2021年07月14日

テニス部のK君

テニス部のキャプテンK君は、中学校の生徒会長でもあり、野球部の重要な助っ人でもある。

野球部の試合を終えての文章が素晴らしかった。助っ人でありながら、正部員よりも優れているように思った。

-----
この3年間で、自分は試合で緊張しないようになりました。守備や打席に立つときも、自分に良いイメージを持って、良いプレーのイメージングができるようになったからです。
僕は集団の競技が好きです。普通にテニスもとても好きですが、仲間と協力していく中で楽しみを見いだしていくことのできるのが野球だと思います。野球部ではたくさんつらいことがありました。うまくいかないとき、自分は「生徒会がある」という思いや、「勉強しないと」という思いに逃げていました。ときには、「野球だけやっていればいいんじゃない」と言いたいこともありました。そんなときでも、「丹澤先生に恩返しするために自分はやっている」と考えていました。たとえ怒ってしまったときでも、すねているときでも、恩返しという思いは忘れませんでした。僕が上手くプレーができずに泣いているときでも、僕を呼んでテニス部の先輩の話をしてくださったり、バーベキューに参加させてくださったり…。そして何より、この3年間、丹澤先生は、僕が出た全試合で、野球部の正部員がベンチのときも、スタメンでフル出場させてくださったと思います。

試合で、一番心に残ったのは、試合後に先生が掛けてくださった言葉でした。これだけ試合に出していただきながら、ほとんど先生の期待に応えることもできず、迷惑をかけ続けてしまいました。この3年間、根性、チームとしての考え方、心の持ち方、とらえ方、礼儀、そしてもちろん野球と、とても数多くのことを学ばせていただきました。こういうことを言ってはいけないとは思いますが、テニス部よりも思い入れがあると思います。自分はもちろんテニスを愛していますが、野球をとても愛しています。このメンバーで、最後の試合に出られて本当に良かったです。先生の「ありがとう」と言われることは何も出来ませんでしたが、この3年間で教えていただいたことを、成長の糧として、先生の喜ばれるような立派な人間を目指して、精進します。3年間本当にありがとうございました。
-----

助っ人でありながら、いつも鋭いことを言って、チームを引き締めてくれたK君であった。

感謝しているのは私の方だ。

本当にありがとう!




ファン
検索
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ