2012年11月26日

サイクルベースあさひの冬

2012年に北海道へ進出したサイクルベースあさひ。数カ月前に実際に店舗を見てきたが、気になっている点。それは

「冬季はどうするのか?」

そんな疑問を一発で解決してくれる情報が、あさひの公式サイトにあった。

※画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。


これによれば冬季は自転車の冬季預かりメンテナンスがメインで、その他新車の商談会や無料の子供向け安全教室などを行うようだ。

このメンテナンスというのは北海道の自転車屋ではメジャーなサービスで、自分でやってもいいが冬はとても寒いしどうせ乗れないのだから預けてしまって、技術スタッフによるフルメンテナンスというのも悪くはない。

また、自転車の新車は夏から秋にかけて次年のモデルが発表され、早ければ秋口から購入可能となる。人気の商品ともなればいざ買おうと思っても在庫がなく、長期の入荷待ちとなることもあるので、早めにお店で商談し予約しておくというのも一つかもしれない。

北海道は冬季に自転車に乗れないので、少し収益が悪くなるかもしれないがそれでもその他の季節では都市部を中心に充分乗れる。そして北海道の自転車量販店といえばホーマックなどのホームセンターやイオン系列のお店ぐらいなので、低価格で質の良いサイクルベースあさひにとって、そこは充分やってけるのではないだろうか。

冬季に売上が落ち込んでも、それ以外でシェアを握れば勝機はあるのかもしれない。少なくとも管理人はそうみた。

2012年11月24日

シェアサイクル ちいきのきずな

ここ数年、レンタルサイクルを使って地域の活性化や、放置自転車対策を行う自治体が増えてきている。北海道では札幌のポロクルが有名だ。今回のちいきのきずなでは東京・墨田区の取り組みの様子を取材していた。



都心部では地方都市と違って、自家用車や公共交通機関よりも自転車が便利なケースが多い。車で走れば渋滞が待っているし駐車場の問題もある。また、電車などは大勢の人が利用するためラッシュ時は混雑し窮屈だ。自転車なら電車のように窮屈でないしダイヤにも縛られない。自分のタイミングで移動できて、気になった店があったら車みたいに駐車場にほとんど困らず、気軽に立ち寄れる便利さがある。

一方で、都心になればなるほど駐輪場が問題となる。新規に駐輪場を作ろうと思っても土地の取得に問題があり、結果的に放置自転車や歩道に止める自転車が増えやすい。「自転車のニーズが高いのにそれを収容する場所がない」という、矛盾を抱えている。

動画の舞台は東京・墨田区。東京スカイツリーがある区域だ。この地域でも放置自転車に頭を悩まされていたが、コギコギという名のシェアサイクルを導入し、放置自転車対策と観光促進を図っている。

レンタルに使う自転車は、ぱっと見小径車で頼りない感じがしたがよく見ればパナソニックの電動アシスト自転車「シュガードロップ」だった。ネット上でも定価8万円台の車種で、これならば小径でも充分パワーを補えるし、ゆっくり走っていても安定しやすいだろう。



サイクリングやポタンリングなど趣味メインで乗る場合にはちょっとあれかもしれないが、少しの距離を移動したり、観光などでブラブラするような使い方であればシェアサイクルは良いのではないだろうか。

2012年11月21日

台湾製自転車 日本を席巻する日

台湾製自転車というと、自転車好きならまっさきにGIANT(一部の人はメリダ)を思い浮かぶだろう。今回見つけた記事はそのジャイアントについてだ。

※リンク先をそのままコピペするのはさすがにひけたので、今回はその記事の概要と感想を。

参照元 誠「台湾製自転車が日本を席巻する日」

ジャイアントは車メーカーでいうとトヨタみたいなもんで、世界最大の自転車生産台数をほこり、他社からのOEM生産を手がけるほどの大企業だ。創業時は従業員30人程度のちいさな会社だったが、トヨタ生産方式を学び、会長みずらか製品をアピールするというユニークな戦略で成長を続けている。

かなり昔は自転車は「移動するだけの道具」に過ぎなかった。が、今では各部が格段の進化を遂げ趣味やスポーツ、ダイエットとその目的は移動だけに留まらない。

日本だと安いママチャリやシティサクルがメインだから「自転車ぁ??」といった感じでぱっとしない人が多いかも知れなが、世界を見れば自転車を活用する例が多く、健康増進で医療費削減や都市部での渋滞の緩和もあって自転車レーンを整備する国や都市もある。

海外だと、ママチャリではないスポーツタイプが多いのだが日本だと真逆で特に数十年前ではスポーツタイプは全体の1%に満たなかった。これは自転車を歩道走行とし、メーカーもそれに見合った自転車(ママチャリやシティサクル)を開発&販売してきたからである。

近年ではガソリン高騰や震災時の帰宅難民の影響から、自転車通勤する人が増え以前より全体におけるスポーツタイプの割合が増加した。

こういった点から自転車はまだまだ成長産業で、特にスポーツタイプの割合が低い日本ではジャイアントを始めとするスポーツタイプの自転車メーカーはチャンスなのである。

スポーツタイプはママチャリに比べると走行性能が高い分、値段が高いのがネックだったがGIANTはそのコストパフォーマンスで人気である。自転車販売店でもよく売れうるのはジャイアントと聞いたことがあるので、記事の言う「台湾製が日本を席巻する」というのは言い過ぎでもないと思っている。実際、自動車では世界レベルの日本企業だが自転車ではイマイチピンと来ない。ブリジストンやミヤタあたりに頑張ってもらいたいところだが、それは難しいようだ...

2012年11月18日

自転車は「車両」、交差点直進知らせる道路表示

読売の記事から。



--------------------------------------------------------------------------

自転車は「車両」であり、車道を走るべきだとする警察庁通達の実現のため、新潟市は市内の交差点で、自転車が交差点を直進して横断できる道路表示の設置実験を始めた。

 ビデオ撮影やアンケート調査などでデータを集め、今後の道路表示の設置に生かす。

 同市土木総務課によると、実験は11月10日〜12月10日に自転車レーンが設置済みの同市中央区の県道51号(通称・笹出線)の新和交差点で行われている。

 レーンと同じ青色の矢羽が交差点内に塗られ、自動車ドライバーに対しても、自転車が走る場所であることを明示している。同課では「データを元に色や大きさなどをより分かりやすいよう改良し、正式な設置の際に生かしたい」としている。

 警察庁が2011年10月に出した通達によると、自転車の車道通行の徹底などと並び、歩道と歩道をつなぐ形で設置された自転車横断帯の撤去が指示された。車道左端を通行する自転車が横断帯を通るためには、一度左折して横断帯に近づき、さらに右折して道路を横断する必要があり、自動車との巻き込み事故の原因となる恐れが指摘されていた。
--------------------------------------------------------------------------

この青い線、なんかみたことあるなぁと思ったら札幌の自転車レーン社会実験で見たものとまったく同じだ。確かに車へのアピールになって自転車利用者にもドライバーにも良い。合わせてあの危ない自転車横断帯を撤去しているとのことなので、車道を走る人にとっては良い知らせだ。

全国レベルでもこのような取り組みが進むことを望みたい。

2012年11月16日

一方通行の自転車道 全国初

川崎市の市道では全国初となる、車線の中に独立し(ガードレールで区切り)、かつ一方通行規制という全国初の自転車レーンが誕生した。

今までも独立した車道上の自転車レーンはあったが、悪評の亀戸駅のような細いレーンで対面通行とは打って変わって一方通行になっている。

対面通行ではレーンの幅がある程度ないと前から来る自転車と接触する危険性があり、さらにスピードを出すことができない。それに車両である自転車が、自動車と逆に走るのも変な感じだ。

今回設置されたレーンではある程度幅もあり、一方通行なので快適に移動できるだろう。

引用先の動画で、川崎市の担当者が語っていた内容が印象的だった。

「安全に通行できる環境を創出しながら、やはりルール等の向上を図って行きたい」

これは管理人が考える自転車環境構築の大前提と一致する。ルールだけ守らせても自転車が快適に使える環境がないと、あまり自転車に乗りたくないだろう(歩道をゆっくり走っていては、歩行者の移動速度と大して変わらず自転車に乗る意味が無い)。また自転車レーンだけあってもルールを守る人がいないと、その存在意義がない。

他の自治体では担当者が自転車のことをよくわからず、ただレーンを整備したケースが多々見られるが、少なくとも川崎市ではその心配はないはず。

川崎市の場合は良い方向に進むのではないだろうか。


NHK NEWSWEB (※リンク先に動画あり)
-------------------------------------------------------------------------------
一方通行の自転車道 初の社会実験

自転車の事故が相次いでいる川崎市の県道で、車線の中に一方通行の自転車専用道路を設け、歩道への乗り入れを禁止する国内で初めての社会実験が始まりました。

この社会実験は、川崎市と警察が協力して、京急川崎駅近くの県道のおよそ200メートルの区間で14日から始めました。
この区間では、歩道での自転車と歩行者との接触事故や、車道での自転車どうしの衝突事故が相次いでいるため、自転車の歩道への乗り入れを全面的に禁止し、車道のうち1車線をガードレールで区切って自転車専用にしました。
自転車は上りと下り、それぞれ車と同じ方向に走り、自転車どうしの正面衝突を防ぐ効果も見込んでいて、警察などによりますと、道路の車線に一方通行の自転車道を設ける社会実験は国内で初めてということです。
実験は2週間の予定で、14日は通勤や通学で自転車を利用する人たちに、市の職員や警察官が歩道への乗り入れ禁止を伝え、専用の車線を走るよう促していました。川崎市建設緑政局の福田賢一計画調整担当課長は「社会実験で得られる効果と課題をきちんと整理して、本格的な実施に向けて環境を整備していきたい」と話していました。

-------------------------------------------------------------------------------
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
タグクラウド