2020年06月21日

ジャイアントのエアロロードバイク(アルミ製)・「プロペルSLR2 2016」の中古を購入

ここ数年、「エアロロードバイク」というジャンルのロードバイクが各メーカーから登場している。一昔前は存在しなかったロードバイクの種類なのだが、エアロロードバイクはその名前の通り空力性能に特化したロードバイクだ。自転車は速度が上がれば上がるほど空気抵抗が大きくなる。ママチャリなんかでゆっくりと走っているうちはほとんど気にならないと思うが、スポーツタイプの自転車で時速20km後半から特に時速30km以上で。走ると空気抵抗というのが否が応でも気になってくる。そこで登場するのがエアロロードバイク。エアロロードバイクはその空気抵抗を減らすべくフレーム形状が空力に特化した形状となっている。具体的には前からの風を後ろにきれいに流すような形をしている。また空気抵抗に強いディープホイールと組み合わせると効果が上昇するという特に平坦に特化したロードバイクなのである。で、管理人はこのエアロロードバイクという存在を去年の夏あたりから知ってどうしても欲しくなってしまい衝動的に購入してしまったというのが今回の記事。昨年は中古で購入したもののシーズンオフのためほとんど乗れなかった。今年は雪解けから結構乗ったのでその感想も含めてご紹介。

KIMG1894.JPG

これがそのエアロロードバイク。管理人はジャイアント好きなので今回もジャイアントのエアロロードバイクから、「プロペル」というのを購入した。モデルは2016年のSLR2で、なんとアルミ製である。アルミフレームといってもジャイアントの中で最高級のALUXX SLRグレードのアルミを採用。定価はこのアルミフレームにフルカーボンフォーク、コンポはすべてシマノ105(5800系)で統一され税抜195000円。これをヤフオクにて中古で7万円ぐらいで購入した。続きを読む...

2020年05月05日

街乗り用にジャイアントのMTB、「タロン3 2020」を購入。

今年の冬にクロスバイクを雪道カスタムして乗ったときから興味をそそられていたMTB。というのもクロスバイクに雪道用のスパイクタイヤやスタッドレスタイヤを装着してもタイヤ幅は40Cぐらいが限界で、ママチャリよりは太いものの、マウンテンバイクに比べると全然細い状態だった。40Cをインチに変換すると1.6インチぐらいになるのだが、特にシュワルベのスパイクタイヤ、ウィンターマラソンは圧雪路面ならまだしもちょっとしたぬかるみや除雪したての不安定な圧雪路面においてグリップしないという危険な状態を経験した。交換しようにもクロスバイクのフレームはそれ以上の太いタイヤのクリアランスに対応しておらず干渉してしまう(物理的にこれ以上太いタイヤは無理)。という点からクロスバイクよりも遥かに太いタイヤを装着可能なマウンテンバイクに興味をそそられていた次第だ。

KIMG1825.JPG

ということでサス付きクロスバイクのGRIDE R3は購入から10年が経過したものの、数年前のメンテナンスによりまだ乗れる状態にあったが思い切ってMTBと入れ替えることにした(GRIDE R3は友人に譲渡)。そして今回購入したのがこの「タロン3」というモデル。続きを読む...

2020年03月11日

2020年のドン・キホーテ ファットバイク

今年は例年にないくらいの積雪の少なさで予想通り4月かあるいは3月末頃には旭川でも自転車に乗れそうな勢い。毎年雪解けが進んで自転車に乗れるような時期になるとホームセンターの折込チラシに自転車の特売品が入るようになり店舗での自転車の販売が盛んになる。ホームセンター以外にもドン・キホーテなどディスカウントストアでも同様でとりわけドン・キホーテでは最近流行りの「ファットバイク」のパチもんもあったりする。このブログでは4年前の2016年にドン・キホーテでファットバイク(※ただしルック車)を確認し、2年後の2018年もファットバイクを確認している。今年はどうなのかと思い売り場の様子を見てきた。

KIMG1778.JPG

自転車売場につくと極太タイヤのファットバイクを発見。モノはキャプテンスタッグ製のもので20×4.0インチの極太タイヤにディスクブレーキ、6段変速、車体重量が15.5kg(※以外と軽い)でお値段59800円となっていた。恐らく名前は「ファットバイク207」というものでメーカーのホームページでもその存在が確認できた。



こちらはメーカーのホームページの写真。フレーム形状やロゴマーク、タイヤ経などから同一品と推定する。

KIMG1777.JPG

このファットバイクは小径タイプのようで小回りやストップ・アンド・ゴーが多い街乗り(特に歩道メイン)が得意そうだ。例の悪路走行禁止シールは確認できなかったが値段的に怪しいので本格的な悪路は控えたほうが良さそう。ただ、ドン・キホーテで6万円近くする自転車は高すぎるような気がする...

KIMG1779.JPG

もうひとつは2018年のときにも見たジープ製のセミファットバイク。お値段は34800円とキャプテンスタッグに比べるとかなり安い。ただしセミファットなのでタイヤの幅が26×3.0インチとマウンテンバイクよりは全然太いがファットバイクに比べると少し細めのタイヤとなっている。その他ディスクブレーキではなくVブレーキで切り替えは6段変速。車体重量は17.2kg。ちなみに車メーカーのジープが作っているのではなく、ジープのブランドを借りた第3者(オオトモ)が作っているので要注意。

というわけでドン・キホーテの自転車コーナーを見てきたが2020年もファットバイクっぽいものは健在だった。近頃はロードバイクブームが去って代わりにMTBブーム(e-BIKE含む)が再来しつつあるようで、ファットバイク人気もしばらく続きそうだ。ドン・キホーテのスポーツ自転車は個人的にはオススメしないのだが自分で修理できる人や割り切れる人であればまぁ大丈夫かなぁという感じがする。初心者は特にきちんとしたお店で買ったほうがいい。

2020年02月05日

普段よく見ている自転車Youtuberを紹介

Youtubeには色んなジャンルの人が居るが、自転車好きはきっと自転車系のYoutuberを見ていることだろう。自転車系のYoutube動画ではサイクリング、レース、自転車パーツ、メンテナンス、ネタ等...と家に居ながらあるいはどこでもスマフォでサイクリング関連動画を味わえるのがその魅力だ。ということで今回は管理人がおすすめの自転車Youtuberを紹介しようと思う。

1.けんたさん



おそらく日本で一番有名な自転車Youtuer。ほどんど説明は不要だと思うが一番Youtube歴が長く自転車Youtuberのジャンルを作ったと言っても過言ではない人物。動画は初心者向けのものから旅、キャンプ、買ってよかったもの系などがあり、とりあえず自転車に興味を持った人は見ておいて損はない感じ。最近はMTBにハマっているようでMTB系動画も結構ある。

2.MIHO氏TV!



自転車界では珍しい女性サイクリスト。宇都宮ブリッツェンの女子自転車競技部「ブリッツェンフェアリー」の元メンバー(副主将)で、フェアリー解散後の2018年4月よりYoutubeをスタート。美形なルックスにトレードマークの金髪で男性中心の自転車界において人気を集め、Youtube活動以外でも地方のサイクルイベントにゲストライダーとして参加したりしている。動画内容もサイクリング(ロングライドとグルメライド)系が多く、パーツレビューなどは少なめ。ヨーロッパなどでの海外遠征(エタップデュツール、コート・ダジュール等)の動画もある。ちなみに昨年参加した第10回美瑛センチュリーライドにゲストライダーとして来た時に本人を見たが、かなりの美人さんでした。

3.荒北仮面



自転車界の仮面Youtuer。仮面以外にも独特の口調(マンドリル、じゃなぁ〜い)で個性が強いYoutuberでハマる人にはハマりやすい。動画内容はサイクリング系がメインで、そのほか交通安全を目的とした危険予測的な動画やパーツレビュー系、メンテナンス系動画がある。

4.B4C



管理人が最近ハマっているYoutuer。Youtubeを初めたのは2018年12月とかなり新しいのだが、関西弁なまりの喋り方やトーク力で面白い動画が多く、これも荒北仮面のようにハマる人にはハマる系。主に街乗りでMTBに乗っている。動画内容はサイクリングのほかキャンプ、自転車いじり(バラ完、パーツ交換、メンテナンス、ママチャリ魔改造)など多岐にわたる。愛称はゴリラ。

5.まんま



自転車大好き少年(今は学生)。Youtube登録は2011年とかなり古く、スズキのミニカーでも有名になった人。登録当初は10代のキッズユーチューバーとして自転車も含めたいろんな動画をアップしていたが、ここ数年は特に「闇商品」という中華製激安商品のレビュー動画が人気を博している。企業案件っぽいものもあるがこのまんまさんのは全然不快感がなく、逆に正直に感想を言っているので高感度が高い。このほかロングライドやネタ系動画がある。

というわけで5つほど挙げてみた。これ以外にもまだ自転車系Youtuberは居るが今回はこのへんで。Youtubeの動画だとブログやホームページと違って動画だと気軽に見やすくかつメンテナンス系に至っては文章&画像よりもわかりやすい部分もあり、結構有用だったりする。

2018年11月19日

通販の低価格ロードバイク 意外といけるかも?

自転車に少し詳しい人なら一度は聞いたことある「ルック車」。言葉的には「それっぽく見える自転車」という意味で、かつてはマウンテンバイクが大流行したときにMTBルック車が登場。最近ではクロスバイクやロードバイク、極太タイヤのファットバイクを元にしたそれぞれのルック車が登場している。

これら自転車は本物に比べて見た目こそそれらしい自転車なのだが、性能の低い(粗悪な)部品や安い素材(金属等)を使うことで極限まで低価格を実現している。とりわけ実店舗ではホームセンターやディスカウントショップ(ドン・キホーテやトライアルなど)で見かけることが多いのだが、ネット通販でも販売されておりロードバイクやクロスバイクルック車であれば大体1万後半から3万円以内の価格帯で売られている。

ただ、最近ではこの激安の流れに変化があったようである程度の値段で見た目もよく、そこそこ走りそうな非ルック車の激安ロードバイクが登場している。値段的には3万円後半から6万円ぐらいでジャイアントやメリダの入門モデルよりも少し安い。これでいて付いているパーツも初心者には過不足ない感じの構成でコストパフォマンスに優れそうなロードバイクなのである。具体的に紹介すると...

@トーテム ロードバイク

windows10.jpg


まずは「トーテム(TOTEM)」という名前のロードバイク。フレームはこの手の激安ロードバイクにありがちな細身のクラシックスタイルとは異なり、最近主流の極太ダウンチューブが用いられ決して3万円のロードバイクには見えない(もちろんボトルケージ用の取り付け台座付き)。コンポーネントは一部でシマノのターニーを採用。3万円以下のルック車ではシフトアップとシフトダウン時にSTIレバーから手を離してレバーをカチカチするタイプが採用されているが、こちらはSTIレバーから手を離さずに変速が可能だ(ただしシフトアップ時はSORAグレードなどの親指シフトとなる)。この点は大きい。このほかリアディレイラーとフロントディレイラーがターニーな程度であとはブレーキやクランクなど他社の安い部品で構成。もちろんクイックリリースも付いてギアはフロント2枚×リア7枚の14段。重量は10.4kgと値段の割に優秀。

windows10.jpg

ちなみに一つ上のコンポーネント、「クラリス」を採用したモデルもありこちらは4万円前後とちょっと値段があがるものの、STIレバーは上位ティアグラや105と同じ2本のレバーで変速するタイプとなる。クランクもクラリスが付いてギア数もリアが8枚となって16段となるので予算があればこちらが良いかも。ただ一つ難点があって両モデルともフレームサイズが1種類しかなく、身長によっては適合しない可能性あり。

youtubeにレビューっぽいものがあったので参考までに(※クラリス仕様)



ATWITTERロードバイク(クロスジャパン)

windows10.jpg

こちらも聞いたことがないメーカーのロードバイク。この記事を書いた2018年11月時点で5万円ぐらいの値段が付いていた。写真を見てもわかるようにこの値段にしてはかなり軽量な9.3kgの重量が魅力的。フレームもさきほどのトーテムよりさらに高級感があり、ワイヤーの処理も内蔵式を採用するなど有名メーカーのエントリーモデルに引けを取らない。ダウンチューブが極太のほかトップチューブは平べったい肉薄形状で、フロントフォークはカーボンを採用するなど実売5万円のロードバイクとしては驚異的な価格。コンポーネントはクラリスがメインでクランクは他社となるものの気にしなければ問題ないだろうか。変速はフロント2枚×リア8枚の16段。さきほどのトーテムと異なりフレームサイズが4種類(460/480/500/520mm)あり、身長の違いにも幅広く対応する。個人的にはかなりコストパフォーマンスが高いと感じた。

という感じに2つほど紹介してみたがただの激安というわけでなく、見た目以外に意外ときちんとしており物によっては有名メーカーのエントリーモデルよりもコストパフォーマンスが良いロードバイクに見えた。例によって多分中国製品だと思われるのだが最近ではただのコピー品や粗悪品でなく、ある程度の技術力でそこそこ大丈夫な製品も増えてきた。自転車に限らずこういった破格の価格でそこそこ使える製品は他社の驚異になりえそうな感じがする。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
2020年10月(3)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
タグクラウド