2014年07月19日

団長(安田大サーカス) VS スマートK(軽自動車)

Youtubeで自転車ネタを探していたらこんな動画を発見。

作成元は中古車で有名なGoo。多分Gooブランドのプロモーションだったり、中古車販売拡大を狙ってのYoutubeでの広告的な動画だと思うのだが、内容はテレビのワンコーナーでやっても面白い内容。中身はタイトルに書いたとおり、安田大サーカスの団長と軽自動車が直線でガチバトルを行うのである。

安田大サーカスの団長の自転車は、動画内で100万円と言っていたのでガチガチのロードバイク。メーカーはキャノンデールでモデル名は「SUPERSOX EVO6」というもの。オールカーボンのフレームに電動切り替えのデュラエースを装備している。重量は(モデルが複数あったのでよくわからなかったがおおよそ)8kg台の軽量ロードバイクだ。


一方相手はスマートKという海外製の軽自動車で、スペックは...エンジンが600CC、SOHCICターボで出力が55馬力、トルクが8.2kg、車重が860kgだ。スペック的にはワゴンRのような車重にターボながらエンジンが非力な感じだ。トランスミッションは6AT(2ペダルマニュアル車)となっている。6速のワイドなギア比で非力なエンジンをカバーできそうか。

結果は動画を見て欲しいのだが、実は続きがあってオチもそこにある。次の動画が待ち遠しい。






2014年06月30日

ガソリン価格 高値推移  自転車通勤も増加

イラク情勢の緊迫化を受けて、ガソリン価格の高騰が続いている。それ以前からも消費増税8%で数円上がってそのまま大して下がっていないので、かなり高く感じる。

円安のせいでドル円が100円以上をキープしていることもひとつだが、ここ最近で石油の元売り各社が原油価格の変動に合わせて、ガソリンなどの石油製品の卸価格に反映しやすいような方式に変更している点もある。たとえば「イラクで戦闘激化」とニュースが流れれば、原油の供給懸念から原油価格が上昇し、数日後には2〜3円あがっていることもありえる。

※原油のチャートはここから見れる。大概原油とドル円が一緒に上がれば、ガソリン価格は上がりやすい。

その高値が要因なのだろうか。旭川でも自転車通勤する一般の人(中高生以外)が増えている気がする。その割合は半分がママチャリ&シティサイクルで、もう半分がクロスバイクやロードバイクといった感じだ。

首都圏では電動アシスト自転車の販売が好調のようで、燃費の良い原付きよりもさらに手軽な電動アシスト自転車が選ばれている。

イラク情勢が落ち着くまでは原油が一気に下がりそうにないので、ガソリン価格も高値推移だろうか。仮にドル円が90円台に突入すればドル円の要因で下がりそうだが、日経平均株価がGPIFの買い支えなんかで軟調なかぎりそこまで崩れそうにないので、やはり基本は高値推移と見たほうが良いだろう。

2014年06月28日

サイクルベースあさひ 千歳に進出

数年前に北海道に進出した自転車チェーン店大手の「サイクルベースあさひ」。過去にはカンブリア宮殿でも特集された勢いのある企業だ。

そんなあさひは札幌周辺で北海道上陸を果たしたが、2014年の5月には札幌市近隣のベッドタウン「千歳市」にも店舗をオープンさせた。これであさひの北海道店舗は「江別店、南郷通店、手稲前田店、札幌西町店、新道東店、千歳店」の6店舗体制となった(札幌市内が4店舗、近隣の江別&千歳で2店舗)。

ちなみになぜ札幌周辺しかないのかという点だが、札幌市は北海道の中でもダントツの人口(170万人)を誇り、マーケットが安定しているのがその理由だろう。他の都市、例えば旭川市は35万人程度、函館市は30万人程度だから、単純比較でも4倍以上はマーケットが違う。あさひ以外にも札幌止まりの本州企業は多く、まずは無難な札幌でという感じだろうか。仮に函館を想定しても、函館は河川敷の走れる場所(通称:サイクリングロード)が一つもなく、スポーツとして自転車を楽しむには残念な環境に思える。旭川の場合は河川敷があるが、やはり札幌の人口と比較すると見劣りするだろう。河川敷も多く、人口も多い札幌はあさひにとって魅力的な場所といえよう。

あさひの直接のライバルは、同じように低価格の自転車を売るホーマックなどのホームセンターやイオンバイク。個人的には、ホーマックの自転車と比較するとあさひの方が品質も種類も勝っていた感じ。イオンバイクはジャイアントのOEMであるコーダブルーム等を取り揃えているのでスポーツタイプは互角程度といった感じか。それでもスポーツタイプ+シティサイクルのような自転車(プレシジョントレッキング)は、あさひがよく出来ているのでこちらに軍配がある。

札幌市以外に住む管理人としては、低価格で品質の高いあさひが自分の街にも出来てくれると嬉しいのだが、マーケットの点から見てもそれは難しいのだろうな...

2014年06月22日

ジャイアント エスケープ2015年モデルが大幅軽量化

ジャイアントのエスケープといえば、入門用クロスバイクとして有名な車種だ。そんなエスケープが世に登場したのが2005年だが、今年ではや10年目となる。この10週年を記念して、フレームやパーツが見直された。

ESCAPE_R3_2015.jpg


実はこのエスケープ、年を追うごとに車重が増えていった。デビュー当初の2005年モデルでは380mmのフレームで10.5kgだったのが年々少しずつ増加し直近の2014年モデルでは465mmで11.4kgまで肥大化していた。これがなんと2015年モデルでは大幅シェイプアップし、500mmのフレームで10.2kgとデビュー当初の重量までも上回る軽量化を果たした。

この10.2kgというのは、10万円以下の入門用ロードバイクと同程度の重量で、入門用クロスとしてこの軽さはかなり魅力的だ。

エスケープはスポーツ自転車の入門用的な存在だから、一般のママチャリとの違い(ペダリング時の軽快さや快適性)を体感してもらうためにもこの重量というのは大事だと思う。ママチャリと変わらないのならスポーツ自転車である必要はないし、この自転車の使いかとしては入門用スポーツとしての位置づけで将来的にロードバイクを買ってもらうようなモデルだと思う。

昨今の「弱虫ペダル」による若い、特に女性の自転車ブームがある中、気軽に買えるスポーツ自転車として良い1台だろう。

詳細な紹介はこちらから

2014年05月18日

最近気になった自転車グッズ...自転車用ブレーキランプ

自転車用のフロントのライトは各社からリーリースされており、それ以外にも強力なLEDフラッシュライトを流用したりと、いろんな選択肢があるのだが、リアに使うブレーキランプはあまり一般的でない。よくあるのは光ったり点滅するだけのテールランプで、ブレーキに連動するものは本当に少ないのだ。

それでも昨今の自転車利用者増加の影響だろうか。たまには新製品が出てくる。そこで最近気になった製品を2つ紹介しよう。まずはこれ

nano_b_limp.jpg


名前は「ナノブレーキライト」といい、その名の通り非常に小さい。構造も簡単で古典的なブレーキワイヤーに連動してスイッチが作動し、LEDを点灯させるもの。小さいながらLEDはそこそこ明るい。

本体がとても小さいので重量を気にするロードバイク乗りに人気で、対応ブレーキはキャリパーブレーキ、Vブレーキ、カンチブレーキとなっている。ただ、点灯時間が50時間でかつ使用電池がCR1025というちょっと入手しづらい電池なのがネックだろうか。

お値段は1000前後と購入しやすく、Amazonでも注文可能だ。






もうひとつはモーションセンサーを利用したブレーキランプ。

brillant.jpg


携帯電話に使われているモーションセンサーが、ブレーキング時のGの挙動を感知してブレーキランプを点灯させる。上のようなものと違ってテールランプと同じように気軽にセッティングできだろう。ただ、お値段は5000円とかなり高め。こちらの方があまり扱っている店が少なく、専門ショップをうたうこちらが安心だろうか。

というわけで、少ないながら確実に製品が出てきているブレーキランプ。あとは国内王手のキャットアイが出してくれれば、もうちょっと市場が活性化するんだけどなぁ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
タグクラウド