2021年10月03日

ぎっくり腰

ぎっくり腰になった。

「一度、ぎっくり腰になると癖になるんですよね」、と生徒が慰める。
確かに、症状がない時でも、無理な動きをせず、気をつけていなければ、あっという間に「ぎっくり腰」状態に陥る。

今回は、何か重いものを持ったのではない。
もっとも、重いものを持たなく状態でも、「いけない」腰の角度によっては、症状が出てしまうこともある。
以前、冷蔵庫の野菜室に、ぬか漬けを入れようとしてぎっくり腰になったことがある。

今回は、「重たい」ものではなかった。

考査前で、部活動がない日曜日、天気がよかったので、「もうそろそろ、白菜とキャベツを植えねばなるまい…」と、畑仕事をした。

伸び放題の草を抜き、土を耕し、籾殻と肥料を入れ、畝を作り、マルチを敷く。
そして、苗の定植である。

普段は一時間ほどの農作業が、今回は二時間あまりになり、その間に、体が悲鳴を上げたようである。

デスクワーク中心の私は、畑仕事を一時間もするとへとへとになる。

今回は、無理をした、ということだ。

最後の方では、しゃがむことも、前屈みすることもできず、苗も傷めてしまった。

その後、横になって体を休めたが、いつもの「ぎっくり腰」になっていた。

もはや、寝返りを打つことも、座ってのち、すぐに立ち上がることもできない…。

「やってしまった…。」

こうなると、何もかもやる気が失せる。

やっぱり体が動くこと、健康が何より大切なことなのだと、改めて実感する。


何ヶ月か前、同僚のM先生がぎっくり腰になり、スーツケースを杖代わりに出勤した。

私も、杖か何か欲しいのだが…。




ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ