2017年03月11日

自転車ナビルート 青山通りや山手通りなどに追加整備&交通指導

東京都内で自転車推奨ルート(自転車ナビルート)の整備が進んでいる。だいぶ前に記事した時は墨田区あたりのものだったが、今回は大幅に整備が進み都内22の幹線道路にあわせて340キロ区間に整備が完了した。

jitensya_nabi.jpg

自転車ナビルートというのは東京都が2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、主要会場や観光地周辺を自転車でより安全に回遊できるよう自転車ネットワーク化を目指すもの。その整備の一環として合計400キロメートルの自転車レーンもしくは自転車ナビマークを整備(平成27年〜31年までの整備計画)している。

jitensya_nabi_2.jpg

内訳は自転車レーンが264km、自転車ナビマークが200km(約60kmは重複)となり、今回映像で報じられたのはこのうち200kmの自転車ナビマーク。

jitensya_nabi_4.jpg
※画像は日テレニュースより


NHK日テレニュースの報道ではこの区間での整備完了を受けて杉並区の交差点で交通指導が行われたようだ。

jitensya_nabi_5.jpg
画像はNHK NEWS WEBより


自転車ナビマークに関するビラの配布。

jitensya_nabi_3.jpg

このほか警視庁の自転車部隊「ビームス」も出動し、実際に自転車ナビマーク上を走ってPRしていた。

mark02.gif

なお、この自転車ナビマークだが法律上は法令に定めのない、いわゆる法定外表示となりこれ自体に新たな法的拘束力は発生しない。すなわち従来の車道上における自転車の法律と同じで左側走行、逆走禁止などは今まで通りだが、必ずしもこのナビマーク上を走らなくてはいけいないという意味ではない(歩道上は小学生と高齢者、それ以外の利用者でも安全のためやむを得ない場合などは歩道も走れるが、その場合は車道寄りの徐行を守る必要がある)。

mark01.gif

逆にもう一つ整備されている「自転車専用通行帯」では絶対に自転車はそこを走らないといけないため、自転車専用通行帯がある場合は歩道を一切走れない。NHKでインタービューしていた担当者の話しによれば

「自転車は車道の左側を走行し、歩道を走行する場合は車道寄りを徐行してもらうというルールをしっかり守ってほしい」

とのこと。この自転車ナビマークは自転車専用通行帯と違い独立したレーンではなく、あくまで既存の車道上にペイントしただけのものなので整備が簡単な反面、安全性は自転車専用通行帯に劣る部分がある。これに関しては自動車側の配慮ある運転や警察の危険運転者(幅寄せ、クラクション、路上駐車)に対する取締強化が望まれるところだが、それがどの程度行われるかこれから問題となっていくだろう。この部分の危険性に関しては次回の記事で取り扱おうと思う。とりあえず車道上の逆走を抑制する効果だけは望めそうだ。
【このカテゴリーの最新記事】

2017年02月04日

おはスタで有名なレイモンドさん 折りたたみ自転車の欠陥事故で提訴

粗悪な輸入自転車による欠陥事故が近年増えている。とりわけ強度や耐久性を求められる折りたたみ自転車での事例が多く、場合によっては訴訟となるケースも。今回報じられたニュースではあの有名な子供向け朝の情報番組「おはスタ」でかつてやまちゃん(山寺宏一)と共に当時の子どもたちの間で大人気だった「レイモンド」ことレイモンド・ジョンソンさんの事例だ。レイモンドさんは3年前に買った折りたたみ自転車で走行中にシートポストがいきなり破損。足を骨折する重症を負った。3年たっても事故を公表しないメーカーの対応にの悪さに訴訟に対して踏み切ったもの。


reimod.jpg


参照元:TBS Newsi
ダンサーとしてテレビ番組にも出演していたアメリカ人の男性が、自転車の事故で重傷を負ったのは、「自転車に欠陥があったからだ」として1億円の損害賠償を求める裁判を起こしました。
 訴えを起こしたのは、ダンサーとして活躍していたアメリカ人のレイモンド・ジョンソンさん(54)です。ジョンソンさんは、2013年5月、東京・足立区の路上で折りたたみ式の自転車に乗っていたところ、突然、サドルを支えるパイプが折れて転倒し、足を骨折するなどの重傷を負いました。
 自転車は中国で製造されたもので、ジョンソンさんは「自転車に欠陥があった」として、輸入と販売をした国内の2社に対しあわせて1億円の損害賠償を求めました。
 「いきなり『パキ』って、でかい音がしまして。一番心配しているのは、他の人がこの自転車に乗って事故が起きるかどうか」(マルチアーティスト レイモンド・ジョンソンさん)
 ジョンソンさんは2社が「3年以上たっても事故を公表しないことから裁判に踏み切った」ということです。2社は争う姿勢を見せていて、販売会社は「裁判において当社の主張をしていく」とコメントしています。


ニュース記事では少しわかりづらいので彼自身のツイッターからも情報収集してみた。

C3wXtC2UEAAaUO3.jpg
参照元:@rayoha

するとツイートにはこんな画像が。どうやら事故を起こした自転車の写真のようで、シートポストが破断しているのが確認できる。彼自身のツイートには3つにわけてこのように述べられていた。

1)昨日は記者会見をやり3年前にAZUL by moussy(輸入元の(株)エムプランニング、販売元の(株)バロックジャパンリミテッド)の自転車に乗っている時にシートポストがいきなり壊れて左脚を脱臼骨折し1ヶ月近く入院しました。今でも寒い時雨が降っている時に足が痛みます。続く→


2)原因は乗り方が悪い、シートを前に出しすぎ、シートポストを上げすぎ、、証明は出来なかったからその後に僕の体重が原因と言われすごく侮辱された気持ちです。当時死にかけていたのにすぐ病院に誰も挨拶に来なかった。たまたま車道を走っていなかったので命は助かった。神様に感謝。続く→


C3wXPW1UMAADivS.jpg

3)僕がもし会社の社長だったら、すぐお知らせをHPに出して自転車をリコール、返金、その後被害者に良い対応をし責任を取る。そうすれば会社の評判も上がるし僕もここまで騒がなかった。皆さん自転車はBAA認証済みの物を購入して下さい。AZUL by moussyを信頼して買ったのに残念


と事故の様子やメーカー&販売元の対応、提訴に至った経緯が記述されていた。このツイートを見るとメーカーは一切責任が無いとの主張で、うやむやにされた感じだ。彼自身はダンサーとして致命的な足の重症を負ったにもかかわらずこの対応には憤りを感じる。3つ目のツイートにもあるように本来ならリコールなどを行い原因調査。被害者にはきちんとした対応を取るべきなのに何もない点は本当に腹立たしい。

では、その自転車を販売したメーカーはどこなのか。1つ目のツイートには

AZUL by moussy(輸入元の(株)エムプランニング、販売元の(株)バロックジャパンリミテッド)の自転車


との記述がある。これを順に調べてみると....AZUL by moussyというのは株式会社バロックジャパンリミテッドが展開するブランドの一つで、バロックジャパンリミテッドそのものは東京都目黒区に本社を置く、婦人服を企画、製造、販売するアパレル企業らしい。実店舗は新宿の旗艦店のほか北海道から九州・沖縄まで展開し、主にイオンモールのテナントに入居する形で出店している。このほかネット店舗も展開中だ。

もうひとつの輸入元であるエムプランニングは神奈川県藤沢市に本社を置く会社で、「オリジナルブランドの企画、製造、卸業契約ブランド商品の輸入、日本総代理店業雑貨等の輸入、卸業」などを手がけている。メーカーのHPでは「レインボークルーザー」なるタイヤの太いビーチクルーザーが確認でき、自転車メーカーの模様だ。

レイモンドさんが購入した自転車は「AZUL by moussy」ブランドの自転車としてエムプランニングに委託。エムプランニング側で契約あるいは所有の(中国の工場で)生産&輸入された中国製自転車と思われる。ただし、現在では取り扱いが終了しているのか情報がほとんど得られなかった。偶然にもネット上のオークションで見つけたものには「レア」と記述されており、かなり珍しいのもなのかも。販売価格は3万前後らしい。

e131354198.1.jpg

パット見は特に変な部分は見られないが、この手の粗悪品(激安品)ではコストカットのためフレームに強度不足な部分があったりする。

e131354198.3.jpg
※ツイート画像と比較してもブランド名やペダルなどからほぼ同一品とみて違いないだろうか...


ただし、気になるのは事故そのものはシートポストの破断によるもの。メーカー側の言い分でも「設計体重以上の人が乗っていた」、「シートポストが指定位置よりも高かった」としている。この手の自転車でよくあるフレームの破断ではないためメーカー言い分も理解できなくもないが、それでも3年以上も問題を放置し何も無かったようにした部分は看過できなくユーザー側から見てもいい感じがしない。少なくともユーザー怪我を負うほどの事故が発生し、その原因を疑われたのなら今一度製品の強度などを調べてきちんと説明すべきだったと思う(その手の反応がメーカー側から3年たっても得られなかったので今回の訴訟に発展している)。

この手の事故はマイナーな良くわからないメーカーの激安中国製・折りたたみ自転車に多いが、それ以外でもビアンキのMTBのように有名メーカーでもまれに起こることがある。やはり買う時は最低限でも名のしれたブランド、あるいは実績のあるメーカーにしたいところである。

2017年02月01日

東京都 自転車条例改正で自転車店での安全運転呼びかけが義務に

東京都では2月1日より都の改正自転車条例が施工された。NHKニュースによれば早速都内の自転車店で新規に購入した人や修理に訪れた人に対して安全な利用や自転車保険への加入に関する説明が行われたそうだ。

jitensya_jyorei2_1.jpg

自転車に関する交通教育は、最近だと高校で独自の免許制度(道交法とは関係のない通学許可を兼ねた免許証)を設けて、ただ大人が教えるのではなく実技や学科によって自らが進んで学ぼうとさせる自転車教育を行うところが増えつつある。もっと進んだところでは小学校からという地域もあるほど。その一方で既に自転車乗る大人はそれまでまともな自転車教育を受ける機会がなかったためか未だによく知らない人や歩行者感覚の人もいる。そこで東京都では条例(東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例)として平成25年7月に初制定。約3年後の平成28年10月には以下の部分が改正された。

・自転車小売業者等による販売時等の啓発の義務化
・自転車貸付業者による貸付時等における啓発の実施
・自転車使用事業者等による自転車安全利用推進者の選任
・保護者による児童に対する安全利用対策の実施
・親族等による高齢者への安全利用に関する助言の実施

内容的には自転車のルール厳守やマナー向上アップのための基本的な内容であり、そんなに尖ったところは見当たらない。条例的にも「義務・努力義務」となっているので法的拘束力はない。ただ、条例を設けてこれをベースに実際に行動してもらうことで地道ながらルール厳守やマナー向上をはかっていくものと思われる。特に自転車店での呼びかけは実際に今乗ろうとしている人、あるいは乗っている人向けのピンポイントなアプローチで、比較的効果は高めだ。

リンク先のサイトではその呼びかけの際に配られるチラシ(自転車ルール・マナー確認書)がアップロードされていたので、参考に貼り付けておく。

chirashi_omote.jpg

これまたごく普通の禁止事項に加えて都の条例内容が書かれているのだが、特に3番目の追い越しに関する内容は自動車の免許が無いと知らないことかもしれいないので、特に車道メインで走る人に対してはこういったチラシを含めて呼びかけるのも良いのかもしれない。

2017年01月30日

サイクルベースあさひ 中古自転車販売業に参入

ネットで自転車関連のニュースを探していると掲題のような話題をみつけた。

rohas_asahi.jpg

「サイクルベースあさひ」といえば全国展開する自転車チェーン店。かつてはカンブリア宮殿でも取り上げられママチャリ、シティサイクル、(通勤用)クロスバイク、スポーツタイプなど多種多様な自転車をプライベートブランドで低価格&一定品質で売る専門店だ。店頭販売以外にもネット通販などのオンラインショップも手がけており自転車パーツのほか自転車本体も注文可能で、業界初となるリアル店舗での受取サービスを行うなど革新的なサービスや独自製品などが特徴のチェーン店である。

そのあさひが自転車のリユース(中古自転車販売)事業に参入するとのこと。あさひ公式のニュースリリースによれば、背景としてリユース市場の拡大にあるそうだ。環境省が2015年に発表した「平成27年度 使用済製品等のリユース促進事業研究会 報告書」によれば、、国内のリユース市場規模は、消費者の最終需要ベースで約3 兆1千億円と推計され、前回調査時の平成24年度に比べて1.2%増加。この規模は医療機器市場、ホテル・旅館業に並ぶ規模となっており、リユース市場の大部分を占める自動車とバイクの6割を除いても1兆1千億円になるそうだ。そしてこられには外国人観光客による購入やリユース品の輸出は含まれておらず、市場規模の拡大も含めてこれ以上の市場規模が見込めるそうだ。

自転車の中古買取市場の近年は急成長を遂げている一方で、消費者は中古自転車への抵抗感がまだまだ強い部分がある。そういった不安を全国チェーン店の店舗サービス網と店舗でのメンテナンスを使って解消していく考えだ。そして循環型消費環境を構築することで自転車業界全体の活性化ができればとのこと。

既存の中古販売といえば、リサイクルショップや、中古買取専門の店舗型とネット販売やオークションなどオンライン型などがあった。特にネットであれば全国どこからでもほしい自転車を探せて購入が可能だが、後のメンテナンスなどは近くに実店舗がない場合やオークション購入の場合はこれを引き受けてもらえるショップを探す必要があった。もちろん自分で知識があれば問題ないと思うが、初めて買う場合にはなにかと不安な部分もある。そこでサイクルベースあさひでは自社のネット販売した自転車を購入後、全国展開するチェーン店でメンテナンスを受けられるようにした。新車購入した自転車と同じ扱いを中古自転車にも適用することで消費者の不安を和らげリユース市場の活性化を狙うようだ。以下はサイクルベースあさひが新規出店するリユース店舗「ロハス」の特徴となる。


■『LOHAS Cycle asahi』特徴

@ 手軽さ
ネットで簡単、概算査定。店頭・宅配・出張査定と、
お客様のライフスタイルに合わせた査定システムを導入。
購入を検討中のお客様には、いつでも、どこでも、気軽に
商品がチェックできる販売専用サイトもご用意します。
A 安心感
ネットでのリユース商品購入に不安のお客様のために、
全国に店舗ネットワークがあるあさひの強みを活かし、
専門スタッフによる確実なメンテナンスで、
購入後のお客様をサポートを実施します。
B 満足感
年式、モデル名を入力するだけでシンプルでわかりやすい査定価格を提示。
あさひサイクルメイト会員様、あさひで買い替えをされるお客様には特別なプランも
順次開始予定です。



リユース店舗ということで販売のほか、買取もおこなうようだ。気になる第1号出店地は大阪府高石市。大阪は自転車利用率(分担率)が日本の中でもかなり高い地域で、人口とあわせても中古自転車の需要はかなりありそうだ。

車種に関する情報が無いため憶測となるが、普通のサイクルベースあさひと同じくママチャリやシティサイクルからクロスバイク、ロードバイク、折りたたみなどの多種多様になりそうで、新車が高すぎるというひとやもっと気軽に買ってみたい人など(リユースとアウトレットの)意外な人気店となるかもしれない。

2017年01月15日

2017年の自転車事情...ミラクル・サイクル・ライフから

ここ最近、自転車のラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」をほとんど聞いてなかったのだがふと思い立って過去の放送を聞いてみるとこんな話題があった。タイトルにも書いたように「2017年の自転車事情」という回だ。

放送日は2017年1月9日とつい最近のもので、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんをゲストに交えての放送。この回によれば2017年からロードバイクのレースで本格的に「ディスクブレーキ」が解禁となるそうだ。それまではMTBで一般的だったディスクブレーキが近年ではロードバイクにも採用されだし、レースでも使えるとなると一気にディスクブレーキ採用モデルのラインナップが増えることが予想される。特にディスクブレーキは雨天時の制動力に強く、雨の日でもレースを行うロードレースではぴったりな制動装置だと思う。

もうひとつはイーバイク(e-BIKE:電動アシスト自転車)の輸入が本格的にはじまったり、国内メーカー(ヤマハ発動機)でもスポーツ寄りの電動アシスト自転車の商品投入が増えるようだ。それを示すかのように去年(2016年)のサイクルモードでは電動アシスト自転車の出品がかなり多かったらしく、どれもこれも日本の初期の電動アシスト自転車のようなママチャリタイプではなく、クロスバイクやMTB、ロードバイクなどスポーツ寄りのものばかり。

index_bike_side.jpg

特に写真の「ヤマハ・YPJ-R」は、そのアシスト方法もスポーツ寄りにセッティングされており、よりラクにロードバイクの楽しさを誰でも味わうことができるそうだ。ロードバイクというと最終的には体力勝負的な部分があると思うが、電動アシストのパワーを使えば体力に自身のない人。あるいは過度の期待をしてロードバイクを買ったものの結局続かなかったなどリタイア組でも楽しめる製品となりそうで、より万人が楽しめそうなポテンシャルを持つジャンルとなりえるかもしれない。

3つ目には、自転車シェアリングが進むアメリカで、持ち運び可能な紙製のヘルメットが開発されたとのこのと。精肉を包む際に使う厚紙を何倍にもしたものでできており、広げると大人用のヘルメットになり、蜂の巣状の形状が衝撃を吸収。繰り返し使えて使用後はリサイクル可能。今年の夏には商品化し、自販機などで1個5ドルで販売したいとのこと。
それまでのヘルメットといえば1個の単価が高い割に製品寿命が短く、安全を考慮すれば数年おきに買い換えないといけなかったが、ここまで低価格ならそれも億劫でなくかつ誰でも買いやすいので、実用化すればかなりの革新的なものとなりそう。

番組の総括として、これまではロードバイクの進化などよりスピードの速さを求める方向に進んでいたが、2017年は速くよりもしっかり止まれる、あるいはより安全のための製品が出てくる年になるとしていた。車でもそうだが、スピードの出る車種にはそれ相応のブレーキや安全装備があるわけで、自転車でもそういった流れがでてきている感じのようだ。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド