2016年11月27日

キャットアイ 加速度センサー式のブレーキランプが登場

自転車のブレーキランプは、ただの点滅リアライトと違い自動車のように後続にブレーキのタイミングを知らせることが出来る一方、市販製品が少なく導入が難しいという難点がある。



以前までは自転車のブレーキランプといえば、ブレーキワイヤーなどに連動させて物理的にスイッチを接触させライトを点灯するタイプだった。これは自作(DIY)も可能な仕組みで実際の所ネット上やYoutubeなどで事例がちらほらある。この他海外メーカー製となるが、製品化されたものもあり1000円から2000円ぐらいで比較的安価に購入可能だ。

61t38YuVNHL._SL1000_.jpg


ただし、この手だとブレーキの種類や設置位置によりすべての自転車も対応できないという点や、ランプ(LED)が暗くて特に日差しの強い昼間ではほとんど見えないという問題があった(※最近のLEDではなく、初期の頃の砲弾型LEDは昼間よく見えない)。

41zyEprxD4L._SX425_.jpg


その後、自転車のブレーキランプに画期的なものが登場する。ゲーム機のコントローラーやスマートフォンにも用いられる「加速度センサー(モーションセンサー)」をブレーキングの検知に利用し、どんな自転車にも導入できるようにしたタイプだ。これだとスイッチの仕組みが不要で、どんな自転車にも対応できる。また、高級路線なのか明るいタイプのLEDが搭載されており、これなら日差しの強い昼間でもブレーキランプを確認できるようになった。

そして2016年。自転車のリフレクターやライト。サイクルコンピューターで有名な国内メーカーのキャットアイから、この加速度センサーを用いたブレーキランプ(※テールランプ機能含む)が発売された。名前は「TL-LD710K RAPID X2 KINETIC」。

TL-LD710K.jpg



製品概要は次のとおり(公式ページから)

--------------------------------------------------------------------
■加速度センサー内蔵で、減速を感知するとハイモード(約50ルーメン)で約2.5秒間自動点灯するキネティックモード搭載。*1
■デイタイムライトとしても使える、面発光で約50ルーメン(キネティックモード時)の明るさのUSB充電式セーフティライト
■ラバーバンドで簡単に取付でき自転車にピッタリフィット*2
■3モードの発光パターン(ロー・点滅・ラピッド)
■リチウムイオンポリマー充電池
■モードメモリ機能により消灯時のモードで点灯開始
■バッテリーインジケータ搭載
■電池残量が少なくなると発光パターンが点滅に切替るバッテリーオートセーブ機能*3
■充電用MicroUSBケーブル付属
■オプションのシャープエアロ用ラバーベースで、より鋭角なシートポストにも取付可能(対応パイプ周長 約95〜155 mm)
--------------------------------------------------------------------

このようにかなり高性能(?)を謳うようで、その分価格は高めの希望小売価格6000円。ネット通販だと5000円前後で売られている。文章だけではわかりづらいので公式動画もみてみよう。



動画によれば街中で車道走行中に、後続の車に対してアピールできほか複数でサイクリング中にカーブや何か障害物をさけるようなシチュエーションで手信号が使いづらいときでも後ろの自転車に(安全に)ブレーキを知らせることができるようだ。自転車ではハンドサインでブレーキや危険物を知らせることがあるが、急な障害物やカーブ中には対応できないこともおおい。そんな時この製品ならハンドサインのために手を話すこと無くそれが可能とのこと。

これを見た限りでは確かに街乗り以外にも集団でサイクリングしているときには有用そうなアイテムに感じる。ただ、Amazonのレビューを見ると「電池が持たなさすぎ」とのコメントが多くあった。どうやら加速度センサーがかなりの電池消費をするらしく、これがブレーキランプの連続使用時間を縮めているようだ。とあるレビューでは

「点滅モードでも実質5〜7時間くらい」

とのことなので、通勤や通学で使う場合は毎日充電すればいいかもしれないが、ブルベなどイベント等での長距離ライドではちょっと厳しいかも。ただ、製品としては優れいていることは間違いないので、これからの改良に期待したいところである。

TL-LD710K_2.jpg



あれ...そういえば以前ブレーキランプとウィンカーを実用化してほしいとキャットアイにメールを送った記憶があるのだが、とりあえずブレーキランプだけは実用化してくれたのかなぁ..?

2016年08月20日

キャットアイ ベロ9(CC-VL820)の感想

春先に長年愛用していたキャットアイの入門用サイクルコンピューターを交換した。完全に壊れたわけではないが接触の関係なのかたまに反応しないことがあり通年で8年ぐらいは使ったのでそろそろかなと思っていた。

velo9_top.png


といっても上位機種にしたのではなく最新の入門機(有線タイプ)へ。入門用ロード(ジャイアントのPACE)を譲り受けて、サイコンも手持ちの余り(VELO5 CC-VL110)を付けていたのだがふとネットで調べると最新のキャットアイの入門機、「ベロ9(CC-VL820)」の評価がかなりいいことに気付いた。そこでものは試しということで購入したのだ。

ちなみに昔にベロ5を買った時はホームセンターで1980円で購入。今回はネットショップの安いとこ(ヨドバシ.com)で送料込みの1500円という安さ。定価は以前のものとほぼ変わってないが実売価格に差がありかなりお手頃価格ではないだろうか。

VELO9 (3).JPG

というわけで両者を並べて比較。左が手持ちのベロ5。右がベロ9。パット見でわかることは液晶画面が大きくなったこと。最新版では2段表示となり常にスピードを表示しつつ他の情報も表示できる。かつては上位機種のみに2段表示を採用してたがここ数年で低価格の入門モデルにも2段液晶が採用されるようになったようだ。

VELO9 (5).JPG

ベロ5では常にいずれか1つの情報のみだったが、ベロ9ではこのように上にスピード。下に現在時制、

VELO9 (4).JPG

乗り出しからのトータル時間(TM)、

VELO9 (7).JPG

目的地までの移動距離(DST)、

VELO9 (8).JPG

平均スピード(AV)、

VELO9 (9).JPG

最高スピード(MAX)、

VELO9 (10).JPG

消費カロリー、

VELO9 (11).JPG

総走行距離を表示可能だ。上記のトータル時間、移動距離、平均スピード、最高スピード、消費カロリーは以前モデルと同じく任意のところでボタンによるリセットが可能で、乗り出し前にボタンを押して計測を行うことができる。良く自転車乗りのブログに「本日の走行距離」としてTM、DST、AV、MAXなんかが列挙されていることがあるが、このことだったとこれを買って知った。ちなみに総走行距離のみは本体裏のリセットボタンを押すか電池交換時に強制的に0となる。タイヤ交換やパーツの消耗度合いをはかる目安として嬉しい機能である。

VELO9 (12).JPG

なお、液晶画面の大型化にともない裏のデザインも変更され、当然ながら自転車本体に固定するブラケットも新デザインとなった。

VELO9 (2).JPG

このようにハンドルのほかステムにも取り付けられるようになった。なお、キャットアイのアフターパーツにはハンドルから延長して取り付けられる「アウトフロントブラケット」もリリースされておりハンドルスペースに余裕がない場合でも安心だ。

VELO9 (1).JPG

センサー部分は従来のベロ5と同じで磁石の回転により回転数を計測する。有線タイプなので線の取り回しは以前とまったく同じだ。また、無線タイプより本体の電池の持ちが良い。

使ってみての感想はというと...やはりスピードの表示部分が大きくなったことにより格段に見やすくなった。それと同時に2段目の液晶も便利で特に時間表示がありがたい。管理人は休日のサイクリングの他通勤でもたまに使うので、走行時の速度を確認しつつ時計も見たい(すなわちペースを保ちつつ会社までの時間も気にしたい)という通勤ユーザーのニーズにマッチする仕様なのだ。以前のベロ5では切り替えてスピードか時間かのいずれかのみだったのでその利便性はあきらかに向上した。ネット上でもこのあたりが概ね好評で実売価格1500円でこんなに高機能とあってレビュー時の評価が高い傾向にある。特にベロ5よりも実売価格が安く機能が増えているのだから昔のモデルを知っている人からしたらビックリだと思う。

ベロ9は入門機という位置づけで有線タイプという欠点もあるが、それゆえに低価格で機能は十分あると思う。レース目的のガチユーザーでは物足りないモデルだがサイクリングや通勤といったライトユーザーであれば十分な機能を有しており間違いなく入門用としてオススメできるモデルだと思う。もし有線がいやであれば4000円ぐらいから無線タイプも選べるので選択肢の幅は大手キャットアイだけあって広く用意されている。

2015年01月16日

自転車(本体)は売らない 自転車雑貨屋 「千輪」

1月11日放送のミラクル・サイクル・ライフの1コーナー「イシイサイクル」で紹介されていた面白い店をご紹介。

tirin.jpg



その店は自転車屋なのに自転車は置いていないという不思議なお店。なんでも店主はかつて大手の自転車販売店で働いていた際、自転車が好きではじめた仕事なのに「売って直さずにまた新しい自転車が買われる」という現在の激安自転車における悪循環のサイクルに加担している自分が嫌になり、はじめたお店だそうだ。その時の気持ちから今持っている自転車に少しでも愛着を持ってもらえるよう自転車グッズを販売したり、自転車の修理のみを受け付けるお店になっている。ただ、今までにないコンセプトの自転車屋なので経営は非常に厳しいそうだ。

自転車は本来、修理すればかなりの期間使える道具で本来はそのようなものだった。だが、10年以上前に中国製の激安ママチャリ(シティサイクル)が流入して以来、自転車の値段が異常なまでに低下しその結果、粗悪で耐久性の低い自転車が浸透した。耐久性が無いので修理して乗るよりも買うほうが安いことにもつながったし、放置自転車となっても「また買えばいい」という考え方が出来てしまった。そのような社会に対して正面からアプローチするお店。管理人は少し応援したい気持ちになった。

場所は東京都の墨田区向鳥に位置し、とうきょうスカイツリー駅も周辺にあるのでこの近辺にいく予定のある人は是非とも覗いてい見て欲しい。


2014年08月30日

メリダの 携帯ポンプ(MICROポンプ HP-14)

ネット検索していると、広告欄に気になる商品が出ていたのでちょっと調べてみた。その商品とはメリダの携帯ポンプ HP-14である。

merida_hp14.jpg


ポンプ中心部にメリダのロゴマークが見えるこの商品。実は管理人が使っているGIYOのマイクロポンプ(GM-71)にそっくりなのだ。それもそのはず。これはそのOEM商品で、ブランドだけメリダになっていて他は全て同じだった。

ちなみに本家と比較すると...

giyo-gm-71.jpg


こんな感じで見た目からしてもOEMであることは想像がつく。
※過去のレビューはこちらから

約2年前に購入して以来、外出時のパンク修理で大活躍中のこの商品だが、どうやら他メーカーにもOEMしているようで、メリダ以外にもOEM供給している模様。簡易ゲージが付いて最大140PSI(10気圧)まで対応し、フロアポンプと同じように垂直に立ててポンピングできる構造は非常に有用だ。この点が評価されているのだろう。

ママチャリやシティサイクルの英式バルブには対応していないが、クロスバイクやロードバイクの仏式、マウンテンバイクの米式バルブに対応しているのでスポーツタイプに乗る人なら万が一のパンク保険として持っていて損はないひと品。ネット上でも評判が良いので携帯ポンプを購入しようとしている人は選択肢のひとつとなるだろう。


---------------------------------------------------------
追記:このメリダ仕様では英式バルブに対応していないが、本家GIYO GM71では英式トンボクリップが付属するようになり、ママチャリでも使えるようだ。もし英式バルブ対応品が欲しい場合は、本家のGM-71を買うように。

2014年06月07日

自転車用ブレーキを買ってみた (S-Sun ブレーキライト)

以前、自転車用ブレーキライトを物色してた際に付けてみたい初動にかられたので試しに買ってみることにした。市販のブレーキランプのレビューはあまりないので、この記事が有用になることを願う。

購入はAmazonから。値段は1300円前後と、他社製品に比べると比較的手頃で取っ付きやすいかもしれない。製品は台湾製。

KIMG0348.JPG


中身は本体とブレーキスイッチ部、シートポストにつけるアタッチメントにゴム、説明書が入っていた。構造が簡単なんで特に説明書は無くとも問題ないだろう。

で早速取り付けてみた。

KIMG0369.JPG


管理人の場合は、既にキャットアイのテールランプ(TL-LD610)を付けているのでちょっと離してサドル直下に設置してみた。真ん中のはキャットアイのシートポスト用リフレクター。Vブレーキにスイッチがつくので、その線をサドルにからませて巻いてみた。
(※ちなみに道交法では夜間にリフレクターを取り付けるかテールランプを灯火させることになっており、リフレクターがない場合はテールランプの点滅モードを単体で使用すると違法となる)

KIMG0367.JPG


こちらはスイッチの様子。ブレーキをかけてワイヤーが引っ張られると金属の部分が押し付けられて、(見えづらいが)オレンジの接点に接触しスイッチが動作する。

このように簡単に取り付けられて、動作もしたのだが一つだけ懸念点が。それは明るさだ。Amazonのレビューにもあったが、少々暗めで昼間は見えづらいという。

KIMG0363.JPG


見えづらいかもしれないが、これは点灯中の様子だ。比較用に下のテールランプも付けてみるとこんな感じ。

KIMG0365.JPG



LEDが旧式の砲弾型なのが原因だと思う。この点は改良の余地が残っている。現状で使うなら写真のようにサドルの下に設置して明るさを引き立たせたり、LEDがアピール対象であるドライバーの目線に来るよう、ちょっと斜め上方向に本体角度を変えて設置してみたりする必要がある。なお、キャットアイのTL-LD610は同じ砲弾型LEDでも大型なのでかなり明るい。

KIMG0370.JPG


曇りや日陰に来れば結構見える明るさとなる。

というわけで、明るさに若干難点があるものの、面白い商品だと思った。ネットではダイソーのテールランプを使って自作する例があるが、これならもっと気軽にブレーキライトを設置できるだろう。ただし雨にはあまり強くないようなのでちょっと防水加工をした方がいいと思う。

最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド