2021年02月01日

体験入部

土日に来年度中学校に入学することになっている小6のK君が体験入部に来た。
来たと言っても、高校野球で体験したのである。

「硬式をやりたい」、「甲子園に行きたい」という親子共々の希望を叶えるため、学校として、できる限りのことをするのだ。

昨日の日曜日、中学野球も高校野球の練習の隣で練習していたのだが、その中でもK君は、高校生と一緒に硬式でノックを受けていた。

私も親御さんと少し話をした。
はじめは、中学校で野球部を盛り上げよう、という話でだったが、今日になって、「近くのボーイズに入って活動することにした」、と高校の部長先生から聞いた。

ボーイズに行けるのは土日だけだが、普段は高校野球で面倒を見ると言う。
当然、中学の野球部には入らない。

その話を聞き、私は一日落ち込んだ気持ちになった。
せっかくの経験者なのに、とても残念である。

きっと私と話をする中で、「この指導者には任せられない」と思ったのだろう。
また、あまりに下手くそな中学野球部の練習を見て、幻滅したのかも知れない。

いずれにせよ、私の責任であろう。

そう、思えば思うほど、自分自身が情けなくなり、何だか力が抜けたような一日になった。

「いろいろ面倒なことになるな…。」
私は、野生の勘でそんな風に感じている。

ふと、今の野球部のキャプテンの父親の言葉を思い出した。
「弱いチームでかまわない。そこでどう鍛えられるか、どう伸びていくか、子供たちの成長をそこで見いだしたい。」

K君の方は、甲子園やプロ野球選手を親子して夢見ているのだろう。

「なんだか振り回されそうで嫌だな…。」
私は、そうも思う。

いよいよ面倒なことになってきた。
ファン
検索
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ