2019年02月01日

旭川と自転車と観光 道北新聞地方欄より

2019年2月1日の道北新聞・朝刊の地方欄にタイトルのコラムのような記事が載っていた。

北だより.jpg

たぶん旭川担当の記者が書いたものだが、旭川で趣味として自転車に載っている人なら結構思っていそうな内容で、管理人も同じようなことを感じている。要約すると「旭川には河川敷などに多く自転車で走れる道が装備されており、観光はもちろんサイクリングイベントなどで自転車道を利用して旭川に人を呼び込めるコンテンツではないか?」というもの。



実際のところ旭川のほとんどの河川敷には自転車が快適にかつ安全に走れるアスファルトの道が整備されており、歩行者やランナーはいるものの車の心配もなくかつ信号機もないので特にサイクリングにはもってこいだ。これだけだと川沿いで面白味が無くなるので車通りの少ない道を組み合わせれば目的地までの観光に使えると思う。残念なのは旭川にこれだけのサイクリングに適した道が整備されているにもかかわらずそこまで利用している人が少ないという点だ。地方都市ということもありマイカーが中心という点も影響しているのかもしれない。加えて旭川市自体も(少し前はあったが)イベントがほとんどなくこのコンテンツの有用性を認識していないのかあるいは活かし切れていないと言わざるを得ない。

現在、北海道では地域活性化などを目的にサイクリングイベントを精力的に行う自治体が増えてきている。それは旭川市のような立派な河川敷を持たない自治体ばかりである。旭川でもほかの自治体を見習ってかつ協力や共同という形で広域でサイクリングイベントなどを企画することでもっと人を呼び込めるような活動をすべきと考える。

2018年11月03日

札幌市の「豊平川サイクリングロード」にいってみた

月日が立つのははやいもので2018年はもう11月となり例年であればもう雪が降る頃なのだが...今年の北海道は例年よりも暖かくまだまだ雪が振りそうにない。特に今週末の連休は全道的に暖かくサイクリングできそうな天気。ということで車に自転車を載せて輪行サイクリングを行うことにした。最近はめっきり行かなくなった北広島市と札幌の間位にある「北広島サイクリングロード(エルフィンロード)」が第一候補だったのだが、そのうちの施設である「自転車の駅」の営業がなんと10月30日で終了していることが判明(※例年なら雪が降り始めるので妥当ではあるのだが)。急遽予定を変更して札幌市の豊平川沿いにある「豊平川サイクリングロード」にいってみることにした。ここは以前から一度は行ってみたいと思っていた所で今回が初となった。



さて、豊平川サイクリングロード入り口付近で車を無料で止めておけそうな場所探しなのだが、これだけ大きい都市だと小さな公園の駐車場はすぐに埋まる可能性があるため大きな公園を探すことに。最も手頃なのは河川敷の駐車場なのだが、中心部にいけばいくほと交通量が増えてまた知らない土地なので迷う心配もありこれは却下。最終的には今回は札幌の北部に位置する「モエレ沼公園」にした。ここはGoogleマップの航空写真からみてもかなり大きめの駐車場を持っていて問題なしと判断。Androidスマフォの無料ナビアプリでここを目的地とし自宅をスタートした。移動時間はおよそ3時間ぐらいで7時30分に出発し途中休憩も含めて現地には10時30分ぐらいに到着した。

KIMG0393.JPG

駐車場は東駐車場という公園の東側に位置する駐車場を利用した。かなり広い駐車場でこのようにほとんど車が止まっていなかった。

KIMG0394.JPG

向かいに見える建物でちょっとしたレンタルサイクル(※有料)をかりれるそうな。公園内はかなり広いので自転車がちょうどいいらしい。ここから起点に豊平川を目指す。Googleマップで最短ルートを出してみたが、その道路はちょうど河川敷が工事中なのか大型ダンプの交通量が半端ない。仕方なく歩道をゆっくり走ることにした。

KIMG0398.JPG

しばらく走ってようやく河川敷らしき場所に到着(こちらは左岸らしい)。普段慣れている旭川の河川敷と違って堤防上は一般車両が通行可能となっており仕様の違いにとまどった(旭川では堤防上側も一般車両は通行禁止)。また、サイクリングロードに降りる部分もこのあたりは未舗装で砂利道となっていてかなり利用しづらかった。

KIMG0401.JPG

豊平川サイクリングロードはモエレ沼公園側を走ってみたのだが幅が狭めで旭川でいうと「層雲峡サイクリングロード」とか、神居古潭まで続いている「旭川サイクリングロード」に準じた広さ。自転車オンリーなら良いのだがここに歩行者、ランナー、ペット連れ、子供というありとあらゆる人たちが行き来していたため結構走りづらかった。

KIMG0403.JPG

途中、ところどころで公園施設があるのは旭川と同じで河川空間の有効利用がなされていた。

KIMG0405.JPG

堤防沿いは一般車両が通行可能な道となっていて制限速度は50kmだった。ここを走るロード乗りを見かけたがさきひどから大型ダンプがひっきりなしに通るためここを通るのは今回はパス。

KIMG0407.JPG

駐輪場があったり

KIMG0406.JPG

遊具があったり

KIMG0404.JPG

草に路面が侵食されて細くなってたり...

KIMG0413.JPG

路面には自転車の進行方向と通路区分。歩行者も同様にペイントされているのだが歩行者が二人以上だとあまり守られておらず自転車で追い越す際は要注意だ。

KIMG0414.JPG

堤防の上を見渡すと大都市らしい高層マンション群がちらほらみえて景観はかなりよかった。

KIMG0416.JPG

川の向こう側の景色。

KIMG0415.JPG

札幌の地酒「千歳鶴」の建物も。

KIMG0417.JPG

途中にパークゴルフ場があるのも旭川と似ていた。

KIMG0418.JPG

だんだんと中心部に近づくと高層の建物ばかりになる。旭川の河川敷だとこういった風景は殆どないのでかなり新鮮だった。とこのあたりで予定時間になったためUターンを検討。距離にして10km程度走っただろうか。



ちょうどトイレも行きたくなったのでローソンで一休み。このあとは反対側のサイクリングロードから戻ることにした。ここでも旭川との違いを感じたのだが、

KIMG0423.JPG

旭川の河川敷だと橋があって歩道からすんなりと河川空間に入れる仕様なのだが、札幌の場合はそうはなっておらずしかも歩道が狭い場合もありこれもまた利用しづらかった。

KIMG0421.JPG

入りづらい入り口を越えてこのスロープみたいなのを沿って進むと反対側のサイクリングロードに出る。

KIMG0424.JPG

反対側(右岸)は走行空間が歩行者と自転車とで完全分離されておりかつ広いのでかなり走りやすかった。

KIMG0425.JPG
KIMG0426.JPG

右岸も同様に河川公園となっていた。

というわけで移動時間の関係上、2時間程度サイクリングをしてみたがはじめ走った左岸は路面が細く走りづらいものの景色は都会らしいものが見れてかなりよかった。折り返し後の右岸は路面がかなり広めでこちらであれば結構楽しめそうに感じた。ただ、全体的にサイクリストよりもランナーの数が多く、ランナー>>>サイクリスト的な状況だったのでスピードが出せない点や追い越しの際には特に注意が必要と感じた。機会があれば来年も行こうと思う(次回はJRか高速バスで輪行してみたい)。

2018年06月27日

美瑛川サイクリングロード(仮称?)に行ってみた

旭川市のとなりに位置する美瑛町。近年は「青い池」や丘陵風景などにより人気の観光地となっているがこれと同時に自転車によるまちおこしも行っておりサイクリングイベントの「丘のまちびえいセンチュリーライド」は今年で第9回を迎える長寿イベントとなっている。その美瑛町は元々サイクリングとして人気だった丘陵地帯の反対方向である「青い池」方面にもサイクリング需要を見いだせないかと既存の河川敷空間を利用したサイクリングロード計画が平成27年から進行中で一応一段落したとの情報を得たので実際に見に行ってみた。
続きを読む...

2018年05月17日

旭川駅前レンタルサイクル 2018年は4月28日からスタート

旭川市では駅がリニューアルした2015年から駅内のJR旭川駅東改札口向かいにある観光案内所(旭川観光物産情報センター)にてレンタルサイクルを実施している。これができる前までは常盤公園隣の「川のおもしろ館」の駐車場の一角に設けられたスーパーハウスのような建物内で無料のレンタルサイクル(ママチャリ)があったのだが、この駅前レンタルサイクルができてからは消滅した。ゆえに駅前レンタルサイクルがその後継ではないかと管理人はみている。

で、北海道の旭川市では冬期は積雪のため自転車を安全に乗れないため当然のことながらレンタルサイクルもお休みとなるのだが、雪解けが進み自転車が乗れるようになるとそのレンタルサイクルもスタートする。毎年雪解けの進み具合で開始時期が前後するのだが、2018年は比較的雪解けがはやくレンタルサイクルも4月28日からのスタートなった。

旭川市レンタルサイクル.JPG


レンタルサイクルを運営する旭川コンベンション協会の公式サイトの告知を見ると...

---------------------------------------------------------------------------
貸出期間 2018年4月28日(土)〜10月末頃

※気象・積雪状況により終了日が前後する場合があります

受付場所 旭川観光物産情報センター(JR旭川駅東改札口向かい)

受付時間 5月、10月 9:00〜17:00
6月〜9月  8:30〜17:00

料金
種類 シティサイクル          500円(1日) 保有台数 12台
スポーツサイクル(クロスバイクタイプ)1000円(1日) 保有台数 20台


※シティサイクルは延長の場合も1日あたり同額、最大3日まで利用可能です。
※保有台数の内、修理・点検などのため貸し出しを行えない自転車もあります。
予めご了承ください。
---------------------------------------------------------------------------

となっている。ここで気になったのが自転車の写真。3年前に取材に行った時はオレンジ色のエスケープエアという軽量クロスバイクだったのだが、この写真のやつは明らかに違う。調べると2018年モデルのエスケープR3らしく、2017年か今年に導入した気配が濃厚だ。保有台数は前回取材時と変わってないので、それまであった自転車で傷んだものとの入れ替えだろうか。スペック的にはエスケープエアよりは重量や少し劣るものの車重10.7kg(※フレームサイズ465mm)の軽量ボディに24段変速&パンクの心配のなさと軽快さを両立する28Cタイヤで軽快に走行可能だ。定価は税抜き5万円するのでこれを1日一杯借りても1000円という良心価格は非常に魅力的かと思う。借りる時は観光案内所に入って円卓の係の人に「レンタルサイクルを借りたいのですが」と申し出ると手続きしてもらえる。

ちなみにネット情報だとクロスバイクタイプは日をまたいで借りることができず1日で一旦返す必要があるらしい。普通のシティサイクルであれば3日まで連続で借りれるようだ。あとは予約はできない。さらにクロスバイクには無線式のサイクルコンピューター(スピードメーター)が後付で備わっているため、スポーツサイクルの性能と合わせて快適なサイクリングを楽しめそうである。旭川に来てレンタルサイクルで河川敷や市内を回ってみようと思っている人にオススメなサービスだ。

2018年05月13日

美唄市 自転車持ち込み可の宿泊施設が誕生

ここ近年、全国的に自転車を使った地域振興や地域活性化をはかる自治体が増えてきているが北海道でもその傾向は強く見られるようになった。特に人口の少ない市町村でその傾向は見られ道内や本州からの自転車愛好家や海外からのサイクリストを呼び込もうと試行錯誤している。

北海道の空知総合振興局(旧空知支庁)にある「美唄市」ではこの度、自転車を部屋に持ちこんだり無料の工具で修理調整ができるなどサイクリストに特化した宿泊施設が誕生した。元々は温泉宿泊施設の「ピパの湯ゆ〜りん館」があるところで、ここの別館として新規に建造。客室は全8室(写真のようなツイン部屋で全16名対応)と少々少なめだが盗難の危険性があるスポーツ自転車を部屋にそのまま持ち込めるため、特に高級ロードバイクを持っている人には嬉しい宿泊施設だ。

c508dd2ba53e43248e540e4f9d58b8e8.jpg
※画像は北海道新聞より


建物は鉄骨造2階建てで、ラウンジやリペアスペースも設置(工具は無料で借りられる)。このほか施設内のレンタルサイクルターミナルではクロスバイクやロードバイク、冬に強い極太タイヤのファットバイクなどのスポーツタイプのレンタルサイクルも用意し、自分の自転車がない人でもサイクリングを楽しめるようになっている。また、温泉宿泊施設の別館のため本館に行けば温泉にも入れるそうで、サイクリングで疲れた体を癒やすには嬉しい仕様だ。

美唄市は元々高度経済成長期に石狩炭田の一部として炭鉱で発展したまちだが、ピーク時約9万人居た人口は今では3万人を切るなど特に炭鉱閉山以降は急速に衰退したまちである。空知管内では似たようなまちが多いのだが、美唄市ではひとつの観光政策として2017年度から「サイクルツーリズム」(自転車による観光)の推進に向けてサイクリングガイドの養成やイベントの開催など自転車愛好家の受けれ態勢づくりを本格化している。今回の宿泊施設もこれに絡んだものだ。総事業費・約1億2千万のうち6千万は地方創生拠点整備交付金からの補填で美唄市をあげての宿泊施設の誕生となった。北海道新聞によれば美唄市は2017年の7月にはサイクリングガイド養成講座を実施し、同10月には美唄市初のサイクリングイベント、「びばいカントリーライド」を実施するなどサイクルツーリズムを本格化させているようで、この宿泊施設も人気となっていくかもしれない。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
2020年12月(1)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
タグクラウド