2020年07月01日

ヒグラシの季節

7月になった。
コロナ騒ぎの中の半年が過ぎたが、季節はちゃんとやってくる。

青い稲田が、風に吹かれる様は、一年で一番美しい。
セミも鳴き始め、夕方にはヒグラシも聞こえ始めた。
今はねむの木の花が特に美しい。

田舎の景色は、変わらず巡る…。

そんな折、またぎっくり腰になった。
最近は、年に一回くらいはそうしたことが起こるので、その対処には慣れた。
動きが制限され、不自由だが、授業はなんとかなる。

それでも座り仕事の多いときは、けっこうつらい…。
重い荷物を運ぶことも、はばかられる。

学校では期末考査が近づき、試験範囲を意識した授業になった。
生徒たちの眼つきも、少し変わってきた…。
おかげで演習時の質問は、いつもより多い。

私の学校では、試験の2週間前に試験範囲表が配られる。
私もそろそろ試験問題を意識した作問計画を立てねばなるまい。

今月からレジ袋が有料になった。
プラスチックごみ削減が大義名分だそうだが、レジ袋削減は、プラゴミ削減にほとんど効果はない。
消費者からすれば、単に値上げになったに過ぎない。

そんな政府の施策は、他にもたくさんある。
一つは、マイナンバーの銀行口座と紐付けだ。
これには、国が国民の資産を把握したいという意図がある。
従来、マイナンバーカードの発行は、確定申告がオンラインでできるくらいで、国民にはほとんどメリットがなかったので、所持者は少ない。

しかし、今回の10万円バラマキで、手間取ったので、「次からはすぐに振り込めますよ」、と宣伝して、国民の財産を狙っているのだろう。

日本は、借金が多いというが、それは国民の借金ではなく、政府の借金である。
隠れ資産として、国民は貯蓄を持っている。
コロナが一段落したら、今度は、大増税とともに、国民の貯金に対して税金をかけようという魂胆であろう。

接触アプリだの、マイナンバー制度だの、日本がどんどん国家社会主義化している。
これらは、お隣の中国ではすでに実施されていることだ。

季節は変われども、世の中は違う方向に変わっていくようだ。
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ