2020年12月12日

合唱コンクール

今年の合唱コンクールは、中高同日開催になった。
従来、9月の文化祭のときに高校の部を行っていたが、コロナ対策の一環として、12月に延期したのだ。

そのため、午前に中学部、午後に高校の部という具合に、一日に二回開催することになった。

私はいつも通りの写真撮影。

「丹澤先生、先生にもまた審査員をやってもらいたいんだけど、そうすると写真撮る人がいなくなっちゃうから…。」
と、責任者の先生が言う。

そうか、私は写真撮影要員だったのか…、と改めて確認。

「私は、先生の撮った写真しか見ませんし、使いませんよ。だって、丹澤先生の写真、いつも素晴らしいんだもの…。」

こうなってくると、フォローしているのかどうか分からなくなってくる。
いずれにせよ、今回も数千敗の写真は撮った。

さて、主役の合唱だが、今年はなかなか良かった。
特に中3がよかった。

以前にも紹介したが、学年合唱の『大地讃頌』は、よく仕上がっていた。
「こんなの人に聞かせられないよ…。」
と、二度ばかりあった人前での合唱のあと、辛口批評をして、じっと彼らの成長を待っていた甲斐があった。

このくらい歌えれば、文句は言われまい…。

中2も中1も良かったし、午後の高校の部、特に高2は秀逸。

ただ、今回涙が出てきたのは、中3のあるクラス。
惜しくも準優勝になったが、今年は外部審査員が多く、ちょっと違う視点での審査になったようで、実際は僅差だったと思われる。

ぎりぎりまでプレッシャーに負けそうになり、伴奏をやるだのやらないだの言っていたA子が、終了後泣き出した。

記念撮影をする段になっても泣いているから、私は、「いつまでも泣いてるんじゃない!」とたしなめた。

「俺を泣かせてクラスは、お前たちだけだ…。」
と、励ました。

いい合唱コンクールだった…。
ファン
検索
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ