2018年11月14日

全校生徒の祈り

重鎮のM先生が、授業中に具合が悪くなった。
病院に行ったら即入院。心筋梗塞だという。
翌日、一気に重篤な状態に陥ったため、全校生徒でM先生の快癒を祈って、回復の思いを向けた。

全校生徒500名余の集合想念が功を奏してか、祈りの後には、意識も回復し、話せ、笑えるくらいに持ち直した。この先、まだ根本的な治療が必要だが、まずは安心だ。

かつての私は、教員人生しか考えられなかった。
だから生徒には、
「授業中に倒れて、運ばれて、そのままあの世に還るのがいい…。」
と話していた。
生涯現役のまま、この世の人生を終えたいと思っていたのだ。

「私は、倒れる寸前に、断末魔で、○○と叫ぶ。叫ばれた生徒は、一生の思い出になるだろう。」
などと、冗談交じりに話をしていた。
もちろん、叫ばれた本人は、たまったもんじゃないだろう。

今は、また違う次の人生のビジョンがあるので、授業中に倒れて逝くという望みはない。

そんな折り、教え子の高校生から、
「先生は大丈夫なんですか?」
と尋ねられた。彼は、授業中倒れて云々を話した世代である。

「今は健康だよ。それに…別の夢ができたから。」
「夢は何ですか?」
と、聞かれたが、にこりと笑って退散。

教え子たちは皆、心遣いのある優しい生徒ばかりだ。
同じ校舎にいながらも、中学から高校へ進学し、少し距離を置いているのが、ちょうどいい関係になっているようだ。

「もし、私が倒れて病院に運ばれて、命が危険な状態になれば、やはり全校生徒で祈ってくれるのだろうな。」

いつの間にか、私もそうした年齢になった。

最近は、手の上の砂が、指の間からすり抜け、こぼれ落ちるかのように、時が流れる。

「本当に、一日を大切にしなくてはいけない。」
と、しみじみ感じる。

人生三万日と言われるが、それが毎日少しずつ、残りの日数が減っていく。

老獪な話術を駆使しながら、「聞かせる」授業は続けている…。








中3語学研修報告会

今朝の中学校朝礼は、中3の『語学研修報告会』であった。
私の学校では、中学3年の10月に、全員がオーストラリアの語学研修に出かける。
現地では、二人ずつホームステイをして、いわゆる英語漬けの生活をするのである。
シドニー近郊に出かけるのだが、市内観光は、初日と最終日のみ。中一日、現地の学校交流をする以外は、ホストファミリーと過ごす。

今朝は、テーマ別に分かれて、代表生徒4人が発表した。
自分たちが苦労してきたことを、中1、中2の後輩たちに熱く語ったのだ。

「まず初めに、私たちが、海外研修に行っている時、後輩の皆様が代わりに仕事をしてくれたことに感謝します。」
と、始まった。
中3の先生の仕込みだろうが、なかなか洒落たスタートだ。

「とにかくフレーズを覚えて下さい。そして、どんどん単語を覚えて下さい。それだけでも、なんとか会話はでできます。」

「テンションを上げて、自分の思いをぶつけて下さい。日本的な遠慮で、何も言わないと、コミュニケーションが全くとれません。」

「笑顔で話しかければ、絶対に大丈夫です。」

彼らの貴重な経験をもとに、実践的なアドバイスが続く。

ところが、予想を裏切ったのは、この報告会の最後だ。
合唱コンクール実行委員のリーダーのN君が、

「後輩の皆さんたちへの感謝を込めて、『大地讃頌』謳います。」
と、きた。『大地讃頌』は、現地の学校でも披露してきたものだ。
ピアノの伴奏なしのアカペラバージョン。

正直ぐっときた。
自分が好きな曲であることよりも、彼らのひたむきさに感動した。
「昨年、問題ばかりを起こしていた彼らが、ここまで成長したんだ。」
と、思うと、心を揺さぶられた。

それに比べて、私の受け持つ中2の情けなさに、ますます自己嫌悪に陥る。

集会が終わって、隣のクラスの担任が言う。
「来年、あそこまで歌えるんでしょうかね。」
私は、あえて答えなかった。

「来年、勤めているのかな。それまでに玉砕してしまって、どこかへ行ってしまっているかな。」
そういう思いがよぎる中、横を校長が通り過ぎる。

「頼む。話しかけないでくれ。今は、そんな気分じゃない。」

そういえば、一昨日、中3生徒会長が中2の学級委員らを集めて説教をしたらしい…。
「今のままの中2じゃ、まずいんじゃない。」
と言われたと、学級委員が報告してくれた。

私の力不足で申し訳ない…。








ファン
検索
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ