2021年07月16日

令和3年(2021年)・夏の交通安全運動が実施中

パトカーが街中に急増...その正体は?

街中に出るとやけにパトカーが多いなぁと思ったら交通安全運動のシーズンに突入していた。というわけで調べると2021年の夏の交通安全運動は7月13日からスタートしていた。

2021_summer_poster_01.jpg

2021年・夏の交通安全運動の重点項目とその傾向

2021年の夏の交通安全運動の重点項目は...

・飲酒運転の根絶
・バイク・自転車の交通事故防止
・スピードダウンと全席シートベルト着用
・子供と高齢者の交通事故防止

となっている。例年と同じような内容で自転車が入るのは変わらないが今回注目したいのは「バイク」という部分。夏季の北海道は全国のライダーに人気の地域柄だったり、冬に乗れない分今のシーズンが一番多いというのものあるけど、実はコロナ下で近年、自転車と同じようにバイクに乗る人が増えているという。バイクは密にならない移動手段で、通勤以外にも休日はツーリングなど気分転換に使えるため需要が増えているそうだ。

image-02.j.jpg
出典元:HONDA スーパーカブ系も原付二種AT限定免許で乗れるためアウトドア人気も相まって大人気となっている


また、普通免許を持っていれば小型自動二輪車の免許取得が最短2日に改正されるなど、取得しやすい環境になっている。小型自動二輪は原付きのように時速30km制限や2段階右折の縛りが無いためかなり人気が出てきている(ビッグスクーターやスーパーカブなど)。

さらに若い頃に大型バイクを乗っていた年配ライダーが、お金と時間に余裕が出てきて再度大型バイクに乗るものの、体力や判断力、反射神経など運動能力の低下が大型バイクの操縦に見合っておらず、特に仲間とのツーリング等で速いペースにあわせようとするとその限界を超えてしまい事故に至るケースも今年は多発している。

それゆえにこの夏にかけてはバイクに関連する事故が増えることが予想され、今回の夏の交通安全運動の重点項目に入ったものと推測する。

バイク・自転車の重点項目の内容は...

すこし脱線してしまったが、北海道警察の特設ページから以下に重点項目の「バイク・自転車」に関する事故防止の内容を引用する。

バイク ・自転車 の交通事故防止

運転者の皆さんは
 交差点では、バイクを見落とす危険があります。バイクの有無や動きをしっかりと確認しましょう。
 また、交差点等における一時停止、安全確認を徹底し、自転車との事故を防止するとともに、自転車を追い越すときは、安全な間隔を確保しましょう。

バイクを利用する皆さんは
 ツーリング等では、余裕のある安全な計画のもとに、メンバー同士で事故防止について、事前に話し合いましょう。
 また、無理な追い越し・スピードの出し過ぎに注意し、適度な休憩を取りましょう。

自転車を利用する皆さんは
 自転車も車両として交通ルールを守らなければならないことをよく認識しましょう。
 車道通行が原則(左側端)、歩道通行は例外(歩行者優先)を徹底しましょう。
 乗車用ヘルメットの着用、自転車損害賠償保険等への加入、夕暮れ時は早めのライト点灯に努めましょう。
 イヤホン使用など安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での運転、傘差し、「ながらスマホ」の片手運転など危険な行為はやめましょう。

家庭では
 自転車の点検・整備に努め、自転車に乗車するときは、乗車用ヘルメットを着用するとともに、自転車損害賠償保険等に加入しましょう。

学校では
 「自転車安全利用五則」や「北海道自転車条例」の周知を図るとともに、イヤホン使用など安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での運転、傘差し、「ながらスマホ」の片手運転などの危険性についての指導を徹底しましょう。

地域・町内では
 街頭啓発や町内会の会合、回覧板など、あらゆる機会を通じて、バイク ・自転車の交通事故防止について呼びかけましょう。
 また、交通安全講習等に積極的に参加するなど、反射材用品やLEDライト等の普及と着用の促進、自転車の交通ルールの遵守とマナーの向上に努め、お互いに自転車の安全利用を呼びかけましょう。


個人的に着目したいのは車道を走る自転車を追い越す自動車について。自転車はその特性上ふらつきやすく、また、追い越される際にすぐそばでスレスレになるとかなりの恐怖感を感じる(特に背の高いミニバン系や大型車)。なので車のドライバーは少なくとも自転車1台分以上の間隔を空けて追い越すようにしてほしい。




さいごに

2021年の夏の交通安全運動は7月13日から7月22日まで。コロナ下で自家用車の利用も普段より増える中、十分に注意頂きたい。

2021年04月07日

2021年・春の交通安全運動が実施中

毎年春になるとスタートする春の交通安全運動。2021年は4月6日から既にスタートしている。

2021_spring_leaf_front-back_01.jpg

春先は新入学の時期と重なり登下校時に小学生等の小さい子供関連の事故が起きやすい。また、北海道では自転車に乗れるようになる季節でもあるため冬期間いなかった自転車が街中にでてきて、これに慣れていない自動車との特に交差点での事故が発生しやすい。

2021_spring_leaf_front-back_02.jpg

そのため2021年春の重点としては

・子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

・自転車の安全利用の推進

・歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

・飲酒運転の根絶

・スピードダウンと全席シートベルト着用


の5つが挙げられている。このうち「自転車の安全利用の推進」に関しては

----------------------------------------------------------------------------

(1)自転車の交通ルール・マナーの周知徹底

  1. 「自転車安全利用五則」を活用した自転車の通行ルール(原則として車道通行、いわ ゆる「逆走」の禁止等)、前照灯の点灯、信号遵守と交差点での一時停止・安全確認等の 交通ルール・マナーの周知徹底
  2. 二人乗り、並進,飲酒運転の禁止の徹底と、傘差し、スマートフォン等使用、イヤホ ン使用等の危険性の周知徹底
  3. 自転車通行空間が整備された箇所における通行ルールの周知徹底


(2)自転車利用者自身の安全確保

  1. 幼児・児童のヘルメット着用の徹底と、全ての年齢層の自転車利用者に対するヘルメ ットの着用の推奨
  2. 幼児を幼児用座席に乗車させる際のシートベルト着用と、幼児二人同乗用自転車につ いて、転倒防止のための利用方法に関する具体的な危険性の周知等、安全利用の促進
  3. 自転車の安全を確保するための定期的な点検整備の促進


(3)自転車保険等の加入の促進

  1. 自転車事故被害者の救済に資するための損害賠償責任保険等への加入の促進


----------------------------------------------------------------------------

となっている。目新しいのはヘルメットに関する記述。幼児・児童に関しては道路交通法第63条の10に小学生以下に付けさせることが着用努力義務(平成20年6月より施工)となっているが、今回の安全運動でもこれが対象になっている。また一般利用者にも推奨させるとなっている。ちなみに少し前に施工された北海道自転車条例では一般利用者もヘルメットを着用しましょうとなっているのでこれに準じているのかも。

あとは「自転車通行空間が整備された箇所における通行ルールの周知徹底」も目新しい。これはいわゆる自転車レーンのことで特に札幌では法的拘束力のない自転車矢羽マークが先行して整備されているがここの走り方を知らずに逆走してしまう人もいるのでこういった対策が盛り込まれていると思われれる。

毎回交通安全運動で自転車が重点対策に入るのは通例となっているが、春先では特に上述の小学生などを念頭に安全に気をつけたい。特にドライバー側は見通しの悪い交差点では十分減速したり一時停止するなどして死角からの小学生の飛び出しや急な方向転換など危険予測をいつも以上に行って事故のないように心がけてほしい。

また、自転車に乗る側は自転車のルールを守ることはもちろんだが、自己防衛という意味で自動車に乗る時と同じように危険予測や自己防衛をするとより安全に自転車に乗ることができる。特に信号のない交差点で、街中のビルや建物で死角が発生している場合自動車側が一時停止できちんと止まらず歩道の先まで飛び出してくる場合がある。自転車側が歩道を走行中でタイミングが悪いとこれに出合い頭で接触する危険性があるため、こういった見通しの悪い一時停止の交差点と歩道が交差する場合は自転車側が交差点の度にスピードをゆるめて飛び出してくる自動車に注意する必要がある。また信号と横断歩道がある交差点でも右左折してくる自動車が自転車に気づかず止まらない場合がある。横断歩道の信号が青だからといって安全とは限らないので十分注意されたい。

2021年の春の交通安全運動は4月6日から4月15日まで実施予定だ。実施要項はこちらから(PDF形式)。

2021年02月21日

2020年の自転車違反数は過去最多・コロナの影響だけと実際はもっと多いハズ

NHKやYahooニュース、読売に毎日新聞など各報道期間で昨年の自転車違反の摘発に関するニュースが報じられていた。これらによると自転車違反の摘発件数は過去最多の2万5000件で、件数の記録が残る2006年以降過去最多となったようだ。

その大きな要因としてはコロナウィルスの影響で通勤や移動などに自転車を使う人が増加。これに伴って取締を強化した影響が大きいとのこと。

ihanjpg.jpg
NHK NEWS WEBより

違反の内訳の第1位は信号無視が1万4344件。これが全体の56.3%を占め、続いて第2位が遮断踏切への立ち入りが6005件。3位が一時不停止が1804件。スマホなどを操作してながら運転を摘発した遵守事項違反が972件。その他に自転車が対歩行者に対する死亡または重傷の件数は昨年比13人減少で306人とのこと。

もうひとつ、仕事中の自転車が絡んだ事故は前年比45件(3.6%)増加の1281件。このうち自転車側の違反が64.2%とのこと。この仕事中に関連する自転車事故増加はフードデリバリー需要の増加が原因で、昨年ニュースでも違反が多数報じられていたことからも納得の内容。

ただ、違反件数に関しては少し疑問点が残る。この数字は警察が実際に取り締まった件数であって、発生した件数ではないということ。特に一時停止で止まらない「一時不停止」は街中でしょっちゅうみかける日常茶飯事な違反だと思うのにその件数は信号無視の約10分の1程度。逆にちゃんと止まる自転車の方が少ないと思えるぐらいだからこの数は圧倒的に少ない。よって実際の違反数はこの数字以上だと思う。

ihanjpg2.jpg
※画像はイメージ HTBニュースより


特に第1位で信号無視の件数が極端に多いのは通勤・通学時間などに警察が交差点に立って信号無視を狙い撃ちに重点的に取り締まったからであって、逆に一時不停止はほとんど取り締まっていないと思われる。警察の重点取締対象になってない一時不停止だが、信号無視同様に守らないと自殺行為あるいは歩行者に対しては殺人行為に等しいので本来であれば信号無視と同等に取り締まるべきと考える。特に細い道で両脇に塀や木々などがあり見通しの悪い交差点であれば一時停止は必須のはずでそこを飛び出せば対面の道路を走る車に出合い頭で惹かれたり、歩行者を跳ねたりと危ないのは容易に想像がつく。自転車に乗る人でそういった安全に対する考えが少ない(交通ルールをきちんと理解していない)人が未だに多いというのがコロナ影響で自転車違反が増えたことにより再び浮き彫りになった。

2020年11月22日

コロナで自転車の利用増、違反や事故が増加

2020年はコロナの影響で通勤や運動などに自転車を使う人が増え、これに伴う事故が全国的に増加した。管理人の北海道でも例外でなく、少し前のニュースだが一番人口が多くかつ自転車利用者も多い札幌での事例が放送された。



これによれば2020年の7月時点で自転車がからむ事故が439人。死亡事故は7人で前年同期よりも5人多くなっている。ちなみに2019年全体での自転車がからむ事故は1446件、うち死亡事故は10人だった。死亡事故にいたっては2020年の7月時点で既に昨年の10人に届きそうな勢いなので自転車事故が増加していることがわかる。

自転車の基本的な交通ルールは(※一部ややこしいのを除いて)シンプルでわかりやすいはずなのに守らない人が以外と多い。これが自転車利用者の増加に伴って如実に事故という結果として現れている感じがする。自転車はガソリン代や交通費がかからず手軽で便利な乗り物だが車と接触すれば自転車側が大きなダメージを。また人にぶつかれば死亡させてしまう場合があるので「事故を起こさないために守る」という意識付けが重要かと思う。もちろんそのためにはインフラ整備も大事なのだが今回のコロナ渦で政府は自転車通勤を推奨するも大々的なインフラ整備はないようで...このままでは自転車だけ増えて事故が増え続けるという悪循環に陥ってしまうかも。

2020年03月22日

2020年 春の交通安全運動は4月6日から

毎年の春と秋に(北海道は夏と冬にも)全国的に行われている交通安全運動。2020年の春は4月6日から10日間行われる。

poster_tate_01.jpg

春先は新学期や新生活が重なる時期で特に4月以降は小学生の歩行中の交通事故が増加する傾向にある。また今年は雪解けが早いため北海道ではいつもより自転車利用者が増えだすのもはやいと推測する(実際、この記事を書いている3月22日時点で歩道の雪がほとんど溶けて既に自転車利用者が増えている)。そのため自転車対自動車、自転車対歩行者の事故も例年より増えそうである。特に北海道においては期別運動方針としても

「新入学(新学期)を迎える子供や活動期に入る自転車利用者の事故防止を図るための活動等を推進する。」

と北海道交通安全協会のHPにも記されており、春季の個別方針となっている。

chirashi (1)_01.jpg

2020年春の交通安全運動の重点は「高齢者運転」、「子供を含めた歩行者の安全確保」、「自転車」の3つ毎回交通安全運動では自転車が入るため個人的に物珍しくないが自転車に関しては自転車利用5則の徹底が主なものとなる。

ひとつ気になった点があってそれは「横断歩行者等妨害等違反」の取り締まりが全国的に増加していること。いわゆる信号機のない横断歩道が付いた交差点で歩行者が渡ろうとしているときに徐行や一時停止をしない違反のこと。



動画を見てもらうとわかりやすいがこれの検挙数が増加傾向だ。

f2002_03.gif

これ以外にも気になったので調べてみたが、神奈川県警のHPによれば「信号ない交差点でかつ横断歩道のない交差点を歩行者が横断しているときに通行を妨げる行為」も横断歩行妨害になる。これは神奈川県警の重点取り締まりだが交通安全運動中は警察官が事故が多そうな交差点で立って、歩行者に対するドライバーの違反を取り締まらないとも限らない。特に車通勤が主体で歩行者や自転車に対する安全意識が薄い地方都市では十分注意されたい。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】【簡易レビュー】街乗り用にジャイアントのマウンテンバイク、「タロン3 2020」を購入
001.jpg
【2位】ドン・キホーテのファットバイク
002.jpg
【3位】ホームセンターの自転車 2020年度版
003.jpg
【4位】ミシュラン ダイナミックスポーツの耐久性(寿命)
003.jpg
【5位】2020年のドン・キホーテ ファットバイク
003.jpg
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
2021年07月(8)
2021年06月(3)
2021年05月(6)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
タグクラウド
記事ランキング