2020年08月09日

旭川市・駅前広場駐輪場が24時間利用可能に(※試験運用)

旭川の中心部、駅のすぐ目の前でかつ駅前イオンの隣で買物公園通りの始点に位置する無料の駐輪場が2020年8月3日より11月30日まで試験運用ではあるが24時間利用が可能となった。

116108605_2709340869348956_8464036603370230626_o.png

駅前広場駐輪場は旭川駅舎を含めた駅前広場の再開発時にそれまでの旧交番横から既存の駅前駐車場の1F部分に新設され、1Fを駐車場、2Fを有料駐車場という形で利用可能となっていた。ただ、駐輪場に関しては防犯の観点なのか利用可能時間が設定されていて、夜中となる午前5時から翌日の午前0時45分までの利用は不可能だった(施錠され物理的に進入不可)。これが通しの24時間いつでも利用できるようになった。


続きを読む...

2020年07月26日

旭川・氷点橋周辺に自転車通行指示帯(矢羽レーン)が整備

旭川市における車道上のブルーレーンの記事は過去に4条通りとイオン西とで2回ほど書いているが、今回新しい整備区間を見つけたのでこのブログでも取り上げようと思う。

ちなみに(前回記事でも書いたが)このブルーレーン。矢羽レーンとか単に矢羽など色々呼び方があるのだが、本州にあるような自転車専用レーンとは異なる点に注意されたい。自転車専用レーンとは自転車しか走れない専用の道路のことで、かつ自転車専用レーンがある場合は歩道走行が許可されず専用レーンしか走れない。すなわち自転車専用レーンがある場合は絶対に自転車専用レーンを走らないと法律違反となる。一方でこのブルーレーンは自転車専用レーンとは全くの別物で、自転車が走る際のガイド的なものにすぎない。よってこのブルーレーンがあるからといってかならずそこを走らなくても問題ないのである。あくまで(車道上をスピードを出して)走りたい人はブルーレーンを。ゆっくりな速度で歩行者に十分注意できる人は従来どおりの歩道走行でも大丈夫である。北海道で自転車専用レーンを整備すると冬の積雪期間でもその道路は自転車しか走れなくなるため、物理的に難しいというのが現状である。

KIMG2107.JPG

さて本題に戻って、見つけた場所は氷点橋の周辺(氷点通り)とこれがクロスする道道237号(花街道)の一部。周辺には三浦綾子記念館や道の駅、大雪アリーナやダイハツなどが立ち並んでいる。

cycle_network.png

旭川市の自転車ネットワーク計画上では緑の楕円で囲ったあたり(画像はクリックして拡大可能)。

KIMG2109.JPG

既存のブルーレーンと同じく交差点付近では矢羽が多くなって自転車が走ることを強調表示。

KIMG2118.JPG

車道上の停止線付近では少し前にブルーの停止線が描かれていた。

KIMG2113.JPG

ダイハツ付近の様子。場所によっては路肩が狭い部分もあり、道路が混雑しているときは車道を走りづらいかもしれない。

KIMG2120.JPG

氷点橋付近は路肩があるものの狭め。

KIMG2116.JPG

国道237号に面する日産のディーラーではちょうど積載車が作業中だった。素晴らしいことにレーンの外側できちんと作業していた。

というわけでまた旭川市でも矢羽レーンが増えたわけだが、部分的に整備するのではなく、一筆書きを描くように道路道路で繋がっていないとブルーレーンの効果が得られにくい点がある。予算の兼ね合いもあるかもしれないが計画上のとおり広大な整備が望まれるところである。

2020年07月12日

スターバックス 旭川大雪通店が建設中

スターバックスというと街中や都心にあるイメージが個人的に強いのだが、最近はその真逆で駐車場を完備し、ドライブスルーを併設した郊外店が目立つようになってきている。理由は都心型がコンビニの100円コーヒーと競争激化で飽和状態となり、2014年あたりから郊外店の出店を加速しているためである(日本経済新聞より)。
ここ旭川市でも郊外型スターバックスは既に2店舗あり、今回の大雪通店で合計3店舗。駅前イオンや西イオン、旭川医大の中に入っている非郊外型の既存店とあわせると合計6店舗という多さとなる。

KIMG1997.JPG

場所は大雪通の不二家があるすぐ隣で、近隣にはスーパーアークスパルプ店やケーズデンキ、ヤマダ電機、モルメンでおなじみのラーメンのひまわりなどが立ち並ぶ。敷地は4条方面に向かって左手にあるため永山方面から街に向かう場合は入りやすいと思う。逆にここは週末になると交通量がかなり増えるため街中から来て右折で入ろうとすると大変かもしれない。

KIMG1998.JPG

敷地はかなり広めで、少なくとも東光店よりは駐車場の数は多め。北彩都店に比べると駐車場はいい勝負だろうか。

goolge_map_star-taisetu.png

googleマップで上から見ると敷地は結構広め(砂のような部分が該当敷地)。求人は既に募集が始まっていて、公式ページによればオープンは2020年秋とのこと。

2020年03月15日

ホームセンターの自転車 2020年度版

前回の記事では例年にないくらい雪解けがはやい3月ということでドン・キホーテのファットバイクを見に行ってきたが、今回はより一般的なホームセンターの自転車コーナーを見てきた。自転車は春先によく売れるがとりわけ積雪地域では雪解けシーズンと重なるためそれが顕著だ。ホームセンターの自転車コーナーは3月〜4月、5月あたりが販売盛んになる。その証拠にチラシを見ると一面の自転車広告が確認できる。

chirashi_01.jpg

こちらは今回訪れたDCMホーマックのチラシ。自転車だけの特集チラシとなっていておもてにはノーパンク自転車が29800円とある。その他に大きなカゴやLEDライト、ローラーブレーキ、サビに強いなどの謳い文句が並べられている。ワンランク下のパンクしにくい自転車でも19800円とさすがに1万円以下に比べるとちょっと高く感じるかもしれないが機能性と価格面のバランスは取れているように思う。

chirashi_02.jpg

うらはクロスバイクや小径車、カジュアル系のものと電動アシスト自転車のチラシとなっている。では実際に見てきたものはというと...

KIMG1786.JPG

29800円のノーパンク自転車。

KIMG1785.JPG

他には13800円の折りたたみ式小径車。カラーリングが豊富なのでそこが魅力的に思えた。

KIMG1780.JPG
KIMG1781.JPG

パンクしにくいタイヤを履いたママチャリ&シティサイクル。値段は19800円。最近の傾向としてシティサイクルでもダウンチューブに何かしらのロゴだったり文字が入っていることが多い。

KIMG1782.JPG

19800円の700Cタイヤのクロスバイク。変速は外装6段。7段仕様は24800円。

KIMG1783.JPG

もうひとつ。カゴ付きのクロスバイク。値段は22800円となっていたがフレーム形状が独特でトップチューブが最近のロードバイクのようななめらかな曲線を描いてた。最近ではホームセンターでもこのようなフレーム形状のものが売られているようだ。

KIMG1784.JPG

最後はこれ。26インチのママチャリだけどタイヤが極太になっていた。最近の傾向としてクロスバイクではちょっと太めのタイヤを純正で採用して乗り心地を向上させるのがあるが、ホームセンターでもその流れに乗ったのか目を引くものがあった。ママチャリはそんなにスピードを出さないだろうからこれはいい組み合わせに思えた。

というわけでホームセンターの自転車をチラッと見てきたが価格の割に良くできている印象を受けた。主に通学や通勤がメインだろうからシティサイクルが中心でかつ耐パンク性能に重点が置かれると感じた。普段使いの足としても魅力的に思えた。


2020年02月19日

旭川の西武跡地が開発中

旭川の西武は2016年に閉店した。跡地取得やその再開発でしばらく何も進展がなかったが少し前駅側のB館跡地を前田住設が取得。ホテル中心の複合施設になる予定だったが、反対側のA館跡地についても地元出身企業のツルハホールディングスが取得。こちらもツルハ店舗とカフェ、テナントやビジネスホテルが入る複合施設となるようだ。というわけで今年の旭川・冬まつりのついでにチラッと外観を見てきたので現状をご紹介。

KIMG1736.JPG

A館跡地のおそらく1Fはツルハ店舗となる。名称は「ツルハ旭川中央店」となるようで、このように大きな看板が設置されている。

KIMG1735.JPG

A館跡地はエクス(旧・長崎屋旭川店)の真ん前にあり、現在はテナントとして1Fにツルハドラッグが入っている。複合施設完成後はこちらに移転すると思われる。なお、少し前には旭川駅の直ぐ側に似たようなホテルと店舗(生食パンの乃が美はなれやエステティックTBC、駅前留学NOVA)が入る複合施設、ツルハビルディングをオープンさせており、ツルハの複合施設としては駅前に2店舗目となる模様。オープンは2021年を予定している。

KIMG1671.JPG

反対側のB館(イオン旭川駅前の向かい)は上述のとおり前田住設による複合施設が建設中。最近の傾向として駅前の再開発施設は単体ではなく宿泊施設とお店、住居と店舗など組み合わせたものが流行っているようだ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別アーカイブ
2020年09月(2)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
タグクラウド