2020年11月04日

冬将軍

山に雪が降る季節になった。
今朝は、雪を降らせた冷たい空気が流れ込み、最低気温はそれほどでもなかったが、風が強くかなり寒く感じた。

いよいよ、この地にも冬のシーズンがやってきたのだ。
ひと頃は高く輝いていた金星も、急激に低くなり、明けの明星に移りつつある。
月が出ていると、夜中でもとても明るいのは、高度が大きいからだろう。

まもなく紅葉で赤く染まった山が冠雪で白くなる。
下界でも紅葉が始まった。

廃校になった小学校の校庭にある銀杏の大木は、今年もたくさんの銀杏を落としているに違いない。

本来ならば今日が地元のお祭り。
江戸時代から続く伝統的な祭りなのだが、今年はコロナ対策のために中止になった。

私は数日前、祭りの主宰神をまつる神社に参拝し、お詫びを申し上げた。
「コロナ渦に祭りなんて…」、という不信仰者に負けず、コロナだからこそ祭りをして回に平安を祈らなければならないのだ。

その意味でも、コロナ渦に「教会を閉めてはいけない。こうした時期だからこそ皆で神に祈ろう」、というトランプ大統領の発言は、ごく自然で正しいものであると言える。

「お祭りは御神事です。身も心を清めて、感謝を込めて臨んで下さい。」
そういう発信がいる…。

山の雪は終日降り続いたようだ。
この地域では山で天気が悪化すると、その雲が流れてきて、下界も時雨れることがある。
日光が当たらないので、かなり寒く感じる…。

珍しく犬たちも丸くなっている。
日中の最高気温も10℃ほど。

これが厳寒期にはあと十数℃下がるのだから、まだまだ暖かい方なのだろうが、さすがに野球どころではない気候になった。
日没も早くなり、あっという間に暗くなる…。

空気の澄んだ気持ちの良い季節ではあるが、寒さ厳しい時期であることは間違いない。

「丹澤先生、窓を閉めていいですか?」
どんなに寒くても授業前に窓を開けてしまう私に、生徒たちは懇願する目で訴える。

「シャキッとして気持ちいいんだけどね…。」
と言いながら私はしぶしぶ窓を閉める。

まだ授業評価に「あまり窓を開けないで下さい」、と書かれるのだろう。
まぁ、私は気にしないのだが…。
ファン
検索
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ