2019年06月13日

第2回・キトウシ国際サイクリングに参加 

東川町で2年前から毎年行われているサイクリングイベント、「キトウシ国際サイクリング」に今年も参加してきた。ただし、例年と違うのは今回は「大会スタッフ」として。というのもサイクリングで知り合った人からサイクリング協会への加入のお誘いがあり、このブログではまだ書いてなかったが去年の8月から加入。さらに協会が発行している「サイクリングリーダー」という資格を今年の3月に取得した。これにより地域のサイクリング協会が協賛や主催する54サイクリングイベントで参加者をサポートする「サポートライダー」として参加できるようになった。...という背景があり今年は一般参加ではなく「サポートライダー」として初参加した。

ちなみに今回は初のサポートライダーとして参加したため、ほとんど写真撮影ができなかった。そのため例年よりかなり写真がかなり少ないのだがご了承を。

KIMG0839.JPG

前置きはさておき本題へ。大会当日のサポートライダーは一般参加と違い早めの集合で一般参加の受付が8:30に対して7:15までに集合とかなりはやかった(※それ以外の大会関係者は6:00集合)。

KIMG0834.JPG

オレンジ色のジャンバーやジャケットを着た人がスタッフ。旭川サイクリング協会のほか、トライアスロン連合という団体からも応援参加があった。

KIMG0835.JPG

管理人はA、B、CコースあるなかBコースの3班担当。参加人数は今年は昨年よりもちょっと増えて最大500名定員のところ450名近い参加があり、大会関係者を含めると500人を越えるものとなった。

KIMG0837.JPG

大会関係者(※ボランティア含む)がプラカード持ちでその後ろにAコース1班、Aコース2班などと並んでいたのだが、Bコース以降は持ってくれるかかりの人が居なかったので自分で持つことに... しばらくしていると開会式がスタート。実行委員会からの挨拶や注意などがあったあと、

PAP_0186.JPG

今年は遠方からの参加者として「しまなみ海道」がある尾道サイクリング協会からの参加もあり、開会式で簡単な紹介がされていた。で、この後9時よりAコースの1班から順次スタート。一番長いAコースは参加者も一番多く、班もたしか9版ぐらいまであったためその次のBコースのスタートは25分後のスタートとなった。

管理人は3班の先頭を担当。これまた初めてでかなり不安だったがこれまでの集団サイクリングを参考にトライ。距離的にも上り坂的にも真ん中のBコースということであまり早い人は居ないはずと踏んで平均時速を20km程度として先導したのだが....それでも速い人は僕のスピードでは満足できず先にどんどん追い越してもらってを繰り返しているとなんとひとりぼっちに.... 気づけば途中から先にスタートしたBコースの2班の最後尾が見えていた.... 後から聞けば時速的には16〜18kmぐらいで巡航していたらしくちょっとはやかったようだ。それでも後方を気にしたりしていただが後ろにぴったり食いついていた人に気を取られて3班全体をみれなかったのも反省ポイント。仕方がないのでかなり遅く進んで後方にようやく3班の中段グループが見えたところで先導を再開。このまま登り坂を越えて休憩ポイントの忠別ダム管理等に到着した。

PAP_0185.JPG

後ろにいた同じ班の他のサポートライダーに様子を聞くとどうやらパンクが発生したようでその処置に時間がかかっていたようだ。さらに登り坂のため個々の体力差もモロに出るため隊列はかなり分散されていた。エイド食は去年とほぼ同じでよつ葉牛乳、バナナ、大雪旭岳源水のミネラルウォーターに加えて今年はまんじゅうが追加されていた。

15分ほど休憩してBコース後半へ突入。ここから先は特に班ごとでなく「20人〜30人ぐらい集まったらスタートするように」という指示があったのだが結構バラバラになってしまってそれっぽい10人ぐらいのグループを先導することにした。ただ、ここで気づいたのだが「知り合いと参加している人はその知り合いとある程度自由に走りたい」ようで、サポートライダー不要な雰囲気を受けた。この人達は先にいってしまったので仕方ないのである程度のスピードで流すことに。途中後方から車が来た時はできるだけ「車来てます〜」などの掛け声などもできるだけおこなった。

途中で小学校中学年ぐらいの女の子とお父さんの2人組に追いついた。父親がいるので大丈夫だとは思ったが心配なのでこれをサポートする感じで後ろからゆっくり追走した。ただ、これがかなり遅くて時速だと15km程度。いつも30kmで走っているものだからスマフォのナビアプリの残距離が全然減りません。まぁ当然なんだけど。で、さらに進むと左足がぎこちない人を発見。今度はこの人に合わせて追走。ちょっと勇気を出して声掛けした見たがどうやら左足が肉離れしたらしく途中で大丈夫との声をもらったのでさきほどの親子組のサポートに戻った。

と、なんやかんやで後半はかなりゆっくり走って結局の所3時間かかってゴールした。一応Bコースの制限時間は2時間30分で時速20km以上で走れば問題ないのだが、ゆっくりとした15kmぐらいで走っていたため少しオーバーしたようだ。

KIMG0843.JPG


ゴール後は例年通りバーベーキュー。ジンギスカンや焼き鳥、ホルモン、サガリなどがあってかなり美味しかった。サポートライダーは参加者と混じって肉を堪能。この後さらに景品があたる抽選会があったが残念ながらサポートライダーは対象外のためちょっと残念だった。

というわけで初のサポートライダーだったが、想定と実際ではかなり違って正直なところ難しかった。巡航スピードもそうだし、先頭としてはかなり後方に気を配らないといけないのでこの点は反省して次回につなげたいと思う。
【このカテゴリーの最新記事】

2019年06月02日

旭川市&東川町&東神楽町でシェアサイクルの実証実験がスタート

全国的な広がりを見せている「シェアサイクル」。昔からある「レンタルサイクル」と少し違うのは借りられるところと返却するところが複数あり、どこでかりてもどこで返してもOKという点。これによりより利便性が増し利用しやすいといったメリットがある。北海道では札幌市の「ポロクル」が有名(※そういえば中国系のモバイクはどうなったのだろう...)だがほかの都市ではシェアサイクルという形態のものは殆どなかった。

そこに2019年6月1日から実証実験という形となるが全国規模で展開する「COGOOGI」(コギコギ)が北海道エリアにおいて旭川市と近隣の東川町と東神楽町とでシェアサイクル事業を行うこととなった。

利用料金は6時間1500円。12時間だと1800円。いずれも税抜きでこれ以上は1時間毎に100円(税抜き)プラスされる。使い方はあらかじめスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、名前やクレジットカードなどの支払い登録を行う。その後レンタル場所に行って半径3m以内でアプリ上の借りるボタンをタップして10秒待つと、利用可能な自転車の一覧が出るので該当する自転車の車体番号をタップすると本体に取り付けられた電子ロックが開く。あとは手動でロックを解錠すると無事レンタルできるというしかけ。

KIMG0825.JPG

たまたまサイクリングでこのシェアサイクルが置いてある「キトウシ森林公園家族村」に行ってきたので現物の写真を。

KIMG0826.JPG

シェアサイクル自体はヤマハの電動アシスト自転車、「PAS-CITY-X」の模様。標準モードで約69km、強アシストモードだと54km、エコモードだと90kmの航続距離があるタイプの小径アシスト自転車だ。小型のかごや泥除けが標準で着いており、街乗りに適していると思う。

KIMG0827.JPG

カギの隣に付けられた箱がスマートフォンと連携し施錠するユニットで、アプリで解錠するとグレーのツマミが回せるようになってその上の馬蹄錠が開くしかけ(詳しい様子はNHKの特集ページをご覧ください)。

KIMG0828.JPG

車体番号はリアの泥除け部分に貼られていてアプリ側でこれに対応する番号をタップすると解錠される(ただし半径3m以内で)。

KIMG0829.JPG

ひとつ気になったのが自転車の状態。どうやら他の場所で使ったものを北海道に持ってきたようで完全な新車ではないようだ。さらにタイヤの状態がそこそこすり減っているのとものによってはサイドにひび割れがあったのでこの点はとても気になった。途中でパンクしたらどうするのかな...?

というわけでシェアサイクルの実物を見てみたのだが利用そのものはスマフォがあればとても簡単でこれだと外国人観光客でも簡単に借りれそうな感じがした(実際、このシェアサイクルはインバウンド向けらしい)。その一方で自転車の状態が一部良くない部分があったりバッテリーも満タンじゃないと途中で切れたら...という疑問もあがったのが正直なところ。また、都心と違って置いてある場所と場所とがかなり離れているためこの点も大丈夫?と感じた。実証実験という形なのでこれからだと思うのだが今後に注目である。

2019年05月19日

中国製 自転車用ブレーキランプ(加速度センサー式)「Xlite100」を購入してみた。

自転車用のリアライト(点滅式)は有名メーカーをはじめいろんな種類かついろんな値段のものが販売されているが、ブレーキランプとなると少しマイナーな部類なのかあまり種類がない。かつてはブレーキワイヤーに連動させて物理的にスイッチを押してブレーキランプを点灯させる方式が一般的で海外製のものや自作するというパターンくらいしかなかったのだがここ数年前から加速度センサーを使ったブレーキランプというものが登場してきた。

ただ、出た当初は(なんでもそうだが)価格がリアライトにしてはかなり高価(モノによるが5000円〜8000円ぐらい)なため管理人は手が出しづらい状況だった。そんな中ネットショップでたまたま出てきたリンク先に手頃そうな加速度センサー式のブレーキランプを見つけたので物は試しで買ったみることにした。

KIMG0658.JPG

お値段はなんと2980円。リアライトにしては高いのだが加速度センサー式のブレーキランプとしてはかなり安め。送料も定形外となるが無料なためなおお手頃感が高い。扱っていたショップ(自転車のライトをつけようショップ)は札幌市にあるようで管理人の場合は注文から3日程度で届いた。

KIMG0660.JPG

開けてみると本体のほかオマケのクリーニング布とメッセージが。こういうのは嬉しい。

KIMG0661.JPG

モノ自体は中国製で海外輸出も考慮して取説には英語のものがついていたが日本語はなし。ただしショップがオリジナルでつけている簡易的な説明書があるため基本は困らない。

KIMG0662.JPG

本体は金属製(たぶんアルミ?)でマウントも同じく金属製。この手の低価格のものは本体もマウントもプラスチックで安っぽく、かつ耐久性が低いものが多いがこの点は全然違いいい意味でびっくりした。マウントと本体はねじ切りで装着するようになっていて、防水仕様にもなっている。

KIMG0663.JPG

本体裏面にマイクロUSBの充電用端子とAutoとManuarlの切り替えスイッチが着いている。この面がさきほど説明したねじ切りで完全に密閉されるため防水性能はかなり高めだ。

KIMG0664.JPG

試しに点灯してみたところ。かなり明るい。

KIMG0665.JPG

マウントとサドルレールには付属の結束バンドでとりつける。

KIMG0666.JPG

サドルにとりつけたところ。一般的なサドルにあうようになっていて、これ以外にもシートポストに取り付けるマウントが別売で販売されている。管理人は既にサドルバッグを取り付けていたため、サドルバッグを緩めにするなど微調整を行った。

KIMG0667.JPG

既存のキャットアイ「TL-LD650」とXlite100の同時点灯の様子。基本は下を点滅かあるいは点灯で、上部も点滅だけどブレーキング時にブレーキランプとして動作するようにセッティングした。

肝心のブレーキランプ点灯の様子はというと...動画を撮ろうと思ったがうまくいかなかったためYoutubeにあった同製品のものを御覧いただきたい。



自分では走行中はわからないがブレーキング時は結構明るいようで、これは昼間でも点灯がきちんと認識できるレベルだった(一緒にサイクリングして後ろで見てた人の話)。複数でサイクリングするときは後ろの人にブレーキを知らせられるし、一人でサイクリングや通勤時にも車道を走っているときは後方の車や自転車に対してブレーキを知らせられるので交差点や一時停止のあたりで追突防止として有用な感じがした。バッテリーの有効時間は満タン充電で約20時間となっていて、普通の点滅ライトに比べるとちょっとランタイムが短いがまぁブレーキランプとしては申し分ないのでよしとしよう。あとは内蔵電池が充電と使用を繰り返してどれぐらいの耐久性があるかどうかが気になるところ。


2019年05月16日

旭川・再生自転車の無料配布 2019年は5月26日(日曜日)開催

旭川市で一般家庭から出たママチャリやシティサイクルなどの不用品を回収した再利用品の無料提供が今年も開催される。

自転車無料配布.png


管理人はだいぶ前に試しに様子を見てきたが、主にシティサイクルやママチャリがメイン。たまにマウンテンバイクのルック車やランドナーのようなドロップハンドルの自転車も対象になるようだが元が市民の不用品なので必ずスポーツタイプがあるとは限らない点に注意。ただ、通勤やちょい乗り用のママチャリやシティサイクルでかつ無料でほしいという人には嬉しいイベントに間違いないので行って見る価値はある。

ちなみに1つの商品に対して複数の希望があると確か抽選制になるため、この点もちょっと注意。自転車のほか小さい家電や金属、プラスチック製品などの不要な小物の無料配布もあるようだ。

会場は近文にあるリサイクルプラザで、ちょうど川端ウェスタンの隣に位置する。日にちは5月26日、時間は9時〜10時30分まで。抽選は11時から。例年であれば同時開催でバザー品の販売やちょっとした露天(やきとりや焼きそばなのど軽食)、リサイクルプラザの出し物もあるため時間つぶしにもいいだろう。

2019年05月14日

GIANT GLIDE R3(2008)のメンテナンス&オーバーホールの続き...その5

その4の続き。前回は後輪のディスクブレーキを取り付けようとしたものの、マウントアダプターがフロント用のものを間違って買ってしまったため、物理的取り付け不可能で断念。今回はきちんとリア用のマウントアダプターを購入し、かつ160mmのディスクローターでは制動力不足を感じたので180mmのディスクローターを追加購入した。

KIMG0687.JPG

こちらがリア用のインターナショナルマウント/ポストマウントのマウントアダプターと180mmディスクローター(6穴式用)。両方合わせて2500円ぐらい。

KIMG0689.JPG

160mmを取り外して比較してみるとやはり一回り180mmが多いのが確認できる。

KIMG0691.JPG

中略で160mmディスクローターを180mmに交換。

KIMG0693.JPG

台座に180mm・リア用マウントアダプターを取り付けたところ。写真がピンぼけで見づらいがリアのブレーキキャリパーはフロントと比較して寝かせて設置するため、アダプターも上に飛び出るような形をしている。

KIMG0695.JPG

キャリパーとブレーキワイヤーを取り付けた後。

KIMG0696.JPG

フロントと比較。一回りディスクローターが大きいのが確認できる。

KIMG0694.JPG

ブレーキワイヤーは前回交換時にステンレスを取り付けたのだが、かれこれすくなくとも5年以上交換していなかったのとここは雨や水たまり、あるいは汗が当たる部分なのでサビが激しかった。ブレーキは機械式でVブレーキのものを流用するため同じくステンレス製のブレーキワイヤーを取り付けた。ただし今回は工夫してケーブルライナーで保護し、さらにケーブルグリスを塗ってサビ防止とした。

交換後の感想はというと...やはり160mmよりも180mmの方が制動力が高く感じた。ただ、フロント同様ブレーキパッドとディスクローターの調整が難しく、リムブレーキのようにアバウトでは上手くいかない点がポイントだった。説明書には「0.2mmから0.5mm」で大雑把いえば「1mm以下」ということになるのだが感覚的にはギリギリパッドに擦れていない加減。これ以上締めたらこすりそうなギリギリ手前がベスト。これをやらないとVブレーキよりもしいてはロードバイクのキャリパーブレーキよりも効かないディスクブレーキとなってしまう。この点がディスクブレーキの難しい部分だが雨の日でも安定した制動力とブレーキング時の独特の制動感はハマると魅力的なので、これから新しく自転車を買うのであれば積極的にディスクブレーキを選択したいなぁと感じた。ただし、リムブレーキと比較するとブレーキパッド交換などのメンテナンス費用がブレーキシューよりもかさむためこの点はデメリットといえる。
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
写真ギャラリー


〜こんな記事が読まれています〜
【1位】ドッペルギャンガー 折りたたみMTB自転車でフレーム破断事故
001.jpg
【2位】GLIDE R3 グリップシフトをトリガーシフターへ
002.jpg
【3位】ファットバイク ルック車にご用心。
003.jpg
【4位】激安 GIANTロードバイク WINDSPEED 900R
【5位】ダイハツの新型車 ウェイク(デカデカ) 自転車を載せて輪行
最新コメント
プロフィール
さすらいのクラ吹きさんの画像
さすらいのクラ吹き
自転車好きの元SE。
プロフィール
リンク集
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
2019年11月(6)
2019年10月(2)
2019年09月(5)
2019年08月(2)
2019年07月(2)
2019年06月(5)
2019年05月(5)
2019年04月(7)
2019年02月(6)
2019年01月(1)
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(7)
2018年09月(4)
2018年08月(5)
2018年07月(6)
2018年06月(7)
2018年05月(8)
2018年04月(2)
2018年03月(3)
2018年02月(1)
2018年01月(2)
2017年12月(3)
2017年11月(1)
2017年10月(4)
2017年09月(2)
2017年08月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(3)
2017年05月(3)
2017年04月(3)
2017年03月(4)
2017年02月(2)
2017年01月(3)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(3)
2016年09月(7)
2016年08月(4)
2016年07月(7)
2016年06月(3)
2016年05月(5)
2016年04月(8)
2016年03月(7)
2016年02月(8)
2016年01月(8)
2015年12月(5)
2015年11月(8)
2015年10月(7)
2015年09月(8)
2015年08月(9)
2015年07月(11)
2015年06月(8)
2015年05月(7)
2015年04月(8)
2015年03月(9)
2015年02月(10)
2015年01月(14)
2014年12月(11)
2014年11月(15)
2014年10月(15)
2014年09月(10)
2014年08月(8)
2014年07月(9)
2014年06月(12)
2014年05月(7)
2014年04月(9)
2014年03月(8)
2014年02月(6)
2014年01月(2)
2013年12月(3)
2013年11月(6)
2013年10月(7)
2013年09月(3)
2013年08月(2)
2013年07月(3)
2013年06月(7)
2013年05月(6)
2013年04月(10)
2013年03月(16)
2013年02月(14)
2013年01月(13)
2012年12月(12)
2012年11月(11)
2012年10月(16)
2012年09月(16)
2012年08月(25)
2012年07月(32)
2012年06月(17)
2012年05月(18)
2012年04月(11)
2012年03月(15)
2012年02月(24)
2012年01月(18)
2011年12月(7)
2011年11月(1)
2011年10月(3)
2011年09月(2)
2011年08月(3)
2011年07月(5)
タグクラウド