2012年01月31日

東京駅周辺で「放置自転車」が問題に 2010年度の都の調査ではワースト3位にランクイン

参照元はこちら

東京駅では現在、周辺の土地が埋まっていてかつ地価が高いため駐輪場がなく周辺に駐輪自転車で溢れかえっている。近年の自転車通勤ブームも後押しその状態は深刻なようだ。

自転車道の整備やルール徹底と同じく、自転車の駐輪場も確保していく必要があると思う。いくら道を作って、いくらルールを徹底しても降りて停めておく所がなくては自転車を使う理由がないと思う。
-----------------------------------------------------------------
「日本の表玄関」ともいわれる東京駅で今、自転車での通勤客の数が増えている。しかし、この東京駅周辺で問題となっているのが「放置自転車」で、1日に900台が集まるという。
「警告」として、看板には「自転車を駐輪することは禁止されています」と書かれているが、それにもかかわらず、看板の目の前に堂々と駐輪されていた。
歩道上に、ずらりと並ぶ自転車。
各地で問題となっている放置自転車だが、最近、特に放置自転車の問題が顕著に表れているのが、「東京駅」。
駅周辺の人は、「中央区が整理しても、放置する人が多いですね。かごのところに、ごみが捨てられたりして、あまり見栄えが良くないような状態だなとは思いますけれども」と話した。
東京駅周辺に駐輪した人は「もう止めません。すみません」と話し、自転車のかごの中に入っていたごみを、路上に捨てて行ってしまった。
東海道新幹線、東北新幹線などの起点であり、在来線も多く通る全国有数のターミナル、東京駅。
過去10年の統計では、放置自転車の多い駅ワースト10に入ったことは、一度もなかった。
ところが、2010年度の都の調査で、東京駅が900台近い数字となり、いきなりワースト3位にランクインした。
いったい、どのような事情があるのか。
止めてある自転車の種類は、いわゆる「スポーツタイプ」のものが少なくない。
放置自転車の中には、持ち主が中央区京橋のものもあった。
東京駅周辺に駐輪した人は「(どちらから、この自転車って?)すみません。(止めちゃいけないこと、ご存じでした?)すみません」と話し、「何で止めてしまう?」との問いには答えなかった。
東京駅の丸の内側を抱える千代田区の担当者は「湾岸地区で、ファミリー層を中心としたマンション建設などが多く挙げられますので、中央区、江東区の住民が、千代田区以外は見られるというところで、やはり、そちらの方も(東京駅に)いらっしゃってるのではないかなと思っています」と話した。
ここ数年、中央区などの臨海部でマンションの建設が進んだことから、自転車で東京駅まで向かい、そこから電車を利用する人が増えたと推測される。
そして、多くの人から「駐輪場が足りない」という声が上がった。
東京駅周辺に駐輪しようとした人は「だめなの? どうするの、じゃあ?(どこか止めていい場所に行かないと?)えっ! 止めていい場所って、どこですか?」と話した。
東京駅周辺に駐輪した人は、「止めるところがあれば、ちゃんとそこに止めますけど、止めるところもないですしね...」、「駐輪場もないですし」などと話した。
これに対し、千代田区の担当者は「(東京駅周辺は)土地が高いですし、実は、皆さんお使いになっているんです。鉄道事業者さんは、空き地がない。高架下も全部、今、テナントさんで利用なさっているんですね。(駐輪場の)用地がないという状況です」と話した。
東京駅は、ほかの駅と比べ、周辺の地価が高く、新たに駐輪場をつくるスペースも限られている。
東京都や各区が対策を進めた結果、放置自転車のランキングは様変わりした。
2000年度のワースト3は、1位が亀戸駅、2位が池袋駅、3位が巣鴨駅で、どれも3,000台を超えていた。
一方、2010年度のワースト1位は、赤羽駅の922台、2位は蒲田駅、そして東京駅は、対策の遅れが災いし、相対的にワースト3位という結果となった。
千代田区では2011年、134台分の駐輪場を整備したが、全面的な解決には至っていない。
東日本大震災を機に、自転車を利用するケースが増えているとされる中、しばらくは、利用者のモラルに頼る状況が続くとみられる。
-----------------------------------------------------------------

ちなみに記事中に「スポーツタイプ」とあるが映像を見るかぎり3台中2台は少なくともスポーツタイプもどきで、ホームセンターやネットで激安の自転車だろうと思われる。5万円以上する自転車を歩道に停めて長時間離れるのは考えづらいし、1万〜2万円なら取られてもあまり後悔しないと感じる。

2012年01月29日

御堂筋でお願いしたら…自転車降りた人6%だけ

大阪の御堂筋では、自転車事故対策としてマナーに訴える実験を行った。が、指示に従ってくれたのは100人あたり6人だったというものである。

参照元はこちら
------------------------------------------------------------------------------
大阪市が昨秋、メーンストリート・御堂筋(国道25号)で歩行者との接触事故を防ごうと、自転車利用者に歩道を押して歩くよう呼びかけた社会実験で、自転車を降りた人は100人あたり6人にとどまったことがわかった。

 自転車専用レーン設置の是非を巡って歩行者と自転車の共存を試みたものの、マナー頼みの限界を露呈した格好だ。

 自転車による歩行者との接触事故は年々増え、大阪府内では2010年には233件と10年前の5倍近くに上った。

 これを背景に、御堂筋では車道の側道部分について自転車専用レーン化を求める声が地元で出ている。しかし、渋滞が多発する恐れがあり、市は自転車のマナー向上で問題解決が可能かを探るために社会実験を実施。昨年9月下旬から約1か月間、淀屋橋―難波西口間(3キロ)で職員らが啓発ビラ10万枚を配り、自転車で走行中の人たちに押し歩きを求めた。

 その結果、要請に応じたのは1649人中106人(6・4%)だけ。職員の前では降りても離れると再び乗る姿も目立ったという。
------------------------------------------------------------------------------

そもそも自転車に乗る理由を考えれば結果はわかっていたはず。自転車に乗る理由は歩くよりも早く移動すする為である。歩いて押していたら、自転車に乗る理由がなくなる。

かと言って歩道上の対歩行者事故に目をつぶることはできない。

歩行者を守り、自転車を活かす道路づくりは独立した自転車専用道しかないだろう。

2012年01月28日

ニュースの深層「自転車の規制強化 その狙いは」

今回も動画紹介。ゲストに自転車活用推進研究会の小林さんを迎えている。

小林さんがいいコメントしているのに、女性司会者がツッコんで話がそれてしまうのだが、車中心の考えがある人の意見が聞けるので、見る価値はあると思う。

2012年01月27日

右側通行する危険な自転車

Youtubeにあった自転車の逆走事例。

ある程度、どのような条件でどんなふうに危険なのか知っていると事故予防に役立つので参考にして欲しいと思う。

動画はカーブで見通しの悪い道路。さらにバスのせいで自転車の存在が発見しづらい。



こちらの自己防衛としては、逆走自転車の存在を予測し徐行で進むしか無いだろう。

2012年01月26日

ヒキタ氏プロデュース 自転車ツーキニスト号

ヒキタさんのメルマガに載っていたのでご紹介。詳細はこちら

外観はこんな感じ。どこか懐かしい感じのする自転車だ。



主な特徴としては

クロモリ鋼で車重は12kg
シマノ製内装11段
(→11段もあれば坂も高速巡航も対応できるし、内装だからほぼメンテンスフリー)
26インチタイヤ
センタースタンド
泥よけ
ハブダイナモ式ライト
後輪キャリア(ビジネスバックを想定)
セミドロップハンドル
革サドル
ディスクブレーキ

となっている。

大震災以降、自転車通勤が増え通勤用自転車はニーズがあると思う。ヒキタさん自身もメルマガ内で言っていたが、キチンと市場を調査して販売すれば売れるんじゃないだろうか。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
2018年07月(1)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
2011年06月(7)
2011年05月(9)
2011年04月(8)
2011年03月(14)
2011年02月(12)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
タグクラウド