2013年02月27日

自転車安全利用DVD 感想

以前、ブログでお知らせした安全DVDがサイトで公開となった。



作成したのはちいきのきずなの作成元であるJA共済。プレスリリースのアナウンスではダウンロード可能と言っていたので、ファイルを直接かなと思ったけど、実際はYoutubeにアップロードされていた。これなら誰でも見ることができ、ブログなんかでも貼り付けて注意喚起に使える。なんともありがたい取り組みだ。

さて、DVDを見てみた感想だが、実に実用的で効果があると思った。最初は事故の危険を知らせる自転車とクルマの衝突事故映像から始まり、映画のワンシーンを見ているような、事故の再現が流れる。ちょうどスケアード・ストレートとよばれるスタントマンが実演する自転車教室で味わうものに近い。一方でそれに対してどうすべきかという"危険予測"の事が述べられていた。最後にかけては「もし事故を起こしたら?」という事例で、怪我を負わせた加害者の病院へ謝りに行くところや、賠償金で親が家を売らなければなるなど非常にリアルだった。

特に注目したいのは「自転車における危険予測」。これは安全対策として最も重要であり、これを中高生向けのDVDに取り入れたことに感動した。ここまで真剣に作らているのだから、自転車のこと熟知した人がいるか、よく調べて作成したに違いない。

一応中高生向けではあるが、これから自転車に乗ろうとする人にも注意喚起ということでかなり使える内容。是非とも他で広めて欲しい内容だった。


※なお、DVD中に自転車横断帯の事が述べられているがこれは場合によっては危険な時があるので必ずしも従う必要はないと思う

2013年02月24日

街乗り クロスバイクのタイヤ

北海道はもう少しで雪解け&自転車のシーズンだ。その前に今季使うタイヤの事をまとめておこう。

クロスバイクを買った自転車乗りは、いずれタイヤ交換をするはずである。そこで悩むのが「どのタイヤにすべき?」である。一般的に細いタイヤはパンクのリクスが多いが軽く、逆に太いタイヤは重たいがパンクのリクスが少ない。そこで、管理人が感じたそれぞれのタイヤの特徴と街乗りにベストな品を考えてみよう。

まず、管理者が去年まで履いていたのはミシュランのリチオン2とブリジストンのエクステンザRRX2。ともに23Cという細さでロードタイプのタイヤだ。ロードタイプというのは、タイヤ面がF1で使うようなスリック部分とコーナリング用にザラザラ面のあるデュアルコンパウンドで構成されているレース用タイヤ。



写真は真ん中とサイドの両方がザラザラ面だが、真ん中がスリック上のものが多い。

この手のタイヤは軽量化されていることもあって非常にペダリングが軽く、また漕いでなくとも惰性でかなり進む。きっと路面抵抗が少ないんだろうと思う。その反面、道路の異物により貫通パンクしやすく、ほぼ車道かかなり気を使って歩道を走らないといけない。よってパンクのリクスがかなり高いタイヤ。たまに車道、メインは歩道といったクロスバイクの使い方では選ばないほうが良い。


一方でママチャリや自動車のタイヤのように、溝が見えるタイプがある。トレーニングタイヤと呼ばれるもので、値段もロードタイプよりも安い(一部、ロードタイプのようにザラザラしているものもある)。


この手のタイヤは、対パンク性や耐久性を重視しており、肉厚な分貫通パンクが少ない。その一方でタイヤ自体が重く、表面の抵抗もあるのでペダリングは重く、惰性でもロードタイプに比べると進みづらい。

結論としては、パンクのリクスを許容出来るならロードタイプを。パンクのリクスが心配なら厚みがあって、溝の着いたタイヤが良いと思う。管理人は去年このロードタイプの23Cタイヤで1年に30回以上とパンクを経験してしまったので、今年は溝の着いたワンサイズ上の25Cタイヤにする予定である。

2013年02月23日

福くんの自転車安全CM 福岡

福岡市では、自転車安全利用五則以外に独自の条例で安全利用を図っている。その一環として有名人を利用したCMを作成したようだ。



子役で有名な鈴木福君と福岡のサッカーチーム、アビスパ福岡のマスコットっキャラを使い特に子供に親しみやすく作成されている。福岡の条例にそう内容だが全国的にも通じるもので、安全利用の周知として有用だろう。特にYoutubeで公開しているのでいろんなブログで気軽に貼り付けて使うことも可能だ。

これから暖かくなって本格的な自転車のシーズンに入る。特に今年から自転車通勤を始めようと思っている人に、交通ルールの確認のきっかけとなると良い。

2013年02月22日

中高生向け 自転車教育DVD

ふだん記事で取り上げることのことの多いちいきのきずな。このちいきのきずなを作っているJA共済が、中高生向けの自転車安全教育DVDを無料で配布するようだ。


JA共済
---------------------------------------------
このDVDは自転車での交通安全を呼びかけるもの。近年、交通事故件数は減少している一方で、自転車事故の占める割合は5年連続で2割を超え、自転車乗車中の死傷者の約3割が19歳以下というのが現状だ。
 JA共済連は地域貢献活動の一環として平成21年度からDVD教材を制作しており、第3弾目となる今回は自転車事故を「自分ごと」に感じられるよう事故映像のリアリティを追求し、事故防止に必要な危険を予測する力と安全に回避する力を身につけることに重点を置いて制作した。
 この教材は2月下旬から全国約1万6000校の中学・高校に順次寄贈するほか、2月27日からはJA共済地域貢献活動のホームページからDVD映像を無償でダウンロードできる。
---------------------------------------------


リアリティを追求し、危険予測とその回避力を身につけるべく制作されているとのこと。危険予測は自動車の運転でも重要なスキルで、これはかなり実用的だ。そしてうれしいことに27日から(多分だれでも)無料でダウンロードできる。

とりいそぎ広く周知するために記事にしたが、のちほどこのDVDのレビューを行おうと思う。

2013年02月20日

自転車は車道を走るもの

産経ニュースに同題のニュースが載っていた。

参照元
----------------------------------------------
「自転車は車道を走るもの」 宇都宮はモデルケースになる?

国土交通省の宇都宮国道事務所は、宇都宮市内の国道4号(泉が丘交差点〜宇都宮東警察署付近までの約1km)と市道(今泉新町交差点〜今泉町までの約0.6km)で、自転車の走行位置を明示する道路整備を3月中旬までに実施する。

 「栃木県自転車利用環境検討会議」(座長・宇都宮大学森本章倫教授)の意見によるもので、十分な道幅が確保できない国道4号では、自転車の走行位置の目安として一定間隔で青い矢印を明示。交差する宇都宮市道には青色の自転車レーンを明示する。

 これにともない自転車の交差点通行方法も変更となる。これまでは歩行者・自転車用信号に従って自転車横断帯を通行すべきだったが、道路整備後は自転車横断帯が撤去されるため、車両用信号に従うこととなる。車のドライバーは違法駐車や左折時の巻き込みに、より注意が必要となる。

 軽車両である自転車は車道の左側を通行するのが原則だが、幅の狭い道路や、大型車などが速いスピードで横を走り抜ける道路では、危険性を感じて歩道を走ってしまう人は多い。また、自転車は車道を走るものという認識が不足している自転車ユーザー、ドライバーも多い。

 車道から完全に分離した自転車道が発達しているオランダやドイツなどの欧州諸国、バスレーンが自転車の走行路として活用されているロンドン、ベルリン、ジュネーブなどの都市に比べ、日本は河川敷のサイクリングロードなどを除いて整備が遅れていた。今回の道路整備は、全国的なモデルケースの1つとなりそうだ。(記事提供 カーセンサー.net)
----------------------------------------------

文章だけでは伝わりづらいので画像も拝借...



過去に何度も書いているが、現状の車道は車優先に作られており、かといって歩道は(特に街中)は看板や木々、電柱、住宅等が死角となり自転車の走行に適さない。

また未だに「自転車は歩道」と思っているドライバーも多く、車道を自転車で走っていればわかるが自転車に対する配慮のない運転が目に付く。

※自転車スレスレで追い越したり、幅寄せ、不用意なクラクションなど

自転車レーンの整備が急務だが、整うまでの間はドライバーに対する喚起も含めてこのようなペイントは幾分効果的ではないだろうか。ただ、自転車横断帯に対する整備方針のことはあまり周知されていないようなので、テレビやネット広告、自転車関連のサイトでおおいに宣伝したほうが良い。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
2018年07月(1)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(7)
2011年05月(9)
2011年04月(8)
2011年03月(14)
2011年02月(12)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
タグクラウド