2016年08月13日

第2回「北海道スイーツライドin北&中そらち」が受付中

北海道の北空知地方をメインステージとした食べる系ロングライドの「北海道スイーツライドin北&中そらち」が今年も開催決定し、受付が始まっている。

12045474_1024909057561862_3016389430178402627_o.jpg

※写真は去年の様子 公式Facebookページより


このイベントは北空知の広大なコースを巡りつつエイドステーションでご当地の甘いもの(スイーツ)を食べて北空知の魅力を感じてもらうロングライドイベント(タイムを競わない長距離サイクリング)で、第1回目は去年(2015年に)初開催された。北海道はスイーツの原材料となる食材が入手しやすい環境から札幌(石屋製菓、きのとや)、帯広(六花亭、柳月)、旭川(壺屋)、函館などに有名菓子店とローカル菓子店が存在するが、北空知にもこれに負けないぐらいローカルな菓子店が存在しこれのPRを兼ねてのライドイベントとなっている。

空知地方を舞台とした食べる系ロングライドにはもうひとつ、「北海道そらちグルメフォンド」があるがこちらはスイーツを含めた食べ物全般に対し、「北海道スイーツライドin北&中そらち」はスイーツに限定したライドイベントで、実は多いかもしれないスイーツ大好き自転車乗りには夢の様なイベントだ。

なお、参加者や公式ページの情報によると昨年開催時はエイドステーションで提供されるスイーツはかなりボリュームがあり、その多さからスタート前の「第0エイド」の提供もあったぐらいで概ね好評のようだった。人によっては多すぎて食べきれず持ち帰りの必要性も出てくるケースがあるため、バックパック(リュックサック)があったほうがいいらしい。それぐらい充実したエイド内容だ。

受付はスポーツエントリーにて申し込み受付中。昨年はショート(約40km)とロング(約100km)の2コースだったが今年はミドルコースが増えて全3種類。定員もミドルコース増設により100名増えて最大250人とグレードアップしている。ただし、ショートコースは約40kmから61kmに延長されたためある程度の体力は必要と思われる。以下に大会要領を貼り付け。

申込先:スポーツエントリー
--------------------------------------------------------------------------
申込期間 2016年08月05日 〜 2016年09月11日
郵便番号 073-0022
事務局 北海道滝川市大町1丁目8番1号 産経会館内
北・中空知ツーリズム推進協議会事務局
担当:嶋田・野口(たきかわ観光協会内)
電話番号 0125-23-0030
PR 石狩川を中心に広がる大地「北&中そらち地域」の秋のステージを舞台に、地域のスイーツを楽しみながら田園の恵みとの出会に感謝し、「豊かな自然と人々の笑顔の会話」を楽しむ「自転車ピクニック」を実施します。
大会会場 滝川ふれあいの里温泉スタート&ゴール   
住所:滝川市西滝川76番地1 電話:0125-26-2000
大会日程 AM 7:00〜 受付
AM 7:40〜 ブリーフィング
AM 8:00〜 スタート
 AM 9:20 ショートコース スタート
 AM 9:10 ミドルコース スタート 10組(1組10人)
 AM 9:00 ロングコース スタート 10組(1組10人)
〜PM 1:30 ショートコース ゴール  
〜PM 3:30 ミドルコース ゴール
〜PM 4:30 ロングコース ゴール  
※各コースゴール後、随時解散
コース ■ショートコース ≪中コース:昼食会場〜滝川市≫ 仮称:ファミリーコース
距離:約61km 参加費用:5,000円 定員:50名   
コース:滝川⇒砂川⇒奈井江⇒浦臼⇒新十津川⇒滝川

■ミドルコース≪中コース:昼食会場〜芦別市≫ 仮称:北海道遺産コース
距離:約77km 参加費用:6,000円 定員:100名
コース:滝川⇒砂川⇒上砂川⇒歌志内⇒赤平⇒滝川⇒妹背牛⇒滝川

■ロングコース≪北中コース:昼食会場〜深川市≫ 仮称:田園景観コース
距離:約100km 参加費用:7,000円 定員:100名
コース:滝川⇒新十津川⇒雨竜⇒妹背牛⇒北竜⇒沼田⇒深川市⇒滝川
--------------------------------------------------------------------------

この手のイベントではショートコースから順次定員になりやすいため参加しようと思っている人ははやめの申込をお勧めする。参加費用もこの手のイベントとしては良心的で、運営費用に加えて大量のスイーツが付いていると考えるとショートコースの5000円はお手頃かも。

普通のロングライドやタイムを競うレースでは参加者が限られ、趣味性が色濃くなってしまうが食べ物などと組み合わせると地方のPRにもつながり活性化につなげられるイベントに変化する。サイクリストの中には道外から輪行でやってくる人も居てこういったイベントは広くアピールできる可能性を秘めている。
【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド