2013年12月29日

中学生以下にも 自転車 イエローカード

自転車のイエローカードは、自転車で交通違反をした際に交付される法的拘束力のない警告文書のようなもので、これまでは高校生以上が対象だった。

それが2014年の1月より、中学生以下の子供にも適用されることとなる。正式には「自転車安全マナーカード」と呼ばれるもになるが実質イエローカードの子供版であり、警察官が違反した子供に手渡すのと同時にその場で指導する。

背景としては、東京都内での自転車が関係する交通事故が全体の34.7%も占めるため。この数字自体は都内のものだが、警視庁が方針を打ち出していることから全国的にも同様の対応となるだろう。

子供だからといって、走るのは公道なのだからルールを無視すれば大事故につながりかねない。特に自分の家から友達の家まで行く際なんかは、一時停止を止まらず車道を逆走し3列以上になって並走したりする。いつ事故が起きてもおかしくない状態だ。
自転車に乗るのと同時にルールをきちんと守ることは、自分の安全を守る最低限の行動なのだから、このような方針はどんどん推進してほしいと思う。特に保護者と一緒に考える機会を与えてほしい。


日本経済新聞
------------------------------------------------
中学生以下に「マナーカード」、自転車の交通違反で警視庁


 自転車が関わる交通事故が後を絶たないことを受け、警視庁は来年1月から、中学生以下の子供が自転車で交通違反をした場合、安全な乗り方を記した「自転車安全マナーカード」を手渡して指導することを決めた。

 これまでは14歳以上の違反者に警告カードを渡してきたが、幼い頃から指導することで事故を防ぎたい考え。カードを活用し、家庭でも自転車の安全な乗り方を指導するよう期待している。

 カードは水色で、はがきサイズ。表面に「歩道では歩行者を優先させましょう」「携帯電話を使いながら乗るのはやめましょう」などの注意点をルビ付きで記載。裏面には保護者向けに、子供が指導を受けた内容を書き込む。

 警視庁交通執行課によると、今年1〜10月末に東京都内で起きた自転車が関係する交通事故は全体の34.7%で、全国平均の19.3%を大きく上回っている。同課は「親子で交通安全意識を高めてほしい」としている。
------------------------------------------------

2013年12月21日

ブリジストン アルベルトのニューモデル

アルベルトは、ブリジストンの高級シティサイクルのことだ。



アルベルトが初登場したのは2002年。それまで一般的だったチェーンによる駆動をベルト駆動にした画期的な自転車で、チェーンに比べ注油の必要性がなく踏み込みも軽いのが特徴だった。登場から10年以上経過する今も生産されているロングセラーモデルで、その最新バージョン(2014年モデル)がこの12月に発売となった。


参照元
------------------------------------------------------------
2000年に誕生し、2013年には累計販売台数100万台を突破したベストセラー。

ねじれに強くふらつきにくい頑丈な「アルミ タフフレーム」と、チェーンの代わりに樹脂製ベルトを使って、滑らかな乗り心地を実現した「フローティングベルトドライブ」が特徴の通学向けの自転車。

2014年モデルは、「まじめに安全を追求」をテーマとし、10万回以上の「タフフレームねじれテスト」や、20万回以上の「段差耐久テスト」を行った。

また、これまでのモデルに引き続き、パンクに強いタイヤや、後輪錠とハンドルを同時にロックする「一発二錠」、振動を吸収する快適なサドルとグリップを搭載し、安心かつ快適な乗り心地。

ロイヤルモデルには、水に濡れても高い制動力を保つ「スマートコントロールブレーキ」を搭載。雨天時にも安全に乗れる。

ギアは内装8段・5段・3段変速の3つで、フレームは跨ぎやすい形状のL型フレーム、スポーティな形状のS型フレームの2種類。合計10モデルがラインナップ。

標準現金販売価格は6万800円〜8万3800円。
------------------------------------------------------------

値段が6万円代からと、ホームセンターにある激安ママチャリとはかなりの価格差だが、最上位モデルには内装8段変速機が搭載されていることを考えると、理解できる値段だ。
ブリジストンやミヤタなど、国内の老舗メーカーのママチャリ&シティサイクルはしっかりとつくってあり、(消耗品の交換は必要だが)10年程度は普通に持つので、最初が高くともそれに見合った価値はあると思う。

ちなみに我が家には、弟が学生時代に使っていたアルベルトの兄弟モデル、"アルサス"が存在する。これについては次回に書くことにしよう(^^)

2013年12月14日

新(自作)パソコン 導入

依然、OSをWindows7にしたのだが、普段同時に動かすアプリが多く以前からもたつき感が気になっていた。そこで意を決して新パソコンを導入することにした。

パソコンを選ぶとき、特にこだわりのない人なら値段が優先事項かも知れないが、パソコン好きならCPUの選択からはじまるだろう。


管理人は人生初めてのPCを手にした時、CPUがメジャーなIntelではなくAMDだった。当時はWindowsMeが売られていて、ちょうどPentium3の500MHz〜1GHz程度が市場に出回り、廉価版としてAMDモデルが売られていた。そのCPUはAMD モバイルK6-2+ 500MHzというやつで、Celeronよりも高性能と謳い文句があった記憶がある(それでもパソコンの値段20万はした)

当時はパソコンのことがよく解らなかったが、廉価版PCなので全然性能が良くなくちょっとストレスのたまるものだった。悪名高いWindowMeだったことも影響してるだろう。ただそのせいか逆にそのCPUが好きになり(手のかかるものほど愛着がわくという感じだろうか?)、今でもAMDは好きなメーカーなのだ。

そんな思いれがあって、今回のPCはAMD製のCPUを導入することにした。ただ、AMDはIntelよりもマイナーでメーカー製PCではほとんど見なく、BTOあたりでもラインナップが少ない。ちょうど自作PCパーツを通販しているツクモのサイトで、CPU&マザーボードのセットがかなり安く2万で売られていたので、自作してみることにした。

※なお、PCは以前よりかなり価格が低下したので、自作による低価格のメリットはほとんどない



完成した感じがこれ。組み立てに関してはネット上にいろいろと情報があり、最近ではYoutubeで組み立て方を説明しているものもあった。以前と比べると自作の敷居はかなり低く感じる。ちょっとわからないことを調べたりもしたが、基本は一発で電源始動。OSも無事立ち上がった(今回は購入から1年半程度だったHDDを全PCよりそのまま移植したので、OSやHDDは新規購入していない)

ちなみにこのケース、サイズというメーカーのSARA3というスリムケース。一般的にこの手の省スペースタイプは、専用の300W電源しか搭載できないが、これは一般的なタワー型デスクトップに用いるATX電源が使えるなんとも面白いケース。


右下の電源が横置きでうまく収まっている。マザーボードはマイクロATXとATXが搭載可能で、HDDは1基、3.5インチドライブも1基搭載可能。



エアフローを考慮し、はじめから天井に2基、8cmファンが付いている。さらに自分でも下部に2基、サイドのCPU付近に1基、ファンを追加することも可能。


今回の構成は

CPU:AMD A10 6800K Balck Edition (4コア 4MB 、4.1GHz駆動で最大4.3GHz)
マザーボード:ASUS F2A85M PRO
メモリ:ジースキル DDR3 PC17000 4G×2本
HDD:日立 HDS721010CLA3322 1TB (前PCより移植)
グラフィック:サファイア Radeon HD7750(ロープロファイル) ※これも流用
ドライブ:未搭載 (古い手持ちの外付けドライブを利用)
電源:クーラーマスター GXU 550W(80PLUS ブロンズ認証)
ケース:サイズ SARA3
(これら構成で4万ちょい)


このA10というCPU,グラフィックを内蔵したAPUというもので、内蔵GPUながらローエンド以上の性能を持つ。CPUの性能としてはCorei5〜Coire3程度だが、グラフィックを追加購入することを考えると、コストパフォマンスの良いCPUとしてマニアには人気のようだ。さらにおもしろいのが、内蔵GPUと外付けグラフィック(Radeon限定)とで並列処理が行える点。これにより内蔵&外付け、計2個のグラフィックでパフォーマンスを向上することができる。この構成では A10 6800K内臓のRadeon 8670DとHD7750とでデュアルグラフィックスを構築している。

ベンチマークを動かすと 8670D単体よりもデュアルグラフィックスで動かしたほうが、1.5倍程度スコアが向上しており、省スペースながらそこそこゲームができそうな感じだ。

※参考にFF14ベンチマーク(キャクター編)で、解像度1920×1080、グラフィック設定は上から3つ目(高性能ノートPC)で4010程度を記録

ただ、残念なことにこの前の発表で今後AMDはCPU市場から撤退することが報じられた。今後はこのGUPを内蔵したAPUとRadeonシリーズあたりがメインとなるだろう。ただその一方で最新のPS4にAMD製のグラフィックが搭載されていたり、出荷台数がPCを上回るタブレットやスマフォでもGPU内臓のAMD製CPUが使われていたりと、Intelにすべて負けているわけではない。得意分野に集中して、再起をはかるものと見れるだろう。

AMDが再び光り輝く日が来ることを楽しみにしたい(^^)
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド