2018年10月31日

不幸の言葉

最近、中2男子の行動が目に余るので、朝の会でプレッシャーをかけてみた。

最近、返事も小さいし、発言もぼそぼそと話す人が多い。
しかし、その一方、自分の気に入らない事があると、大声で叫んだりする。
きちんと話さなければならないときは声が小さいのに、文句を言うときの声は大きい。
人を褒めるべき時は、しらけていて、人への不満は皆に聞こえるように言う。

何かおかしくないか。
自分の欲望のままに生きていないか。
周りのことを見ることなく、自分のことばかりを考えていないか。
動物的に、自分に都合の悪いことが起こると、かっとして、歯をむき出しにしているのではないか。

また、一人ではできないのに、徒党を組み、集団で他への非難をする。
みんなでやれば、罪が軽くなるという、いざというときの逃げの気持ちがあるのではないか。

さらに、5時間目には、次の校外行事に向けての学年集会があったので、もう少し具体的に話をしてみた。

反射的に出てしまう、不幸の一言が、周りの人を傷つけている。
例えば、「デブ」、「ハゲ」、「死ね」、…。

言った本人は、「何となく言っちゃったんです」、という。
「考えずに出ちゃった言葉なんです」、とも言う。
「深い意味はないんです」、などと逃げる。

しかし、その言葉によって、多くの人が傷つき、打ちひしがれ、悲しい思いをしている。
元気なときは、笑って流すことができることもある。
だが、その人が悩みの中にあったり、体調が悪く苦しかったり、解決できない問題を抱えていて精神的に辛いとき、その言葉を浴びせられたら、本当に傷つく。

「死ね」、の一言で、本当に自殺してしまう人もいる。
こういう人は、日本のみならず、世界中にいるんだ。
本当に自殺してしまったとき、君たちはその重みに耐えられますか?

「ふざけていたんです。」
「悪気はなかったんです。」
「冗談だったんです。」
「本気じゃないんです。」
と、どんなに取りつくっても、その罪は一生消えない。
そして、心に深い傷として残り、それを一生背負って生きていかなくてはいけない。

簡単に安易な言葉を発してはいけない。
反射的に、物ごとを考えずに、言葉を出してはいけない。
その言葉によって、どう周りに影響していくかを考えにうちに、不幸の言葉を言ってはいけない。

「死ね、とは絶対に言ってはいけない。」
と、入学の時から言い続けている。

しかし、未だに反射的に言ってしまう人がいる。
直せない人がいる。
そういう人は、自分をコントロールできない悲しい人だ。

マイナスの考えは、マイナスの結果を呼び込む。
不幸の言葉は、不幸を誘い込む。

そうした思いに、心を向けてはいけない。

悪魔のささやきに負けてはいけない。

心を整え、天国的な生き方をしよう。
呪いの言葉ではなく、祝福の言葉を出そう。

どこまで生徒たちの心に届いたかは分からないが、第一の矢は射った。












8人を2組に分ける方法は何通りか

中2の数学授業で、ちょうど組合せ(nCr)の基本が終わったので、残り5分で、
『8人を2組に分ける方法は何通りか』
という問題を出し、「時間が来たら宿題ね」、と言って考えさせてみた。


この問題は有名問題で、数研出版の数学Tの問題集4STEPの例題にもなっている。

解き方は二通りある。

一つ目は、8人を、1人と7人、2人と6人、3人と5人、4人と4人に分けて、その組合せを合計する方法。
この方法では、4人と4人に分けたときに、入れ替え分まで含めて余分にカウントされてしまうので、ここの部分だけ1/2にしなくていけない。

もう一つは、とにかくAとB2グループに分けてしまい、全部A、全部Bに入ってしまった分を引く。さらに、AとBの区別をなくして計算するという方法だ。

生徒たちは、両方の方法を見つけたようで、休み時間になっても、あれこれと議論していた。

授業中は、正しく計算できた生徒はいなかったが、おそらく考えているうちに、正しい値を導き出すことができるだろう。

場合の数の問題は、ある意味、発想の転換が必要になる。
授業で、先生が説明ばかりしてしまえば、生徒はそれに気づくことなく、ただ例題の解法暗記になってしまう。だから、こんな宿題も時には面白い。

授業中、
『男子6人、女子4人から4人を選ぶとき、少なくとも1人女子が含まれる選び方は何通りか』
という問題を解いた。

その時、9C3で求められないか、という解答があった。

実際は、余事象で解く。「『全員男子』ではない」と考え、全体から全員男子の場合を引く。
または、女子が1人のとき、女子が2人のとき、女子が3人のとき、女子が4人のときを、それぞれ求めて合計する。

どう考えても良いのだが、大切なことは、
『要するにどういうこと?』
という自問自答をすることだ。

かつて私が高校3年生だったとき、予備校で寺田文行氏の講義を受けたことがある。

そのとき、
『〜とは』
を考えよ。と、何度も強調されていた。

つまり、この場合で言えば、「少なくとも1人が女子であるとは…」どういうことなのかを、自分の言葉で翻訳せよということだ。

この変換ができれば、場合の数は怖くない。
思い込みの勘違い以外は…。

デル株式会社

楽天西友ネットスーパー

Just MyShop(ジャストシステム)
posted by 丹澤三郎 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

生徒たちが愛おしい

授業を受けていると、まあまあ得意な科目と、そうでない苦手な科目に分かれがちだ。
試験前でも、苦手科目は、ついつい後回しになり、結局、大した点数を取ることもできずに、さらに苦手意識が増大する。
そこで、『苦手科目を克服するために、この先自分が何をなすべきか』、を書いてもらった。

まずは、「自分を見つめる」ことから始まる。
自分の苦手科目は何か。そして、その苦手科目はいつから、そうなってしまったのか。
苦手科目に対して、自分はどのように授業や勉強に取り組んでいるか。
課題提出や、授業参加などは、どうか。
こんなことを考える。

そして次に、「自分はこの苦手科目をどうしたいのか」、について考える。
このまま苦手科目のままでよいということはないだろう。
また、この苦手科目を、いきなり得意科目にすることも、並大抵なことではないだろう。
しかし、自分は将来、この苦手科目をどう克服していきたいのか。
最終的な理想像は、どんな姿なのか。
そうした未来ビジョンを思い描く。

次に、この「苦手科目に、この先自分はどう取り組んでいくか」、について思いを巡らす。
具体的にどのような努力を重ねていくつもりなのか。
勉強の仕方で、どう工夫していくのか。
少しでもこの科目の勉強を進め、理解し、分かるようになるために、自分はどうすべきなのか。
などと、考える。

これらを誓願のような形で、記入し提出するという訳だ。

しーんと静まった教室の中で、穏やかなバックミュージックを静かにかけながら、20分ほど記入の時間を作った。

そして、書き上げた人から順次提出。

その一人ひとりの姿は、誇らしく見えた。
人は、目標を明確にし、努力すべき具体的な項目が見つかると、爽やかな気持ちにすらなる。

生徒たちが心を込めて書いた、思いを込めたものを提出する姿を見て、私は、生徒たちが愛おしく思えた。

これまで、中1から中3までの持ち上がりで何度か、担任を務めている。
今の学年は、なかなかこうした『愛おしさ』を感じなかったのだが、今回、とても強くそうした思いに駆られた。私も歳をとってきた、ということだろうか。

Just MyShop(ジャストシステム)

プーマオンラインストア

楽天チケット

ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
丹澤三郎さんの画像
丹澤三郎
プロフィール
リンク集
おすすめ