2018年10月27日

やってみて初めて分かること 〜校内清掃〜

前記事(やってみて初めて分かること 〜朝の挨拶〜)の続編。

当時私は、授業の空き時間を一コマ分を使って、毎日、校内清掃を行った。
これも、退職までの間の、わずかなりとも学校への恩返し。階段や廊下を掃除した。

この掃除を始める前は、傲慢にも、
「何でこんなに汚いんだ。掃除しているのかよ。」
などと思っていた。
掃除の時間の担当場所もあり、私はトイレを裸足で歩けるくらいピカピカに磨き上げていたという慢心もあって、天狗になっていたのだ。

ところが、実際掃除をしてみると違った。
ちょうどそこは、風の通り道で、埃が溜まりやすい、ということが分かった。その上、そこはほぼ全校生徒が歩くところで、掃除しても掃除してもすぐに汚れてしまうのだ。

当時、学校には用務員さんがいた。お婆さんの用務員さんで、彼女が気がつけば、授業中などでも、いろいろな所を掃除してくれいた。もちろん、職員室も、そして先生たちのゴミ箱も、校内いたるところを掃除してくださっていたのだ。

教員生活が長くなると、だんだん感覚が狂ってくる。
自分が偉くなったような錯覚に陥るのだ。
「掃除はしてもらって当たりまえ。ゴミはこの中身は片付けてもらって当たり前。荷物は運んでもらって当たり前…」
などなど、数え上げればキリがない。

しかし、私の空き時間清掃は、開始してすぐ、自分自身の傲慢さに気づかされた。

「今まで、こんな風に掃除してくれた人がいたんだ。」

そうした人へ、感謝の思い一つ出せないでいた自分が、情けなくて、箒で床を掃きながら涙が出てきた。そして次第に、これまで黙って掃除を続けてきていた方々への感謝の思いが湧いてきて、その思いに馳せて、また泣いた。

私が泣きながら廊下を掃いている様は、端から見れば、おかしな姿に見えたに違いない。

私は、廊下を掃きながら、心の塵を掃いていたのだと思う。

どんなに立場が上がっても、下座修行は欠かせないという。
毎日のトイレ掃除を欠かさない、という校長先生もいると聞く。

人は、いつの間にか慢心し、傲慢になる。
それを防いでくれるのが、何気ない掃除であり、下座修行なのだ。

しばらく経ってから、
「先生、いつもありがとうございます。」
と言われた、その言葉の重みと、ありがたさをかみしめながら、掃除を続けていたあの頃を思い出す。

「やってみて初めて分かること」は、ここにもあった。













やってみて初めて分かること 〜朝の挨拶〜

もう十五年以上前になるが、当時私は、勤務校を年度末に退職することになっていた。
十年以上勤めた学校なので、せめて最後くらい何かしらの恩返しをしようと、朝の挨拶と、校内内清掃を数ヶ月間続けてみた。

いつも早めに学校に来ている私は、登校時間に合わせて、昇降口で一人、挨拶をしながら生徒を迎えた。
毎日欠かさず、退職するまで一日も休まず挨拶を続けた。
時には体調の良くない日もある。また、もうすぐ退職するのだと思いながら挨拶をしていると、なんだか泣けてきて、なかなか笑顔が作れない。
「おはようございます。」
どれだけ私の挨拶に元気があったかは、今はもう分からないが、生徒たちも挨拶を返してくれた。

最初、私が昇降口に立っていた時、多くの生徒は、
「なぜ、丹澤先生がいるのだろう。」
と、思っただろう。

「荷物検査か。」
なんて、構えた生徒もいたかも知れない。だから、なかなか挨拶のキャッチボールができなかった。

初めの頃は、
「私が挨拶しているのに、どうして生徒は挨拶に答えてくれないのだろう。」
と、思ったが、そういう考えはすぐに消えた。

生徒たちが挨拶をしてくれないのは、『私の挨拶に悲壮感が漂っているからだ。』と、思うことにしたのだ。確かに、笑顔も作れず、また半泣きの状態では、声をかけようとも挨拶にならない。

そのように気づいてからは、努めて笑顔を作るようにした。

面白いもので、作り笑顔はぎこちなくないのだが、それも毎日やっていると、いつしか自然の笑顔に変わってくる。

また、私の一回一回の挨拶に,思いを込めれば、生徒たちも必ず挨拶してくれることも発見した。だから、しばらく経って、退職直前のころには、全員が私に笑顔で挨拶をしてくれた。
その上、私の朝の行動に感化され、私と同じように挨拶に来てくれる先生も現れた。

私が退職することは誰も知らない中、ほんの何ヶ月か、学校への恩返しのつもりで始めた私の挨拶運動。
しかしそれは、いつしか私の習慣になり、生徒たちにも自然に受け入れられた。

あの時、かすかに恩返しできたのだろうか…。

この行い通して、私自身たくさんの学びを得られた。
生徒たちに愛を与えるつもりで挨拶していたが、実は与えられていたのは私自身だったのだ。

「やって初めて分かることもある。」

まさにその通りだと思う。












2018年10月26日

旅行業者に頼みたいけれど…

私の学校では、海外に行く時以外は、基本、旅行の手配を先生たちが行う。
つまり、旅行業者には様々な手配を頼まないのである。
そうしたカルチャーなので、確かに費用は多少(?)安くはなるが、その分その労力かなり大きい。

今回の遠足では、ベテランの先生に手配をお願いしたが、何度も何度も見学施設に連絡をして調整をしていただいた。食事のメニューから手配、アレルギー対応まで、なんだか旅行業者と同じくらいの仕事量だ。

当然、行程の中で、時刻の早まりや遅れも生じる訳で、その修正から、次の見学地への連絡はもちろん、臨機応変の対応。もちろん、入館料の支払いやら、事後処理やら、後日振り込みなどなど。
「ここまで教員にさせていいのだろうか…。」
とさえ思う。

遠足の予算は5000円。
「できるだけ、この予算内に抑えてくれ!」
と、事務長は言うのだが、数年前に貸し切りバスの最低料金が国によって決められて以降、バス代は大幅に値上がりした。
今回の遠足でも一人当たりのバス代は高速料金を加えると3500円を超える。そこに昼食代と入館料などを合わせて、ゆうに6000円を超えている。これでも、先生たちの昼食代は、生徒を指導しながら食べていても自腹である。

確かにこの金額に高くても数百円くらいだろうが、旅行者への費用がかかるなら、先生自身で、すべての手配をする方がいいのかも知れないが、それにしても負担は大きいと思うのだ。

海外への研修旅行が中3と高1で行われているので、大手旅行社との接点はある。
ただ、費用を限りなく低く抑えさせているので、旅行者にも大して利益をもたらしていないに違いない。

そんな中で、
「遠足も頼むよ…」
とは、言いにくい。

以前は、前任校やその前の学校から、旅行会社に電話一本でお願いできる知り合いの学校専門の担当者がいたが、今はもう疎遠になってしまった。

「旅行者に頼みたいんですが…。」
と、尋ねれば、
「いいですよ。予算内だったら…。」
と、言われるに決まっている。

どれだけの仕事量と、心労と、引率時の煩雑さがあるかを、全く理解していないのだ。
引率の生徒指導をしたことがないのだから、分からないのも当然だが、何とか説得したいな、と思う。

これだけの手配ができる先生は、私の学校には、ほんの何人かしかいないのだから…。












野口英世記念館

遠足で最初に尋ねたのは、猪苗代町にある、『野口英世記念館』だ。
野口英世が一度だけ日本に帰国してちょうど100年にあたる2015年にリニューアルされ、なかなか面白い展示内容になった。

夏に一度見てきたので、「遠足でも是非」と、先生方を説得し、見学地の一つに加えた。

私の学校では、中1の総合的な学習で『偉人研修』をさせているので、ほとんどの生徒が知っているが、ここまでわかりやすく、体験しながら学べる展示は他にないだろう。

販売されている書籍やマンガも、教材として使えるものばかりだ。
今回は購入してこなかったが、いずれもネットでも注文できる。

正面に磐梯山を望み、反対側には猪苗代を見る。天気も良かったので、その最高ロケーションの中で、野口英世の人物像から、功績、その生涯を学ぶことができた。

生徒たちはもちろん、先生たちにも、なかなか評判が良かった。
「次回も、野口英世記念館は外せませんね。」
という声は、やはり嬉しい。

引率者もきっちり入場料がかかるのだが、このリニューアルでかかった費用を創造すれば、仕方のないことだろう。

メモをしながら、展示内容をじっくり時間を掛けて見ている一般の方がいた。
何となく雰囲気が教員で、下見のように見えた。
「お行儀悪い生徒たちばかりで、すいません。」
と、心の中で謝る。

生徒たちは、展示を見ながら必死でワークシートを書いている生徒が多いので、傍目には頼もしく見えたかも知れないが、その動きは、中学2年生としてはちょっと幼い…。

退館時に、入館しようと整列している小学生とすれ違った。
5年生か6年生だと思うが、とても行儀良くきちんとしていた。
黄色の帽子をかぶっていなかったら、小学生なのか中学生なのか分からないだろう。

「先生、小学生に、『中学生だ!』って言われましたよ。」
と、小柄な生徒が私に報告する。

「そりゃ良かった。私服だったけど、中学生に見えたんだね。」

その言葉は、
「俺たち、真面目に見学しましたよ。」
と自慢しているようにも聞こえた。

彼らがそんな風に自覚しているのならよい。
こうやって一歩ずつ成長していくのだから…。

何だ、できるじゃないか…

今日は遠足。昼食は見学地併設の店で頂く。
店内の予約席まで、私が誘導。
私たちの席は小上がりになっていたので、靴を脱ぎ、「出船」にそろえて座席の指示。
そのとき、「私は靴を揃えなさい」とは言わなかった。
揃えた私の靴を見れば、同じよう脱いで並べると思ったからである。

学年生徒全員が上がったのちに、脱いだ靴を見ると、全員が「出船」にそろえてあった。
「指示しないでも、できたなぁ。」
と私はほくそ笑む。

せっかくの遠足なのだから、お子様向けのハンバーグだのカレーだのでは面白くないので、一般の旅行者が注文するような、少し高価な食事を選んでみた。

山菜のわっぱ飯に、野菜や茸の天ぷら、汁物はサトイモたっぷりの味噌仕立て、田楽味噌をつけた薄揚げ、などのメニューだったが、全員が完食してくれた。
片付けも、綺麗にできた。
「なかなかやるじゃん。」
と、心が躍る。

最期の見学地の講話では、全員が正座して、大きな返事をして、『什の掟』を唱和。

内心、
「返事が小さかったり、声を出さなかったら、どうしようか。」
と、思っていたのだが、きちんとこなしてくれた。

いろいろまだ指導すべきところは沢山あるが、とりあえず、遠足で出掛けた学校として恥をかかずに済んだ。

帰校後、学級委員になり立てのS君が、神妙な顔をして私の元にやってきた。
聞けば、バスの一番後ろに座っていた男子生徒のイタズラがひどかったそうだ。

「いろいろな人に迷惑を掛けていたにもかかわらず、自分は制止する力がありませんでした。すいません。」
と言う。

元気で明るいけれども、クラスで一番落ち着きがなく、すぐに流されてしまうS君。
学級委員になれば、本人の自覚と、その責任で、変わっていけるな、と思っていたのだが、遠足を通して、一歩成長したようだ。
「これからの精進だね。ありがとう。」
と、私は答えた。

思いも行いも幼く、周りからは、とても中学生には見られないだろうと思っていた遠足。
それでも、一定の収穫はあったようだ。

公園で、合唱コンクールのリハーサルをしていた地元の中学三年生の振る舞いには、遠く及ばないけれども、
「何だ、できるじゃないか…。」
と、感じた一日になった。












2018年10月25日

海外語学研修の餞別

中3が海外語学研修に出発した。6泊7日で、オーストラリアのシドニー近郊に行き、ホームステイを行う。

基本はホームステイなので、生徒たちがホテルに泊まることはない。
2人ペアで、オーストラリアの家庭に入り、英語漬けの生活をするわけだ。

この語学研修には、学年主任、担任、英語の先生が引率する。学年行事でありながら、学年所属でも引率しない先生もいる。費用はすべて寄付からまかなわれるので、最低限の引率人数になるのだ。

現地での初日と最終日に、シドニー市内観光、途中、現地の学校訪問がある以外は、原則、引率の先生たちの出動はない。ホームステイ、特にトラブルや事故がなければ、のんびり現地の下見をしたり、自分で見聞を広めたりすることもできる。

こうした引率でも、私の学校では、一切の手当はでないので、食事代や宿泊代はすべて教員の自己負担である。これに学校や居残り先生へのお土産代などの費用がかかるので、引率ながらも結構持ち出しが多い。

今からもう20年以上前になるが、私が初めて修学旅行の引率をしたときは、驚きの連続だった。
国内の旅行だったが、生徒を引率して行く先、行き先で、先生方へのお土産がつく。3泊も、4泊もすれば、段ボール一箱分くらいのお土産になった。

夜のミーティングは、オードブルとお酒が並び、さながら宴会のようだった。もちろん、飲酒の上での生徒指導は許されないが、夕食後にも、第二の夕食があるような感じだった。これらのお土産は、帰校時に各人に配られたので、先生たちの荷物が増えるということもなかった。併せて、引率時には手当がついたから、ちょっとしたお小遣いももらえたような感じ。

「これが、先生の世界なのか…」
と、新人だった私は驚きだった。生徒としての立場しか知らなかった私は、教員の世界の引率時の実態を垣間見た感じがした。

ホテルに着けば、「まずはビールで一杯」、というのも当たり前のように行われいたのである。

今の世の中、さすがにこんな風ではないだろうが、「少なくとも自己負担の方が多い」という訳ではなかろう。

だから、私の学校ではいつしか、引率代表に密かに『餞別』を渡すようになった。
あくまで善意だが、せめてお土産代の足しにしてもらえばいい、という思いだ。

職員室や事務室、親しい先生、不在の間、代わりに授業をしてもらった先生への土産代は、引率者皆で出し合ったとしても、結構な金額になる。

私が引率のときは、お土産リストを作っておいたくらいだ。それでも、帰ってからお土産が足りなくなるという自体が発生する。

「まるで、お土産買いに行っているみたいだな…」
まさに、その通りかも知れない。

さすがに交通費は自己負担ではないが、『海外語学研修』は、なかなか費用のかかる引率なのだ。

というわけで、今回も学年からカンパを募り、自分でプラスアルファして、『餞別』として渡した。
今頃は、空港で搭乗待ちの頃だろう。

元気で行ってらっしゃい。













『計算ブロック』

雑誌『高校への数学』(東京出版)に『計算ブロック』というパズルを解くコーナーがある。

この『計算ブロック』は、9×9の枠の中に1〜9までの数値を入れて、指定された条件を満たすように作り上げるものだ。縦と横には1〜9までの数字が一個ずつしか入らないが、「数独」とも違う。

例えば、指定枠3マス分に12と書かれていたら、和か積で12となる数を探す。また2マス分の指定枠だったら、和・差・積・商のいずれかで12となる数を探す、といった具合である。

私の数学クラスでは、このパズルを全員に配る。
「頭の体操」でもあるが、「工夫して数値を見つける先を見通す力」と「注意力」、「忍耐力」を養うことができるからだ。中1の生徒にとっては、解き上げるのに何日もかかる難問なのだが、学年が上がり、慣れてくると、ものの10分程度で完成させる鉄人も現れる。

「先生、解けました!」
と、充実感たっぷり、嬉しそうな顔をして、 完成したパズルを見せに来た生徒には、もう一度きれいに清書をさせて、答えを出版社に送る。正解ならば、パズルのページに名前と学校名、学年が載るのだ。

「今回、○○君が載ってるね…。」
ちょっとはにかみながら、 皆に注目されながら、内心わくわく感の○○君が、笑みを浮かべる。

ここ何年かは、掲載生徒が消えないように注意しながら、毎号のパズルを送り続けている。

たまに、
「今回は宿題。全員が解きなさい。」
と、強制力を発動することもある。
応募するパズルは、9×9だが、4×4から8×8のパズルも練習問題として紹介されているので、解けるなら9×9を、駄目ならマス目の少ないものでもよしとしている。
それでも、最終のパズルが解けない人は、それなりの悔しさを感じているはずだ。

試行錯誤しながら、時間をかければ、必ず正解できるのだが、その時間と手間を惜しむ生徒には、このパズルは解けない。

手慣れた生徒は、上手に数字を絞り込み、あたかも将棋の先読みをするかのように、ささっと、数字を決めていく。

だが、面倒がってしまう生徒は、途中であきらめてしまうのである。

このパズルを通して、『問題に取り組む姿勢』も計れるのは面白い。

このパズルが解けることと、試験の成績との相関もあまりないように思える。だから、成績面では上位にならない生徒が、パズルで活躍したりする。

決して暇つぶしではないが、無為にスマフォをいじっているより、はるかに頭の体操になるだろう。

中間考査も、模試も終わったので、次回のパズルは「宿題」にしてみようか…。

高校への数学 2018年 11 月号 [雑誌]












2018年10月24日

『大地讃頌』

中3が、明日から海外語学研修でオーストラリアに出掛けるので、現地で合唱する歌のリハーサルが行われた。その曲は『大地讃頌』。

語学研修のために少しずつ練習して、現地では学年全員で披露する。
私も大好きな、とても美しい混声四部合唱だ。

「聞きながら泣けてきちゃいました…。」
と、音楽の教員が走り込んできた。

「ずっと不登校で、学校に来ることができなかったS君が加わって、音楽が変わったんです。普段はほとんど会話しないS君が、大声で歌って、それが皆に伝わって、音楽が一つになっているんです。」
その興奮冷めやらぬ中で、熱く語っている。

この中3はトラブルの多い学年だった。
中1では、何人もの生徒が転校。
中2では、犯罪ギリギリの悪さを繰り返し、先輩からも後輩からもそっぽを向かれる。

そんな中で、三人目の学年主任の尽力と、彼らの成長により、今や中学を代表するような立派な学年に育ってきた。

団結力もあり、9月の文化祭では、舞台部門でも展示部門でも最優秀賞を取った。
今、底力のある、パワフルな学年として、いい感じで仕上がりつつある。
そんな中での海外語学研修。
その一つの出し物の一つが学年合唱『大地讃頌』だ。

私は、9月に行われた高校の合唱コンクールで、教員審査員を務めたが、そのとき
「泣けない合唱は、合唱ではない…。」
と言って、一人ひとりの力を合わせた、感謝のハーモニーを求めたが、彼らはまさにそれに近づいてきているということだ。

歌は、感謝を込めて歌うと、歌に力が湧いてくる。
歌そのものが、愛となって、人々の心を癒やしていく。

そんな歌声を求めて、私の学校では中学、高校ともに時期は違うが「合唱コンクール」を行っている。

「オーストラリアで歌声を通して、愛を振りまいておいで…。」

彼らを讃え、語学研修の成功を祈る。


大地讃頌




日本合唱曲全集「土の歌」佐藤眞作品集







男子よ、声を出せ

12月の合唱コンクールに向けて、クラスでの合唱練習が始まった。

昨日、男子のパートリーダーから、
「先生、昼休み暇ですか…。」
と尋ねられ、
「合唱練習なら付き合うよ。」
と、答えたら、まさにその通りであった。
おそらく、ふざけたり真面目にやらない男子がいて、そうしたメンバーを、パートリーダーがまとめきれず、男子全員のパート練習を成立させる自信がないのだろう。

発声練習ですぐに気づいたことは、
「ほぼ全員が声を出していない。」
と、いうことだ。
音取りで精一杯なら、まだ仕方のないことだが、音楽の授業でもある程度の指導はしているので、これは明らかに彼らの手抜き。自分たちの力の1割も出していない。

歌ではない。
ささやきである。
耳をそばだてれば、かすかに聞こえてくる、きわめて小さな音の振動である。

はたまた、隣の教室からは、同じく課題曲を歌っている男子の、爽やかで気持ちのよい声が響く。男子パートの半分の人数であるにも関わらず、よく声が響く。
しかし、一方の私のクラスでは、その十分の一程度の声量でしかない。
というよりも、歌ではない。

「誰かが吹っ切れないと、歌にならないな…。」
「まずは、普段から大きな声を出すことが大事かな。」
「それには、まず返事かな。」
「今までの、クラス運営の手抜きがツケとして回ってきたのかな。」

などなど、自問自答してみて、
「こりゃぁ、一本釣りかな…。」
という結論に至った。一人ずつ、やる気を出させる方法だ。

音程に自信があれば、声は出る。
本来中学生の声は、美しいのだ。
思春期特有の反抗期が、真面目にやることを格好悪いと勘違いし、それにつられて集団心理で同じように動く。

去年仕込んだ生徒は、大方、もう一方のクラスに入っているので、またゼロからの仕込みかな。

数年前に音楽の先生が替わってから、うちでは発声練習として『YUBA』を使っている。
当初は、このメソッドは役に立つのだろうか、と思ったが、今となっては、大切ツールの一つだ。
お手本を真似て声を出しているうちに、いつの間にか、声量がアップしていくことが分かった。

いよいよ、私も介入しなければならなそうだ。
今のままでは、中1にも負ける…。

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のボイストレーニングBOOK―声美人・歌上手になる











クラスを掌握する

昨日の自習で、男子があまりにうるさいということで、ある女子生徒が職員室に助けを求めにきた。そこで、若手の担任が教室に出動した。

「ちょと、男子、いい加減にしなさい。」
若手ながらも指導力のある女性の先生だ。その後、クラスの騒がしさは収まっていく。

実はこの自習、教室には担当の先生がいた。例の新人君だが、うまくクラスを掌握できなかったのだ。

私の新人の頃、自分の指導が甘く、先輩たちに指摘されたり、介入されたときは、顔から火が出るくらいの恥ずかしさを感じたものだ。

だから、私は、若手の先生の授業教室に、生徒を注意するために教室に乱入することは控えている。しかし、荒れて他に迷惑をかけている生徒は、放ってはおけない。

生徒から見れば、先生は先生。だが、ベテランの先生が介入してしまえば、
「あの先生は力がない。」
ということになり、ますます生徒は言うことを聞かなくなるだろう。
ただし、指導を任せるにも限度がある。
新人の先生には試練かもしれないが、恥ずかしい思いを乗り越えて、成長して欲しいと思う。

「○○先生、おもしろい…」
この新人先生の授業を受けている一人の生徒がつぶやいた。

私は、
「まだまだ見込みはあるぞ。」
と思った。

新人だったり、若手の先生だと、指導がままならず、生徒から馬鹿にされる傾向はある。
それは、いつの時代でも変わっていない。

私だって、若い頃、授業を担当していない生徒の掌握は、とても困難だった。

しかし、お互いに知り合い、少しずつでも信頼関係が生まれてきた時には、だんだんと教育活動が成立するようになってくる。ベテランの先生のようにはいかないが、曲がりなりにも先生っぽくなってくるのだ。だから、その意味でも、「おもしろい」と言われるのはよい。コミュニケーションの一歩とも言える。たとえそれが、馬鹿にする意味の言葉であったとしても、そのキャラクターは教育活動にはどこかで役に立つ。

「うるさくさせてしまって、すいません。」
今日、新人先生が私に謝ってきた。先生自身が、「何とかしなければ…」と思えるのなら、成長していけるだろう。一方、何も感じていなければ、かなりつらい。

明後日は遠足。新人先生にも役割を与えなくてはならない。

「どんな役割なら、彼にもできるのだろうか。」

今晩じっくり考えてみよう…。

イオンショップ


イオンショップ

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ