2013年02月17日

シムシティ最新作 やってみた

自転車ネタじゃないけど、ゲームも好きなのでシムシティネタを。

シムシティといえば箱庭の都市開発シミュレーションとして有名な作品。古くは1989年に初代がマッキントッシュから登場し、その後シムシティ2000、シムシティ3000、シムシティ4と続き10年ぶりの最新作が3月に発売となる。初代〜3000に至ってはファミコンのバンゲリングベイを作ったウィル・ライト氏によるもので、ファミコン世代の人ならバンゲリングベイをご存知だろか。

管理人は初代はやっていないがシムシティ2000をスーファミで。シムシティ3000はPC、ゲームキューブのシムシティもプレイし、シムシティ4と結構歴代をやってたりする。これだけ遊んでいれば最新作に飛びつかないワケがない。

参考までに開発者によるアナウンスを


で、発売を前にし無料で参加できるクローズドβテストをやっていたので早速応募し試しにやってみた。



4gamerのレビューがあるので、詳しくはそちらを見て欲しいが、まずプレイしてみて驚くのはそのグラフィック。前作のシムシティ4ではまぁ3Dで建物が表現されていたけど最新作ではそれ以上に車や人までもきちんと描写され、さらに人一人に至ってもシュミレーションの対象となっている。

街に不満のあるシム(シムシティ中の人)が居れば市長に対して要求を出してくるようになっていて、これを解決することによりシムの幸福が増して街全体が良くなっていく。そして電力や水道、交通などこれまで大雑把なシステムが全て個別化され、例えば発電所から1軒の家にまで届く電気まもで緻密にシュミレーションされている。これにより何処の家が個別に電力不足なのか明確になった。これはシムシティ4から見れば画期的な進化だ。

またクローズドβでは体験できなかったが、今作からマルチプレイに対応しフレンドと一緒に隣町などを堺にしてできるようになった。例えば自分が環境都市を作っていても隣が公害を垂れ流す工業都市であれば、汚染が自分にも影響したりカジノが隣町にあればその影響で自分の街の犯罪率も高くなるなど、自分以外の要素も影響するようになっている。

これ以上にまだまだ奥は深いと思うが、製品版が楽しみな作品に感じた。ちなみに管理人のPCスペックは以下のとおり。とりあえずこの環境で不満なく動いた。だがシムシティ4を例に例えるならグラフィックよりもメモリに重点を置いたほうが良いかもしれない。街が大きくなりシュミレーション対象が増えると大量のメモリを消費しそうだ。


管理人のPCスペック

CPU:Pentium E6600(3GHz)
メモリ:3G
ビデオ:Radeon HD7750
OS:Windows XP
解像度は1920×1080でグラフィックの設定はデフォルト

最低動作環境は

CPU : AMD Athlon 64 X2 Dual-Core 4000+以上 , Intel Core 2 Duo Processor 2.0GHz 以上
OS : Windows XP/Vista/7
メモリ : 2GB(4GB?) ← ページにより表記が混在
ビデオカード : ATI Radeon HD 2x00 以上, nVidia 7800 以上 , Intel Series 4 integrated graphics 以上
(最小で 256MB のオンボードメモリ、 シェーダー3.0以上に対応していること)
ネット環境: 最低 256 kbps ダウンロード, 64 kbps アップロード

2013年02月15日

WBS 電動アシスト自転車が好調

WBSで久しぶりに自転車の話題が特集された。

電動アシスト自転車というと漕ぐのがラクチンで個人の移動がメインとおもうが、今回特集されたのは企業での電動アシストと海外輸出について。特に航空会社(客の荷物の移動目的)や小規模な宅配業者では下のような大手でも使っているリヤカー付きの電動アシストが活躍しているそうだ。



今まで使っていたバイクからの乗り換えにより、ガソリン代が節約できるのがメリットで、徐々に広がっているらしい。また、日本の電動アシストは海外でも売れているらしく、2011年でドイツでは31万台、自転車大国のオランダでは17万台を出荷し確実に伸びてきている。

※欧州の電動アシストについてはネット上で役に立つPDFファイルがあったのできになる人はチェックしてほしい。

http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001112/europe_electric_bicycle.pdf

番組最後にはサンスターの話が。サンスターといえば歯磨き粉で有名だがもとは自転車部品会社として誕生し、自転車用ゴムのり製造・販売で発展した企業である。ゴム糊を入れていた金属チューブに歯磨を入れて販売するという創業者の決断から、同社の基礎となる「サンスター歯磨」が誕生したらしい。

今でも自転車部品を作り続け、電動アシストに必要なユニット一式(モーター、コントロールスイッチ、ケーブル等)を販売している。欧州で電動アシストが流行ってくると、他社メーカーがこのユニットを組み込んで電動アシストを作るだろうからこれから伸びる可能性がある。

日本の厳しい道交法により生まれた電動アシスト自転車。今では世界からも注目される存在となっている。

2013年02月14日

自転車の路側帯 逆走禁止に

今までの道交法では、路側帯においては進行方向に決まりがなかった(歩行者のようにどちらでもOK。すなわち双方向だった)。これが次回の道路交通法改正で自動車と同じ進行方向のみになりそうだ。

Yahoo!ニュース(毎日新聞)

--------------------------------------

<悪質自転車>ルール違反に講習義務付け 道交法改正試案

毎日新聞 2月14日(木)10時57分配信

 警察庁は14日、自転車の路側帯通行を道路左側に限り、悪質なルール違反を繰り返す自転車利用者に講習を義務付ける道路交通法の改正試案を公表した。実現すれば、全国の道路約120万キロのうち約100万キロで自転車の右側通行は禁止される。また、車やバイクの無免許運転の罰則強化や免許取得・更新時にてんかんなどの病気申告を促す制度改革も盛り込んだ。

 警察庁は今後、国民からの意見(パブリックコメント)を募った上で改正法案をまとめ今国会での成立を目指す。成立すれば飲酒運転を厳罰化した07年以来の大幅改正となる。

 路側帯は、歩道のない道路の端を線で区切った部分。現在は法律上の規定がなく自転車の双方向通行が可能なため、正面衝突やすれ違い時の接触の危険がある。試案は、路側帯を自転車が通行する場合、「道路の左側部分に限る」と新たに規定した。右側通行の罰則は3月以下の懲役か5万円以下の罰金。

 国土交通省によると、歩道のない道路は全国に約100万キロ。残る約20万キロには歩道や自転車歩行者道があり、今回の規制は対象外とされる。

 講習の義務付けは、信号無視や酒酔い運転などで繰り返し取り締まりを受けた人が対象で、各都道府県の公安委員会が受講を命じ、従わなければ罰金刑を科す。免許制度のない自転車に講習制度を導入するのは初めて。警察庁はルールの無理解や順法意識の欠如が違反の温床とみており、講習は▽事故原因についての討議▽被害者遺族の手記の朗読−−などを想定している。

 一方、車やバイクについては、無免許運転の罰則を「1年以下の懲役か30万円以下の罰金」から、「3年以下の懲役か50万円以下の罰金」に引き上げる。昨年4月に京都府亀岡市で通学途中の児童ら10人が死傷した事故のように、無免許運転は重大事故を招く傾向があり厳罰化を図った。

 無免許運転すると認識しながら車を提供した人にも罰則を導入。運転者と同等の悪質性があるとして「3年以下の懲役か50万円以下の罰金」を科す。無免許を知りながら運転を依頼した同乗者は「2年以下の懲役か30万円以下の罰金」とする。

 また、統合失調症やてんかんなど運転に影響する恐れのある病気を持つ人を免許の取得・更新時に把握する仕組みを拡充する。書面の質問に答える形で症状の自己申告を求め、虚偽申告には「1年以下の懲役か30万円以下の罰金」を科す。医師が「安全運転に支障を及ぼす恐れがある」と判断した患者については、診療情報を公安委員会に提供できる制度も設ける。

 試案に関する意見募集期間は15〜28日。「パブリックコメント」と明記の上、電子メール(koutsukikakuka@npa.go.jp)や郵送(〒100−8974警察庁交通局交通企画課法令係)、ファクス(03・3581・9337)などで受け付ける。【村上尊一】

 ◇道交法改正試案の骨子

・悪質な違反を繰り返す自転車運転者に講習を義務付け、従わない場合の罰則を検討

・路側帯は双方向から左側通行に

・無免許運転の罰則を「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に引き上げ

・無免許運転者に車を提供した者に「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」の罰則を導入

・運転免許取得・更新時に持病の症状を虚偽申告した場合の罰則を導入

・運転に影響を及ぼす症状のある患者の情報を医師が任意で届け出る制度の創設

--------------------------------------

この最後にある骨格の2段目に「路側帯は双方向から左側通行に」とあるのが確認できる。歩行者のようにものすごくゆっくりとしたスピードなら双方向でも大丈夫だが、自転車はある程度スピードが出る。とくに路側帯に路上駐車の車がいると、前から来る自転車がわからない。双方向にはしる場合は、接触までの時間が同じ方向で走った場合の2倍だから、路駐を交わして鉢合わせとなり対面の自転車に気づいた時、回避行動が間に合わないかもしれない。

自転車が車両の仲間であるなら、自動車と同じ進行方向になるのは当然だろう。

2013年02月11日

これで良いのか 3人乗り自転車

読売新聞で、「「3人乗り自転車」潜む危険…年311人が負傷」という記事が載せられていた。今回は記事を省略するが、最後のほうで

----------------------------------------
警察庁によると、3人乗り中の事故で負傷した同乗者は、一昨年で311人。うち約8割が5歳以下で、死者も2人出ている。また大阪、京都両府警の調べでは、けが人を伴う事故は昨年、大阪で62件、京都で5件が起きている。
----------------------------------------

とあった。3人乗り自転車は、荷物を載せて移動するのでなく、小さな子供2人を乗せている。荷物なら転倒しても最悪諦めがつくが、人命になにかあっては諦めるどころではない。簡易的な3人乗り(普通のママチャリに幼児座席2個)はもとより、3人乗りの安全基準に適合したものでも、それが2輪であるかぎり転倒する危険性がある。

海外であれば、(特にデンマークなんかは)子供を乗せて移動できるリヤカー+自転車みたいな3輪自転車がある。



これなら転倒する危険もなく、母親も安心だろう。

ただ、これはデンマークに自転車専用道路がきちんと整備されているから成り立つのであって、歩道走行があたりまえ&車道では車の猛威にさらされる日本において、あまり実用的ではない。そもそも普通自転車という規格にこの自転車は合致しないから法律上車道しか走れないのだ。

いかに日本の道路環境が自転車に良くないのか。問題が起きてからでは遅いのだが、事が起きたことによって実に気付かされるのである。

2013年02月10日

氷上ドライビング・レッスン 女神湖

今回もちいきのきずなから。先月、関東では1月のに異例の大雪となった。北海道なんかはあの程度ではどうってことは無いのだが、雪でスリップや立ち往生する車がニュースで流れたのは記憶に新しい。

実は雪道よりも怖いのは雪が溶けて凍ったアイスバーン。スタッドレスタイヤを履いていても直ぐに止まれないのだ。そんな状況を体験してもらおうと、長野県の女神湖では氷上ドライビング・レッスンを毎年行なっている。



雪の地域でもあまり降らなかったり、ペーパードライバーなんかはこういった講習会は重宝するのではないだろうか。いきなりアイスバーンで滑って止まれない思いをするのは怖いものだ。事故の危険性も増すだろう。

ちなみに動画中ではFF(全輪駆動)の車をメインに扱っていたが、北海道だとFFか4WDがほとんどで、たまにFR車が居る程度。特にメーカー別だとスバルの4WDが本州よりも多いと感じる。やはり4駆といえばスバルかな?
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
2020年12月(1)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
タグクラウド