2012年06月24日

安全な自転車の追い越し方

普段は自転車の記事ばかり書いているけど、今回は自動車で自転車を追い越すときに注意すべきことを書いておこうと思う。

自動車のドライバーの中には、普段自転車に乗らない人も多いと思う。そういう人は特に注意してほしい点を述べようと思う。

まず教習所で習った自転車の追い越し方法は、自転車との間隔を1.5m以上あけることになっている(法的な決まりはないが、余裕を持って追い越したほうが自転車も安心するし急に自転車がふらついて右によってきても対処可能な間隔だ)。1.5mといってもピンと来ないかもしれないので、具体的には自転車1台分以上が1.5mに相当する。

よく自転車スレスレで追い越す車がいるがコレは非常に危ない。自転車はその特性上ふらつく危険性があり、追い越す瞬間に急に右によるかもしれないし、道路の障害物(石や水たまり、ガラスの破片)をかわそうとするかもしれない。何よりミラーが基本的にはないので後方から車が来ていることに気づきにくい(特に低速走行中のハイブリッド車等)から、接近されたらビックリするかも知れない。

ゆえに1.5m以上あけるというのは、大げさでな値でなくきちんとした間隔だと思う。


※危険な追い越しの事例。0:29付近のトラックがスレスレで追い越す


※狭い道路で先を急ごうとする事例


また、ドライバーの中には自転車=ママチャリと思っている人も居るだろう。だから車道上の自転車も遅いと思っている。しかしながら実際は違っていろんな自転車が居る。次に、車道上を走る自転車の特徴を列挙しよう

---------------------------------------------------------
・ママチャリに乗ったお年寄り
→基本的にはゆっくり。時速にすると9km前後で早歩きプラスα程度であることが多い。が、車道上の交通ルールを理解していない人が多く、自由気ままに走る。赤信号を躊躇なく進行する人も見た。

・学生
→時速は15km〜20km前後。お年寄りに比べるとはやい。だが、こちらも交通ルールを理解していない人が多く、逆走や一時停止無視は基本。

・ローディ
→ヘルメットに派手な服装で、いかにもはやそう。時速は30km前後で原付とあまり変わらない。スピードははやいが、ルールを守る人は比較的多い(全員ではないが)。

・クロスバイク
→普段着で、スポーツタイプに乗っていればクロスバイクと判断できる。スピードはロードバイクに及ばないが、20km前半から30km付近。ヘルメットをしている場合もある。ルールを守るか違反しているかは半々ぐらい。クロスバイクは比較的スピードが出る車種なので、にわかサイクリストだと、きちんとルールを理解していないかも
---------------------------------------------------------

このように、自転車といっても種類や乗っている人によって様々である。自動車のドライバーはこれら色々な自転車に対して安全な追い越しを行わなれけばならない。

基本的には自転車は自動車に対して交通弱者にあたる。自動車は保護する立場にあるのでくれぐれも無理な追い越しは避けるべき。道幅が狭い道路なら、追い越さないのもひとつの方法だと思う。

道幅が狭い道路こそ危険も多く、例えば子供が急に飛び出してくるかもしれない。もし無理な追い越しを行えば、追い越した先で飛び出した子供を跳ねる危険性がある。

2012年04月07日

サンバー WRブルー

今日はとても珍しい車を見かけた。

サンバーといえばスバルの軽トラ・軽ワゴンのことで、、少し前に惜しまれつつも生産を終了したことが記憶に新しい。そんなサンバーには最後を飾るべく、特別仕様車が存在していた。



それがこの2台で、地味な外観に鮮やかなブルーが特徴の車。これが農道で走ろうもんなら目立たないはずはない1台である。

ちなみに、軽トラ・軽ワゴンのそれぞれ500台限定生産だっただが、予約開始から即日で売れきれた。それだけ愛好家がいたということかな。

4月からはサンバーもダイハツ・ハイゼットのOEMとなり、スバルの軽自動車はすべてOEMに切り替わった。もうスバル製の新しい軽自動車に出会えないのは少し寂しい...

2012年03月03日

ガソリン価格 再び高騰中

ここ最近、ガソリン価格が値上がりしている。

この大きな要因は石油輸出国のイラン核問題。兵器転用の疑念が消えないウラン濃縮活動を続けるイランに対し、国際社会は制裁を通じた圧力を強めている。

これに対抗し、イランは19日に英国とフランス石油会社を通じた原油の輸出を停止したと発表した。

さらに中国などの石油需要増も長期的に原油価格を押し上げてきている。

実際のところ原油価格は2008年以来の高値水準になっている。2008年といえば1L、190円代とガソリン価格が高騰した時期。この時と同じぐらいに近づいているというわけだ。

イラン情勢がこのまま悪い方向に進めば、再び190円代がやってくる。そうなるとガソリンを使った自動車以外の移動方法を検討する人が増えるだろう。そのひとつとして自転車を使う人が増えると思う。

それにしても、ほぼ輸入ガソリンに依存する日本は非常に不安定だ。日本では"藻でガソリンを作る"研究(オーランチオキトリウム)が進行中だ。これが実用段階に入れば、石油で苦しめれれるどころか、石油輸出国として雇用の創出まで見込める。はやく実用化しないものだろうか...

2012年02月18日

軽自動車 4ドアハードトップセダン

自転車ネタが枯渇してきたので、自転車と同じぐらい好きな自動車ネタを。

今回は軽自動車市場の中でも珍しく、おそらく最初で最後の"4ドアセダン"であろうダイハツ・オプティを紹介しようと思う。


※画像はGoo中古車より拝借

軽自動車の売れ筋は、少し前に大ヒットしたトールワゴンのワゴンRやムーブから今はタントやパレット、ホンダのNボックスといったハイトワゴン型に人気があるが。このオプティはトールワゴンが流行りだした1998年にダイハツが投入した軽自動車。

悲しくも、トールワゴンの販売に押され、2002年に生産終了となった。



この軽自動車最大の特徴は、そのスタイル。軽自動車でありながらセダンであり独立したトランクルームを持っていた(※当然ながら狭いが...)

そしてスポーツグレードには4気筒ターボ&5MTを設定し、4気筒でMTモデルはその希少性と人気から10年以上たった今でも中古車市場では高値で取引されている。
(※この4気筒はコペンと同じJB型エンジン)


※画像は前記ですが、後期型はテールがユーロテール風になってます

もし軽自動車でMTをお探しなら、おすすめしたい一台。10年以上経つのでメンテで苦労するかもしれないが、がそれを補って楽しい自動車だと思う。

2012年01月19日

ガイアの夜明け 本格決戦!軽自動車ウォーズ〜なぜホンダは"軽"に賭けたのか?〜

普段、ガイアの夜明けをよく見ているのだが、今回は軽自動車特集だった。なぜホンダは気合を入れた新型車を投入してきたのか?そのことがよくわかる内容だった。

番組のバックナンバーはこちら

本州に出張に行った時感じたのは、走っている車の軽率が少ないこと。これは大都市では公共交通機関が発達していて、車が必需品では無いため。その一方で公共交通機関が発達していない地方都市ほど軽自動車率は高くなる。

そしてここ数年の新車販売の割合を見ると普通車は右肩下がり減少しているのに対し、軽自動車は増える一方。今や自動車メーカーは軽自動車をラインナップに入れないと、販売が厳しい時代に入っているといえる。

かつてホンダはN360という大ヒット車を世に送り出したが、ここ近年は他のメーカーに押されて軽自動車の販売は今ひとつだった。開発の中心をハイブリッド等の普通車にしていたことも影響した。

そんなホンダが満を持して世に送り出したが、NBOXというパレットやタントクラスの軽自動車。開発には女性社員の意見を積極的に取り入れ、小物入れやシートの柄等今まで男だらけの技術者では気づかない点にも力を入れて開発された。
番組中びっくりだったのは「自転車でかよう子供の自転車を載せて帰りたい」という要望に答え、後部座席を倒すとシティサイクル(ママチャリ)がすっぽり収まること。これは大したもんだと感心した。

実際のところ12月の新車売れ筋ランキングでは1位なので好スタートと言えると思う。

ちなみに番組とは全然関係ないが、噂によればホンダ・ビートの復活もあるらしい。ただしハイブリッドスポーツで、軽自動車規格ではないかもしれない。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
2020年11月(11)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
タグクラウド