2021年07月13日

どこでもクーラーから乗り換えでメガドンキのスポットエアクーラーを購入&比較

ドンキのスポットエアクーラーはコロナのどこでもクーラーより冷えるのか?


まずはじめに結論からいうと、かなり冷える。そして使える。けど電気代と動作音は...という商品だ。だけど個人的にはマイナス部分を取っても部屋が涼しくなるので満足している。

北海道の気候の変化と湿度上昇(本州化)


管理人は北海道在住だが、近年は北海道でも蒸し暑い日が多くなり、内陸の旭川でもその傾向が年々強くなっている。本州に比べればそこまで湿度は高くないのだが、もともと蒸し暑さに慣れていない道民はとても暑く感じる。

tenki_2020_8.jpg
出典元:tenki.jp


最高気温も30度を越える日が2020年は8月に11日あり、最低気温が20度以下にならない日も10日ほどあった。中には熱帯夜に近い日も数日あって寝苦しい夜もあった。さらに9月に入っても2周目ぐらいまで8月の気温と変わらなかったためこれには参った人も多かったはず(例年ならお盆を過ぎると涼しくなるため)。

どこでもクーラーからメガドンキのスポットエアクーラーに乗り換えた


管理人はもともと暑がりで、2013年頃にその暑さ対策として手頃なコロナの「どこでもクーラー」を購入し使っていたのだが、あまりに暑い日が多くなってきてその限界を感じたため本格的なスポットエアコンに乗り換えることにした。これが今回ドン・キホーテで購入した「スポットエアクーラー」だ。

KIMG2491.JPG

※今回購入したのは2021年6月初旬だっただが、7月に見に行くと店頭在庫が1台になっていた。やはり売れているのかな?市内の大型家電量販店でもアイリスオーヤマ製の取り扱いがあり、スポットエアコンはよく売れているようだ。あらかじめ断っておくと、この手の商品は構造的にエアコンが設置できない部屋や賃貸暮らしの人向けで、エアコンが設置できるなら素直にそうしたほうが得策だ。値段も扇風機や冷風扇よりもはるかに高額だし、動作音がうるさいう問題がある。ただ、そういう環境下でなんとか部屋を涼しくしたいという場合には有用で、水を使う冷風機とは格別の冷却性能を持つ。特に北海道だと暑い時期が限られることもあるためとりあえずはしのぎたいという場合にも良いと思う。

なお、店頭で購入した際はドン・キホーテのPB商品以外にアイリスオーヤマ製のやスリーアップというメーカーのものも販売されていた。どうやら家庭用のスポットエアコンは2020年ぐらいから増え始めて2021年はドン・キホーテが参入したようだ。Amazonでもかなり種類とメーカーを確認できるがお値段は3万円〜5万円前後まであり、その中でもこのドン・キホーテ製のは3万円を切る税込み29,480円という価格設定がポイント。サイズは小さいのでメーカーにもよるが6畳から大きくて8畳ぐらいが限界。それ以外で使うと部屋全体の温度を下げるまでには至らないと思う。このあたりは窓エアコンにとても似ている。

コロナのどこでもクーラーとドンキのスポットエアクーラーを比較


さて本題の比較へ。ドンキのスポットエアクーラーそのもののレビューは他の方がやっているのでここは割愛。



上のYoutubeを参照してもらうとして、ここでは今まで使ってきたコロナのどこでもクーラーと比較をしてみる。

KIMG2712.JPG

まず外観はドンキが縦長の長方形。どこでもクーラーは横長の長方形といった感じ。フロントは両者同じく冷風が出るのだがどこでもクーラーは自動で冷風口が自動でスウィングする機能があったが、ドンキのは手動の固定式(自分である程度角度を変更可能)。ここは乗り換えるとちょっと違和感があるかも。

KIMG2713.JPG

サイドから。(初期の緑色のシールを取り忘れてるけど...)ドンキは上部に取っ手のみ。どこでもクーラーは給気口が見える。その下には排水を貯める簡易タンクになっていて満タンになると自動でストップし水を捨てる必要が発生する。どこでもクーラー反対側も同じ構造で吸気口となる(こちら側にタンクはなし)。

KIMG2714.JPG

リアが一番異なりドンキが上から吸気口、排気口、給気口。一方どこでもクーラーは排気口のみ。ドンキの方はノンドレインタイプで基本的に排水が蒸発する仕組みだが湿度が高いとそれが間に合わずドレイン部にたまるようになっている。

これが満タンになるとストップするので連続運転で湿度が高いときは、付属のドレインホースを排気口となりの口または最下部の口に取り付けて排水する必要あり(付属のドレインホースを2Lの空きペットボトルにつなげておくだけでも十分なのでそこまで難しく考える必用はなし)。

KIMG2715.JPG

上部はかなり異なりドンキがタッチパネルに設定温度表示付き。どこでもクーラーは各部LEDによる昔ながらの表示といったところ。ドンキの方はリモコンも付いているので本体のそばにいなくともすべての動作を操作可能だ。例えば寝る前に止めたけど途中で寝苦しくなって起きてスイッチを入れたいと言うときは起き上がらずリモコンから起動可能となる(ものすごい動作音で寝れるかは別問題として)。

風量はドンキが弱と強のみ。どこでもクーラーは弱、強、パワフルの3種類あるが、ドンキの弱はどこでもクーラーの強レベルの風量と動作音があり、どこでもクーラーの弱のイメージとは大きく異る。これ以外にドンキのは除湿モードと冷風モードを備える。この点はどこでもクーラーと機能的に同じ。

また、温度調節機能が付いていて、本体側で設定温度を変更可能だ。設定温度を低くするとそれに見合った冷風がでてくるわけでなく、室内温度を感知するセンサーが付いていて、設定温度になると自動でエアコンが切れて送風になる。その後設定温度よりも高くなると自動でエアコンが入り部屋を冷やすという具合だ。どこでもクーラーは常に冷やすだけだったのでこの点は省エネと室内温度をある程度保てるという点で使い勝手は良い。さすがスポットエアクーラー。

ちなみに重量はドンキが約20kg、どこでもクーラーが約13kgなのでドンキのはかなり重たい。10kgの米袋2つ分といえばイメージがつきやすいだろうか。これを2階にもってあがるのは人によっては厳しいと思う。

その分冷却能力は高く、ドンキが50Hzで25L/日、60Hzで30L/日一方のでどこでもクーラーは(※管理人の2013年製cdm-1413だと)50hzで12.0L/日、60Hzで14.0L/日。その差は2倍以上ある。実際のところ排熱問題もあってどこでもクーラーはこれよりも低いと思ってもらっていい。電気代はその分高く、ドンキが50Hzで650W、60Hzだと800Wとなる。どこでもクーラーはそれぞれ330Wと360Wなのでおよそ電気代は2倍ぐらいになる計算だ。

どこでもクーラー排気の設置方法の問題点


この手の商品ではいかに熱を逃さず外に排気できるかが重要となる。どこでもクーラーはあくまで除湿機に冷風機能が付いたモデルのため、排気口の作りがあまく純正状態では熱が漏れて排熱しきれない。これが室内温度上昇を招いてしまう。特に付属の布製の排熱ダクトも不評で気密性が無いためこれもよくない。

KIMG2717.JPG

管理人は市販のアルミ製排熱ホースを無理くり取り付けたがこれでも口の大きさが微妙に異なるので若干の排熱抵抗が発生していた。さらにすぐ上の溝になっている部分は本来除湿機の時にここを開けて上部へ温風を送れる仕掛けなのだが冷風機で使うとここから排熱がかなり漏れる。よって目張りするなど加工が必須だ。

そのため冷却能力はもともと低いのに排熱が上手くいきづらいため部屋全体の温度を下げるのはかなり困難で人1人が冷風にあたるという使い方しかできなかった。

ドンキのスポットエアクーラーの排熱方法


KIMG2719.JPG

一方のドンキのは一般的な樹脂製の排熱ダクトを使い、かつ排気口ももれないようしっかりとした作りなので漏れはかなり少ない。これを上手く外に出せればかなりの効率化が望める。

KIMG2718.JPG

ただ、設置する窓が斜め方向に開けるタイプだったので付属の設置パネルが使用できなかった。

KIMG2709.JPG

よってこのように換気扇の穴を利用し、DIYでホームセンターの樹脂パーツを買ってき丸くまわりを塞いでここに排気ダクトを差し込むこととした。本来であればアクリルパネルで作るのがベストだが今回はこれでしのぐ。

KIMG2708.JPG

設置後はこんな感じ。窓は暑い日差しが入るので塞ぎ本体は机の上に設置した。

動作音は?


この手のスポットエアコンは動作音がかなりうるさい。ドンキのやつも例外なくかなりのもの。冷却がはじまると10年以上前の安くて古い冷蔵庫と同じ「ブォーン」という音とその音量自体はどこでもクーラーと同じなのだが、ドンキのは内部にシロッコファンが付いてて、これがかなりうるさい。

扇風機に例えるとドンキの弱モードが扇風機の強風以上の音に相当する。もちろん風量自体はは強いのだが、冷蔵庫のブォーン音よりシロッコファンがうるさいといったところ。この点は致し方ない点か。

ドンキのスポットエアクーラーの感想


冒頭にも書いたがこのドンキのスポットエアクーラー。かなり冷える。冷却能力からも想像はしていたが思いの外かなり涼しい。体感的にどこでもクーラーの倍以上は涼しい感じがする。その一方で動作音はかなりうるさく、どこでもクーラーの強風がこのスポットエアクーラーの弱風に。スポットエアクーラーの強風はそれ以上でうるさいなんてもんじゃない。これは気になる人にはマイナスポイントかと思う。ただ、個人的には冷えてくれれば満足なのでそこは目をつむることにした。

ドンキのスポットエアクーラーは3万円を切る価格ながら同価格帯のどこでもクーラーよりも本格的に冷えてちゃんと設置すれば部屋の温度を下げることもできる商品だ。給気&吸気が一体型なのでどこでもクーラーと同じく気圧の高いところから空気が流入してしまう問題もあるがどこでもクーラーよりも冷却能力は高いのでよほど他の部屋が激暑でないかぎり部屋の温度を下げれないことはないと思う。動作音さえ大丈夫であればどこでもクーラーから乗り換える価値は十分にあると思う。



※追記 同じ市内でアイリスオーヤマ製のスポットクーラーを使われている方がいました。ご参考までに。↓

スポットクーラー(ポータブルエアコン)を排熱と遮熱でより涼しく。 ミーハーのこだわり
KIMG2708.JPG
この記事へのコメント
あかさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

僕のやつはこんな感じです。もともとの換気扇の口を流用しました。

その後わかったのですが排気ダクトは短ければ短いだけ熱のロスがなく良いようで、可能であれば最短ルートで外に出すと効率が良くなるようですよ😃
Posted by さすらいのクラ吹き at 2021年07月16日 16:06
ふんふん、こういう感じだったんですねー。
やっぱドンキ買っても良かったかな…

あ、私のブログのスポットクーラー投稿内に、このページへのリンク、追加させていただきました。
m(_ _)m
Posted by あか。 at 2021年07月16日 11:37
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

最新記事

地域情報ランキング

サイクリングランキング

道北ランキング
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】【簡易レビュー】街乗り用にジャイアントのマウンテンバイク、「タロン3 2020」を購入
001.jpg
【2位】ドン・キホーテのファットバイク
002.jpg
【3位】ホームセンターの自転車 2020年度版
003.jpg
【4位】ミシュラン ダイナミックスポーツの耐久性(寿命)
003.jpg
【5位】2020年のドン・キホーテ ファットバイク
003.jpg
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
QRコード
RSS取得
リンク集
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
2021年09月(14)
2021年08月(6)
2021年07月(9)
2021年06月(3)
2021年05月(6)
2021年04月(3)
2021年03月(6)
2021年02月(4)
2021年01月(5)
2020年12月(8)
2020年11月(12)
2020年10月(4)
2020年09月(3)
2020年08月(4)
2020年07月(3)
2020年06月(1)
2020年05月(7)
2020年04月(1)
2020年03月(6)
2020年02月(10)
2020年01月(8)
2019年12月(5)
2019年11月(10)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
タグクラウド
記事ランキング