2018年02月18日

旭川市の人口が 34万人割れ。北海道の転出超過は22年連続

地元のローカル新聞、「北海道新聞」で管理人のまちのニュースが載っていた。タイトルにもした34万人割れの数字は「住民基本台帳に基づく人口が2月1日時点」なので、他のデータと乖離がある場合もあるが、かつてのピーク時は1986年代に36万人を越えていたことからそこからゆるやかに人口減少していることになる。

hokkaido.jpg

旭川市は北海道の中でも人口が第2位の都市で、その次は観光で有名な函館市の約26万人。ちなみに第1位の札幌市は約195万人とトップと2番手の間に約160万人ものの開きがある(いずれも住民基本台帳の人口データより)。

もう一つ。興味深い記事があって同じく北海道新聞のものだが、北海道の転出超過(人の転入よりも転出が多い)が22年連続となったこと。今年の内訳は釧路市が1023人で第1位。第2位は旭川市で830人。逆に札幌市は転入超過となって8779人。全国の市町村からみても第3位となっていて北海道では札幌市に人口の一極集中が起こっている。

記事によれば旭川市の人口減の原因は少子高齢化が原因となっていた。全国的にも人口減は大きな問題でありとりわけ北海道ではそれが顕著だ。また、この人口減というのは1年や2年ですぐに対策ができるものではなく、長期のスパンで対策をとらないとさらに加速化するため人口減で影響が出る経済や働き手不足、高齢化、行政サービスの縮小など悩ましいところである。

ところでなんで今回はこの話題を出し方というと、たまたま自転車に関係のある話題を「脱クルマ」をキーワードにネットを調べていたらこんな本を見つけたためだ。それは藤井聡教授が書いた「車を捨ててこそ地方は蘇る」という本である。

KIMG0908.JPG

興味を惹かれたので早速市内の大型商品で買ってきたのだが、今回の人口減に関連することを端的に言うと「クルマ社会が地方を疲弊&衰退させ大都市部への一極集中を招いている」そうだ。まだ半分程度しか読んでいないため全体の感想は次回に持ち越すとするが、クルマ依存のまちづくりは一見便利で快適だから良いようにも見えるのだが、実はそこに大きな落とし穴があって地方都市の衰退につながっているとのこと。
考えてみるとこの旭川市も基本的にはマイカー利用者が多く、札幌のように市電や地下鉄が無く唯一の路線バスは不便で郊外付近にはマイカー前提の「イオン」があり、他のお店も幹線道路沿いに大型駐車場を完備したタイプとなっている。マイカー依存は中心部から郊外の店舗へ人を移動させ街をドーナッツ化させる原因となり、日本初の高給歩行者天国である「買物公園」もこの影響を受けて(特にイオンの影響は大きいとされているが」いると思われる。

そしてクルマ社会の反対の位置にあるもののひとつとして「自転車の活用」がある。クルマに依存しない「コンパクトシティ」では自転車が有用な移動手段とされている。旭川市をはじめ北海道などの雪国では積雪のある冬期において自転車の全面活用は少しむずかしい部分もあるだろうが、人口減と関係のある地域経済の疲弊や衰退を考えると取り組まなければならない課題であるはずだ。

DSC_0434.JPG

奇しくも「旭川市自転車ネットワーク計画」のひとつである「自転車の走行区間の整備」が去年からはじまったところで、ただのペイントに終わらない自治体や地域ぐるみでこの問題を考える分岐点に来ているのかもしれない。

※今回の記事や問題点などを探すうえで自転車と脱クルマをテーマに書かれているブログサイト「脱クルマで地方は豊かになる!」を参考にしました。気になった方はこちらも読んでみてください。

2017年05月17日

【イギリス・ロンドン】 自転車を故意にひいて重症 犯人は禁固刑

自転車レーンが整備され変貌を遂げたイギリス・ロンドンでショッキングな事件が発生した。タイトルにも書いたように自動車に故意にひかれ被害者は重症。犯人は禁固刑と4年半の自動車の運転禁止が命じられたというもの。

cylcle_rondon.jpg
参照元:BBCニュース


ただし、参照した記事をよく読んでいくとちょっと事情があることが判明。自動車にひかれる前に自転車側は自転車に乗りながら携帯電話を使用しており、自動車の犯人がこれを非難。口論となった末に自転車の人が自動車のドアミラーを蹴った。これに対する報復で自転車をひいたことになっている。このため一概に自動車のドライバーが悪いとは言えないのだが、さすがに鉄の塊である自動車で故意にひく行為は殺人に近いものがあり、看過できるものではない。

今回のケースでは自転車側にも非があったが、似たように口論となって自動車と喧嘩しても車の方から体当たりなど攻撃を受ければ自転車側はひとたまりもない。こういった「報復行為を起こす自動車のドライバーも居ることを念頭に置いて自転車に乗る必要がある」と感じさせられる事件であった。

2016年02月19日

大阪府 自転車保険を義務化

全国自転車事故ワースト1の不名誉を持つ大阪府が自転車保険を義務化するようだ。

自転車保険を義務化した自治体といえば、兵庫県が全国初だった。兵庫県では平成20年9月、当時小学5年生の少年が当時67歳の女性を自転車ではねて意識不明の重体になった事故に対し、その母親に対して9500万円の賠償命令が出る判決が出た。この事故は全国的に有名となり「自転車でも重大事故によっては(保護者に)多額の賠償命令」というイメージが定着する大元となった。

この重大事故やこれに準ずる高額賠償事故の増加を背景に兵庫県では県レベルでの条例が制定された。一方、大阪府ではご存知の通り「自転車が絡む事故ワースト1」という不名誉の事実があり、これ以外にも全国レベルで自転車事故に関する高額賠償が増えていることが背景のようだ。

その自転車が絡む事故ワースト1を裏付ける動画がある。以前にも記事で扱ったが、大阪の街を走る自転車を自転車車載カメラで撮影した動画だ。



動画主の「危険運転 自転車実況チャンネル」さんでは既にかなりの数の違反自転車をアップロードしているのだが、そのうち最近アップロードされた2016年1月下旬の動画を見て欲しい。11分とちょっと長めだがかなりの数の違反自転車を確認できる。逆走、逆走、一時停止無視、信号無視、逆走からの信号無視、一時停止無視からの逆走などとにかくキリがない。

動画からちょっとピックアップすると...

oosaka_gyasou1.png

※車種に関係なく乗る人みんな違法状態 ロードバイクでもこのように逆走



oosaka_gyasou2.png

※「安心してください。ちゃんとヘッドホンまでしてますよ!」


このような現状でかつ自転車利用者が多い大阪府でワースト1になるのは当然であり、いずれ9500万円賠償のような事故が起きてもおかしくない。大阪府の自転車保険義務化はあまりにひどすぎる自転車利用者の実態を反映しての動きなのだろう。

条例案は2月に議会提出、7月施行を目指しているとのこと。自転車利用者に対して保険加入を義務付け、未成年者に対していはその保護者を対象とする。ただし、違反に関するペナルティ(罰則規定)はなくあくまでも努力義務となる。罰則規定が無い点は先行する兵庫県と同じだ。罰則規定が無い点から強力な条例とはいえないが、自転車の安全意識向上や万が一の事故に対する対応が期待でき、自転車利用者が多くかつ事故が多い自治体では今後似たような条例制定の動きが出てくるのかもしれない。

2014年07月20日

リアルゴールド フレーバーミックスレモン 買ってみた

普段からエナジー系の飲み物が好きでよく飲んでいるのだが、大概サントリーのデカビタCダブルチャージを買うことが多い。レッドブルやモンスター等は成分も濃く、効き目もありそうなのだがいかせん値段が高くて量もあまりない。(安い店では)100円以下で500mlと大容量のデカビタCダブルチャージは非常にお買い得なのだ。

ダブルチャージはサントリーのデカビタCの派生商品だが、デカビタCのような飲み物は他に大塚のオロナミンC、コカコーラのリアルゴールドがメジャーだろう。そのリアルゴールドに今夏派生商品が登場した。それが「リアルゴールド フレーバーミックスレモン」だ。

数年前にもリアルゴールドの派生商品として500mlペットの「リアルスパーク」というのがあったがこちらではあまり見かけず(噂ではローソン限定販売だったとか?)、買う機会を逃していたが今回大型ディスカウントショップにて本製品を発見した。新発売なので店頭の棚には「新発売!」のシールも貼ってあった。

KIMG0421.JPG


外観はこのような感じで上部がリアルゴールド、下部にレモンのイラストが書かれている。

KIMG0422.JPG


成分表記。

KIMG0424.JPG


ライバルとなるであろうデカビタCダブルチャージと比較

KIMG0425.JPG

上から比較。リアルゴールドの方が少し色が薄い感じ。

KIMG0426.JPG


コップに出してみると、やはり色が薄い。

で、肝心の味はというと「かなりあっさりめのリアルゴールド」という感じだ。デカビタCダブルチャージは、本家デカビタCのちょっと薄いバージョンみたいな味だったが、このフレーバーミックスは名前の通りレモンと混ざっているのでダブルチャージと比べると薄く感じる。もっと的確に表現すれば「CCレモン+リアルゴールド」というのがシックリくるだろうか。この手の飲料にありがちな特有のクセがなく、誰でも飲みやすい味だ。リアルゴールドの濃さを期待して買うと、後悔してしまうがこれはこれで美味しいので、デカビタCダブルチャージに飽きたら変化球的に買いたいなぁと感じだ。

ちなみに成分を比較してみると....


本家リアルゴールド
---------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、はちみつ、ローヤルゼリー、高麗人参エキス、香料、クエン酸、ビタミンC、アスパラギン酸Na、ナイアシン、グルタミン酸Na、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンP、フェニルアラニン、イソロイシン、スレオニン

エネルギー 56kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 14g
ナトリウム 3〜8mg
ビタミンC 21mg
ナイアシン 9.0mg
ビタミンB2 0.8mg
ビタミンB6 0.8mg
ビタミンP 0.8mg
アスパラギン酸 11mg
---------------------------

リアルゴールド フレーバーミックスレモン

---------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、ローヤルゼリー、高麗人参エキス、香料、クエン酸、ビタミンC、アスパラギン酸Na、
カロチン色素、グルタミン酸Na

エネルギー 44kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 11g
ナトリウム 0mg
ビタミンC 20〜50mg
アスパラギン酸 11mg
---------------------------
※成分表記はいずれも100mlあたり

となっており、フレーバーミックスレモンは本家ほどエナジー成分が少ないようだ。ただし、アスパラギン酸は同じ。


ライバル デカビタCダブルチャージは...

-----------------------------
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、ローヤルゼリーエキス、酸味料、ビタミンC、香料、カフェイン、ナイアシンアミド、パントテン酸Ca、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6、ビタミンB2、スレオニン、グルタミン酸Na、β−カロチン、ビタミンB12

エネルギー(100mlあたり) 49kcal
たんぱく質(100mlあたり) 0g
脂質(100mlあたり) 0g
炭水化物(100mlあたり) 12.2g
ナトリウム(100mlあたり) 16mg
カフェイン(100mlあたり) 約10mg
カリウム(100mlあたり) 1mg未満
リン(100mlあたり) 1mg未満
ビタミンB6(100mlあたり) 0.9mg
ビタミンC(100mlあたり) 80mg
ナイアシン(100mlあたり) 7.3mg
パントテン酸(100mlあたり) 0.5〜3.5mg
-----------------------------

となっていて、成分的にはダブルチャージの勝利(?)かな。

最後にこの手の商品はカロリーがかなり高いので、飲み過ぎには充分ご注意を。

2014年04月06日

Radikoプレミアム 全国のラジオ局が聞ける!

ラジコ(radiko)はラジオのAM,FM放送をネットワークで配信(サイマル配信)し、パソコンやスマートフォンなどから聞けるサービスである。

rajiko_p.png


radikoの魅力はラジオが無くてもパソコンやスマートフォンがあれば気軽に聞ける点、またAM放送だと音質がFMに近いくらいクリアになって音楽もクリアーな音声で聞ける点が魅力だ。ただ、これまでは(震災時を除き)住んでいる地域で聞ける放送局のみ(たとえば北海道ならその地域で受信できる HBC、STV等のみで)で、他地域の放送は聞けなかった。これが4月からプレミアムサービスとして聞けるようになったのだ。

その局数は全国各地の60局。関東にいながら北海道のHBCラジオが聞けたり、琉球放送(RBC)が聞けてしまうのだ。これはかなり画期的なことで、故郷のラジオ局(ローカルな話題)を聞いてみたいとか、引っ越しでそれまで住んでいた地域のラジオ局を聞きたいとか、あとは昔よくあった夜になったら聞こえた深夜放送のラジオも、ラジコでクリアに聞けるようになる。

ラジオ局にしてみれば、これまでのリスナーがローカル地域だけだったのに対し全国規模へと拡大する。番組へのお便りが全然違う地域から来ることもあるだろう。それによりCMや番組内でその地域のものを宣伝すれば、これまで以上の宣伝効果も見込める。radikoが登場する前では考えられなかった新たなビジネスが誕生しようとしている。

なお、Radikoプレミアムは月額350円(税抜き)の課金制だが初月は無料となっている。お試しで1ヶ月は気軽に聞けるので興味がある人はリンク先から登録してみよう。管理人もミラクル・サイクル・ライフをリアルタイムで聞こうと、登録してみた。

登録後はIDとパスでログインすることにより、プレミアムサービスを聞けるようだ。スマートフォンのアプリでも同様にログインして使う。

rajiko_p2.png

ラジオ本来の魅力は、テレビと違ってなにか作業をしながらBGMのように聞ける点だ。これが全国60局(しかもAMはクリアー音声)ともなればかなり魅力が出てくるのではないだろうか。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
タグクラウド