高齢者の自転車が、後ろから来た軽トラックに跳ねられた事故。原因はドライバーの自転車への発見が遅れたことだが、この自転車がリアLEDを装着していれば発見が早くなり事故が防げたと思う。



ここでリアLEDの光り方を動画で確認してみよう。



ちょっとが画像が乱れているが、このように赤色のLEDが点滅し、後方へのアピール効果がかなり高いことがわかる。物は100円ショップにある安いものでも無いよりマシなのだが、できればメーカー製の2000円前後のものをオススメしたい。100円ショップの物は安い砲弾型LEDを使っているので、光量が不足している部分がある。2000円前後だと砲弾型でも大型のLEDを使っているので昼間でも光が見え、特に夕方に効力を発揮する。リアLEDは夜間以外に昼間や夕方の(リア用)デイライトとしても使えるので、より光量のある方が良い。

最近はスポーツタイプの自転車がホントに増えたのだが、リアLEDをきちんと装着している人はあまり見ない。自己防衛にもなるので是非とも装着して欲しいパーツだ。特に通勤や通学で使う人ほど真剣に安全性を考えて欲しい。夕方は薄暗く、車でさえ相手がライトをつけていないとその存在が分かりづらい。リアにリフレクターしか無い自転車ならなおさらだ。そういった意味ではリアLEDを付けた自転車が増えることで、夕方の事故減少に効果があるのではと思う。

ここ数年、自転車教育で小中高で安全教室が数多く開かれているがこのリアLEDについても触れて安全向上&事故防止につなげてほしい。

2014年09月03日

広瀬隆氏 山本太郎が旭川に!

地方無料誌のライナーに載っていたので拡散も含めて紹介。

hirose_tatou.jpg

広瀬隆氏と山本太郎氏といえば脱原発で有名な人だが、この2人が旭川で講演を行うというもの。記憶が正しければ脱原発に関しては初の旭川講演になるはず。

一つはアッシュという商業ビルの前で街頭演説。もうひとつは有料(500円)での講演会の2本立て。山本太郎氏はネット上で色々な批判があるが、広瀬隆氏については原発に関する知識が豊富な方なので効く価値はありそう。

ちなみに旭川以外にも札幌と函館でも同じ演説と講演会をやるようで、北海道の3大都市をカバーするような日程だ。個人的に今年行われる北海道知事選挙(現職の高橋はるみ知事は元経産省の人間で、泊原発を誘致した張本人)を睨んでるのかなぁと思ったりもするが、真意のところは不明。

日にちは9月9日(火曜日)で街頭演説が17:00〜18:00でアッシュ前、講演会が18:30〜20:30で勤労者福祉会館となっている。

詳しくはこちらまで
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
2020年11月(11)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
タグクラウド