2019年11月15日

一夜の生徒部屋生活

23時からのミーティングが終わって、部屋に戻るととても寒かった。
生徒たちは、もう寝ているようだ。

「窓が開いているのかな…」、と窓に近づいてみたが、空いているようには見えなかったので、私もそのまま寝てしまった。

今回の宿泊研修では、男性教員は三つに分けた男子生徒の大部屋で一緒に寝ることにした。
その方が見回りの手間も省けるし、夜中に騒ぐこともなくなる。
私以外の男性の先生は、若手の担任なので、同じ部屋で生徒と一緒に過ごすこともできるわけだ。

これは私が提案した。
昨年は、少人数の小部屋で、見回りが大変だったが、大部屋であれば、一気に生徒指導ができる。
指導と言うよりも、生徒と一緒に過ごすという時間も、先生にとってはそれもいい経験になるはずだ。

それでも、夜中に寒くて目が覚めた。
夜中と言っても,普段目が覚める早朝4時。
今朝は愛犬の散歩をしないから、もっと寝ていてもいいのだが、寒いので一旦起きた。

廊下に出ると、廊下の方が暖かい。
エアコンからも冷たい風が吹いてくる。

もう一度窓に近づくと、窓は全開であった。
生徒たちは、全員が頭から布団をかぶって寝ている。やっぱり寒いのだ。

私は壁のエアコンの設定を見る。
だが、老眼で暗いところが見えない。スマホをかざそうと、懐中電灯アプリを探したが、そんなアプリはインストールしていないことに気がついた。

「んー、見えない。」
壁には、「冷房は使えません」、とは書いてあるが、どうやら設定温度が最低になっているようだ。

しかたなく、やみくもに設定温度を上げてみる。
ほどなく少し暖かい風が吹いてきた。

私はひとり、食堂に行き、ソファーに座りながら、ひたすら時が経つのを待っていた。

生徒たちの起床時間は6時半。

私は、6時を過ぎ頃、あまりに時間をもてあましたので、部屋の電気をつけ、生徒を起こし始めた。

部屋はすっかり暖かくなっていた。

生徒たちは、寝ぼけ眼だが、黙々と片づけをしている。

いつしか空は明るくなり、新しい一日が始まった。

寒かった朝も、少しずつ記憶から消えていく。
これが、先生の仕事なのだろう…。




ファン
検索
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ