2018年11月19日

通販の低価格ロードバイク 意外といけるかも?

自転車に少し詳しい人なら一度は聞いたことある「ルック車」。言葉的には「それっぽく見える自転車」という意味で、かつてはマウンテンバイクが大流行したときにMTBルック車が登場。最近ではクロスバイクやロードバイク、極太タイヤのファットバイクを元にしたそれぞれのルック車が登場している。

これら自転車は本物に比べて見た目こそそれらしい自転車なのだが、性能の低い(粗悪な)部品や安い素材(金属等)を使うことで極限まで低価格を実現している。とりわけ実店舗ではホームセンターやディスカウントショップ(ドン・キホーテやトライアルなど)で見かけることが多いのだが、ネット通販でも販売されておりロードバイクやクロスバイクルック車であれば大体1万後半から3万円以内の価格帯で売られている。

ただ、最近ではこの激安の流れに変化があったようである程度の値段で見た目もよく、そこそこ走りそうな非ルック車の激安ロードバイクが登場している。値段的には3万円後半から6万円ぐらいでジャイアントやメリダの入門モデルよりも少し安い。これでいて付いているパーツも初心者には過不足ない感じの構成でコストパフォマンスに優れそうなロードバイクなのである。具体的に紹介すると...

@トーテム ロードバイク

windows10.jpg


まずは「トーテム(TOTEM)」という名前のロードバイク。フレームはこの手の激安ロードバイクにありがちな細身のクラシックスタイルとは異なり、最近主流の極太ダウンチューブが用いられ決して3万円のロードバイクには見えない(もちろんボトルケージ用の取り付け台座付き)。コンポーネントは一部でシマノのターニーを採用。3万円以下のルック車ではシフトアップとシフトダウン時にSTIレバーから手を離してレバーをカチカチするタイプが採用されているが、こちらはSTIレバーから手を離さずに変速が可能だ(ただしシフトアップ時はSORAグレードなどの親指シフトとなる)。この点は大きい。このほかリアディレイラーとフロントディレイラーがターニーな程度であとはブレーキやクランクなど他社の安い部品で構成。もちろんクイックリリースも付いてギアはフロント2枚×リア7枚の14段。重量は10.4kgと値段の割に優秀。

windows10.jpg

ちなみに一つ上のコンポーネント、「クラリス」を採用したモデルもありこちらは4万円前後とちょっと値段があがるものの、STIレバーは上位ティアグラや105と同じ2本のレバーで変速するタイプとなる。クランクもクラリスが付いてギア数もリアが8枚となって16段となるので予算があればこちらが良いかも。ただ一つ難点があって両モデルともフレームサイズが1種類しかなく、身長によっては適合しない可能性あり。

youtubeにレビューっぽいものがあったので参考までに(※クラリス仕様)



ATWITTERロードバイク(クロスジャパン)

windows10.jpg

こちらも聞いたことがないメーカーのロードバイク。この記事を書いた2018年11月時点で5万円ぐらいの値段が付いていた。写真を見てもわかるようにこの値段にしてはかなり軽量な9.3kgの重量が魅力的。フレームもさきほどのトーテムよりさらに高級感があり、ワイヤーの処理も内蔵式を採用するなど有名メーカーのエントリーモデルに引けを取らない。ダウンチューブが極太のほかトップチューブは平べったい肉薄形状で、フロントフォークはカーボンを採用するなど実売5万円のロードバイクとしては驚異的な価格。コンポーネントはクラリスがメインでクランクは他社となるものの気にしなければ問題ないだろうか。変速はフロント2枚×リア8枚の16段。さきほどのトーテムと異なりフレームサイズが4種類(460/480/500/520mm)あり、身長の違いにも幅広く対応する。個人的にはかなりコストパフォーマンスが高いと感じた。

という感じに2つほど紹介してみたがただの激安というわけでなく、見た目以外に意外ときちんとしており物によっては有名メーカーのエントリーモデルよりもコストパフォーマンスが良いロードバイクに見えた。例によって多分中国製品だと思われるのだが最近ではただのコピー品や粗悪品でなく、ある程度の技術力でそこそこ大丈夫な製品も増えてきた。自転車に限らずこういった破格の価格でそこそこ使える製品は他社の驚異になりえそうな感じがする。

2018年05月30日

ドン・キホーテのファットバイク 2018

ホームセンターや量販店などでは激安ママチャリのほか、その時代の流行りを反映させたスポーツルック車が販売されているのだが、ここ数年は極太タイヤのファットバイクルック車が目立つようになってきた。

2年前(2016年)にドン・キホーテに見に行ったときからファットバイクが登場していたのだが、今年はどんな感じなのか気になったので見に行ってみた。

KIMG0963.JPG

というわけで実際においてあったのがこれ。JEEPブランドがついたタイヤの太い自転車。値札には26インチとあったのでMTBの派生のように思えるがネットで調べるとこれがヒット(※前回のときは情報すらなかったが...)。

je-266ft.jpg

名前は「JE-266FT」というものらしく、シマノのレボシフト(グリップシフト)でリア6枚のフロント1枚の6段変速、重量は17kg。タイヤは26インチながらかなり太めの「26×3.0インチ」採用でセミファットバイク仕様となってる。定価は税抜き35000円でドン・キホーテでは税込み38500円ぐらいで売れれていた。

KIMG0964.JPG

もう一つはハマー。こちらもネットで調べると「HUMMER TANK3.0」というものらしく、仕様も似ていて26×3.0インチタイヤに6段切り替えとなっていた。ともにルック車の分類に入るが街乗りオンリーなら特に問題は無いだろう(林道ダウンヒルなどの悪路走行は要注意)。この手のやつは車重が重くて部品の精度も一番安いやつを使うからちゃんとした物に比べると劣る部分が多く、ブランドロゴだけな自転車の場合が多いのだが、JEEPのセミファットバイクに至っては塗装が少しかわっていて、この部分は評価したいなぁと思う1台だった。ただ、実際に買う際はルック車であることや街乗りオンリーである点に十分注意されたい。

ちなみにこの2台。メーカーはJEEPがGSジャパンという会社。ハマーのやつはオオトモという会社のものなのだが、GSジャパンはオオトモの傘下なのでほぼ似たようなとこらしい。他にもオオトモはGICブランドでハマーやシボレー、フェラーリ、ルノー、アルファロメオ、FIFAっと、ローバーなどを。GSジャパンではJEEPのほかフォルクスワーゲンを扱っているようで、海外自動車メーカーのブランドがついた自転車はほぼオオトモみたいだ。この説明に関してはここが詳しいが、ネット通販(アマゾン、楽天、ヤフー)や量販店(ドンキホーテ)が主要販売網で自転車屋ではまずみかけないらしい。特にネット通販で買った場合、整備や修理を自転車屋さんに持ち込むといい顔されないケースがあるので基本はDIYになる場合が多いことを付け加えておく。ただ、最近はブログや自転車サイト、Youtubeなんかで修理方法やアップグレード情報などが簡単に手に入ることと、パソコンなどと違って精密機器ではないので、やる気さえあればある程度は自分で修理&改造は可能だ。ただ、個人的にこれを買うかと聞かれると微妙なとこで、自動車ブランドに惑わされないでもっと良いやつを買うか、あまり走ってない有名自転車ブランドの中古を買うかにしたいけど...

2018年03月25日

北海道で自転車条例が制定 施工は4月1日から

少し前に記事としても取り上げた「北海道の自転車条例」が2018年3月20日に設定された。

jtensya_jyourei.jpg

施工は翌月の4月1日からとなる。都道府県レベルの条例としては有名なところで兵庫県や大阪府の「自転車保険義務化」があるが、北海道の自転車条例では自転車保険に関しては少し弱めで以下の通りになっている

---------------------------------------------------
第3章 自転車損害賠償保険等の加入促進等

1 自 転 車 損 害 賠 償 保険等の加入促進

@ 自転車利用者は、自転車損害賠償保険等への加入に努める。
A 自転車小売業者は、自転車損害賠償保険等に関する啓発等を行うよう努める。
B 自転車貸付業者その他事業者は、事業活動に係る自転車損害賠償保険等に加入しなければならない。【義務】
---------------------------------------------------

義務が自転車貸付業者、すなわちレンタルサイクル事業者にあるのに対し、個人や自転車小売に対しては努めるや啓発活動にとどめられている。他に気になった点は冬に関する記述。

---------------------------------------------------
第1章 総則

5 自 転 車 利 用 者の 責 務

C 自転車利用者は、冬期においては、その道路状況を考慮して、自転車に適正な器材を装着し、又は自転車の利用を取りやめるよう努めるものとする。
---------------------------------------------------

上記のように積雪がある際は適切な機材、これはスパイクタイヤやファットバイクの極太タイヤのことだと思うが、夏タイヤで走らないようにあるいは困難な場合は利用しないようにということだろうか。また、自動車の利用者に対する記述もあり、

---------------------------------------------------
6 自 動 車 等 運 転 者の 責 務

@自動車等の運転者は、自転車が車両であることを認識し、自転車及び自動車等が共に道路を安全に通行することができるように配慮しなければならない。
A自動車等の運転者は、自転車の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行するよう努めなければならない。
---------------------------------------------------

と、このように車道を走る自転車に対して配慮ある運転をするようにとのこと。もう一つ気になった点は事業者に対する文面。

---------------------------------------------------
8  事 業 者 の 役 割

@ 事業活動において自転車の活用等の推進を図るよう努める。
A 事業活動において従業員等に自転車を利用させる場合は、関係法令を遵守させるとともに、乗車用ヘルメットの着用を推奨する。
B 国、道及び市町村の施策へ協力するよう努める。
---------------------------------------------------

これらを要約すると会社でも自転車の活用を推進(自転車通勤やその他移動など)し、その際にはヘルメットの着用を推奨する。会社で活用推進する場合は国や市町村の施策に協力に努めよとなるだろうか。

このように今回制定された北海道の自転車条例では地域性をからめたものとなっていて、道、自転車利用者、自動車ドライバー、事業者などに努めるべき内容を提示したほか、交通安全教育や自転車保険、自転車専用道路、自転車専用車両通行帯整備に関する記述、サイクルツーリズムなども含まれていて本格的な自転車条例であると感じた。その一方で他の都道府県の条例でもそうなのだが罰則規定は特に無く条例としてあるだけとなる。もちろん条例があることにより指導や推進が強力なものとなるため無意味ではないのだが、少なくとも一歩進んで自転車保険ぐらいは義務化の文面を入れても良かったのではないかと思う。あとは条例を制定&施工するからには本自転車条例の周知徹底と実際の活動による普及&推進&啓蒙活動など地道な活動が大事になってくるかと思う。

※本自転車条例の本文概要は左リンクのとおり

2018年01月24日

児玉忠弘さんによる自転車メーカーの興亡史と自転車の今後のあり方

自転車活用推進研究会が定期的に開催している勉強会の動画がYoutubeで見れるのだが、面白いものがあったので紹介。今回の講師は「児玉忠弘」さんでブリジストンに入社しいろんな人と関わりながら現在ではミニベロ(小径車)メーカーの「ダホン」の副董事長でもある方。

動画の内容は戦後の自転車業界の様子からはじまって高度経済成長、オイルショックを経て中国産自転車の台頭など歴史と変遷に関する説明やこれまでに児玉さんが出会ってきた人々の紹介、そして今後自転車はどうあるべきかなど自転車が好きな人はもちろん自転車をアシとして使っている人にも見てほしいなぁと感じるものだった。その中でも気になった点を抜粋。

自転車の衰退1.jpg

一つ目はこの画像。かなり見づらいのだが日本の自転車生産台数を示すグラフである。戦後復興後の1950年代は98万台だったのが高度経済成長とオイルショックの73年あたりで940万台のピークを迎える。この頃はなんとアメリカにも輸出していたらしく、当時アメリカではオイルショックで自転車の需要(バイコロジーブーム)が高まったもののハイライザー以外で大規模生産できるメーカーがなく、安い外国性を輸入していたとのこと。一番大きなのがヨーロッパで日本もフジとパナソニックあたりの輸出があったようだ。特にこの頃は安くて品質も良いと人気だったとのこと。

自転車の衰退3.jpg
※画像はフジの公式HPより


その後オイルショックの終端とともにピークは一旦落ち着くものの、少し盛り返した後は海外勢力に押されることとなる。一つ目の597万台の時は台湾製によるもの。そしてもう一弾で下降しているのは多くの人がご存知の中国製自転車によるもの。このような歴史を経て2013年の国内生産台数はこのグラフの始点に近い96万台とかなりの落ち込みぐらいになっている。自転車ブームで自転車が売れているようなイメージがあるかもしれないが、これは海外製(例えばジャイアントやスペシャライズド)が9割を占めるためで国内製はかなり押されてるようだ。ちなみにこのグラフ、日本の家電メーカーのグラフとよく似ているみたい。

自転車の衰退2.jpg

もう一つは日本メーカーと海外メーカーの比較。日本メーカーは1968年代は元気だったがニクソンショック、プラザ合意、極端な円高を経て衰退しているのに対し例えば台湾などはニクソンショックあたりでジャイアントやメリダが誕生。そこから急速に力を付けて今や世界のOEM元となるなど真逆の展開となっている。これには日本の国策もあったようで当時の通産省の人間がこのように話している。

「今後自転車産業は国の政策としては東南アジアにシフトする。日本としては重化学工業を主体とし生き残りをかけたい」

という言葉からも自動車工業や家電産業が発展していったのも納得いくものである。この後は児玉さんの人生と関わった人の話、その後どうなったかなどが述べれていて自転車業界で有名な理由がわかるものだった。

自転車の衰退4.jpg

そして最後に印象に残ったのは児玉さんが提案する自転車の今後の話。自転車を活用したまちづくり、「ベロシティ」を日本でも実現させたいのだが、特に日本では(とりわけ最近は)自転車というとロードバイクのようなイメージが強く、敷居の高いものに見えてしまう部分があるようだ。一方で海外を見るといろんな使い方や楽しみ方があり、キャリアカーやカーゴなどを使えば家族と自転車を楽しめかつローコストであるなどその有用性や価値がうまく浸透していない部分があるとこのと。すなわち自転車の本質を浸透させないと流行は一過性で終わってしまうようで、例えば「ロードバイクで50km走りました。こんな美味しいもの食べてきました〜」だけでなく幼児やシニア層を取り込んだ取り組みが必要で特にシニア層(80代、90代は歩くのは難しいけど自転車なら大丈夫という人が結構いるらしい)も巻き込んだ運動が必要でないかという部分だった。

確かに自転車のイベントを見ても本当の初心者かガチ勢向けの2極化している部分がありその真ん中あたりのイベントがあっても良さそうだし、生活のアシとして見てももっと安全にお年寄りが自転車に乗れる環境づくりも必要な感じがした。動画全体は2時間12分ほどあるので全部見るのはすこし大変だが、興味深い話が多いので是非ともご覧いただきたい。

2017年01月15日

2017年の自転車事情...ミラクル・サイクル・ライフから

ここ最近、自転車のラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」をほとんど聞いてなかったのだがふと思い立って過去の放送を聞いてみるとこんな話題があった。タイトルにも書いたように「2017年の自転車事情」という回だ。

放送日は2017年1月9日とつい最近のもので、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんをゲストに交えての放送。この回によれば2017年からロードバイクのレースで本格的に「ディスクブレーキ」が解禁となるそうだ。それまではMTBで一般的だったディスクブレーキが近年ではロードバイクにも採用されだし、レースでも使えるとなると一気にディスクブレーキ採用モデルのラインナップが増えることが予想される。特にディスクブレーキは雨天時の制動力に強く、雨の日でもレースを行うロードレースではぴったりな制動装置だと思う。

もうひとつはイーバイク(e-BIKE:電動アシスト自転車)の輸入が本格的にはじまったり、国内メーカー(ヤマハ発動機)でもスポーツ寄りの電動アシスト自転車の商品投入が増えるようだ。それを示すかのように去年(2016年)のサイクルモードでは電動アシスト自転車の出品がかなり多かったらしく、どれもこれも日本の初期の電動アシスト自転車のようなママチャリタイプではなく、クロスバイクやMTB、ロードバイクなどスポーツ寄りのものばかり。

index_bike_side.jpg

特に写真の「ヤマハ・YPJ-R」は、そのアシスト方法もスポーツ寄りにセッティングされており、よりラクにロードバイクの楽しさを誰でも味わうことができるそうだ。ロードバイクというと最終的には体力勝負的な部分があると思うが、電動アシストのパワーを使えば体力に自身のない人。あるいは過度の期待をしてロードバイクを買ったものの結局続かなかったなどリタイア組でも楽しめる製品となりそうで、より万人が楽しめそうなポテンシャルを持つジャンルとなりえるかもしれない。

3つ目には、自転車シェアリングが進むアメリカで、持ち運び可能な紙製のヘルメットが開発されたとのこのと。精肉を包む際に使う厚紙を何倍にもしたものでできており、広げると大人用のヘルメットになり、蜂の巣状の形状が衝撃を吸収。繰り返し使えて使用後はリサイクル可能。今年の夏には商品化し、自販機などで1個5ドルで販売したいとのこと。
それまでのヘルメットといえば1個の単価が高い割に製品寿命が短く、安全を考慮すれば数年おきに買い換えないといけなかったが、ここまで低価格ならそれも億劫でなくかつ誰でも買いやすいので、実用化すればかなりの革新的なものとなりそう。

番組の総括として、これまではロードバイクの進化などよりスピードの速さを求める方向に進んでいたが、2017年は速くよりもしっかり止まれる、あるいはより安全のための製品が出てくる年になるとしていた。車でもそうだが、スピードの出る車種にはそれ相応のブレーキや安全装備があるわけで、自転車でもそういった流れがでてきている感じのようだ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
2019年11月(5)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
タグクラウド