2013年01月27日

さいたま 大規模自転車レーン?

さいたまというと、昨年の秋ぐらいにツール・ド・フランスのさいたま版を計画しているとのニュースがあり、全国的にも自転車に力を入れている都市だ。そんなさいたまで、次のようなニュースが報じられた。


自転車レーン結ぶ さいたま市 ネットワーク構築へ
--------------------------------------------------------------------------
さいたま市は二〇一三年度から、市内の鉄道駅周辺に自転車レーンを集中整備する計画づくりを始める。将来は、主要な公共・商業施設や住宅地などを結ぶ自転車レーンのネットワークづくりを目指す。現状の自転車レーンはとぎれとぎれで利用者に浸透していないが、ネットワーク化で利用者を増やす狙いなどがある。(増田紗苗)

 県警によると、県内の自転車レーンは現在、少なくとも二十四カ所(総延長約二十キロ)ある。総延長が最も長い自治体は坂戸市の六・三キロ。一方、さいたま市ではJR北浦和駅(浦和区)近くと岩槻区仲町の二カ所で、総延長は約一・五キロにとどまっている。

 自転車レーンには、幅が一メートル以上で道交法に基づく「自転車専用通行帯」や、道交法に縛られない「自転車指導レーン」などがある。ただ、車道に右折レーンが設けられている交差点などでは、一定の幅を確保することが難しく、市街地ではレーンが三百〜六百メートルでとぎれるのが現状だ。

 さいたま市は昨年九月、自転車レーンの計画的な整備に向け、警察や関係部署による検討会を発足した。駅周辺を拠点とした自転車レーンのネットワーク整備を協議し、一三年度中に実施計画をまとめたい考えだ。駅や学校、商業施設などを自転車レーンで結んだ宇都宮市などの例を参考にするという。

 一三年度中には、JRさいたま新都心駅(大宮区)前の旧中山道に、約八百五十メートルの自転車専用通行帯などを整備する方針を固めた。市は、一三年度当初予算案に関連事業費を盛り込む。

 県警によると、自転車が歩行者にぶつかってけが人が出た交通事故は、昨年一年間に県内で百六十九件(前年比三件増)あった。このうち、重傷者が出たのは三十件(同六件増)。歩道を歩く人の安全確保に向け、自転車レーンの整備は課題となっている。

 市はさらに、健康志向の高まりなどから自転車の利用者が増え、自転車レーンのニーズが高まっているとみている。市は、ネットワーク化を進めることで「短い距離の移動なら、自動車ではなく自転車を利用してもらえるまちづくりを実現したい」としている。

--------------------------------------------------------------------------

今までのよくあるパターンは、自転車レーンを作るといっても社会実験の一つで、かなり短い距離を試験的に作って終了だった。しかしながらさいたまは違う。市の予算に本格的に盛り込んで、自転車レーンのネットワークを整備すると言っているのだ。しかも将来を見据えて

「短い距離の移動なら、自動車ではなく自転車を利用してもらえるまちづくりを実現したい」

とまでも言っている。つまりは実験で終わらず恒久的に自転車レーンを確保しそうな感じだ。自治体が明確な目的を持って整備する事例は稀で、全国の魁的な存在になってほしいと感じた。自転車レーンに関しては、今のままでは韓国にすら負けているのが現状だ。

より良い自転車環境(ハード面)の構築には、こういった自治体の明確な方針が第一だろう。

2013年01月26日

旭川冬まつり2013 安田大サーカス

北海道で冬季のイベントといえば、「札幌雪まつり」が有名である。一方旭川でも似たようなイベントで「旭川冬まつり」というものがある。

雪か冬かの一文字違いのまつりで、実際も似ている。会場に大きな雪像を作り、一般市民が作成した雪像や氷像を展示する。ただ規模は札幌のほうが巨大で当然のことながら来場者も札幌が多い。大雪像も札幌は複数あるが旭川は1つのみ。自衛隊が雪像づくりに協力するのも同じ。個人的なイメージでは札幌は雪像メイン、旭川は氷像がメインだと思う。氷像彫刻に関しては世界大会を開催している。

そんな旭川冬まつりでは毎年有名人を呼んでいる。去年はアニソンの帝王こと水木一郎を呼んだが、今年はというと....


安田大サーカス



小島よしお



テル



山本高広



旭川、第2師団出身のアイドル福島和可菜


となっている。詳細な日程は上記公式リンクを参照して欲しいが、どれも一シーズン終わった人たちばかり(?)かな。まぁ財政難の旭川にとって予算的には丁度いいのだろう。

自転車好きなら安田大サーカスの団長がお目当てだろうか。最近、安田大サーカスとしてはテレビであまり見ないのでライブがどんなものか少し期待だ。あと小島よしおは今回で2回目となる。前回は真冬の旭川でパンツ一丁で出演し、非常に寒そうだったが今年はどうだろうか...

2013年01月21日

悪質自転車に罰金刑、今月から

ここ数年は悪質ピストバイクの摘発など、少し踏み込んだ取り締まりを行なっているが東京では今月からさらに一歩踏み込んだ対策を行う。

日刊スポーツ

------------------------------------------------------------
東京地検は21日、悪質な赤信号無視を繰り返す自転車の運転者について、これまで起訴猶予処分としてきたのを改め、原則として略式起訴し、罰金刑を求めると発表した。今月から適用する。こうした運用は全国で初めてとみられ、モデルケースとなりそうだ。

 警視庁によると、都内での交通事故は全体の件数が減少しているにもかかわらず、自転車が絡む事故は全国平均より高い水準で推移している。赤信号無視の自転車が引き起こす交通事故も目立ち、悪質なケースには処罰を科し、自転車運転者のモラルを高めるのが狙い。

 地検は赤信号無視の中でも、交通量の多い道路の赤信号を、2人乗りや携帯電話を使用しながら運転することなどを悪質と想定。1度目の摘発は従来通り、起訴猶予処分とするが、2度目は略式起訴する。

 これまで赤信号を無視して摘発された自転車運転者は、刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)を交付され、書類送検されていたものの、全員が起訴猶予処分となっていた。(共同)
------------------------------------------------------------

今までは信号無視の自転車を捕まえても、すべて起訴には至らず罰金もなかった(※東京の場合)。略式起訴になれば即日決裁し罰金を払わなくてはいけなくなる。記事によれば2回め以降とあるがそれでも罰金と前科を施行するのだから効果はあるだろう。イメージ的には自動車の青キップを貰ったような感じで、かつ前科が付くということか(?)。

どちらにせよ自転車の信号無視は重大な事故につながりかねないので、安易に信号無視するものに対しては厳しく罰して欲しいと思う。「自転車だからOK」という風潮が未だに感じてならない。

2013年01月20日

幼児飛び出し防止教室 ちいきのきずな

久しぶりにちいきのきずなの動画を。



今回は、「子供の飛び出しについて」親がどうすべきかといった内容だが、自転車に乗る人間も全く関係ない内容ではない。幼稚園や小学校の付近、公園といった場所では小さい子供が多く、自動車はもちろん自転車が来ていても飛び出すことは多々あるだろう。

そんな子供はどのような理由で飛び出すのか、また親はどうすべきかといった内容だったので、小さいお子さんを持つ人には是非見て欲しい内容だ。

自転車側の対応としては、危険予測に尽きるが基本こちら側が回避するような形になると思う。自転車と子供が接触すれば確実に子供に被害が出る。弱者保護の観点で、特に小さい子供に対しては配慮すべきと感じた。

2013年01月18日

旭川 ダイヤモンドダスト

ここ数日、最低気温が-15度冷え込む日が1週間程度続いている。この寒さになると簡易的な防寒では足りず、しもやけのように手先や耳などが痛くなる。

寒いを通り越して、痛いのだ。ふと職場について外を見ると綺麗なダイヤモンドダストが見れたのでスマートフォンの撮影モードで録画してみた。



この日は雪が降っていなかったので、ダイヤモンドダストに違いないだろう。キラキラして綺麗なのだが、この寒だと外で長居はしたくない。数十秒で撮影を辞めた。

12月頭はほとんど雪がなかったのに下旬になっていきなり降りだし、ここ最近は氷点下の日が続いている。こう変化が激しいとちょっと体にこたえる...
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
2019年11月(6)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
タグクラウド