2014年07月27日

ブレーキ無し自転車で赤切符 福井県

警視庁は、ブレーキの無い(取り外しも含む)自転車について積極的に赤切符を交付する方針を出しているが、福井県でも摘発事例が出た。

サンスポ
-----------------------------------------
ブレーキなし自転車運転 道交法違反の疑いで男性摘発

ブレーキがない自転車を運転したとして、福井署は27日までに、道交法違反(制動装置不良)の疑いで、滋賀県彦根市の自称会社員の男性(23)を摘発した。パトロールをしていた福井署員が発見し、26日に交通切符(赤切符)を交付した。

 摘発容疑は26日午後10時45分ごろ、福井市中央3丁目の道路で、ブレーキがない競技用自転車を運転した疑い。

 福井署によると、男性は福井市内の知人に会いにきていたという。(共同)
-----------------------------------------

「ブレーキがない競技用自転車」と記事に書かれているので、ノーブレーキで多いピストバイクではなかろうか。さらに、「パトロールをしていた福井署員が発見」とあるので、ピストバイクで走行中に警官にパトカーなんかで止められて御用になったものと思う。ということは、警察官はピストバイクを狙い撃ちにしている感じがする。署内とかで「ピストバイクはこういうものだ」みたいな資料を渡されて、ピストバイクの判別が出来る状態にあるかと。

若い人は見た目からピストバイクを好む人が居て、そのうちの一部にこういったノーブレーキの人が居る。ブレーキが無くても止まれるなどと、幻想を抱いているようで、実際の制動力やとっさのヒヤリハット時に対応できないことをよく知らないことが原因だ。
一方できちんとブレーキを付けているピスト好きに取っては迷惑な話であるが、もしブレーキ付きで警察官に止められても逃げようとせずにブレーキがあることを示した方がいい。それは「悪質な場合は赤切符」という取り締まり方針があるので、疑われる行為は避けるべきだ。

ノーブレーキ自転車での摘発(赤切符)はしばらく無くなりそうにないかな。

2014年07月26日

GIANT PACE 2011(入門用ロード)を譲り受けた

今いる職場の人が以前勤めていた東京の企業に戻って仕事をすることになり、こちらで購入した入門用ロードバイクを処分するとのことなので、いくらかで譲り受けた。このロードバイクは元々定価7万前後で売られていたらしく、これを業者に買い取ってもらっても1万3000円ぐらいと言われたので、僕が2万で引き取ることに。3年落ちと考えても、中古で売られる場合、2万後半から3万前後の値札が付きそうなので、どちらにも良い条件かな(?)

KIMG0434.JPG


メーカーは僕が所有しているクロスバイクと同じGIANT。モデルはPACEというやつで、数あるロードバイクのラインナップでも一番安いモデル。2011年からこのPACEが追加され、これはその一番最初の年の2011年モデル。それ以前はOCRという最安モデルがあったので、実質これが後継車種のようだ。重量は500mmのフレームで9.9kg。これは465mmのフレームなのでそれから若干軽いはず。

普段からクロスバイクオンリーなので、ロードバイクのことは余り知らなかったが、ロードバイクには大きく分けて2種類のタイプが存在する。
まずはイメージ的にも思い浮かびやすいレース系。これはピチピチのサイクルジャージを着て高速で駆け抜けるローディーさんが乗っているやつで、その名の通りレースに使うロードバイク。前傾姿勢がかなりキツく風の抵抗を極限までに減らすことが可能。またヘッドチューブが短く、前タイヤまでの距離が近いので回頭性とレスポンスも良い。
一方でコンフォート系というのは、レースではなくツーリングや休日のフィットネスを想定した前傾姿勢のきつくないロードバイクで、トップチューブが短く、ヘッドチューブも長い。これによりクイックな反応はできないけど直進安定性がよくなり、初心者でも乗りやすい(入門用)のロードバイクのことである。今回譲り受けたPACEはこのコンフォート系ロードバイクに分類される。

KIMG0439.JPG


主なパーツはというと、シフターがシマノ2300。これは安いロードバイクに付いている最安のモデル。評判はあまり良くない。

手前には補助ブレーキが付いているので、街乗りでも安心。

KIMG0437.JPG


ロードバイクではフロントが2枚がほとんどだが、これは初心者の脚力不足やツーリング等で山道を想定して最初から3枚付いている。安いロードでは定番のFSAのTEMPOで、歯数は52/42/30。ちなみに所有しているクロスバイクのフロントはTRUVATIV X FLOWで歯車が28/38/48Tなので、わりとギア比は近い。

KIMG0438.JPG


リアのギアはロードバイク用のクロスした8速。SRAMのPG850 8S 12-26Tというやつで、ギア比は12-13-15-17-19-21-23-26。所有のクロスバイクは、MTB用のなので同じ8速だがワイド比で、11-13-15-18-21-24-28-32T。激坂では楽ちんな反面、平地では2〜3種類しか使うことが出来ず、微妙な勾配や強風時の巡航ではかなり辛かった。ここは少し期待できるところ。

KIMG0444.JPG


PACE最大の特徴ともいえるのがこのダボ穴。キャリアを取り付ける際に必要な穴なのだが普通のロードバイクにはまず付いていない。クロスバイクあたりなら付いているのだが、ツーリングも想定したコンフォート系ならではの装備だろう。


KIMG0441.JPG


タイヤはデフォルトでGINAT SR-4 25Cを履いている。レース系では23Cが普通なのだがこれはコンフォート系なので一回りと太めのタイヤを履いている。なお、もう一回りアップして28Cまで対応できる。3年落ちでタイヤは一度も交換していないようなので少しひび割れが見える。このすり減り方から総走行距離は3000kmもいってない感じがする。所有のミシュラン ダイナミックスポーツ 23Cとの減り方を一概に比較は出来ないが、わりと近いのでは。なおこのタイヤを触った感じは、ダイナミックスポーツよりも固めでなるほどコンフォート系でグリップよりも耐久性重視なのだなと思った。

KIMG0442.JPG


ホイールはS-R2というやつで、所有のクロスバイクに付いているホイールよりも少し軽い。情報によれば2008年モデルのエスケープに付いている標準ホイールは耐久性重視で少し頑丈に作られており、そのせいで重いみたい。こちらは軽い分段差には要注意せねば。

とまぁ主なパーツはこんな感じ。

で、早速試走してみた。まず大きく違うのは踏み込んだ時のレスポンス。今まではサスペンション付きクロスバイクだったので、力強く踏み込むと、3分の1ぐらいサスペンションに持って行かれたがそれが無くなってダイレクトに推進力に変化する。これは感動モノだ。また車重も3kgほど軽くなったので加速から巡航までの時間と巡航時のペダリングも楽になった。入門用といえどこの違いは結構感じた。クロスしたギアも良い感じで、平地で巡航しているときは疲れにくくなった。
その一方で歩道と車道の段差を乗り越えるときはかなり気を使うようになり、基本的に車道メインじゃないとロードバイクというのは辛い乗り物みたいだ。また、ブレーキの効きもクロスバイクのVブレーキに比べるとかなり弱く、反応も遅いので(多分交換で良くはなるのだが)街乗りでストップ・アンド・ゴーを繰り返すような場面では不利なのかも。

というわけで、運動目的で河川敷や長距離ツーリングでほぼ車道を走る場合はこのPACEを。それ以外で街中のポタリング、近所への買い物なんかは今までのクロスバイクを使うことにした。止まれないブレーキ、必要のないスピードは街乗りではちょっと不向きかと。

他には、長いことフラットバーのハンドルに慣れていたせいか、このドロップハンドルに慣れるのはかなり苦労しそうだ。そもそもドロップハンドル自体は初めてで、サイクルベースあさひのサイトを参考にしたが、今まで下半身メインだったことが良くわかった。ドロップハンドルというのは全身を使って脚力をペダルに伝えるもので、そのために上半身の筋肉(背筋や腹筋)も結構使う。特に強風時や高速巡航時に使う「下ハンドル」というポジションではかなり上半身が疲労した。逆にここが慣れれば一人前らしい(?)

ride-drop_asahi.jpg


ドロップハンドルに慣れるのが早急に必要だが、ロードバイクの魅力に少しだけ触れれた気がする。

2014年07月21日

回転寿司の魚べい(うおべい)(元気寿司) 旭川に初出店

旭川では近年、回転寿司の出店が激しい。

ほんの10年前までは回転寿司店はほとんどなく、有名所といえばわかさいも本舗が経営する「海天丸」ぐらいだった(現状は親戚にあたる北々亭に名前が変わっている)。あとは個人で経営するような小規模な回転寿司のみだった。

それがここ数年でかなりの回転寿司が出店した。旭川は完全な内陸にあるので海産系である回転寿司の店はほとんどなかった。ガイアの夜明けのよれば、「回転寿司は老弱男女を問わず人気で、市場規模は牛丼やラーメンを上回る」そうだ。成長業界と回転寿司未開の地「旭川」に商機があると判断したのだろう。

どれが最初だったかは記憶が定かでないが、道内でチェーン店を展開する店が最初だったような気がする。旭川に出店している道内系企業は...函館の「やすけ」、稚内の「花いちもんめ」、スカイツリーのソラマチにも支店を出している北見の「トリトン」、札幌の「廻転寿司 とっぴ〜」、わかさいも本舗の関連会社、ワカサリゾートが経営する「ちょいす」と道内系でもこんだけあるがここに本州から上陸したすき家でおなじみゼンショーグループの「はま寿司」がある。

はま寿司とちょいすは市内で既に2店舗出店しているのでこららを合計すると、旭川市内には回転寿司チェーン店が11店舗存在する。この激戦区に魚べいが乗り込んできたのだ。

ちなみに場所はというとここ



JAあさひかわ東光支所と、あれもこれもハッピー100という100円ショップがあった場所で、現在は店舗を取り壊しJAがあった側にはLAWSONが。100円ショップ側に建設中だ。この様子だと駐車場はLAWSONと共有か。


KIMG0420.JPG


完成後はこんな感じ

KIMG0576.JPG


すぐ隣に第2駐車場もある


KIMG0577.JPG


本州企業なので魚べいのことはよく知らなかったが、ホームページや口コミさいとから察するに低価格系の回転寿司(一皿108円)のようで、旭川だと「はま寿司」に該当する。市内に12店舗もあるがある程度住み分けされていて、低価格系と中価格・高価格系といった感じだ。

低価格系はほんとうに安く、一皿100円前後が売り。これは「はま寿司」あたりが該当。中価格〜高価格よりも若干単価が上がる(一皿が120〜130円前後からスタートし、高いものは300円前後)が手頃な値段で美味しい店。これは「北々亭やちょいす、トリトン、やすけ、とっぴー」が該当する。

魚べいにははま寿司にはない、「トリプルスマイルレーン」という2本の高速レーンがあり、タッチパネルからの注文を高速で提供できる。

smaile_rane.jpg


また最大手のコメ卸会社「神明」がバックに居るので、シャリの品質も良い。この点がはま寿司とのアドバンテージとなりそうだ。

なお、少し前まで地元企業の弁当・惣菜製造販売のまさるやが経営する「ぽっぽ」があったがこの激しい競争に敗れ閉店。親元のまさるやも経営不振となり倒産。現在は再生手続を開始したようだ。

最後にバイト募集の求人情報によれば、オープンは9月8日となっている。魚べいはこの競争激戦地で生き残れるのだろうか?

---------------------------------------------------------
※永山の魚べい旭川2号店についてはこちらから
---------------------------------------------------------

河川敷 ゴミ放置

いつもダイエット目的で走っている河川敷を通るとこんな後継が...

KIMG0433.JPG


バーベキューか焼き肉でもした後のゴミだろうか。河川敷の橋の下は日陰になっていてかつ雨が降っても上があるからさほど心配がないので、このような場所でやっている人を結構見かける。そしてたまぁにこのように放置してある。

KIMG0428.JPG


近づいてみると、木炭の余りと焼き肉の串、使い捨ての皿なんかがビニール袋に入れられていた。

KIMG0429.JPG

アスファルトの方には、ご丁寧に使った後の炭も放置。ここは自転車が通るので夕方など薄暗いとこれが見えないから非常に迷惑だ。

KIMG0430.JPG


すぐとなりには「ごみ捨て禁止」との看板もある。これはもう確信犯だな。多分年配の人はやらないと思うから若い連中だろう。

こういったゴミはカラスがエサ目的に突っついて袋やその中身をめちゃくちゃに散らかすので、後々面倒になる。実際、これを見かけた時に遠くからカラスが狙っている(偵察かな?)感じがした。そんなことが想像できないのかなぁ。


河川敷で焼き肉やバーベキューをするのは良いが、後片付けはきちんとしてもらいたい。

2014年07月20日

リアルゴールド フレーバーミックスレモン 買ってみた

普段からエナジー系の飲み物が好きでよく飲んでいるのだが、大概サントリーのデカビタCダブルチャージを買うことが多い。レッドブルやモンスター等は成分も濃く、効き目もありそうなのだがいかせん値段が高くて量もあまりない。(安い店では)100円以下で500mlと大容量のデカビタCダブルチャージは非常にお買い得なのだ。

ダブルチャージはサントリーのデカビタCの派生商品だが、デカビタCのような飲み物は他に大塚のオロナミンC、コカコーラのリアルゴールドがメジャーだろう。そのリアルゴールドに今夏派生商品が登場した。それが「リアルゴールド フレーバーミックスレモン」だ。

数年前にもリアルゴールドの派生商品として500mlペットの「リアルスパーク」というのがあったがこちらではあまり見かけず(噂ではローソン限定販売だったとか?)、買う機会を逃していたが今回大型ディスカウントショップにて本製品を発見した。新発売なので店頭の棚には「新発売!」のシールも貼ってあった。

KIMG0421.JPG


外観はこのような感じで上部がリアルゴールド、下部にレモンのイラストが書かれている。

KIMG0422.JPG


成分表記。

KIMG0424.JPG


ライバルとなるであろうデカビタCダブルチャージと比較

KIMG0425.JPG

上から比較。リアルゴールドの方が少し色が薄い感じ。

KIMG0426.JPG


コップに出してみると、やはり色が薄い。

で、肝心の味はというと「かなりあっさりめのリアルゴールド」という感じだ。デカビタCダブルチャージは、本家デカビタCのちょっと薄いバージョンみたいな味だったが、このフレーバーミックスは名前の通りレモンと混ざっているのでダブルチャージと比べると薄く感じる。もっと的確に表現すれば「CCレモン+リアルゴールド」というのがシックリくるだろうか。この手の飲料にありがちな特有のクセがなく、誰でも飲みやすい味だ。リアルゴールドの濃さを期待して買うと、後悔してしまうがこれはこれで美味しいので、デカビタCダブルチャージに飽きたら変化球的に買いたいなぁと感じだ。

ちなみに成分を比較してみると....


本家リアルゴールド
---------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、はちみつ、ローヤルゼリー、高麗人参エキス、香料、クエン酸、ビタミンC、アスパラギン酸Na、ナイアシン、グルタミン酸Na、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンP、フェニルアラニン、イソロイシン、スレオニン

エネルギー 56kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 14g
ナトリウム 3〜8mg
ビタミンC 21mg
ナイアシン 9.0mg
ビタミンB2 0.8mg
ビタミンB6 0.8mg
ビタミンP 0.8mg
アスパラギン酸 11mg
---------------------------

リアルゴールド フレーバーミックスレモン

---------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、ローヤルゼリー、高麗人参エキス、香料、クエン酸、ビタミンC、アスパラギン酸Na、
カロチン色素、グルタミン酸Na

エネルギー 44kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 11g
ナトリウム 0mg
ビタミンC 20〜50mg
アスパラギン酸 11mg
---------------------------
※成分表記はいずれも100mlあたり

となっており、フレーバーミックスレモンは本家ほどエナジー成分が少ないようだ。ただし、アスパラギン酸は同じ。


ライバル デカビタCダブルチャージは...

-----------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、ローヤルゼリーエキス、酸味料、ビタミンC、香料、カフェイン、ナイアシンアミド、パントテン酸Ca、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6、ビタミンB2、スレオニン、グルタミン酸Na、β−カロチン、ビタミンB12

エネルギー(100mlあたり) 49kcal
たんぱく質(100mlあたり) 0g
脂質(100mlあたり) 0g
炭水化物(100mlあたり) 12.2g
ナトリウム(100mlあたり) 16mg
カフェイン(100mlあたり) 約10mg
カリウム(100mlあたり) 1mg未満
リン(100mlあたり) 1mg未満
ビタミンB6(100mlあたり) 0.9mg
ビタミンC(100mlあたり) 80mg
ナイアシン(100mlあたり) 7.3mg
パントテン酸(100mlあたり) 0.5〜3.5mg
-----------------------------

となっていて、成分的にはダブルチャージの勝利(?)かな。

最後にこの手の商品はカロリーがかなり高いので、飲み過ぎには充分ご注意を。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
2018年07月(1)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(7)
2011年05月(9)
2011年04月(8)
2011年03月(14)
2011年02月(12)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
タグクラウド