2019年05月22日

「市町村制覇の旅 〜北海道〜」179市町村制覇の実現へ

「市町村制覇の旅(北海道)へ向けて」
DSC_0837.JPG

いつも拙い文のブログをのぞきに来てくれてありがとうございます。

旅先の名所や名物を楽しむのが好きで、地元埼玉の市町村を制覇していくブログを趣味で書いていたらいつの間にかこのブログを見てくれている人が増えてきていることに気付き、とても嬉しく思います^^

昔の私は高校生になっても電車の乗り方がわからないような世間知らずで、どこかに出かけるのにも、誰かと一緒じゃなければ何もできないような人間でした。

人見知りも激しく、飲食店で店員を呼ぶことも恥ずかしくてできませんでした。

"このままでは将来一人じゃなにもできなくなる"

心から危機感を感じた私はそれ以降一人で行動する機会を増やし、大学生の頃に一人旅に出ることを決意しました。

「青春18きっぷ」という特急と急行以外のJR線が乗り放題の切符を使い、私は埼玉からあてもなく西へ向かいました。

最初は不安と緊張で心臓はバクバクでしたが、一人旅なので助けてくれる身内は誰もいないのです。

追いつめられた私は、とにかく行動しなければと思い、知らない人に道を聞いたり、宿の手配をしたりと大慌てでしたが4日目あたりからは難なくこなせていました。

埼玉から東京→山梨→長野→岐阜→愛知→京都→大阪→兵庫と進んでいき岡山に着いたころには旅が楽しくなっていました。

人からすれば大した距離じゃないし、高校生で海外に旅に出てる人からすれば私の旅はしょぼいのかもしれません。

しかし、旅から戻ってきた私の心は自信で満ち溢れていました。

「日本には素晴らしい景色がたくさんある!」

「日本には親切な人がたくさんいる!」

「日本の地域にはいろいろな文化がある!」

日本のまだ見ぬ景色への探求心を抑えきれなくなった私は旅行だけじゃ飽き足らず、日本各地の旅館に住み込みで働きながら名物や名所、文化を楽しみました。

日本は都道府県ごとに様々な食文化や風習があり、四季によって全然違った姿を見せるので旅していて飽きないんです!

そして私の生涯の目標は日本の市長村を全て制覇して魅力を伝え続けることになりました。

今まで通り住み込みで働きながらこれを実行すると、旅館のシフトは週6日勤務のところがほとんどなのでざっと計算しても私の寿命が終わってしまうのが先になってしまうんです(汗)

そこでクラウドファンディングで皆様からの力を貸していただきたく、今回このブログでも告知させていただくことにしました。

まずは北海道・・・このスタートラインがきれればその勢いで沖縄までふっとばせる気がします。

無謀とも思える私の夢にかけてくださる方、手伝ってみてもいいかなと思っている方はどうか支援のほどよろしくお願いいたします!!

プロジェクトのページへ
posted by saitamakankou at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

甘い香りに包まれたバラの園!町制施行記念公園/伊奈町

「町制施行記念公園」
4バラ園.JPG

英国のローズガーデンみたいなバラ園で有名なまち「伊奈町(いなまち)」へやってきました!

このバラ園は、約1.2ヘクタールの敷地に400種5000株を超えるバラが植えられており、5月中旬の見頃を迎えた時期にはたくさんの観光客で賑わいます。

「バラ園」
8バラ園.JPG

入園料は350円です。

中へ入るとさっそくバラの甘い香りが!

色とりどりのバラが咲き誇りとても綺麗です^^

「バラの香り」
15バラ園.JPG

バラの香りにはストレスを抑制する効果があります。

香水などにもよく使われていますもんね^^

園内のバラの香りを嗅いでみると香水そのもののような香りがするバラもありました!

「バラのアーチ」
13バラ園.JPG

バラの花で彩られたアーチがありました^^

中には美しい音色を響かせる鐘があります。

「バラ」
18バラ園.JPG

いやー素晴らしかった・・・

ここへ来るのは2回目でしたが、前回より咲いているバラの種類が多種多様で楽しめました^^

小休憩できるベンチがいくつもあるので足も疲れないしのんびりできますよ^^

〜バラのまち伊奈町〜

バラまつり期間中は混雑が予想されますが、園内一面にひろがるバラは見る価値アリです!

彼女や奥さんを連れていけば絶対喜びますよ^^

アクセス
・羽貫駅から徒歩約10分。

2019年05月16日

日本初の国営公園!国営武蔵丘陵森林公園/滑川町

「国営武蔵丘陵森林公園」
1武蔵丘陵森林公園.JPG

ると書いて「滑川町(なめがわまち)」。

川を滑る人は見かけませんでしたが、このまちには滑り台で滑ってはしゃぐ子供から花を見て癒される大人まで、みんなが楽しめる広大な森林公園があります^^

今回は花が咲き誇る春に訪れたので、森林公園の花々を紹介しようと思います^^

「桜」
2桜改.JPG

早春だったので桜は咲き始めたばかりでしたがじゅうぶん綺麗でした。

付近にはテーブルとベンチがあるのでここで桜を見ながらおにぎりやサンドウィッチを食べる家族連れが多いです^^

「チューリップ」
11チューリップ.JPG

早咲きのチューリップです。

冷蔵処理した球根を植えて春早く花を咲かせることができるだけでなく、春の初めは気温が低いので開花が長持ちするといったメリットもあります!

「ネモフィラ」
15ネモフィラ.JPG

清々しい青が美しい!

ネモフィラはギリシア語で「小さな森を愛する」を意味しているそうです。

「アイスランドポピー」
5ポピー改.JPG

こちらも早咲きのポピーです^^

普通のポピーはだいたい5月中旬が見頃なんですが、アイスランドポピーは4月上旬から咲き始めるんです。

斜面に広がるポピーは絶景です!

〜花と森が調和するまち滑川町〜

今回は花をピックアップしましたが、森林公園の中には雑木林や森や川もあります^^

冒険コースには子供が喜ぶ巨大アスレチックもあり園内全部を歩いて回るのは大変です!

レンタサイクルをうまく活用するといいでしょう^^

アクセス
・森林公園駅から車で6分。

2019年05月15日

特産の黒大豆を練りこんだ体にやさしいうどん!鳩豆うどん/鳩山町

「鳩豆工房旬の花」
1旬の花.JPG

イメージキャラクター「はーとん」のモチーフとなったハトやマメで有名な「鳩山町(はとやままち)」へやってきました^^

この地域は特産品の黒大豆をつかったメニューが豊富とのこと。

さっそく飲食店に入ってみました!

「鳩豆うどん」
2鳩豆うどん.JPG

特産の黒大豆が麺に練りこまれたご当地うどんです。

このボリュームで800円・・・安!

鳩豆のネーミングは特産の豆とシンボルの鳩をつなげたものでしょう。

さらに「鳩が豆鉄砲を食ったよう」ということわざにもかけているのかもしれません(笑)

天ぷらは普通ですが、麺に甘みがあって美味しいです^^

〜黒大豆のまち鳩山町〜

鳩山町は黒大豆を使ったグルメが豊富なまちです^^

実はうどんを食べた後のデザートに黒豆アイスを食べたんですが写真を撮る前に思わず口に入れてしまいました(;'∀')

これが最高にうまかった・・・きな粉がのったアイスにはあんこが添えられていたんですがこのあんこが甘さ控えめで絶品なんです!

アイスと一緒に食べると全ての長所が調和されてこれ以上にないぐらい美味しくなります。

鳩山町に寄った際は是非食べてみてください!

アクセス
・越生駅から車で約10分。

2019年05月14日

日本一暑いまちで食べる究極のかき氷・雪くま/熊谷市

「日本一暑いまち」
1雪くま.JPG

に逃げ帰るほど暑いまち「熊谷市(くまがやし)」へやってきました。

2018年には最高気温41.1°Cを観測、国内観測史上最高気温をたたき出しました(;'∀')

41.1°Cなんてもう風呂の温度じゃん・・・

「妻沼聖天山 歓喜院」
4妻沼聖天山.JPG

そんな猛暑のまちですが、暑さを和らげる絶品かき氷があるらしいのです。

市内を散策していると大きな寺院を見つけました。

あとあと調べたらこの寺院は日本三大聖天の1つで、埼玉の日光とも呼ばれているそうです!

「騎崎屋」
2雪くま.JPG

境内を歩いていると「雪くま」の幟が立つ店を発見!

店の外観からして良い雰囲気^^

ここにしよう。

「雪くま/りんご」
3雪くま.JPG

先に感想を言います。

めちゃくちゃうまい!

青森産のふじりんごを煮込んで作ったシロップがかかった氷は口に入れると一瞬でとけるほどフワフワ!

今まで屋台のかき氷しか食べてこなかった自分には衝撃的なうまさでした・・・

熊谷市では以下の3項目をクリアしないと「雪くま」を名乗ることは許されないそうです。

おいしいと市が自負する地元の水(地下水など)を使った氷を使用する。

昔ながらの削り方によってふんわりとした雪のような食感にする。

独自に考案したシロップなどを使用する。

市を通さずに勝手に名乗ることはできないのでどの店舗でも本格的かつ独創的なかき氷が楽しめるでしょう。

〜日本一暑いまち熊谷市〜

熊谷市は暑いだけのまちではなく、暑さを防ぐために先人たちが工夫を凝らして作ったひんやりメニューがたくさんある場所だということがわかりました^^

熊谷市でしか食べることのできない「雪くま」、是非食べてみてください!

アクセス
・熊谷駅から車で約26分。

2019年05月13日

味噌ダレとの相性抜群!日本三大焼き鳥の街で食べるやきとん/東松山市

「ひびき」
1ひびき.JPG

当初は松山市と命名したかったそうですが、すでに愛媛県に松山市という市名があることから認可されず、ならば「愛媛の松山市から見てにある松山市」ということで「東松山市(ひがしまつやまし)」ならどうかという考えから命名されたまちです。

松山市という名前への執着がすごい!(笑)

つまり東の方角に松の木が生えた山があるというわけではないんです。

松の山は見れませんが、このまちでは皿の上に積まれた焼き鳥の山をよく目にします。

「ひびき/テイクアウト」
2ひびき.JPG

日本三大焼き鳥の街と言われている東松山市は焼き鳥が有名。

他と比べて珍しいのは焼き鳥の他に「やきとん」と呼ばれるメニューがあること。

やきとんは鶏肉ではなく豚肉が使われており、東松山ではやきとり=豚肉として定着しているようです^^

「やきとん」
3やきとん.JPG

備え付けの味噌ダレをつけていただきます。

ピリ辛の味噌ダレと豚肉との相性が抜群です!

柔らかい食感の焼き鳥と違ってやきとんは歯ごたえがあり、噛むたびに豚の美味しい肉汁が口の中に広がります!

美味しいです!

〜やきとんのまち東松山市〜

市内には焼き鳥屋さんがたくさんありますが、その殆どが豚の焼き鳥で鶏はあまり扱っていません^^(扱っていてもメインはあくまで豚)

店内で食べる店から持ち帰り専用の店、店先にベンチが置いてありその場ですぐ食べれる店など色々あるので気軽に焼き鳥を楽しむことができます^^

小腹がすいたときは東松山へ!

ひびきへのアクセス
・東松山駅からすぐ。


2019年05月10日

〜大蛇の伝説!龍蛇の通る道をなぞる/鶴ヶ島市〜

「鶴ヶ島市」
4善能寺.JPG

鶴がいる!と言いたいところですが、ここは「つるゴン」がいるまち「鶴ヶ島市(つるがしまし)」です^^

つるゴンは鶴ヶ島市のイメージキャラクターで鶴とドラゴンが融合したマスコットです。

4年に1度行われる雨乞いの行事「脚折雨乞(すねおりあまごい)」では「龍蛇(りゅうだ)」と呼ばれる竹や麦藁を用いて作られた蛇体が市内を練り歩きます。

滅多にお目にかかれない行事だと知り、今回は大蛇が通った道を散策してみることにしました!

「白髭神社」
5白髭神社.JPG

脚折雨乞で最初に祈祷を行う場所です。

神社の裏には巨大な神木がありました。

「善能寺」
2善能寺.JPG

真言宗智山派のお寺です。

本堂は学制が制定されたときに鶴ヶ島学校の初代校舎にもなったそうです!

「雷電池(かんだちがいけ)」
10雷電池.JPG

龍蛇が最終的に導かれる池です^^

担ぎ手により解体された龍蛇の一部を持ち帰れば幸が訪れるとされています。

「雷電社」
9雷電社.JPG

かつて雷電池には雷や雨をつかさどる大蛇が棲んでおり、ほとりの雷電社に祈れば必ず雨が降ると言われていたそうです。

雨乞い行事に登場する龍蛇やつるゴンはこの大蛇伝説に登場する蛇をモチーフにしたものなんですね^^

〜大蛇伝説のまち鶴ヶ島市〜

このように鶴ヶ島市は大蛇や龍のイメージが強いまちです^^

「鶴ヶ島」という良い市名を持っているので新たに「鶴」の伝説も作ってほしいですね。

雷電池公園へのアクセス
・若葉駅から車で約8分。

2019年05月09日

国内最大級!台湾出身の大法師が建立した道教のお宮・聖天宮/坂戸市

「五千頭の龍が昇る聖天宮」
3聖天宮.JPG

ここが埼玉!?まさかー見たって台湾じゃないか!

と思ってしまうほどの異空間が埼玉の「坂戸市(さかどし)」には存在します。

その名も「聖天宮」。

台湾・中国の伝統宗教「道教」のお宮であり、道教の最高神・三清道祖が祀られています。

「歴史」
11聖天宮.JPG

なぜそれが坂戸にあるか調べてみると、若くして不治の大病を患った台湾出身の康國典という大法師が「三清道祖」に祈願したところ、徐々に体調が良くなり最終的には病が完治しました。

感謝の気持ちを抱いた大法師は、多くの人々も自身と同じように「三清道祖」にすがれるようお宮を建てることを決意します。

建立地を探していたところ、埼玉県坂戸市に建立するようお告げがあったため、この地に聖天宮を建立することになったそうです。

お告げの指定地がめちゃめちゃピンポイントですね(笑)

「聖天宮」
9聖天宮.JPG

飾りの一つ一つが緻密に造られています!

装飾品は、台湾からわざわざ運び、台湾の宮大工によって建造されたのだとか。

完成までに15年の歳月がかかっています。

「龍」
13聖天宮.JPG

一枚の岩から造られた龍の彫刻です!

このような雰囲気の場所からか、コスプレイヤーがたくさん撮影に来てました^^

〜五千頭の龍が昇るまち坂戸市〜

坂戸市の聖天宮は香取慎吾主演の「西遊記」のロケでも使われた人気スポットです^^

毎週土曜日にはどなたでも自由に参加できる早朝太極拳もやっています^^

アクセス
・若葉駅から車で約9分。

2019年05月08日

甘みとまろやかさが際立つ!日本三大茶・狭山茶/狭山市

「狭山市」
1お茶のまち.JPG

茶畑のまれたまち「狭山市(さやまし)」にやってきました!

狭山市といえばお茶が有名!

狭山茶は日本三大茶の1つに数えられており、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と謳われるほど知名度があります^^

「茶畑」
2茶畑.JPG

市内の至る所に茶畑や茶屋があります!

ここに住んでたら毎日美味しいお茶が飲めそうですね^^

「小澤園」
3茶屋.JPG

厳選した茶葉の芯まで深く蒸しあげて、独自の火入れで仕上げた上質なお茶が人気のお店です。

深く蒸すことでお茶本来の香りが十分に抽出されるそうです。

「茶」
4茶.JPG

帰りにお土産に「茶の一茶」で買った一番人気の「ふくみどり」です^^

飲んだ瞬間口の中に甘さとまろやかさが広がります!

ほっとする味なので力仕事の合間に差し出せば喜ばれますねこれは^^

〜お茶のまち狭山市〜

埼玉屈指のお茶所である狭山市には美味しいお茶だけではなくお茶を使った和スイーツを提供しているところも多いです^^

お茶めぐりや茶摘み体験をしたい方は是非狭山市にお越しください^^

アクセス
・新狭山駅から車で約8分。

2019年05月07日

夏バテや食欲不振に効く!川島名物すったて/川島町

「手打ちうどん庄司」
1庄司.JPG

四方をに囲まれたのようなまち「川島町(かわじままち)」。

町名からして涼しげなこの町には夏の暑さで火照った体を冷ましてくれる料理がたくさんあります^^

「武蔵野うどん」
2庄司.JPG

埼玉名物武蔵野うどんをベースに個性豊かなメニューを提供している「手打ちうどん庄司」。

当店のメニューがB級グルメ王グランプリ決定戦で優勝したこともあり、かなりの人気店になっています!

店内には著名な演歌歌手や野球選手のサインがずらりと並べられていました^^

「すったて」
3すったて.JPG

夏の人気メニューです^^

「すったて」の由来は、ゴマや味噌などの具材を「すりたて」で食べていたところからきており、みょうがやキュウリなども合わせてすって食べるそうですが、こちらではすりごまが入った味噌ベースのつけ汁に野菜類が乗ったうどんをつけて食べるスタイルのようです。

麺の量は小盛、中盛、大盛、特盛、特々盛から選べます^^

小盛でも400gあるので普通の量を食べたい方は小盛が良いでしょう(^^;)

〜すったて発祥のまち川島町〜

川島町のすったてはコシがあって美味しいです^^

爽やかな香りのみょうがとキュウリの歯ごたえが心地よく、夏バテで消耗したエネルギーを味噌の塩分が補ってくれます。

食欲が減退しやすい夏にはピッタリのメニューですね!

アクセス
・鶴ヶ島駅から車で約15分。
プロフィール
カテゴリーアーカイブ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
写真ギャラリー