2012年04月30日

自転車 イエローカード

Yahoo!知恵袋の交通カテを覗いていると、自転車のイエローカードに関する質問がここ最近多い。そこでこのイエローカードについてまとめておこうと思う。

まず、自転車のイエローカードとなんなのか。自転車の違反は自動車と違って、反則切符が存在しない。警察官が法律に則って取り締まろうとすると、前科がつく赤キップとなってしまう。この赤キップを切るには、刑事手続きがひつようになるので非常に面倒なのだ。ゆえに、警察官は積極的に取り締まりたくないという背景がある(青切符なら警察の天下り先へ貢献できるが、赤キップはそうならない)。でも何もしないわけにもいかない。

※自動車は違反金ですぐ済むのに、自転車で前科は不公平→赤キップを切りづらいという面もある

そこに登場するのがイエローカードという警告書。このカードには交通違反をしているという注意喚起を促す効果がある。が、このイエローカードには法的拘束能力は存在しない。だから1枚や2枚程度では大丈夫だと思うが、あまりにイエローカードをもらうような行為を行なっていると、"悪質"と判断され赤キップへ発展すると考えられる。

ここ最近は、自転車に対しての取り締まりを強化しており、イエローカードの交付も多くなっている。次はイエローカードの交付対象となる行為。

■一時停止不履行
→止まれの標識はもちろん、踏切でも一時停止

■信号無視
→普段車道を走らない人が、よく無視しがち

■イヤホンやヘッドホン
→片耳だけや、大音量でないとセーフらしいが、取り締まる警察官の判断によっては交付対象になるので、付けないほうが無難

■無灯火

■二人乗り

■ブレーキが付いていない
→両方はもちろん、片方だけ付いていても対象となる。


コレ以外にもあると思うが、代表的なものをあげた。大事なのは危ないから違反しないということ。もしイエローカードをもらってしまったのなら、今一度自転車の交通ルールに関してよく確認したほうが良いだろう。

なお、地域によってはイエローカードではなく、レッドカードという場合もある。一般的な赤切符でなく、警告文章のみであればイエローカードと同等のもとの考えられる。また、イエローカードに留められずかなりの悪質と判断されれば(警察官の判断によって)、一発赤切符も十分ありえる。

2012年04月28日

急に暖かくなった 北海道

ここ最近、日中の平均気温が20度代になりとても暖かい。先週は10度に届く日が殆ど無かったから春を通り越して、初夏に突入した気分。

今年は雪が多かった分、連日の良い天気で雪解けが急速に進み、雪解け水が河川を増水させる事態を招いている。今日、河川敷をサイクリングしてきたが、川の流れが早く水位も高くそして濁っていた。昨年あった集中豪雨時の河川の増水とよく似ていた。

雪解け河川、水位低下もなお警戒


この写真は旭川の河川敷ではないが、近郊の深川市・雨竜町を流れる雨竜川の様子。旭川を流れる石狩川の支流なので今日見た増水の様子は納得できる光景だと思う。

河川敷は基本的に車が来ないのでストレスなく走れるが、北海道など積雪地帯ではまれに雪解け水で増水する危険性がある。雪解け季節に河川敷を走る際は、十分に注意したい。

2012年04月23日

脱クルマ社会 徒歩と自転車で転換 新潟

新潟県見附市では、全国でも珍しく条例で”脱クルマ社会”を目指し、この4月から"歩こう条例"が施行された。

クルマ社会で人々の生活は便利になったが、それと同時に問題も引き起こした。道路の規模は同じでもクルマが増えれば渋滞するし、排気ガス問題、駐車場も必要となる。もちろん複数で乗り合えばいいのだが、一人だけで移動する分にはクルマは非常に効率が悪い。特に通勤で使う場合だ。

すぐにクルマを使おうとせず、可能な範囲は徒歩や自転車を使ったほうが良い。いつまでもクルマを推進するのは20世紀の古い社会だと思う。



産経ニュース


-----------------------------------------------
スマート・ウエルネス(快適で健幸なまちづくり)を進める新潟県見附市は今月から「歩こう条例」を施行し、車社会から脱し、徒歩や自転車などへの転換を進める施策の展開を始めた。このため、まず職員から率先しようと、市役所などの職員駐車場使用料の値上げと、週2日以上車から徒歩や自転車に切り替えれば使用料を割り引く“アメとムチ作戦”を開始。自転車レーンも整備し、市民の自転車利用を促している。

 市職員の職員駐車場利用料は3月までは誰でも月額1000円。今月からは片道2キロ以上で1500円、2キロ未満なら2000円に引き上げた。しかし、週2日以上、徒歩か自転車を利用すると、それぞれ1000円割引、2キロ以上は500円安く、2キロ未満は同額になる。

 この結果、17日現在、2キロ未満では歩こう条例の趣旨にのっとり16人が車の利用を止め、35人が週2日以上の徒歩、自転車に切り替えを申請した。2キロ以上でも36人が週2日以上の切り替えを申し出た。

申請は4月末が締め切りで、対象となる419人の職員中、159人はまだ申請を出していないが、アメとムチ作戦の効果は上がっているといえそうだ。

 自転車レーンは見附市図書館〜市役所〜イングリッシュガーデン間約3・3キロを整備、今月4日に開通した。今年度中にさらに市民交流センター・ネーブルみつけ〜見附市南本町間約1・9キロも整備する。自転車を安全に利用してもうため、自転車スクールを開校し、受講者にオリジナルの「自転車免許証」を交付する予定だ。

 久住時男市長は歩こう条例について「全国でも珍しいのではないか。歩くことを基本にした社会にするため、職員自ら範を示し、市民にアピールすることが必要。自転車も免許証をあえて作った。市民は自転車を乗る上で必要な基本的知識を身につけてほしい」と訴えている。
-----------------------------------------------

2012年04月22日

ちいきのきずな 自転車通学デビュー

動画サイト、ちいきのきずなで自転車関連の動画がアップされた。

今回は小学生の自転車通学について。ここで注目したいのは40年間、この小学校では大きな事故は起きていない点。

そこには学校や地域全体で交通安全やルール徹底に対する取り組みがある。構内に模擬コースを設け、独自の検定を設けているのも珍しいと思った。




自転車のルールを守らない人は未だに後を絶たない。こういった小学生からの教育&実践はとても大事だと感じた。

2012年04月21日

イオン(ジャスコ)の自転車 激安ロードバイクとメリダ

春(雪解け季節)になると、自転車が店頭にならびだす北海道。最近はイオンあたりが自転車に力を入れているようなので、ちょっとポタリングついでに見に行ってみた。

ジャスコには自転車販売専用のスペースがあって、ママチャリやシティサイクル以外にも売っていたのでご紹介。

まずは、こういうコーナーによくあるルック車。フルサスで2万円。いかにも重たそうだ。


で、となりに目を向けるとなんと「MERIDA」の文字が。そう、メリダのクロスバイクがおいてあるのだ。これには少し驚いた。値段は4万後半なので、入門モデルのクロスバイクだと思う。


もう一つ。ドロップハンドルの自転車。一瞬高そうに見えたが、値段は5万円もしない。

切り替えが2×8の16段変速だったが、ここら変が激安の秘密だろうか。まぁ買い替え前提とか、本格的なものは...とか、飽きるかもしれない...など、安くても良い人にとっては良いんじゃないだろうか。

ちなみにシングルスピードのピストタイプは3万円台だった。

土曜日ということもあり、子供連れの親子が多く店内は賑わっていた。自転車を買ったらきちんと交通ルールを教えて欲しいと思う。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド