2013年05月29日

さいたま市長 自転車で初都庁

かなり前に記事にしたが、今年さいたまではツール・ド・フランスのさいたま版が開催される。それに先立って市長が自転車で初都庁した。

ここで注目したいのは市長の行動が自転車レースの単なるアピールにすぎず、「ツールド・さいたま開催」の記者会見の場で次のように語っていること。

「さいたま市は全国の中でも急激に超高齢化社会が進んでいく。選ばれる都市になることを目指す」

これは今急速で自転車レーンを整備しているイギリス、ロンドン市長に通じるところがあると思う。すなわち、市長が率先して自転車の環境を整備しようとしているのだ。
高齢化社会になれば、旧来の自動車中心の社会では上手く機能しづらくなる。それは歳を取ると運転に必要な判断能力や身体能力が衰え、危険度が増すためだ。それよりかは自分で運転しない公共交通機関や、自分で運転してももっとスピードが遅く、多少衰えてても大丈夫な自転車の利用が考えられる。

ボケ防止や、基礎体力の維持、を考えると、負荷の少ない自転車は絶好の乗り物であり、移動&運動を同時に行える自転車の利用は、健康増進による医療費削減も含めて高齢化を迎えた他国で進んでいる。

これからのさいたまがどのように整備され、どう変わっていくのか。管理者として非常に期待しているところである。


読売新聞
----------------------------------------------------
再選のさいたま市長、自転車で初登庁のわけは…

さいたま市長選で再選を果たした清水勇人市長(51)が27日、初登庁した。

 10月に開かれる「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」をPRするため、清水市長は、会場となるさいたま新都心から同市役所まで自転車で登庁。職員から拍手で出迎えられ、花束が贈られた。

 清水市長は記者会見で「さいたま市は全国の中でも急激に超高齢化社会が進んでいく。選ばれる都市になることを目指す」と抱負を述べた。今後の市政について、安全に暮らせる災害に強いまちづくりのほか、中高一貫の中等教育学校の新設などで日本一の教育文化都市づくりなどを掲げた。議会については「特定の党派や会派にこだわらなかったが、一部誤解があったと思う。より円滑な関係づくりをしていきたい」と述べた。
----------------------------------------------------

2013年05月25日

自転車通行可 撤去へ

今まで普通に自転車で走ってきた歩道(自転車通行可の歩道)。これが徐々に廃止になってきている。



記事を要約すると、自転車と歩行者との接触事故多発を受けて、3m未満の狭い歩道は徐々に自転車通行可の標識を撤去しているそうで、既に撤去した所で一番多いのは千葉県の87キロだそうだ。

3mというと、700Cのクロスバイクの全長が1.6m程度なのでこれを横に2台並べるのよりすこし短い程度。つまりぱっと見広い歩道じゃないと撤去対象といえる。意外とこの基準に適合する歩道は多そうだ。

ただ、高齢者と小学生以下は対象外とのことなので、学生や社会人、おばんちゃんや主婦が対象となる。基本は車道というルールが徹底すれば良いと思うがそれに撤去に見合う自転車レーンが十分でないので、利用者からは不満が出る可能性も。

警察や自治体が整備するだけでなく、利用者自身も関心を持ってこの問題を考えたほうが良いかもしれない。

NHK ニュース
--------------------------------------------------------------
自転車と歩行者の接触事故を減らすため、全国の警察は、自転車の通行が可能だった歩道のうち、350キロ余りの区間を原則、通行できなくする措置を取りました。一方で、自転車が車道を安全に走るための専用レーンの設置はなかなか進んでおらず、今後、対策を急ぐ方針です。

警察庁によりますと、自転車が歩行者に接触する事故は去年、全国で2625件と、10年連続で2000件を超え、死亡事故も5件起きるなど深刻な状態が続いています。
このため、警察庁は、自転車の通行が可能な歩道のうち、道幅が3メートル未満の狭い所は、子どもや高齢者などを除き、自転車での通行を徐々にできなくする方針をおととし決めました。
これを受けて、全国の警察が「自転車通行可」の標識を取り外した歩道は、去年1年間で合わせて516か所、区間の距離は356キロに上ることが分かりました。
都道府県別では、千葉県が87キロと最も長く、次いで埼玉県が44キロ、岩手県が32キロなどとなっています。
一方、警察は自転車が車道を安全に走るための専用レーンの設置も行っていますが、地元の合意などが必要で、昨年度、整備されたのは53か所にとどまっています。警察庁は、自転車が通行できる歩道を今後も減らすとともに、専用レーンの整備を急ぎ、歩行者と自転車双方の安全を確保したいとしています。
--------------------------------------------------------------

2013年05月19日

旭川 サイクリングロード 2013

風邪も大分回復し、自転車に乗れそうなのでちょっとあのサイクリングロードまで様子見。



しかしながら依然としてこの看板だった。

旭川サイクリングロードは2010年に落石事故が起きて以来通行止めとなっている。復旧の見通しも現段階では無いようだ。個人的には道路脇の木が多く、夏でも涼しいことが多いのでかなり気に入っていたが、依然として復旧しないのなら致し方無い。

なお、6月には毎年このサイクリングロードを使ったイベントが行われていたが今年も無いと思う。参加費無料でみんなでゴール地点の旧神居古潭駅まで目指し、最後はプレゼント抽選会もあるというちょっと面白い企画なんだけどね...

2013年05月18日

風邪でちょっとダウン中

今週の日曜から風邪を引いいてしまい。今日で6日ほど経った。

あまり気力がなかったのでブログの更新も放置。もう一個の軽自動車ブログのみなんとか更新した。

今いる職場で風邪を引いいている人や、やたらみんなでクシャミをしてたらから、危ないとは思っていたが、いつもの如く寝不足が引き金で本格ダウン。咳は殆ど無いが、鼻水と喉の痛みが強烈にくる風邪でちょっとたちが悪い。

ただ、現状はほとんど回復し明日も多めに睡眠を取れば完全回復できるだろう。

自分の場合は疲れがたまっているのに、コーヒーで無理矢理眠気を飛ばす日が続くと、風邪を引きやすいようだ。次回こそは教訓として生かそうと思う。

2013年05月05日

北海道 2013は雪解けが遅い?

今日はいきなり写真から。早速問題だが、この奥に見える白と黒の物体は何かわかるだろうか?



正解は雪。旭川の場合、冬季に降る雪を河川敷の空きスペースに冬期間のみ堆積場として利用している。雪山を築くので4月を過ぎてもご覧のように雪が残っている。ちなみに黒くなるのは砂塵だったり滑り止めにまく砂の影響。

普段なら5月ともなればこんなには残ってないのだが、今年は4月の気温が例年より低く、5月にも雪が降る有様。ちょっと雪解けが遅れいているようだ。だが、天気予報を見ると来週は15度以上の日が多そうなので、一気に暖かくなる。



自転車シーズンにはもってこいだろう。さて、冬の間10kgも体重が増えちゃったから本気で痩せないとなぁ...
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
タグクラウド