2020年02月17日

質問タイム

卒業生の野球部指導の最後に、中学生から彼らに質問させることにした。
二人いるので、一人それぞれ1問まで。

私が指導するより、よほど積極的に学び、言うことを聞き、素直に真剣にプレーしているので、きっと質問を作れると思ったのだ。

結果は大正解。
質問タイムは大いに盛り上がった。

講演会なのでも、質疑応答時間があるが、ここが盛り上がらないと、結局、講演修了後の後味が悪くなるものだ。質問はよく聞いている証拠。
授業だって、質問がないようでは、生徒たちが主体的に取り組んでいるとは言えまい。

彼らの質問は実践的で、普段の練習で悩んでいることばかりだった。
裏を返せば、私が大して指導をしてこなかったということでもあるが、一方で、ここ二日間は意識して、目的意識を持って練習したと言うことでもある。

彼らが答えたアドバイスは、そのほとんどが私がかつて教えた内容であり、それを高校野球の実践を通して、昇華させたものである。

この質問タイム、当初10分くらいを想定していたが、なかなか盛り上がって、結局30分以上かかり、昼食時間に遅れてしまうほどたった。

中1の生徒が、
「丹澤先生、野球部にもコーチをつけてください。」
という。

そうなれば私も助かる。

以前は毎日のように面倒を見てくれる方がいた。
その方がいなくなり、別の若手の先生にお願いしたこともあるが、結局彼らは野球を知らない人で、指導までには及ばなかった。

今は、野球経験者が名前を連ねてはいるが、別の部活の正顧問でもあるので、試合の時にちょっと顔を出してくれる程度だ。

この二日間、手取り足取り教えてもらって、本当に嬉しかったのだろう。
そういう意欲的な練習が、技術と精神力の進歩をもたらす。

私も、「もう少し技術指導を増やさねば…」、と思った。
「彼らは、まだそのスタートラインにすら立っていない」、と思いつつ、自らの怠け心に負けていたのだろう。

教わったことを自分でやってみる。
上手くいかないので、また工夫してみる。
そうした試行錯誤の中の、悪あがきが、時に急成長を生む。

面白い時代に入った…。





ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ