2018年11月11日

日々、自己変革をしているK君

「一年のときよりも、自己変革が足りないと思います。」
三者面談の最後は、K君との面談だった。
真面目な生徒で、常に向上を目指し、日々一日を振り返っている。

たまたまピアノが少し弾けたので、おそるおそる伴奏者に指名したら、こつこつ練習して、すでに夏休みのうちに弾けるようになっていた。つい先日も、プレリハーサルのようなイベントで、立派に演奏した。本番は12月。まだまだ上達するだろう。本人は、
「手を抜かずに、練習し続けたいと思います。」
と言う。

勉強面でも手を抜かない。授業だって真剣そのもの。少し積極性が足りないが、それも自分自身の課題として、「授業中も、勇気を持って発言したい」などと、面談で宣言する。

母親は、温かく見守るタイプ。
信じて成長を待つ、といった感じ。

「優しい子です。本人の意志に任せています。」
と言った具合で、信頼感も高い。
この時期、反抗期で母親とは口も効かない状態の生徒が多いが、お互いが頼りすぎず、離れすぎずのとてもいい距離感だ。

「ちょっと体力がない感じがするので、毎日マラソンをすることにしました。」
一日を振り返ってみると、あまり運動をしていないことに気づいたK君は、そんな目標も語ってくれた。

その向上心と、志の高さに、面談している私自身、話を聞いていながら泣けてくる。

これまでも、自分で言ったことはたいてい達成している。

近年にはないタイプの生徒だ。

将来は理系に進みたいという。
まだ、「これをやる」というものは思い描いてはいないようだが、いろいろ学んでいくうちに、ビジョンが見えてくるだろう。

入学以来、順調に学力も向上。他への思いやりの気持ちも人一倍だ。

「思春期を迎えたこの時期、生徒によってこんなにも差があるのか。」
と、私自身もびっくり…。
改めて、人の個性の違いに神秘性を感じる。

こういうタイプの生徒は、ヤンチャタイプの生徒からは疎まれるだろう。
真面目で、融通がきかないと思われるからだ。

しかし、なぜか、誰からも一目置かれる生徒もいる。
その生徒の『人徳』の持てる技だ。

この先K君がどうなるのか、しばらく、K君の成長を見守ることにしよう。

私自身、何だが勇気をもらった。








去年はこうやりました

学校行事は、毎年の恒例行事も多く、ややルーチン化されていることも多い。
だからと言って、「前年度のままそのまま踏襲してもよい」という訳ではないと思う。
その一番の理由は、「生徒は同じではない」ということだ。

保守的な学校組織では、
「去年もこうやったから、今年もこうやるべきだ。」
という意見が強くなる。
だか、それこそ組織としての思考停止に陥っていないだろうか。

生徒も教員も、「考えないことは楽なこと」である。
だが、考えることを拒否したならば、発展も進歩も改善もない。

過度な前例主義、新しいチャレンジをしないという考え方。
失敗を恐れ、責任を取らされることを恐れ、去年と同じように運営しようとする、その考え方は改めなければならないだろう。

ちょうど先週末に、恒例の校外行事が行われたのだが、あまりに保守的であった。
また、その守るべき前例のために、生徒不在に陥った。

「こういうことができないと、迷惑をかけて、恥ずかしいですから…。」
などと、教員たちを動かそうとする、陰の責任者がいたが、恥ずかしいのは、本当は自分自身なのだと思う。
自分が恥ずかしいから、それを生徒や他の教員に押しつけているだけなのだろう。

普段学校でできていないことが、いきなり学校外に出たからと言って、できるようになるものではない。

「態度が悪いから、個別指導してください。」
などと、上から目線で言ってきたのだが、自分自身が学校で指導できていないことを、校外時に学年主任に押しつけようとする態度は、やはり、その根本的な考えが、自分の都合中心になっているとしか思えないのだ。

本人は、よかれと思い、必死にやっていたのだと思うが、結果的に相手を縛っていることになっていた。

人は、得意になると慢心しやすい。
しかしその慢心は、自分自身ではなかなか気づかない。
ところが、他の人からはよく見える。

「反省会をしたいと思います。」
という連絡があったが、今のところ、私はその開催を認めない。
お互いの非難合戦の会議など、不要だからだ。








ファン
検索
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ