2021年07月02日

監督会議

夏の大会(総体)の監督会議があった。
大会の組合せ抽選が行われる。
今朝、中3のN君が、「丹澤先生、抽選頑張って下さい」、と言った。

私の学校はシードではないので、どこかの下(した)山に、入るだけ。
抽選だって、学校番号順なので、一番最後に引くか、一番最初に引くかのどちらかだ。

思えば、ここ十年来、「抽選頑張ってください」、などと言われたことはなかった。
H君は、気の利く頼れる生徒である。

今回は最初にくじを引いた。
結果、立派な球場で試合ができることになった。
中3の最後の舞台としては、ありがたいことだろう。

大会は来週だ。

会議では、「春の大会の開催の有無」についての意見交換もあった。

近県で、春の大会を行っているのが、非常に少なくなっている、というのである。

暑い夏で熱中症が頻発したために、夏の大会が2週間ほど早くなった。
そのために、春の大会との日程が近くなってしまった。
一方で、春の大会は、全国につながる上位大会がなく、実施の意味があるのか、などと校長会で議論されたという。

もちろん野球専門部では、「春の大会をなくそう」、などという意見はなかった。

私は、「春の大会から夏の大会までの期間こそ、一番モチベーションが高くなり、一番技術的も精神的も成長する時期なので、貴重な機会だ」、と思っている。

大人の都合で、子どもたちの貴重な機会を奪ってはいけない。

教員と学校の負担減が、本来の目的なのかも知れないが、負担減にする方策は、まだまだ他にもある。

ともあれ、いよいよ中3最後の大会が近づいてきた。

私の学校では、期末考査の4日目、最終日の翌日が大会初日だ。

他の公立校と比べて、とても不利なのだが、それだからこそ、時間を工夫して、やりがいもあるというものだ。

さあ、がんばろう!
ファン
検索
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ