2020年02月14日

バレンタインデー

今年もバレンタインデーがやってきた。
いつの頃からか、日本では女性が男性にチョコレートを送るようになったが、お菓子業界としても、こうしたイベントは需要が高まりよろしかろう。

この日に合わせて、女子たちはチョコレート菓子作りに精を出す。

「これが食い物か…」、というレベルから、「お店で出せるんじゃねぇ」、というレベルまで、その技量は様々だが、この機に合わせて、彼女たちは腕を振るうのである。

担任もなくなったので、今年は女子生徒からの貢ぎ物が少ないかと思ったが、例年並みにチョコをいただいた。

一方で、女性の先生方も、この日には男性の先生たち全員にプレゼントする。
年中行事になったとはいえ、大変なことだ。
もちろん、ホワイトデーには、逆のことが起こる。

そんな中で、中1の男子生徒のG君が、私にチョコレート菓子を持ってきた。
「日頃お世話になっている感謝の気持ちを込めて…。」
と書いてあった。

「授業を担当しているだけで、何かお世話したかしらん」、と思ったが、確かに野球部には助っ人として練習に来ている。
プレーも下手くそだけど、なんだが一生懸命やっている姿は、微笑ましく思う。

助っ人として練習に出て、試合に出るメンバーは10人近くいるのだが、その中でも熱心な生徒の一人ではある。
そうした助っ人たちには、まずチームの帽子を渡す。
まずは、「帽子をもらえるか」が、熱心さの指標になっている。
そして、しばらく練習に参加したのとには、ユニフォームを与えている。
ユニフォームを着れば、もう他の野球部員と変わらない。

「そろそろG君にもユニフォームを渡さないといけないかな…。」
私はチョコレート菓子一つで買収されたようである。

彼のメッセージはさらに続く。
「喜んでもらえたら災いです。」
とあった。

「幸い」と「災い」の字を間違えたのだ。
意味は正反対になる。

このことを、G君に伝えるべきか否かは迷っているが、G君も、大人への階段を上りつつあることだけは事実だ。

彼がくれたのは昔懐かしのチョコボールだ。
さぞかし美味であろう…。
ファン
検索
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ