2019年11月04日

クロスバイク用に冬タイヤ(ミシュラン・スターグリップ)を購入してみた

今年にフルメンテナンスをした街乗り用クロスバイクのGIANT・GLIDE R3。一番大きな変更点はVブレーキからディスクブレーキへの変更だった。このディスクブレーキ、雨の日に強いほかもうひとつ北海道で嬉しいポイントがある。それは雪にも強い点である。雪道を自転車で走る際にリムブレーキだとリムに雪が絡みついた際、制動力がかなり低下するという大問題がある。晴れた日で除雪が完璧なら問題ないかもしれないが新雪の時や降っているときにタイヤに雪が絡みつくだけでなく、ホイールの外側すなわちリムブレーキに当たる部分にも雪が絡みついてしまう。この状態でブレーキをかけると雪が邪魔をしてブレーキとしての能力を発揮できなくなる。物理的に雪道においてリムブレーキは適さないのである。そこで登場するディスクブレーキ。ディスクブレーキであればブレーキ作動部がホイール中心にありリムブレーキのように走行により雪がからみつく心配が少ない。このため雪道においてはディスクブレーキが適しているのである。

で、せっかくクロスバイクがディスクブレーキ仕様にしたので雪道を試したい衝動にかられてしまい冬タイヤを購入することにした。当初はシュワルベのウィンターマラソンという通勤用スパイクタイヤを検討していた。イギリスの通販サイトWiggleだと定価9000円ぐらいのが一本2000円ぐらいとう破格の値段になっていたのでお値段的に手頃だったのだが、検討している最中に売り切れに...そりゃこんだけ安かったら売り切れるのも仕方ないなぁと思い次の候補へ。スパイクタイヤはどれも高いため何か他のやつはないかと探してみるとありました自転車用のスタッドレスタイヤが。ただ、スパイクタイヤに比べるとマイナーな部類なのか存在を確認できたのは2種類でひとつはコンチネンタルの「トップコンタクト ウィンター2 プレミアム」というやつで楽天あたりで1本7000円ぐらい。もうひとつはミシュランのスターグリップで国内販売は現在売れ切れで海外通販サイト(Bikeinn)の2000円代のものを発見。これを購入してみることにした。

KIMG1460.JPG

続きを読む...

2019年11月03日

ヘルメットを新調 ベルのトラバースを購入

普段サイクリングに使っているヘルメットは今から10年ぐらい前に購入したもので、寿命としてはかなり限界というか限界をとっくに越えた状態だった(自転車用ヘルメットは一般的には3年ぐらいが目安)。そこで新しいヘルメットを購入することにした。ただ、条件としては管理人は典型的な頭がデカイ人間なのでユニバーサルサイズというかなり大きめのタイプを選ぶ必要がある。国内だと有名所はOGKあたりなのだが、前回購入時にBELLのユニバーサルサイズをあえて選択していたので今回もBELLにすることに。残念ながら同じ商品の「トリトン」は廃盤になっていた。そこで似たような形で割と大きめのサイズがある「トラバース」という物にしてみた。

KIMG0939.JPG

外箱の様子。箱はトリトンの時よりかなりカッコよくその気にさせるデザインだった。値段は楽天で7000円ぐらいだった。

KIMG0940.JPG

箱からだしたところ。トラバースはアジアンフィット(AF)というアジア人の頭にフィットする形状を採用したモデルで海外製のメーカーながら日本人の頭にフィットするヘルメットとなっている。

KIMG0942.JPG

買い替え前のトリトンと比較。トリトンの方が少し大きく作られていて、ひとまわり大きい。上から見ても大きさに違いがある。

KIMG0943.JPG

内側の様子。内部のパッドはトラバースの方が少し多め。

KIMG0944.JPG

後ろから。後部の形状はトラバースとトリトンで異なり、トリトンの方が尖っている。一方でトラバースは穴が空いておりこちらの方が通気性は良さそうだ。

実際にトラバースを使ってみると一回り小さくなったのだがどうやらトリトンは自分の頭には大きすぎたみたいで、こちらがジャストフィット。ぴったりサイズとなって見た目的にも良くなった。ただ、バイザーがトリトンよりも小さくなったため、日よけ効果と雨除け効果が少し減ってしまったのが残念なポイントなのだがトリトン買い替えが無事できたのでよしとしよう。

2019年11月02日

アリエクスプレスでGIANT製サイクルグローブを購入

普段使っているサイクルグローブ。直近のものはスポーツデポで4年ぐらい前に2000円ちょいぐらいで購入したTIGORAというメーカーのもので安い割に結構使えていた。ただ、休みのサイクリングだけでなく通勤時にも使っていたので結構ボロボロになってきていた。そこでサイクリング用の新しいグローブを買うことにした。

今回も中国の通販サイト、アリエクスプレスで物色。自転車と同じジャイアントのロゴが入ったサイクルグローブがあったので注文してみることにした。お値段は1000円前後で送料は無料。注文から約2週間程度で届いた。

KIMG0906.JPG

サイクリングジャージのときはパチもん全開だったが、今回のはちゃんとした正規品っぽい。表面は薄手のメッシュ生地が使われていて通気性が高い。

KIMG0907.JPG

どうやら中国国内で売っているものらしく、1000円の割に作りはしっかりしていた。裏面はパッド部分もしっかり入っており、今使っている2000円のものと比べても謙遜はなかった。ただし、ひとつ気になった点があったのだがそれは指ぬき用の2箇所のヒモ。機能性として付けられていたのだがヒモの作りがあまり良くなく引っ張り過ぎると千切れそうな感じで、かつグローブを使っている最中は何かに引っかかりそうで使い勝手が少し悪かった。いっそうのこと切ってしまっても良いかもしれない。

KIMG0909.JPG

というわけでアリエクスプレスでサイクルグローブを買ってみたが今回のはアタリだった。サイクルグローブは消耗品な部分があるので、これであれば次回以降も買ってみようと思った。ちなみにカラーは今回のレッドのほか、ブルーとグリーンでサイズはM、L、XLの3種類があった。

2019年10月14日

ミシュラン・プロテック(シティタイヤ)の感想

今年オーバーホール作業を行った10年選手のサス付きジャイアント製クロスバイク、「GLIDE R3(2008)」で使用しているシティタイヤのミシュラン・プロテックの特徴がつかめたので簡単に再レビューしようと思う。ちなみにこのプロテック。ネット上だとAmazonや楽天にレビューがあるぐらいでブログ等にはほとんどない。やはり有名所はパナレーサーのツーキニストやシュワルベのマラソンあたりだからマイナーの部類なのかな。

KIMG1429.JPG

ミシュランのプロテックはミシュランが展開する自転車用タイヤの中でも「シティツーリング用」に部類されるもので、マウンテンバイク用の26インチ用とクロスバイクの700C用のほか、小径車用も含めて合計6種類のタイヤサイズが販売されている。ミシュランの自転車用タイヤといえばロードバイク用のプロシリーズとか廉価版トレーニングタイヤのリチオンが個人的に思いつくのだが、そういう完全なロード用ではなく街乗りや通勤で使うマウンテンバイやクロスバイクにミニベロ、あるいはツーリングメインのロードバイク用のタイヤといったところ。

KIMG0614.JPG

タイヤそのものには鋭利なトゲからチューブを守るプロテクションが内蔵されており、トレッド下に厚さ1mmのパンク防止補強が施されている。また、夜間でも車から目立ちやすいようにサイドには反射塗料が塗られていて横からのアピールも十分だ。

で、早速レビュー。外観からタイヤそのものはミシュラン独特のモチモチ感が少し感じられ適度にグリップしそうな感じ。購入したタイヤ重量は32Cでカタログ値600gもあるためかなり重たい。トレッドはシティサイクルのように溝が掘ってあるのだが回転方向に指定があってこのあたりは転がり抵抗の良さに影響していそう。

KIMG0615.JPG

実際走ってみると漕ぎ出しはロードバイクのリチオン3と比較すると明らかに重たい。ただしこれは街乗り用であり、そんなにレーシーな走りをしないと思うのでそういった面では不満はないように感じた。ロードノイズはブロックタイヤのようなブォーという音が少し感じられ、時速30km以上では結構大きめになる。リチオン3のロードノイズだと心地良く感じたのだがこちらはちょっと不快に思えた。ただしあくまで街乗り用タイヤであるのでそんな高速移動しないのであれば問題ないだろう。巡航性能としてはある程度スピードが出るとそれなりに回ってくれるので(マウンテンバイク用のブロックタイヤのような明らかなタイヤ抵抗感はないので)快適だ。タイヤ幅も結構広めなのだが実際転がすと路面と接地するのはロードバイクのように狭く、実際は2cm幅ぐらいしかないためこのあたりも転がり抵抗に影響しているのだろう。

KIMG1431.JPG

摩耗に関してはすでに800kmぐらい走ったが後輪が気持ち減ったかなぁという程度で耐摩耗性もけっこうありそうだ。ロードバイク用のリチオン3と比べると明らかに減りは遅い。乗り心地も耐パンクタイヤにしては比較的柔らかかった。

総評としてはタイヤそのものは重いのだが街乗り用タイヤとしては申し分ない性能で個人的にはオススメだと感じた。値段も1本2200円(税抜)と比較的安いのでこのあたりからもお手頃といえそうだ。街乗り用の700Cタイヤを探している人はお試しあれ。サイズ展開は700Cが28C、32C、35Cの3種類。マウンテンバイク用の26インチは26×1.40と26×1.85の2種類。小径車用に20インチ用が1種類ある(20×1.50)。

2019年08月11日

ミシュランのラテックスチューブ(エアコンプ)を試してみた

昨年から導入したミシュランのトレーニングタイヤの「リチオン3」。ちょうど3000kmぐらい走行したので管理人の体重が重いことを考慮して交換時期と判断。同じタイヤを物色していたのだが、ここでラテックスチューブというチューブがあることを知った。なんでも一般的な黒いブチルチューブに対して振動吸収力があり乗り心地が良くなるのと、万が一パンクしてもスローパンクになってかなりの距離を走行可能とのこと。これ以外にも軽量だったりとメリットがあるため物は試しで使ってみることにした。ちなみに良いことばかりではなくデメリットもあり、値段が高いことと、すぐに空気が抜けやすいのと扱いを丁寧に嵌め込まないとすぐに破裂したり穴が空いたりなどデリケートな部分もある。

KIMG0866.JPG

国内でミシュランのラテックスチューブを買うと2000円ぐらいだが、イギリスの通販サイト、Wiggleだと1000円ぐらいで購入可能だ。タイヤのリチオン3も1800円ぐらいなので送料無料の6000円以上にするには丁度いい。ラテックスチューブは初めてなので失敗しても大丈夫なよう3つ注文した。

KIMG0867.JPG

ホイールのリムテープも丁度いい時期なので交換した。リチオン3はリチオン2以上にビートが固く、タイヤをはめるのに相当苦労した。ブチルチューブではタイヤレバーで無理くりはめることができるが、同じ要領でラテックスチューブをやるとそれが原因でチューブに亀裂を作ってしまいいざ空気を入れようとしてもダメダメになってしまった...このあたりはネット情報どおりのデリケートな部分だったがここまで気を使わないといけないのにはびっくり。仕方がないのでタイヤレバーは慎重に極力使わず、手の力をメインではめることに。作業完了したころには手に豆ができて、四日間ほど片方の指が筋肉痛になった。

実際に走行してみての感想だが若干振動がマイルドになったかなぁという感じ。一番感じたのは舗装路でも劣化してブツブツが出た状態の砂利道のようなところで幾分振動が抑えられているのを感じた。ただそれ以外ではほとんど変わらず思ったほどでもなかった。まぁそれでもパンク時にスローパンクでしばらく走行できるらしいからメリットはあったのかなぁ。ミシュランのラテックスチューブは22C〜23C対応で、25Cには本来非対応。これに無理やり使用したのでゴムが薄くなってラテックスチューブのメリットがなくなっているのかもしれない。次回交換時は25C対応のVittoriaのラテックスチューブを試してみようと思う。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
2019年11月(5)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
タグクラウド