2019年10月31日

地域清掃

学活の時間を使って学年で地域清掃に出掛けた。
この田舎でも、道路端や、駐車スペースには結構ゴミがある。

全国どこでもそうなのだろうが、自動車利用の人が、安易にゴミを捨てるのだ。
自家用車で、窓の外はゴミ箱だと思っているらしい。
結局自分の目の前からゴミが消えれば、それでいいのだ。

公共スペースでも、ゴミ箱に捨てればそれで終わり。
その後、片付けている人のことを思い巡らせることはない。

家庭ゴミだって、集積場に持っていけば、それでゴミは消えたことになる。

そんなシステムが、あるいはポイ捨て者を増やしているのかも知れない。

以前見たテレビ番組で、ある後進国は、「ゴミは川に捨てるもの」、と皆が思い、川がゴミだらけになっていた。その川のゴミは海に流れ、海洋の環境破壊を助長する。

こうした地域清掃を通して、生徒は何を感じるのだろう。

「かつて、自分はボランティア活動で、ゴミを拾ったことがある」、という経験は、どこかで活きてくるのだろうか。

「丹澤先生、すごいものがありました。」
元気な男子生徒が、嬉しそうに私を呼び寄せる…。

パッケージごと捨てられたアダルトDVDである。
こんなものをどうして駐車場に捨てるのか、と思ったが、彼らは興奮が収まらない。

「燃えないゴミかな?」
と、簡単にあしらう。

ゴミは社会の縮図でもある。
その駐車場には、コンビニゴミは当然のこととして、栄養ドリンク、酒瓶、一部家庭ゴミと思われるものまで捨てられていた。

「そんなに不用意に茂みに入ると、蜂の巣があるかも知れないよ。」
と、注意を促したが、生徒たちはどんどん草むらのゴミを集めてくる。

ほんの15分ほどであったが、どんどんゴミ袋が一杯になる。

本来は自治体のボランティア袋を使うのだが、あとでセンターまで持って行くのが大変なので、学校ゴミとして出すことにした。

いくつかのグループ分けをして、ゴミの収集場所を変えたのだが、あるグループが、設置されている自販機横のゴミ箱内のビン・缶まで回収してきた。

若手の先生が、そうしたゴミまでをも集めると、信じ切っていたらしい。
あきれた学年主任が、優しく教え諭す。

短い時間だけれど、地域貢献ができたことに、生徒たちの顔は、少し満足げに見えた。








2019年10月30日

資料館見学

5、6時間目を利用して、中2学年全体で、近くの資料館に出掛けた。
その資料館は地元の歴史中心のものだが、時々特設展で、科学的な展示も行われる。
今回、県立博物館から地元の化石が出張展示されたということで、理科の授業の一環として、見学に出掛けたわけだ。併せて、ボランティアガイドに地元を紹介してもらった。

地方の町には博物館がない。
そうなると、なかなかホンモノの資料を見ることができない。
昨今はインターネットで写真や動画をいくらでも見ることができるが、やはり、ホンモノにかなわない。
そういうわけで、地方の資料館に、県立博物館からの出張展示を行い、教育活動に役立てようするのだ。
もちろん、その展示スペースはきわめて狭く、大きな博物館には及ばないが、それなりの解説があれば、十分学習にはなる。

残念ながら、企画した理科の若い先生は、全体を集めての解説をしなかったので、生徒たちはさらっと通過するだけになってしまった。

それでも、化石そのものを手で触れるのは、なかなか貴重な機会ではあった。

理科の授業と言っても、実際は社会科見学のようになったが、ボランティアガイドたちは、いろいろな自然や城跡の堀、地元の成り立ちや生活、などいろいろな分野の解説をしてくださった。
五、六名の一つの班に一人のガイドがついての散策で、私はなかなか面白かった。

自分でも何度も歩いたことがある地域だが、ガイドがつくと、また別の視点が見えてとても面白い。
あらたな知識が増える喜びを、かみしめたひとときであった。

今回の課外授業で、生徒たちが何を感じ、何を学んだかは、「まとめ」や「感想」を見なければ分からないが、普段閉じこもりがちな彼らを、外に連れ出しただけでも、十分意義はあっただろう。

芭蕉が訪ねた柳を訪ねたのちに、クラスごとに記念撮影した。
収穫を終えた淋しげな田んぼの真ん中での集合写真は、地元ならの風景でなかなか面白い。

私は、生徒たちが、この散策を通して、何かしらを感じてくれればいいと思っている。
制服を着て、礼儀正しく振る舞えたし、見学の態度もなかなか良かった。

こうした刺激は、中高生の子供たちにはとても大切なことだと思う。

いろいろな経験がこの先の人生の肥やしになり、どこかで効いてくることもあろう。

何よりボランティアの方々。子供たちと触れあえて楽しかったのではないかな。

願わくば生徒たちがもう少し積極的で、ガイドさんたちに話しかけられたらもっとよかったが、欲は出すまい…。

2019年10月29日

ふらふらっと

ここ半年以上なかったのだが、今日は授業中に「ふらふらっと」きた。
そのまま意識を失いそうになる、というか、立ちくらみというか、表現するとすれば、やはり、ふらふらっと」、としか言いようがない。

生徒たちには、
「倒れたらよろしくね。」
などと、言いながら授業を続ける。

彼らからしてみれば、冗談だと思っているが、私の方は、「ちょっとやばいかな…」、と思いながら授業を続けているのである。

年初にもこうしたことが続いて、けっこう苦しい時期があったが、しばらくなかったので、ちょっと油断していたようだ。

いつも通りの授業なので、私の異変に気づいている人はほとんどいないはず。
プロなのだから、何があっても授業には手を抜かないことを心掛けている。

夢も目標も見失っていた頃、「授業中に倒れてそのまま逝ってしまうのがいいかな」、と思っていたが、今は執着の塊になってしまい、やりたいことはまだまだたくさんある…。

最後の断末魔が、特定の生徒への注意だったら、彼らの一生の思いでなってしまう、

ちょっと休もうと、午後は身体を横にしていたら、6時間目の学年会をすっかり忘れてしまった。
今度の木曜日の地域清掃の打ち合わせだ。

そのことに気づいたのは夜中になってから。私は何と責任感のない人間なのだろう。

歳をとったのか、だんだんと抜けが多くなった。

教務主任が来て、
「考査時間割の作成も、細かくて大変だし、ミスもあったみたいだから、S先生に任せましょう。」
と言う。

「こんな感じで引退時期が近づいていくんのだなあ」、と、頭をがつんと投げられた感じがした。

学年初めに、
「私は役に立ちませんよ…。」
と、主任に言っておいたが、本当に、役に立たなくなってきつつある。

「会社等の組織は、給料の倍くらいの経費がかかっているんだよ。」
社会人になり始めの頃、そんな話を聞いたことがある。
だからこそ、「給料の2倍働け」、と教えられてきた。

歳をとるとはこういうことか…。

2019年10月28日

鍵の交換

借りているグランドの管理棟の鍵が壊れたので、午前中は役場に交換に出掛けた。
土曜日の練習時に、中1が、
「丹澤先生、鍵が抜けません。」
と言うので、そっと鍵を抜いたら、やや変形していた。
その日の練習後、鍵をかけようとしたら、折れてしまったらしい。
キャプテンが申し訳なさそうな顔をして、
「鍵が折れてしまいました…。」
と来た。

確か昨年も折れたことがあり、翌日の試合を控え、慌てて役場の夜間受付に電話したことがある。
さすがに毎日使っていると、劣化するし、細い鍵なので、壊れやすいようだ。

最初に支所に行き、役場に連絡を入れておいてくれたので、役場ではスムーズに交換することができた。

以前は結構責められたが、今回は何事もなく終わった。

町から借りている施設だが、毎日使っていると注意する気持ちが少なくなっていくものだ。

「今日は午前中、役場に行ってくるから…。」
と部員たちに言うと、2年生は状況を把握してか、「よろしくお願いします」、と返ってきた。

言ってみれば教師は叱られ役。
生徒のしでかしたことは、教師が謝り、
親から苦情が来れば、教師が謝る。

昔から、「学校は何をやっているんだ」、と言われ続けたが、昨今は、「先生は何をしているんだ」、という形になりつつある。

本来謝り役のはずだった校長から、担任やら担当教師に下りてきている感じだ。

今日は、部の練習を休みにした。
来週にも練習試合が控えているが、このところ負荷がかかっているから少し休ませようという配慮だ。
明日は雨の予報で、練習ができなくなるかも知れないが、それでもいい。

練習はモチベーションが高まったときにこそ効果をあげる。

夕方、愛犬を連れてお世話になっている犬舎を訪ねた。
頼んでおいた豚の骨を取りに行ったのである。

犬舎のご主人と犬談義をするのはとても楽しい。

私もいつかは、動物取り扱い責任者の資格をとって、自分の犬舎の仲間入りをしてみたい、と思う。

学校に戻ると生徒が駆け寄ってきた。

「丹澤先生、怒られましたか?」

「いや、大丈夫だったよ。」
と、私はほくそ笑む…。

2019年10月27日

錬成大会

大会が雨で延期した関係で、地域の公民館清掃と重なってしまった。
少し前に、「10月27日(日)午前6時から下町公民館清掃。集合場所いつもどおり」、などという、新参者にとっては、誠に不親切な回覧板が来て、慌てて隣の住人にお尋ねしたところ。だが、清掃作業が何時に終わるか変わらない。第1試合は、私が球審。「遅れるのもまずいし…」、などと心配していたら、清掃はものの20分ほどで終わった。何と、開始時間の6時には完全に終わっているのだ。私が、公民館をあとにしたのは5時58分。早く出掛けてよかった…。と、共に、これなら試合と重なっても、よほどのことがない限り何とかなりそうだ。

さて、準公式戦の今回の大会。3校リーグで一位通過校で決勝トーナメントが行われる。
私の学校の弱小チームは、かつてのように一位通過できるはずもなく、自ずと一勝が目標になる。一勝すれば、チーム初の公式戦初勝利だ。

1試合目の球審。
久しぶりの球審で、アウトコースの球の判定がぶれてしまったり、ファールボールをキャッチャーが捕ったところで、ファールボールとコールして、そのままランダウンプレーになってしまったりと、失敗はあったが、何とかこなすことができた。まあ、人間がやっているのだから、お互い様だ。総体のような命のかかっている試合とは違うし、この地区は生徒たちに『審判判定絶対』を躾けてある。試合中熱くなった先生に、説明を求められることはあるが、それもチームを盛り上げるためのある種のパフォーマンス。そんなに気負いすることはない。だが、やっぱり若手の先生にはプレッシャーかも知れない。

2試合目は、相手のミスが連発し、それを畳みかける攻撃で攻めて攻めての試合展開になった。
全員がヒットを打ったし、こちらの守備の乱れもあるが、それなりにアウトも取って、試合を見ているとこちらの方が格上のようにも見えるくらいだった。相手校は一年生主体のチームだが、私の方も、活躍するのは一年生。やはり2年生が足を引っ張る…。

結果、10−1でコールド勝ちした。
初の公式戦(準公式戦だが…)勝利はコールド勝ちと、何ともすごいことになった。
試合後、監督である私は言う。
「勝ったのはいい。つなぐバッティングができたと思うし、攻撃もよかった。だけど、サインプレーはほとんど決まっていないよ。このまま浮かれていたら、次の試合はコールド負けだ。」

と、引き締める。
果たして3試合目。チームにとっては2試合目だが、1試合目で投げた一年生ピッチャーが、「肘が痛い」と言う。そこで二番手の2年生に託したら、初回で6点献上した。次の回、もとエースの2年生に代えたら、今度は9点献上。そんな感じで3回15点でコールド負け。

夏にも戦って、こんな感じで負けているが、私たちのチームは、結局何も進歩していないようにも見えた。

選手たちは最初の試合で勝てたことで、十分満足しているようで、コールド負けのことなど、帰りの車ではほとんど忘れている…。中学生なんてそんなものだ。

これからの課題は見えているので、精進精進。








2019年10月26日

地区駅伝

いつものように4時半に愛犬の散歩に出掛けた。
空は満天の星。
そんな空に、ISSが通過した。

嵐が去って青空が戻った
今日は、地区の駅伝大会。

私の学校は中3が参加できないので、ただでも遅いタイムに輪を掛けて不利だ。
それでも開会式で、「地区の全中学校が参加してくれています」、などと叫ばれると、参加してよかったと思う。

いつもは写真撮影だけの別行動だったが、今回はバスの運転手も兼ねる。

現地に着くと、M中の生徒がコースを掃いている。
昨日の嵐で、折れた枝や落葉に溢れていたのだろう。
本来は、前日に準備をするようだが、今回はできなかったので、早朝から行ったのだ。
M中は陸上の強豪校。掃いている生徒たちは選手ではないだろうし、もしかしたら別の部の生徒かも知れないが、そうした心遣いがなにより嬉しい。「選手たちにベストコンディションでレースをして欲しい」、という気持ちが伝わってくるからだ。先生から指示されてのことだが、そうした思いは伝わってこないのがいい。

今回、教頭が初めて来た。
校長が海外に出てしまっている関係で、校長の代理とし出席したのだ。
こうしたイベントは、地区の全校長が来る。
以前の校長は、いろいろ理由をつけて出席してくれなかったが、今年は「代理を出す」、くらいになったのだ。だが、地域交流のほとんどない教頭は、開会式の立ち位置が分からず、困惑したようだ。
そして、レース前に帰ってしまった。

せめて、選手たち一人ひとりに声を掛けて欲しかった。

部活などの大会にほとんど顔を出すことのない校長や教頭。
だから生徒たちも、「あれ?教頭先生?」、と言った感じで、「なんで来たの?」、という思い。
他校のように、全員集合して、ありがたく校長先生の激励のお言葉を受けるなどという、ごく普通の当たり前のことができない情けない状態ではある。

レースは女子は、第一走者から大幅に遅れをとり、そのままゴール。男子は序盤は健闘したが、徐々にタイムを下げ、結局最下位。二年生が足を引っ張っている感じ…。

上位校は別として、タイムの遅い学校は、私たちの学校がいるおかげで最下位にならないで済んだ、と思っているに違いない。
事実私も、何度もそうした声を聞いている。

全校生徒が参加しなければならないような、小規模校にも、私の学校は負けてしまうのだ。

「参加することに意義がある」、ことは否定しないが、「負け癖をつける」のは駄目だ。

昨年は最下位を脱出していたのだから、次は頑張らねば…。

結果的に足を引っ張ってしまったキャプテンの二年生が落ち込んでいる。
「来年は、君たちが出られるかどうか分からないんだよ…。」

学校行事の関係で、来年も中3が参加できないことだって大いにある。

まだまだモチベーションの高め方が稚拙だ。








2019年10月25日

嵐の遠足

中2の遠足は、陶芸体験と飯盒炊爨。
大変面白く、よい企画だったのだが、残念ながら雨になった。

心配された台風21号が太平洋に逸れていったのだが、台風のパワーが低気圧に入ってきたらしい。

午前は全国的にも有名な県下の焼き物の里で陶芸体験。
ろくろを使うのは初めてのはずなのだが、次々と作品ができる。
その中で、一つを選んで焼いてくれて、何ヶ月後かに学校に送ってくれる、というシステムである。
実際の実習時間は40分弱。そんな中でもけっこういい作品ができる。

現地のスタッフが、何人もサポートに入ってくれて、彼らはどんどんうまくなっていく。
ひとクラスごとの実習だが、きわめてスムーズ。
おかげで、私も全員の写真をとることができた。

お手伝いしていただいたスタッフは、全国から集まった陶芸家の卵たちだそうだ。
「どうして陶芸家を志そうとしたのですか?」
と、訪ねたら、小学校の時の陶芸体験で目覚めたという。
学校での体験が、生徒たちの人生を左右させるのだ。

私の学校の生徒たちも、きわめて器用で、「もしかしたら陶芸の才能があるのではないかな…」、と思わざるを得ない生徒が何人かいた。

人間社会では、さまざまな分野で活躍の道があるが、もしかしたら彼らもそういう世界に突入するのかもしれない…。

生徒たちの写真が撮れなくなってしまうので、私自身、陶芸の体験はしなかったが、いつかはのんびりを土いじりをしてみようと思う。

私の隠れ家には、以前に住まれていた方が陶芸をしていたこともあり、たくさんの焼き物があるのだが、なんだか無碍に処分しにくくなった。

その後、バスは飯盒炊爨会場へ向かうが、地滑りで倒木して、予定されていたルートが通行止めになった。台風19号で大きな被害があった地域で、まだまだ山は水を吸っているのだ。

浸水した被災地を通り抜けている頃、学年主任から電話が入った。

「こんな状況で実施して大丈夫かな…。」

「現地で検討しましょう」、ということになり、バスは山を登っていく。
その頃には、風雨も強まり、まるで台風が来ているかのようになった。

結局、現地で実習はキャンセルし、そのまま帰校することになった。
無理に室内で行っているうちに、道路が封鎖されたら、それこそ帰れなくなる。
生徒の安全第一を優先した。

おかげで、生徒たちの昼食がなくなった。

仕方なく、途中のサービスエリアで、一番安いカレーを食べさせる。
学年全員分を食べさせるほどの予備のお金はないで、学年主任が立て替えて支払いをした。

食材だけを引き取り、結局大して旨くもないカレーを食べて、予定より早く学校に戻ってきた。

でも安全が一番。

中1は雨の中レインコートを着ながらアスレチック。
高2は東京散策。予定より大幅に帰校が遅れ、途中で夕食。
高1は前日に千葉に入っており、途中道路が封鎖され、帰校は夜中の2時前。

エキサイティングな嵐の遠足になったが、彼らはいい経験になっただろう。

もちろん、全員が安全に帰ってきたからこそ言えることだ。

令和の時代。天の神様はお怒り気味のようである。








2019年10月24日

教員人生の罠

かつての私は、「今日は、どんなことが起こるだろうか…」、とわくわくしながら、毎朝を迎えていた。
それが昨年後半は、「今日も何も起こらないでくれ…」、と祈るような気持ちで毎日を過ごしていた。

当時の校長からは、「丹澤先生は鬱だね」、と言われた上に、「いつも私たちに尻ぬぐいをさせる」、とまで言われ、さらには「苦手な保護者対応を克服して下さい」、と何度も叱責された。

「もう10年以上務めているから、もういいだろう…。」
と何度も思った。来春が、二度目に私が学年主任と担任をした学年が、高校3年生として卒業するので、ちょうどそのときに、「学校の先生も卒業しよう」、と思った。

そうなると、さらにトラブルは続く。

するとますます事件が起こる。

「子供たちがかわいく思えないんです…。」
そう校長に訴えたら、
「あれだけ子供好きの、丹澤先生が、そこまで言うのはよほどのことだ」、と思った校長は、新校長にも引き継ぎ、異動になり、去って行った。

それを受けた新校長は、年度当初の面談で、開口一番
「丹澤先生、生徒たちかわいくなくなったんだって?」
と発した。
と言うわけで、今年度はほとんどの役職を外してもらった。

当時の私は、「できたら学年も外して下さい」、と申し出たが、それはかなわなかった。
ただいまとなっては、別の学年だが、学年に残っていて良かったと思う。
私の仕事ぶりに、学年主任もあきれ始めてはいるが…。

以前の校長が去り、私のストレスは半分以上減った…。

経験値が増え、トラブル対処のキャパシティが増えている中で、自らの心が壊れていくとは思いもよらなかった。

現在は、大分落ち着き、心を癒やしている。

「何としても犬を飼おう」、と思ったのも、心の奥底には、『癒やされたい』という思いがあるのかも知れない。

金銭的には苦しくなったが、隠れ家でほっとする時間も取れるようになった。

先日母と話をしていたら、
「あなたは、務めたての頃、職場の先輩によくいじめられて、そのたびに、『いつか実績を上げて見返してやるんだ』、と言っていたんだよ。」
と言う。

私は、もはやいじめられていた記憶はない。
と同時に、「いつか見返してやる」、という気持ちもない。

これが歳をとるということか…。

人生いろいろある。








2019年10月23日

最後の駅伝試走

試走に付き合うのは、今日が最初で最後。次は本番だ。
このところの雨続きで、なかなか出掛けられなかったが、ようやく今日コースを確認することができたわけだ。

だが、6時間目の授業が終わってから出掛けても、すぐに暗くなる。
案の定、タイム計測の頃には辺りはすっかり暗くなってしまった。

他にも2校が、練習にやってきたが、私たちが練習を始める頃には、練習を終了して解散。
強豪校チームの陸上部の監督氏より、
「この公園の利用時間は17時15分まで。駐車場も17時半で終わり。きちんとルールを守って、公園から苦情が来ないように気を付けてください。」
などと念押しされる。

きっとその御仁は、
「こんな遅くに来やがって、お前たちがルールを破って苦情が来たら、こっちが面倒になるんだ。」
と言いたかったのだろう。

私は個人的に、時間は厳守する性格なのだが、私の学校の先生たちは、けっこう無頓着な人が多い。
今回の駅伝の責任者の若い先生も、「気にはするが、全体厳守をしようとはしない」方である。

私は、時計を見ながらヤキモキしているのだが、結局、試走を終えたときには、閉園時間も過ぎ、駐車場の施錠時間もオーバーした。

「こりゃ、苦情が来るかな…。」
と思ったら、気持ちが滅入ってきた。

計画の甘さが原因である。
6時間目を終え、帰りの会に出ないで来れば、時間の余裕はできた。

すでに何回か来ているはずだが、「もしかしたら、いつもこんな風にルールを守らないのだろうか…」、と考えたら、ますます気持ちが落ち込んでゆく。

私は帰りのバスで無口になった。

選手たちは、「暗くて道を間違えた」、などと楽しそうに話をしている。
後ろからは、飴のにおいがしてくる。
程なく、音楽をスマホか音楽プレーヤーで流す生徒も現れた。

その姿に誰も注意しない。
だから、生徒はそれでいいと思う。

ますます私は無口になった。

こうした小さなことの積み重ねが規範意識を高めていくはずだ。

だが、先生自体が、ルールを守れない。
それでは、指導する立場として、その前提が崩れる。

そんなことを考えながら、帰路につく。

ちょっと後味の悪い、試走の最終回になった。

2019年10月22日

洗濯機

隠れ家にも洗濯機が欲しいと思い、メルカリで購入した。
畑仕事や犬の世話で汚れたものを、隠れ家でも洗いたいと思ったのだ。

引っ越しを終えたら、今ある洗濯機と入れから、今回買ったものは納屋にでも置いて、洗濯物によって棲み分ければいいと思ったのだ。

格安だったので、80キロくらいの距離を取りに行くことにした。
時短のために高速を使ってしまったので、結局かかった費用が小一万になってしまったが、それでも安い。
高校生が運搬を手伝ってくれたので、さっと積み込み、五分もしないうちにトンボ帰り。

帰宅後早速設置し、試運転をしてみた。
当たり前だけど、きちんと動く…。

排水ホースと隠れ家の排水穴がうまく合わなくて、若干水漏れがしたが、いくらでも修正できるので、おそらくは満足いく買い物になったと思う。

雨だからと、先方はビニールでぐるぐる巻きにしてくれた。
もしかしたら、「軽トラで取りに来るかも知れない」、と思ったのかも知れないが、私が出掛け車はバン。でも、その心遣いが嬉しい。

同僚に、「メルカリで洗濯機を買ったんだ」、と言ったら、「お若いですね…」、と言われた。

私のような中年は、あまりメルカリを使わないのだろうか。
そろそろ私も出品してみようと思っているくらいなのだが、教員の世界では、メルカリは遠い存在なのかな…。

とにかく、不要なものを欲しい人に譲るというシステムはいい。
「ただ」で譲らないところが、ある意味あと腐れなくて良いのかも知れない。
価格設定は、やや高めなのだろうが、今回のように格安なこともある。

今や、ネットで何でも手に入る時代になった。
その中でも、多くの人は、人と人との関係を求めているのかも知れない。

人は一人では生きてはゆけない存在だ。

売主さんは、二十代後半くらいの青年。農家のご子息らしく、家の周りの畑はすべて自分の敷地だという。家も立派な佇まいだった。

「お気をつけてお帰りください。」
と、道路にまで出て見送ってくださった。

耳飾りをした青年は、なかなか礼儀正しい…。

「何かの折りにお近づきになれたら…」、とも思ったが、恐らくもう関わることはあるまい。

一期一会。
生徒との関わりもそうだが、そんな出会いこそ、大切にしなくてはならないだろう。
ファン
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ