2021年08月04日

旭川市でスポーツサイクリング体験会を実施(全道サイクリング大会の裏イベント)→中止

旭川市主催のサイクリングイベントが実施される

本来であれば全道サイクリング大会と同時開催のはずだった「スポーツサイクリング体験会」が2021年8月29日に開催決定となった。

chirashi-omote_01.jpg

既に参加者を募集中で期限は8月13日まで。旭川市のスポーツ課に電話連絡するかメールでの申し込みとなる(だいぶ前に市主催のサイクリングイベントに申し込んだときは対面だったけどコロナの影響かな?)。

申込方法は以下の通り

申込方法
【電話の場合】

平日の午前8時45分から午後5時15分の間に、スポーツ課(0166-23-1944)へ電話してください。

申込者の氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、クロスバイク等の経験の有無、クロスバイク等・ヘルメットの所有の有無、クロスバイク・ヘルメットのレンタル希望の有無、身長(レンタル希望の場合)を教えてください。

【電子メールの場合】

スポーツ課(sport@city.asahikawa.hokkaido.jp)へメールを送信してください。

メール本文には、申込者の氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、クロスバイク等の経験の有無、クロスバイク等・ヘルメットの所有の有無、クロスバイク・ヘルメットのレンタル希望の有無、身長(レンタル希望の場合)を入力してください。

【応募フォームの場合】

応募フォームを携帯電話、スマートフォンなどで読み取り、必要事項を入力して送信してください。


旭川市の「スポーツサイクリング体験会」の内容

スポーツ自転車の初心者が対象で普段ママチャリやシティサイクルなどにしか乗ったことのない人など。もしくは買ったんだけど久しぶりにスポーツ自転車に乗るという人でもいいと思う。スポーツ自転車を持っていない人にためにクロスバイクのレンタルも用意されていて、当日は恐らく旭川市観光協会が所有するレンタルサイクル(ジャイアントのエスケープ)を無料で貸してくれるものと思われ、(※申込時にレンタル希望を申し出ることが必須)ヘルメットも同時にレンタルできる。

escape.jpg
※観光協会が所有するレンタルサイクルのイメージ


参加費は保険代で200円かかるものの、とても手頃なので初心者には良いと思う。また、当日は旭川サイクリング協会のメンバーがサポートしてくれるので安心だ。

コースはリアルター夢りんご体育館をスタートとし、ゴールは石狩川河川敷コースまでの約8km。熊出没問題で河川敷が封鎖状態のため、コースは変更となる可能性が大いにある。

参加資格は小学4年生以上のスポーツバイク未経験者または初心者の旭川市民。定員は先着申し込み順の20名。

詳しくはこちらのページを参照のこと。

-------------------------------------------------------------------
※2021年8月18日追記 サイクリング体験会のコース図を追加


公式ページに体験会のチラシとコースがアップされたのでこちらにも追記。これを見る限り当初予定していた河川敷コースを変更し、リアルター夢りんご体育館を出発後、花咲スポーツ公園を回って国道40号の信号機を渡り自衛隊周辺の歩道に移動。ここを2周して再び体育館に戻るコースとなったようだ。

コース題.png

一方、新型コロナの「まん延防止措置」地域に旭川市が追加となったためイベントが実施されるか怪しくなってきた。屋外で密にはなりずらいので一応大丈夫とは思うが、感染者数が軒並み増加しイベントの実施自体が危険と判断されれば中止も十分考えられる。

※2021年8月21日追記

旭川市のまん延防止等重点措置適用に伴い、本イベントは中止となりました。

2021年の美瑛センチュリーライドは開催決定&エントリー受付中→中止

2021年の美瑛センチュリーライドは9月5日に開催予定

biei.jpg

昨年(2020年)はコロナの影響で開催中止となった美瑛センチュリーライド。今年は開催するか否かの判断があってエントリー開始が遅くなっていたがようやく開催の方向で決定。8月1日よりスポーツエントリーで受付を開始した。

ただしコロナ対策として毎年2日開催の日程を1日に縮小。さらに本大会前日に行われる参加者&ゲストによる交流会も取りやめての実施となる。さらに参加人数の上限を最大300名(例年は1000名)に縮小し、参加資格として北海道内在住限定となっている(すなわち道外からの参加者は認めない)。

加えてコースも80kmの1種類のみとし、初心者向けの丘めぐりコースも取りやめている。この他当日の検温や問診、マスク着用や消毒などコロナ対策が盛り込まれた大会内容になると思われる。日程は2021年9月5日(日曜)で参加費は3000円。

公式ページはこちら。エントリーはこちらから。

丘のまちびえいサイクルスタンプラリーは今年も実施。

昨年の美瑛センチュリーライド中止の代替え事業として行われたスタンプラリー。今年は規模を縮小した美瑛センチュリーライドと同時開催で行われることが決まった。開催期間は2021年の8月1日〜9月30日まで。

昨年と同じく決められたコース上のチェックポイントを巡ってゴールを目指すもの。昨年と違い参加費が300円かかるが参加賞のほか、チェックポイントを巡ってゴールした人に中から抽選で集めた数に応じて町内特産品等の景品がもらえる。さらに全てのスタンプを集めると「コンプリート賞」等の各賞を設定し表彰される特典付き。

コースは美瑛センチュリーライドでお馴染みの「60kmコース」、「チャレンジ30ポイントルート」のほか、ママチャリでも参加しやすい青い池までのコースの「かわまちサイクリングコース」の3種類。

ガーミンやブライトンなどサイコンを持っている人はこちらからコースをDL可能。サイコンがない場合もスマホのGoogleマップのコース情報リンクが貼られているのでご参考に。

詳細はこちらから。

最後に

今年もコロナの影響で自転車関連のイベントは中止となるケースが発生している。美瑛センチュリーも状況によっては怪しくなるが万が一中止の場合でもスタンプラリーは昨年同様実施すると思うのでそこまで悲観になる心配は無いかと。

外出自粛や活動自粛など家にいる時間が今年も多くなる中、密にならないサイクリングで運動や気分転換にストレス解消など活用してもらいたい。特にスタンプラリーの青い池までの「かわまちサイクリングコース」は美瑛駅から電動アシストのママチャリをレンタルしてでも充分楽しい&青い池に到達した時の満足感が高いので初心者にもオススメだ。


2021年8月21日追記

北海道でコロナ感染者の増加、北海道におけるまん延防止等重点措置の延長や美瑛町内でもコロナ感染者が出ていることから、中止となりました。
 ただし、スタンプラリーは同時開催中で、こちらは9月30日まで自由に参加可能です。

2021年03月21日

第59回全道サイクリング大会は旭川で開催予定

サイクリング協会が主催するサイクリング大会の北海道版、第59回目の全道サイクリング大会が今年旭川で開催予定だ。

IMG_20210321_0001_01.jpg
※画像はクリックで拡大


続きを読む...

2021年03月03日

上川町で自転車のヒルクライムレース・2021年は開催予定

昨年はコロナの影響で自転車のイベントが(一部を除いて)ことごとく中止となった。旭川市の隣町に位置する上川町で2年前に始まった旭ヶ丘のヒルクライムレースも昨年は苦渋の決断の末中止になった。募集は2019年の12月からエントリー開始していたが2020年の春頃に東京の緊急事態宣言が出て全国的に自粛ムードに。屋外イベントだから大丈夫と思われたが念には念を入れての判断だったのだろう。その一方で今年はコロナ対策を行い、かつ募集人数を昨年の半分に減らして開催予定だ。


152969096_114495740645438_7539005594158825789_o.jpg
※画像は公式Facebookページから参照


日時は2021年7月4日(日) 朝8:00スタート。場所は上川町の三国レストランがある旭ヶ丘の上り坂全長約5km。参加料は3500円でスポーツエントリーから申し込む形。申込期限は3月1日〜5月31日までだが募集定員49名に達すると期限前に募集終了となる。ヒルクライムレースは公道を使うが一般的にレース中は通行止めにして一般の車の往来が無いようにし安全に参加できる点が魅力だ。またレースといっても登りきったらゴールという分かりやすいルールでかつ走行時の速度も早くないので万が一コケて楽車したり接触したりしても危険は少ない。この点から初心者も参加しやすいイベントとなっている。この旭ヶ丘ヒルクライムレースも当日は公道封鎖のクローズドコースで開催される予定なので参加しやすいと思う。

ちなみに管理人は登り坂が大の苦手なのだが、3500円と参加料が安いし肥えまくった体重を減らすためダイエットの理由付けとして申し込んでみようと思う。目標はビリにならないようにしたいがダイエット次第では意外と良い成績出せたりして(!?)。

申込みはこちらから。昨年は自転車イベントがほとんどなくその反動や、募集定員も49人ということから早期に定員に達して締め切りそうな感じがする。参加しようと思っている人ははやめのエントリーをおすすめする。

※2021年3月10日追記

公式Facebookのページでエントリー状況が公開された。募集から6日で定員49名に対し24名の応募があったようでおよそ半分に達した模様。このまま行けばはやければ3月中。少なくとも募集期限よりもはやめの終了となりそうだ。もしエントリーするつもりの人ははやめに完了させたほうがいいだろう。

2020年12月13日

2021年も旭川で冬の自転車イベント(冬チャリ2021)が開催予定

2019年(2年前)に旭川で初開催された冬の自転車レースイベントが今年も開催予定だ。冬の自転車というと少し前までは冬にママチャリに乗ったおじいさんがフラフラ乗っているイメージだったが、数年前からファットバイクという極太タイヤで冬に特化した自転車が流行になり、特に冬期の北海道では大人気となっている。そういった冬期における自転車の変化に伴って少しずつ北海道で冬の自転車イベントが誕生。旭川でも2年前から車が居ないクローズコースを使っての自転車レースが開催されている。

129010618_228827451934218_1250060723792013017_o.jpg
※画像は昨年(2020年)の様子 公式Facebookページから


ただし、今年はコロナ対策として密を避けるため募集人数を限定。個人戦は10名。チーム戦は10組としているため参加する予定の人は公式ページで頻繁にチェックし、募集と同時に申し込んだほうが良さそうだ。屋外イベントなので基本的には密にならないので大丈夫だと思うが、感染症対策をとったうえで実施するとのこと(※昨年は大会終了後の表彰式を屋内でやっているので密対策で今年は屋外になるかも)。ちなみに昨年は個人が12名。チームは10組38名(1チーム3人〜4人)の参加だった。開催は2021年2月20日(土)の予定で参加料は個人戦だと4000円。チームは1組9000円。なお、ファットバイクやMTBなど冬用の自転車が無い人のためにレンタルファットバイクも用意されており、事前予約となるが自前の自転車が無い人でも参加は可能だ。申し込みは市内のスポーツサイクル店「ボビッシュ」まで。申込は1月14日〜2月14日までで、メールによる申し込みとなるようだ(bobbish.apa@sirius.ocn.ne.jp)。

2020年05月20日

2020年 北海道・サイクリングイベントはコロナの影響で続々中止

世界的に猛威を奮っている新型コロナ。その影響でいろんなイベントが中止になっている。自転車のイベントもその例外でなく、続々と中止に。管理人の住んでいる北海道や旭川市近隣のイベントも中止になった。その中には管理人が参加予定のものもあったので非常に残念なのだが状況が状況なので仕方ないと思う。ちなみにどんなイベントが中止になったのかというと...

@東川町 第3回キトウシ国際サイクリング

kitousi.png

旭川市の隣町、東川町で行われているファンライド。コースは景色もよくレベル的にもちょうどよく、かつ終わったあとの焼き肉と抽選会込で参加費3000円とかなりお得感の高いイベントだった(※過去の参加レビューはこちらから)。管理人も0回から毎年参加していて今年も期待していたのだが5月15日に中止を決定した(当初は緊急事態宣言の解除を条件に開催予定だった...)。

A剣淵町 ぐるっとライド

gurultuto.png

旭川市より少し北にあり、絵本で町おこしをしている剣淵町をスタートに周辺市町村の士別市、名寄市、幌加内町をまわってエイドではその地域の名物や特産品などを堪能できるファンライド。初回こそ若干不評だったものの2回目以降は好評でかつ参加人数も確実に増えていた。今年も期待だったのだが...

B上川町 旭ヶ丘ヒルクライムアタック

asahigaoka_.png

上川町の三国レストランがあることでも有名な「大雪森のガーデン」入口の道(山)を完全封鎖して行われるヒルクライムレース。管理人は登りが大の苦手だけどダイエット目的で自分を追い込んでみようと密かに申し込もうと思っていたのだが...

Cツールド北海道

tu-rudo.png

日本で公道を封鎖して行うものとしては最も有名な自転車レースの一つ。2年前にも北海道地震&停電の影響で中止となったが今年もコロナの影響で中止が決まった。

とこのような感じで続々と中止が決定している。これ以外にも近隣市町村の一つで美瑛町の「センチュリーライド」が9月開催でまだどうなるかわからないが、コロナの影響が続けば中止される可能性が高いと思っている。特にワクチンが実用化されて終息する兆しが見えないと最悪来年度も...のような感じがする。今年の楽しみがかなり減ってしまったので残念極まりないのだが致し方ないとういことで今年はソロライドでの楽しみ方を探ってみようと思う。

2020年02月23日

剣淵町のサイクリングイベント「絵本の里けんぶち・ぐるっとライド」 2020年は6月末開催

旭川市から車で約60分ぐらいのところに位置する剣淵町。「絵本の里けんぶち」のキャッチフレーズで絵本による街づくりを目指している自治体である。その剣淵町では数年前からサイクリングによるまちおこしを行っており、町営のレンタルサイクルの運営やサイクリングマップの作成のほかサイクリングイベントも企画しており、それがタイトルにもあげた「絵本の里けんぶち・ぐるっとライド」である。この大会はスピードを競わないサイクリングイベントで決められたコースを巡り途中のエイドステーションで地元の食材を使ったグルメを堪能できる。コースは剣淵町をスタートして周辺自治体の士別市、幌加内町、和寒町の全4市町村を巡る。2017年が第1回目で今年が第4回目となる。管理人は第1回目の前の年に行われた剣淵町のみの試験的なサイクリングイベントに参加したことがあるのだが、人口3千人程度の街なので車道を走っても車の往来がほぼなくかなり快適だった。そして途中では美瑛のパッチワークのような丘もあって景色も良好だった。

DSC_0223.JPG
※剣淵町のパッチワークが見られる眺望の丘


ぐるっとライドは例年8月の暑い時期に開催していたが例年北海道でも8月にかけては猛暑となることが多く、今年は特に東京オリンピックの時期と重なるため開催時期を前倒しして6月の第4週土曜、6月27日となった模様。すでにスポーツエントリーでは申込みを開始しておりそれ以外ではFAXでも申込みができる。期限は6月1日まで。昨年の様子がYoutubeにアップロードされていたので貼り付けておこう。





上2つは公式のもの。



こちらは参加者による個人撮影のもの。

参加費はロングコースが110kmで8000円。ミドルの60kmが6000円。レンタルサイクルはクロスバイクかマウンテンバイクが2500円でヘルメットが別途500円。剣淵町民はレンタルサイクルが無料となっている。ぐるっとライドは第1回目はちょっと不評な部分もあったが第2回目以降はそれが改善され、特に去年の第3回目は好評だった(サイクリングイベントは初回の第1回目は試行錯誤なので不評なことはよくある)。管理人も是非とも参加してみたいのだが開催日が今年も仕事の土曜日と重なっているため多分難しいだろう。
最新記事
(10/21)【うわさ話?】旭川にサイゼリヤが進出&オープンするか?
(10/18)【閉店】ヴィクトリアステーション旭川末広店が2021年10月17日で閉店 跡地は居抜きが入るか?
(10/17)【噂話】閉店する旭川のイオン春光店 跡地(建て替え後)はディスカウントの「ザ・ビッグ」?
(10/16)【旭川市・警察取締情報】市民活動交流センターCOCODe付近の合流一時停止で取締
(10/15)旭川市 業務スーパー(旭神店)近くのT字交差点で自転車と車の接触事故 混雑の弊害か?
(10/14)旭川市の業務スーパー(旭神店)が大人気&激混みで2店舗目ができるかも?
(10/13)旭川市でもガソリンが大幅値上げ
(10/11)2021年10月7日の東北・関東地震で自転車の有用性が再実証
(10/08)Wolt旭川の配達エリアが超拡大 ほぼ市内全域が対象に
(10/08)旭川市の河川敷(サイクリングロード)の立ち入り禁止が解除 (※一部除く)
(10/04)【閉店】イオン旭川春光店が2022年2月28日に営業終了 閉店で買い物難民も?
(10/03)長引く旭川市河川敷(サイクリングロード)の通行止め 年内解除は難しいか
(10/01)ホーマック(DCM)の自転車ってどうなの? 2021年のHPから評価&レビューその2(クロスバイク編)
(09/30)【開店】焼肉ホルモンおはこが忠和にオープン 閉店したヴィクトリアステーション旭川忠和店の跡地に居抜き出店
(09/28)【開店】ドミノ・ピザが旭川で2店舗目 ウェスタン永山パワーズ内にオープン
(09/27)ホーマック(DMC)の自転車ってどうなの? 2021年のHPから評価&レビューその1(ママチャリ&シティサイクル編)
(09/26)【開店】「とんかつ玉藤」旭川大雪通店が12月1日オープン 閉店する「まいどおおきに食堂」から業態転換
(09/23)フードデリバリーのWolt(ウォルト)・旭川のサービス(配達)エリアが大幅拡大 南永山と豊岡が新たに追加
(09/22)自転車矢羽レーンが旭川市の4条通り、銀座商店街付近に整備
(09/21)令和2年(2021年) 秋の交通安全運動がスタート 

地域情報ランキング

サイクリングランキング

道北ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】【簡易レビュー】街乗り用にジャイアントのマウンテンバイク、「タロン3 2020」を購入
001.jpg
【2位】ドン・キホーテのファットバイク
002.jpg
【3位】ホームセンターの自転車 2020年度版
003.jpg
【4位】ミシュラン ダイナミックスポーツの耐久性(寿命)
003.jpg
【5位】2020年のドン・キホーテ ファットバイク
003.jpg
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
2021年10月(13)
2021年09月(15)
2021年08月(6)
2021年07月(9)
2021年06月(3)
2021年05月(6)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
タグクラウド
記事ランキング