2019年11月23日

犬との関わり方

久しぶりに犬舎を訪ねた。
「月一回くらいは、里帰りさせないと…。」
特に用事があったわけではないが、私はそんな言い訳をしながら、ご主人に挨拶をする。

愛犬P太は、私の元に来てから自動車での移動が苦手になってしまい、私の車の中では、たいてい何かしらの粗相をする。今回も、後部座席で大量におしっこをした。

P太が酔って吐くことはなかったが、同乗しているもう一匹のK子は、何とも迷惑そうな顔をして、私を見る。「雌犬に格好いいところ見せるんじゃないのか?」
そう思いながら、私は黙々と片付ける。

「もらいものと、自分の畑採れたさつまいもを持ってきました。」
今回ようやく、春から育てたさつまいもを持参することができた。
苗を植えて半年。作物を育てるのは、なかなか大変だ。

ご主人は、お礼とばかり、肉を分けてくださった。

犬舎に行くと、ご主人からいろいろな犬の話が切れて勉強になる。
「大丈夫ですか。何か困ったことはありませんか?」
いつもそのように聞かれるが、最近は犬たちと楽しく生活しているので、そうした事態はほとんど起こらない。

法律が改正されて、子犬にチップを入れなければいけなくなったり、直接犬舎を訪れないと、子犬を購入でいなくなると言う。

日本犬を保存しようとしている方々にとっては、やりにくい世の中になりそうだ。
「このままじゃ、日本犬が滅んでしまう。」

天然記念物である柴犬は、血統を大切にしながら、適切な交配をさせて、その種の保存をしていかなければならないのだ。

犬はペットだが、彼らはペットという感覚はない。愛玩動物とも違う。
犬たちは、人間のパートナーなのだ。

だが、多くの飼い主たちは、『かわいさ』だけで衝動的にペットとしての犬を買い求め、人によっては途中でその飼育を放棄してしまう。

彼ら犬たちは、適切なしつけをしないと、やたら吠えたり、噛みまくったりして、人間との共存が難しくなるのだ。

その意味でも、犬を譲る相手を見極めた上で、販売をしている犬舎のご主人の態度は、正しいと思われる。

「ここ10日間、全然見学者が来ないんだよ。台風の影響かな…。」

最近ホームページをリニューアルしたが、子犬の売れ行きが止まっているらしい。

世の中なかなかうまくいかないものだ。
ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ